Home > Archives > 2011-12

2011-12

Ryntenバイエル~vol.169「赤鼻のトナカイを弾こう 4回目」

【河童のひとり言】
クリスマスのこの時期、町にはカップルの姿が目につきます。とは言え、新聞によりますと、18歳から34歳のうち「交際中の異性がいない」というのが男性では6割、女性では5割だそうで、しかもその半数近くが「異性との交際を望まない」との回答だとか。その背景が不景気なのか、社会不安なのかは分かりませんが、ますますこちらは年金問題が不安になったりするわけです。「(唄)きっと君は来ない 一人きりのクリスマスイブ♪」こんな唄が妙に説得力を持つ時代になったんですね。

【今週のRyntenNews】
『河童のひとり言』…あやうく唄いそうになってしまいましたが、かろうじて難を逃れました…。いかがお過ごしでしょうか?

さあ、2011年、数々の出来事やニュースを残して、あと2週間となりました。
ホントに年のせいでしょうか?皆さんはそう感じていらっしゃるのでしょうか?年々時間が経つのが早いのなんのって!

つい先日、暑い暑いと言ってた夏も光速で光のスピードのごとく去ってった様です。『河童のひとり言』に登場した「異性との交際を望まない人』が増えている。。。
これは決して同性との交際を望むという事ではないんでしょうが、異性とか同性とか、というより「1人になりたい人が増えている」という事なんでしょうか?なーんか僕はそう感じる部分もあります。

とにかく現実の社会より「なるべくならバーチャルの世界に入っていきたい」、そんな方が昔に比べて多くなっている様な気がしてなりません。それが果たしていい結果を生むのか?!まあ、いい結果を生むとは思いませんが難しいところであったりする訳です。

さて、いくつかのおたよりを戴きました。
今年最後のお便り紹介です。
「いつかさん」から…「いつかちゃん」からと言った方がいいですね。
『「Thanks My Dear」分かり易かったです。ギターも頑張ります!」と有り難いお言葉。
また、違うおたよりではYoutubeに対し『コメントは少ないと思いますが、たくさんの方がこのギター演奏を観て勉強していると思います。』これも有り難いですね。

■Ryntenダイアリーです。
八戸に行ってきました。
今回は八戸でのソロライブと、もうひとつ、数年前に一度演奏させてもらった事のある、八戸の大きな病院「松平病院」のイベント「冬祭り」、で演奏してきました。
ライブ当日には僕の番組をネットしてくれている「Be FM」にも出演してきました。

パーソナリティーの下崎さん、毎年お世話になっています。下崎さん曰く「僕の番組はなかなかコアな内容なんです」。。。
僕は好きですねえ。

ライブは、広大な松平病院敷地内にある「カフェ 茶居花」。自家製のパンやケーキはもちろん、お料理も美味しかった!
お店の前に掲げていただいた大きなポスター、ちょっと照れますね。。。

地元の人達もひっきりなしに買い物にやってきます。街に浸透しているのが一目瞭然!
今年もたくさんの方々に来て頂きました。寒い中、本当に有り難い事です。

その松平病院の「冬まつり」。
入院している患者さんやご家族の為のイベントです。
院内は患者さん達の手づくりで飾り付けがきらびやかでしたね。
僕の演奏にもみなさん、真剣に聴いて下さいました。
「素晴らしい!」や「ブラボー!」とステージに声をかけてくれた方も…嬉しかった!
それにもまして、院内スタッフのみなさんのすごい情熱とエネルギーには圧倒されっぱなし。
つくづく僕ももっと頑張らなくちゃ!とそのパワーを戴きました。
ここ八戸の港も震災の影響があったそうです。写真は患者さんの手づくりTシャツです。

ここにはアニマルセラピーがあり、たくさんの犬達がいます。
以前お邪魔した時にも一緒に遊ばせてもらいました。
ボスの「ポパイ」。とてもおとなしくて賢かったですねえ。ただ今花嫁募集中。

その他にもこんな犬達がいます。みんな個性があってユニークです。まだまだたくさんいるのですが、全部載せられないのが残念!

