新宿SACT! ライブ Part.2

今週の放送は先週に引き続き、9月10日に新宿SACT!で行われた打田十紀夫さんとのジョイントライブの模様を放送のため、Ryntenバイエルはお休みです。ご了承ください。(番組スタッフ)

【今週のRyntenニュース】
■Rynten ダイアリーです。

北海道ツアーの最終日は、日本海に面する増毛「ポルク」。
初めてお世話になってから6年くらいは経つでしょうか?
ここのマスターもギターを弾きます、が、まだ一度も聴いた事がありません。
今度聴かせて下さいね。

旭川から電車にゆられて2時間弱、それほど遠くはありません。
この路線には珍しい駅名もあり、のどかな景色が僕は大好きです。
日本海側に出ると廃屋も点在し進む過疎化を目の当たりに。
ここにはどんな人が住んで、何をしていた人または家族だったのだろう?何故ここを離れたのだろうか?などなど頭をよぎります。

終着駅「増毛」に着くやいなや、僕は酒粕ラーメンを食べに「酒蔵ラーメン店」へ直行。
今回は味噌を頂きました。美味しかった!

空腹を満たした後は、日本最北端にある酒蔵「国稀」へ。
ここの酒粕焼酎が美味いんです。勿論、早速買い込みました。

リハーサルが終わった時に見た夕焼けがきれいでした。

最終日とあって、ツアー中お世話になった人達も聴きに来てくれて…嬉しかったですね。
札幌にも来てくれたシンガーソングライターの境長生君も顔をみせてくれました。
終演後は新鮮な魚を頂き…これも美味かった!

長かったツアーも無事に終了、体力的にちょっと疲れたけど、今年も北海道は僕を暖かく迎えてくれて送り出してくれました。
ありがとう~北海道!

東京に戻った翌々日はいつものバックインタウンでソロライブでした。
御陰様で今回も満員御礼、いらして下さった皆様、ありがとうございました。
御礼申し上げます。

ここのステージでは新しい「SUMIギター」も登場。
仲間が増えて嬉しいですね。

翌日は初めての山形・高畠ワイナリーでのイベントに出演。

創立1990年との事、比較的新しいワイナリーですが「収穫祭」というイベントに町中の人達が集まった!という程にぎわっていました。
だた残念なのは、僕の演奏中に曇り空から雨に変わりそして土砂降りとなり…あんなに沢山いたお客さんが一気にいなくなってしまいました。
雨男健在です。

イベント終了後、ワインを呑む間もなく後ろ髪を引かれながら長野県は飯田へとワイナリーを後にしたのでした。

■スケジュールです。
・ソロライブ
 10月20日(水)茨城・水戸「ガールトーク」
  毎年お世話になっているおしゃれなバーです。
・ジョイントライブ:with 打田十紀夫
 またまた打田氏とのジョイントツアーです。珍道中が楽しみです。
 10月23日(土)福岡・朝倉「音茶」
 10月24日(日)大阪「5th Street」
 10月26日(火)名古屋「パラダイスカフェ」
 10月27日(水)静岡・三島「アフタービート」
お待ちしております。
www.rynten.com

■宿泊イベント。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」
詳細は下記までお問い合わせ下さい。
info@rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

新宿SACT! ライブ Part.1

今週の放送は、9月10日に新宿SACT!で行われた打田十紀夫さんとのジョイントライブの模様を放送のため、Ryntenバイエルはお休みです。ご了承ください。(番組スタッフ)

【今週のRyntenニュース】
Rynten ダイアリーです。
富良野「啄木鳥」でのライブは今年で2回目。
この看板のギターをもった人物はここのマスター、実はギターリストなんですねえ。

けっして広いとは言えないお店ですが「こんなに入るのか?!」というくらい沢山のお客様で熱気はムンムン。有り難い事です。みなさんに大いに盛り上げて頂きました。
いろんなボトルがディスプレイされている棚の角で発見!新たな3種類のウルトラマンシリーズサイダー。今や色々な土地でもあるそうです。

翌日のオフ日は美瑛へ。僕が北海道でずっとお世話になっていた方の墓参です。
道中「青い池」と言われる池や山奥にある魚料理のお店に連れて行ってもらいました。
久々にゆっくりできた一日でした。