今回初めて八戸に4日間滞在しました、初めてですねえ、これだけ長くいたのは。。。
ライブ前、地元スタッフに案内してもらい、これまた初めての街中散策。
素晴らしい場所がたくさんありましたねえ。
厳島神社があったのにはビックリ!別名「海猫神社」ともいうそうですが、繁殖期になると傘をささないと大変な事になる、とか。

スタッフから「お昼には、倫典さんに是非食べて頂きたい!」と連れていってもらった食堂の「磯ラーメン」。

ウニ、蟹、エビが入っていて、それと一緒に出てきたウニ丼、これがまた豪華で激安!あっさりしていてあっという間に平らげました。
食後に御馳走になったソフトアイスクリームは、これまた濃厚で旨かった!

そうそう、八戸のB級グルメ、南部せんべいを使った「せんべい汁」というのがありますが、賛否両論ですがこれも旨いです。

山の中にポツンと立ってた「東山魁夷」の「道」という碑。

この場所を描かれたようです?

種差(たねさし)海岸で湾を一望出来る展望台。方角にあわせてその土地の名前が書いてありますが、「ハワイ」とあったのには「?」。

■来年1月のスケジュールです。
・1月21日(土)大阪・河内長野「百年邑」恒例の年に一度のライブです。蔵を改装したおもむきのあるお店です。「馬トロ丼」が絶品です。
・1月22日(日)石川・白山「青葉館」何度かお世話になってる喫茶店です。名物のマスターに会うのが楽しみです。
・1月29日(日)静岡・浜松「なんでモール」毎年、年の始めにお世話になっています。暖かいスタッフのみなさんにお会いするのも一年ぶりです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集のKMP出版から発売決定。時期が未定ですが、必ず出版しますのでお待ちください!

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス特集として「赤鼻のトナカイ」の4回目、最終回です。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、これまで解説してきたクリスマスソング「赤鼻のトナカイ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.168「赤鼻のトナカイを弾こう 3回目」

【河童のひとり言】
日本人最長の宇宙滞在を記録した宇宙飛行士、古川さんが帰還したのは先日の事。もはや宇宙は、遠くかけ離れたものでないような気がしますね。それからほどなく、アメリカ NASAがこんな発表をしました。「アポロでの月面着陸地点はアメリカの財産であって、「立ち入り禁止」とする」ってな話だそうで、なんだかまた金持ち風を吹かせてわがまま言っているような印象です。せっかく宇宙が近くなったのに、また平和が遠ざかりそうな、そんな気配を感じたのでした。

【今週のRyntenNews】
「先生が走る」と書いて『師走』…ももう半ばを過ぎました。
先生が走るから『師走』…かどうかは定かではない様ですが、忙しい事には変わりはありません。如何お過ごしでしょうか?

「河童のひとり事」の『宇宙飛行士』。
日本の宇宙飛行士の方々も数が増えてまいりました。日本人最長の宇宙滞在の「古川さん」そして「若田さん」。日本人初の船長を努める、という事で「日本人も優秀だな。」と言いますか「中には優秀な方もおられるんだな。」と思うと言った方がいいのか…、とにかく誇るべき事です。
僕は『宇宙』というところに想いを馳せるのが大好きです。そこは桁外れ…とてもじゃないけど人間の発想、人間の物差しでは追いつかないものが広がっています。
以前『宇宙』に関するデータみたいな本を見た時に、よく目にするには「何光年」という話。じゃあ、それをキロメートルに置き換えたらどれだけになるのか?『億』とか『兆』、最近ちょっと出て来た『京』とかだったらまだ分かるのですが、果てしなくどんどんと追いかけていると、『那由他(ナユタ)』『阿僧祇(あそうぎ)』なんて単位が出て来ます。最後は『無量大数』…。
『1無量大数』というのは、どれだけの距離か?『宇宙』にも殆ど存在せず仏教、宗教の世界でしか使われないそうです。

どんなものなんでしょう?
■Rynten ダイアリーです。
忘年会シーズンになりましたね。みなさん、呑み過ぎには注意して下さい。
僕は先日、フォーク村の忘年会に行ってきました。やはり昔懐かしい話に花が咲きます。

先週は、とあるレコーディング、翌日は僕のフランチャイズともいえる東京・曙橋「バックインタウン」、その翌日には初登場の埼玉は深谷市「トンフー」でのライブがありました。

レコーディング…どうなるか?我ながらハラハラでしたが、無事に終了。

バックインタウンライブ、前回はバンドと一緒の演奏でしたが、今回は僕一人のステージです。
店内もクリスマスモードできらびやか。

このバックインタウンのライブに合わせて韓国から数人のお客様が。。。
今年の夏、韓国でライブをした時にスタッフで奮闘してくれた友人達が東京観光も兼ねて来てくれたんです。
ホントに嬉しかった!

観光には一日しかお付き合い出来なかったけど、久しぶりに訪れた「浅草寺」や何年ぶり?いや何十年ぶりかで歩いた銀座の歩行者天国。
どこも人でごったがえしていたけど、凄く楽しかった。
浅草から見た「スカイツリー」、間もなくオープンですね。

一緒に乗った山手線などなど、短い時間だったけど、充実した時間でした。

みなさん、遠いところ、ありがとう!
また会える日を楽しみにしています!

そして、初めてライブをやらせてもらった、深谷「トンフー」。
たくさんの人達が来てくれました。
ありがとう!
マスターが手づくりで創ったお店は、もともと牛舎だったそうですが、とても素敵な空間になっていました。

この夜は皆既月食。

打ち上げ真っ最中、みんなで空を見上げてお月さん見物。
寒かったけど感動でしたねえ。
ライブにお手伝いくださったみなさん、ありがとうございました。
手づくりのお料理、美味しかった!

■スケジュールです。
今年最後のライブのお知らせです。
・12月23日(祝・金)福岡・朝倉「音茶」イブイブライブ、出演者も多数です。
・12月24日(日)福岡・福間海岸「旧九電福間荘2F」ずっとお世話になっていた、旧サーフサイドクラブの隣のビルです。
是非お出かけ下さい、お待ちしております。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集のKMP出版から発売決定。時期が未定ですが、必ず出版しますのでお待ちください!

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス特集として「赤鼻のトナカイ」の3回目。全4回の特集です。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、クリスマス曲としてよく知られる「SilentNight/きよしこの夜」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.167「赤鼻のトナカイを弾こう 2回目」

【河童のひとり言】
「地球の温暖化により、このわずか100年間で地球上の38種類の動物の体が小さくなった」との記事を読み、この数年の異常気象と生態系の変化というものを紐付けて考えてしまいます。その一方、日本の野ネズミなどは体型が大型化しているそうで、その裏には「飽食のニッポン」があるようです。寒い気候ほど、動物の体重は重い、というのが「ベルクマンの法則」と言うそうですが、この季節ナベに舌鼓を打つカッパの奥さんを見て、ボクは野ネズミ以上の生命力を感じるのでした。

【今週のRyntenNews】
『河童のひとり言』の温暖化…と言われつつもやはり「冬」は「冬」。
寒さが日ごと夜ごとに厳しくなってゆく今日この頃。ご機嫌如何でしょうか?

『地球の温暖化』。
地球レベルで物事を心配し考えていかないと、にっちもさっちもいかない、お先真っ暗な世の中・ご時世になってきました。もちろん、地球レベルだけだはなく日本という国レベルで考えても、あまり明るい話題が出てこない…。

震災から10ヶ月になろうかとしていますが、震災だけでなく円高の問題も凄いですね。それと、やたらと言われているのが、「税制改革」。
僕に言わせると、「改革」ではなく『改悪』を狙っているのではないか?!そんな感じがしないでもないですね。