ライブ本番前やライブ中の休憩時に使わせて頂いた向かいのお店の美人ママ。

富良野は暖かかった…。

旭川「アーリータイムス」はもう4回目になるでしょうか?
マスターはフォーク大好き青年?でお店には所狭しと、昔なつかしフォークシンガー達のレコードジャケットが飾られています。
あの頃の音楽の知らない曲はない、という程色々なレコードやCDを持っています。
打ち上げでも昔懐かしの音楽を流してくれました、が、歌詞が変。
皆で解説しながら大笑いしました。当時は何も考えていなかったんですけどねえ。

どこかしら、山木康世さんに似ている様な…と思うのは僕だけでしょうか?
今年も大いに呑みました!マスター、毎年ありがとう~。

旭川から特急オホーツクにゆられて3時間半、一年ぶりの美幌「プチパーティー」です。
富良野や旭川ではそれほど目につかなかった紅葉が、ここまでくるとかなり進んでいました。残暑が厳しかったとは言え、確実に冬は近づいています。
夜はストーブも登場するほど寒かった。

今回は地元のオヤジバンド「おやぢる」がオープニング。MCもおもしろ可笑しく楽しいフォークバンドでした。

アンコールで一緒に「22才の別れ」を演奏(僕は唄っていません、あしからず)。
グループってやっぱり楽しいものですね、羨ましいなあ。

お店の前でみかけたノラ猫。この夏に生まれたのだろうか?
エサが欲しいのか「ニャーニャー」と鳴いていました。
彼女?彼?は、これからやってくる長く厳しい冬を乗り越えていけるのだろうか?

美幌から北見までは30分ほどです。
今年もやってきました「ヴィーナス」。

北海道生まれの曲たちを演奏する度に拍手をくれたノリのいいお客さん、凄く嬉しかったなあ。

2年前に「オホーツクの流氷を見に行こう!」と約束して未だ叶わず…。
来年は行けるだろうか?
話を聞いてみたところ、流氷を割って進む船から眺める光景は感動ものだそうです。
実現できるといいなあ。
北見でも紅葉がきれいでした。

北海道最終日は日本海にある町、日本最北端の酒蔵「国稀」のある「増毛」です。
この話はまた次回に。

■スケジュールです。
・イベント
 10月16日(土)埼玉・越谷「大野楽器」
 地元のアマチュアギターリスト達のイベントでのゲストです。
・ソロライブ
 10月20日(水)水戸「ガールトーク」
 毎年お世話になっている水戸のおしゃれなバーです。
・ジョイントライブ:with 打田十紀夫
 打田氏とのツアーです。楽しいライブになると思います。
 10月23日(土)福岡・朝倉「音茶」
 10月24日(日)大阪「5th street」
 10月26日(火)名古屋「パラダイスカフェ」
 10月27日(水)静岡・三島「アフタービート」
www.rynten.com

■宿泊イベント。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」
詳細は下記までお問い合わせ下さい。
info@rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

ゲスト:池田聡さんPart.2~Vol.105

【河童のひとり言】
“ツイッター”というツールが流行っているそうですね。つぶやく日本人が多いことに、カッパは
驚きます。“つぶやく”というのはそもそも対話を拒絶した独り言だと思うのですが、“ツイッター”を使うと言うのは、言い残す訳ですから、何かしら自分の意思を表明したかったのでしょうね。発言に責任を持たないその曖昧さがウケているのかもしれません。こうしたツールが流行る背景に、「対話に疲れた日本人」を感じるのはボクだけなのでしょうか?

【今週のRyntenニュース】
秋深し隣は何する人ぞ
お元気ですか?何をされてお過ごしでしょうか?

『河童のひとり言』の「Twitter」なるもの。ここのところよく耳にする言葉です。
僕自身はそういったツールを使った経験はないのですが、やられていらっしゃる方は回りにも多いようです。
尤もTwitterも含めてですが、同じインターネットの中で交互にやり取りが出来るならまだしも、一方的にしゃべる事はしゃっべり、書く事は書き、後は知らぬ存ぜぬ、私は誰かも知らん。」という方も随分いらっしゃるようですね。

会話に疲れた日本人。
疲れたというよりも、そんなインターネットの現象を「時の流れ」「時代」というものを痛切に感じます。インターネットやメールにしても便利な時は便利だし、人に気を遣った時にはそれが役に立つケースも多いですが、やはり大事な時や大事なお話をする時は面と向かって目をみながら、というのが一番の希望…僕自身はそうありたい!そうしたい!形です。

そのうち政治家の所信表明あるいは政治家討論も文面で流れてくる、そんな時代が来るのでしょうか?