例えば、税金でも税収という事で考えれば、今のGDPから考えると消費税開始前の方が税収として今より多い…。であれば元に戻せばいいのでは…?まあ、全てではないですが、そんな意見もあろうかと思います。

日本という国にしても、地球というレベルにしても非常に真剣に物事を考えていかないとヤバイ!のではないか?!そんな2012年が間もなくやってまいります…。

■Ryntenダイアリーです。
僕のファンクラブの宿泊イベントが終わり、皆さんを見送った後、地元スタッフと軽く「お疲れ様」の乾杯。

翌日は少し遠回りをして「鷲見工房」へ御邪魔し、夜にはいつもお世話になっている温泉宿「鹿乃屋」さんへ。ゆっくりさせて頂きました!

鷲見さんに連れて行ってもらった、手打ちそば「きこりん」、美味しかったですねえ。

長野は「そば」に限る!?
営業課長の「サスケ」は元気いっぱい、人間の言葉がわかるのか…ホントにものわかりのいい犬です。

東京へ戻る途中、「モーリス工場」へ。
僕のギターの経過を観てきました。楽しみですね。

12月最初のライブは奈良「ビバリーヒルズ」。
途中で見かけた「せんと君」もクリスマス仕様、まだまだ引退は出来ない?

前日には地元テレビ局「奈良テレビ」の夕方のの生放送番組「ゆうドキッ!」に出演、写真はリハーサル風景。

番組のアナウンサーは地元で活躍する「南かおり」さん。
南さんとは押尾君のラジオ番組で2度ほどご一緒させて頂いた事があり、お会いするのは3度目になるでしょうか?
夜には南さんとお疲れ様会?南さんは、とても明るくて朗らかな素敵な女性です。

今回のライブには、地元のケーブルテレビの収録が入り、いつもより数倍緊張しました!
カットして欲しいシーンもあるんだけど…どうなるんでしょうか…?

■スケジュールです。
・12月14日(水)青森・八戸「茶居花」八戸市内の大きな病院敷地内にある、初めておじゃまするカフェです。
・12月23日(土)福岡・朝倉「音茶」クリスマスイブイブライブです。出演者も多数、盛り上がりそうです。
・12月24日(日)福岡・福間海岸「旧九電福間荘2F」旧サーフサードとなりにある建物です。福間海岸での久々のライブです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集のKMP出版から発売決定。時期が未定ですが、必ず出版しますのでお待ちください!

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス特集として「赤鼻のトナカイ」の2回目。全4回の特集です。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、クリスマス曲としてもよく知られる「Greensleeves/グリーン・スリーブス」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.166「赤鼻のトナカイを弾こう 1回目」

【河童のひとり言】
「12月」という月は振り返りの季節です。特に今年は何度も振り返ってきました。雨が降れば涙を、風が吹けば寂しさを、そして晴れた日にははかなくも消えてしまったヒトたちの笑顔を思い出しました。震災のあの日から未だなお、4000人近い人が消息不明となりながらも、我々は新しい日々を作り続けています。「我々が進もうとしている道が正しいかどうか、神は前もっては教えてくれない。」アインシュタインの言葉ですが、我々は振り返ることで今は進むしかないと思うのです。

【今週のRyntenNews】
ついに2011年、残すところひと月を切りました。如何お過ごしでしょうか?

12月…という事は師走ですね。先生も走り回らなければならない、それだけ忙しい月、という事なのでしょうか?
そう言えば古くから伝わる月の呼び名というのは、1月は睦月、2月は如月、弥生…と続いて12月が師走となるわけですが、よくぞつけたものです。何年たとうが何百年たとうが、何千年たとうがその呼び名とその月がずれる、という事はまずあり得ない。奥深さを感じさせられます。例えば、11月は霜月、「そうか、そこからぐっと寒くなるのか。」とひとつのこよみです。