●Ryntenダイアリーです。
北海道ツアーのさなか、一度東京に戻りギター教室と東京渋谷にある黒澤楽器店でのイベントに出演。開演が18:00スタートと早い時間にも関わらず沢山の人達が来てくれました。ギタークリニックがメインとあってギターを弾かれる男性の方が多かったですねえ。真剣に僕のレッスン聴いていました。

翌日は再び北海道へ。
旭川空港に降り立ったのですが、ほんの数日前北海道を離れた時には残暑も残っていて27度くらいはあったでしょうか?しかしその日は、なんと17度にまで下がっていました。
遠くに見える朝日岳や十勝岳の頂上には雪が積もり、さすがは北海道!といった感がありました。
その足でまたまた滝川の三浦華園へ。
お客さんが昨年より増えていたのは嬉しかったなあ。
オープニングには主催でもあり、司会、までこなした「Yacchimo」さん。
僕の曲を沢山弾いてくれました、ありがとう!

今年で3回目となる「常照寺」でのライブ、残念ながらたまたま葬儀とぶつかってしまい、その近くにある会館での開催となりました。来年はまた是非「常照寺」でライブを演りたいな。

その「常照寺」と同じ日の昼過ぎに「そらぷちキッズキャンプ」というイベントに出演しました。野外でしたので風も冷く手がかじかんで動かないかも…という不安もありましたが、何とか無事に終了。ロケーションが素晴らしかった。「人間って小さいな」と改めて感じた瞬間でもありました。

そして滝川から電車を乗り継いで釧路へ。なんと5時間もかかりました。
車中からは十勝平野の大自然を満喫、鹿や鶴も見えましたねえ。素晴らしかった!
釧路は十数年前に2度ほどソロライブを演った事がありますが、今回のお店「ガソリンアレイ」は初登場です。釧路はシャイな人達が多いとか…。

翌日は車で富良野入り。
途中、十勝平野を通り抜ける時に道中面白い道路標識を見ました。
北海道ならでは!ですね。

この続きはまた次回へ。

■スケジュールです。
・10月5日(火)増毛「ポルク」…今年の北海道ツアー、最終日です。
・10月8日(金)東京「バックインタウン」
・10月9日(土)山形県高畠町「高畠ワイナリー/収穫祭」
・10月10日(日)長野県飯田市「いろは亭」
・10月11日(祝・月)長野県松本市「ホテル東急イン・シャングリラ」
皆様のお越しをお待ちしております。

www.rynten.com

■宿泊イベント。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」
詳細は下記までお問い合わせ下さい。
info@rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、今回、池田聡さんをゲストにお迎えしたためお休みです。池田聡さんの情報は、オフィシャルサイトでご確認ください。

今週の番外編は、日本の童謡「シャボン玉」。スタンダードチューニング、カポ2で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

ゲスト:池田聡さんPart.1~Vol.104

【河童のひとり言】
“お金”の意識は何才ぐらいから芽生えるものでしょうかね?初めてお小遣いを貰った時の事、覚
えてますか?お手伝いをして10円玉を貰ったり、つり銭の5円や1円を貰ったりしてね。それを貯金箱に入れて、だんだん重くなっていくのが嬉しかったり、貯めたお金で何を買おうか考えるのも楽しみの一つでした。こうしてヒトはお金の価値を知る訳です。さて借金だらけの日本経済ですが、天下りの給料などを聞くと、金銭感覚がない最たるものは国じゃないか、と思うのです。

【今週のRyntenニュース】
例年にない猛暑、それも通り過ぎやがて残すところ2010年もあと3ヶ月…までやってまいりました。如何お過ごしでしょうか?

『河童のひとり言』の「お金の感覚」。
借金王国ニッポンですが…。
自分が子供の頃とっくの昔に亡くなったおばあちゃんが、いつも歯磨き粉が入っていた空き缶を使ってお小遣いを台所に置いてくれてたのを思い出します。
空き缶の中には5円玉が3枚、4枚、と入っていました。たまに10円玉が入っていた時にはもの凄く嬉しかったの覚えています。たぶん小学校時代だったと思います、人生初めてのアルバイトが「何本でいくら」というおばあちゃんの白髪抜きでした。最初は髪の毛をまさぐるように探していたのですが、だんだんと全てが白髪になって片っ端から抜いていった、そんな記憶があります。
今考えると「おばあちゃんごめんなさい、そしてありがとう。」というお話でした。

■Ryntenダイアリーです。
今、北海道をツアー中です。
東京を出発時には台風の影響で少ししのぎ易かったのですが、札幌も暑かったですね。
でもさすがは北海道です、朝晩はグッと気温も下がり寒いくらいでしたし、お米の収穫もほとんど終わっていました。

初日である「小樽」ライブの2日前に札幌に入り、STVラジオ、カロスサッポロ、エフエムおたるとラジオに出演。どの局も一年ぶり、パーソナリティーの方も一年ぶり、新しいアルバムの話でもちきりでした。
嬉しかったですねえ。

カロスサッポロのそばみかけた一羽カラス、人になれているのか全然逃げようともしなかった。エサを貰えると期待していたのかもしれません。

今年の北海道ツアー初日は小樽「一匹長屋」。

ここ一ヶ月ほど僕のCDを店内で流してくれていたそうです。
そこへ、たまたまお店に来たお客さんが「これは誰ですか?」という事で、初めて僕の演奏を聴きに来てくれた方々もいました。
有り難い事です。

小樽に来た時には必ずコーヒーをしに行く、地元では有名な創業昭和8年の「喫茶 光」へ。コーヒーにオリジナルのカステラがついてきます、これまた美味い!

翌日は滝川のとある会の食事会でのプライベートライブ、会場は女性客が多くて華やかでしたねえ。演奏後に頂いた食事がこれまた美味しかった!

滝川で見かけた道路でゴロンゴロンとしてる猫の光景、「おいおい轢かれるぞ」と思わず声をかけてしまいました。なんとものどかでです。

そして札幌2DAYS。
一日目は札幌のど真ん中にある「渡辺淳一文学館」内にあるホールでのワークショップ。
きれいないい音のするホールでした。

この日は僕の新しい「SUMIギター」が登場。
ワークショップに合わせて鷲見さんが札幌まで持って来てくれました。
ピックアップはまだこれからですがいい音色で、ネックには徳利のインレイがホドコされ、遊び心があってなかなか面白い。

オープニングには札幌在住のフィンが-ピッカーの「山木将平」君。彼もまた先が楽しみな20才の大学生です。終演後は将平君、主宰のラムジーズの方々、鷲見さんと一緒にすすきので一杯。

まだまだアコギも浸透していないのか「ワークショップって何?」という方も多かったとか。
ギター教室のようなものだと思って頂ければいいですね。
今後も色々な場所でこの「ワークショップ」もやっていけたらいいなあ、と思っています。

二日目は札幌のすこしはずれにある「ジャムジカ」。
今年も沢山の方々に来て頂きました。

会場には地元で活躍するシンガーソングライター「境長生(さかいちょうせい)」さんや同じく札幌在住の若手フィンガ-ピッカーの「谷本光」君も駆けつけてくれました、嬉しかったですねえ。当然の事ながら長生君とは居酒屋で一杯!

まだまだ珍道中が続きますが、この続きはまた次週に。

■スケジュールです。
北海道ツアーも後半に突入します。
お近くのライブの時には是非足をお運び下さい。
おまちしております。
9月28日(火)釧路「ガソリンアレイ」
9月29日(水)富良野「啄木鳥(きつつき)」
10月1日(金)旭川「アーリータイムス」
10月2日(土)美幌「プチ・パーティー」
10月3日(日)北見「ヴィーナス」
10月5日(火)増毛「ポルク」
www.rynten.com

■宿泊イベント。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」
詳細は下記までお問い合わせ下さい。
info@rynten.com

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、今回、池田聡さんをゲストにお迎えしたためお休みです。池田聡さんの情報は、オフィシャルサイトでご確認ください。

今週の番外編は、エルトン・ジョンの「YourSong/ユア・ソング」。この曲は僕が初めてアレンジした楽曲でもあり、思い出深い曲です。スタンダードチューニング、カポ2で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.103「”麻衣”を弾こう5」

【河童のひとり言】
いつでもお酒のおいしいカッパです。飲みすぎてへべれけになる事も多々ありますが、この「へべれけ」。ナント、ギリシャ語「ヘーベー・エリュエケ」という言葉から来ているなんてコト、知ってましたか?ギリシャ神話の女神、「ヘーベーのお酌」という意味だそうですが、ヘーベー姉さんにお酌をしてもらうと、よほどの美人なのか、神様はみんな飲みすぎて酔っ払ったそうです。なるほど。カミさんの前では、あまり酔わないと言うのが今、腑に落ちました。

【今週のRyntenニュース】
異様だった今年の夏も四季の移ろいには勝てず、少しずつ歩を早めながら遠ざかっている、そんな気のする今日この頃です。ご機嫌いかがですか?

今日の河童のひとり言の「へべれけ」が「ヘーベー・エリュエケ」からきているというお話、
これは僕も知りませんでしたね。僕自身それほど、へべれけになる事はありませんが、お話をひとつ…さほど遠くない出来事です。
お酒の席の帰り、電車に乗りまして…不思議なことに乗った駅で降りた…という経験があります。最初は何が起こったのかさっぱり分からなかったですねえ。
学生時代、東京の山手線で2つ駅を乗りすごしました。「あっ、まずい。乗り過ごしたっ!」と降りたら何と一週していた、という事もありましたが、それ依頼の出来事でした。
まるできつねにつままれた様な…いえいえ、単に「行って帰っていた」というお話で…失礼いたしました。

さて、おたよりを頂いています。
somedayさんからたくさん書いてきてくれましたが、文末に「夏休みももうすぐ終わりますが、9月にライブに行けそうです。
楽しみにしています。」とあります。どちらのライブにいらして頂けるのでしょうか?お待ちしております。

Rynten ダイアリーです。

先週は待ちに待った打田君とのライブ、若手ギターリスト達のプロデュースライブ、三重県志摩市でのライブと3本だてでした。

東京での打田君とのライブは一年ぶりでしたが、今年は6月に福島のいわき市で一度ジョイントしていたので「そのメニューでツアーを回ろう!」という事になりました。
楽しかったですねえ。相変わらずパワフルでプロレスの話で大盛り上がりでした。
さらには、その後の打ち上げも盛り上がったのは言うまでもありません。
沢山の方々にご来場頂き、ありがとうございました!

翌日は前日と同じ、東京新宿にあるライブハウス「SACT!」でのイベントでした。
「アコギの世界をもっと広げて盛り上げていこう!」と僕が企画したものです。
昨年に引き続き2度目です。
今回も色々なところからギターリスト達が来てくれました。
久しぶりに会う人たち、初めて会う人たち、と様々でしたが、ステージ上は盛り上がっていました。
ただ、お客さまが少なかったのは残念。。。
これからも一年に一度のペースでやって生きたいと思っています。
今回来れなかった皆さん、是非来年は来てみて下さい。
特にアコギファンにはとても勉強になるイベントだと思いますよ。

若手ギターリスト達との打ち上げを早々に切り上げ、早朝の新幹線と近鉄電車を乗り継ぎ志摩へ移動。
昨年同様、今年も沢山のお客様にいらして頂きました、ありがとうございました。みなさんとても静かでしたが、すごく演奏しやすかったですね。
ライブの翌日には鳥羽水族館に連れて行ってもらいましたが、平日、しかも月曜日だというのに館内は大混雑でビックリしました。かなり広い水族館で、時間ごとにペンギンやアシカなどのショーも開催されてたりしていてとてもとても数時間では足りません。次回はゆっくりと観たいと思います。

それと、もっと驚いた事が。。。
志摩にも「花田植」と同じ様な「田植えのお祭り」がある事を教えて頂き、早速案内してもらいました。
磯部町という所にある、伊勢神宮の別宮で「伊雑宮(いざわのみや)」で「御神田(おみた)」と呼ばれる平安末期から伝わる「御田植祭」というお祭りとの事。千葉県の香取神宮、大阪の住吉大社とともに日本三大御田植祭にあげられているそうです。きれいに植えられている稲穂が風に揺れていました。感動ものでしたねえ。

みなさん、ありがとうございました。

■スケジュールです。
北海道ツアー始まりました!
お近くのライブの時には是非!足をお運び下さい。

東京でのインストアーライブ&クリニック、こちらもお待ちしております。
・9月24日(金)東京・渋谷黒澤楽器店G-Club
  インストアーライブ&クリニック。入場無料です。

続北海道ツアー。
・9月25日(土)ホテル三浦華園
・9月26日(日)赤平「キッズキャンップ」
          「常照寺」
9月28日(火)釧路「ガソリンアレイ」
9月29日(水)富良野「啄木鳥(きつつき)」
10月1日(金)旭川「アーリータイムス」
10月2日(土)美幌「プチ・パーティー」
10月3日(日)北見「ヴィーナス」
10月5日(火)増毛「ポルク」

■宿泊イベント。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、ボクのオリジナル曲「麻衣」の5回目です。アルバム『BaysideResort』に収められた曲で、『YourSelection』でセルフカバーもしています。5弦がスタンダードより1音、6弦が2音下がった変則チューニング、そして5カポで弾いています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、ビリー・バンバンさん、そして坂本冬美さんも歌っている曲「また君に恋してる」。スタンダードチューニング、カポ2で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。