どんなに文明が発達しようが、どんなに時代が移ろうが変わらない。
そして師走を越えるとまた睦月がやってくる。。。

■Rynten ダイアリーです。
ダイアリーの前に一つ、知らせがあります。

去る、11月27日、広島県北広に古くから伝わるお祭り『花田植』がユネスコ無形文化遺産に登録されました。僕も凄く嬉しいです。早速現地でお世話になっている方にお祝いの電話をしました。改めて、おめでとうございます!
2年前に観に行った時の事が思い出されます。

先週は京都・高の原「イオンショッピングモール」でのインストアーライブがありました。モール内で買い物をした通りがかりの方々が僕の音に足を止め、CDを買って下さいました。初めての方に興味を持っていただける事は本当に有り難いですね。

そして週末には、ファンクラブイベント「リンダムツアー」が福井県・越前市(旧武生市)で開催しました。楽しんで頂けましたでしょうか?
僕は…ホントに楽しかった!
今回初めての試み…ギターレッスンや食事、バスを借りての市内観光。
どうなるかなあ?と多少の心配はあったものの、これがまた好評、胸をなでおろしました。レッスンでは皆さん真剣にそのもの。

夕食は市内の老舗の料亭で。
地元の人達にも高値の花である「セイコガニ」が登場!

今年は不漁でこのイベントには間に合わない…と女将さんが心配していたそうですが、偶然にもこの日に揚がったんですねえ。ラッキーでした。蟹を食べる時は何故か「みんな無口になります」そう言ってみんなで笑いました。
次から次へと出て来たお料理の数々…どれも美味しかった!。

夕食後は参加者だけのプライベートライブ。今回はスペシャルバージョンでパーカッションの河野さんと土屋さんにお手伝い頂き、盛り上がりました。特に二人の掛け合いが面白かった、との意見が多数…。土屋さんには「Zontac
Hill」「トトラの島」もギターでサポートしてもらいました。それにリハーサルで急遽決まった「大地の輝」の3人セッションは大好評でした。僕も楽しかった~。

メインイベントである懇親会…は言うまでもありません、みなさんと大いに呑みました。このリンダムツアーの為にスペシャルラベルを貼った地酒を持って来て下さった方も。

後半にはギターを弾かれる方々がステージで演奏も披露。今年は例年より1時間ほど解散が早かったかな。
2日目はマイクロバスで市内めぐり。
武生は和紙で有名です。先ず「和紙の古里」で和紙創りのデモを見学。この職人さん、楽しい方なんですがギャグの連発には少々閉口…。和紙のお土産品を買ったりしてそれぞれが楽しんでいました。

そして和紙の神様を祭っているという「大瀧神社」。ここは違った空気が流れていた様な。。。

その後昼食をとり解散。イベント2日間はお天気にも恵まれ、それほど寒くもなくいい陽気でよかった!

このイベントの為に、僕ら一行は前日に入ったわけですが、出発した時には晴天で道中に立ち寄ったSAの富士が見事でした。

しかし、北陸に近づくにつれあやしい雲行き。なんでもその前日には雹がふったとかで、ある程度覚悟はしていのですが北陸に入った途端、大粒の雨。でもそれを抜けた時、大きな2本の虹が突然現れ、思わずシャッターを押しました。

名物武生のB級グルメ「ボルガライス」も食べました!
オムライスの上にカツが乗っていてソースがかかっています。
噂では「ガッツリ系」「コッテリ系」と聞いていましたが、地元スタッフに連れて行ってもらったお店は「ボルガライス」の発祥のお店だとか。見た目よりもあっさりしていて美味しかったですよ。

こんなご時世に各地から集まって下さったみなさん、本当に有り難うございました!また、来年お会いしましょうね!
そしてこのイベントを盛り上げて下さいました、地元スタッフ「越ssense(エッセンス)」のみなさん、有り難うございました。

■スケジュールです。
・12月9日東京・曙橋「バックインタウン」僕のフランチャイズ、といってもいいでしょう。
・12月10日埼玉・深谷「トンフー」初めてお邪魔します。
・12月14日(水)青森・八戸「茶居花(ちゃいはな)」BeFMをお聞きのみなさん!是非お越し下さいね。
・12月23日(祝・金)福岡・朝倉「音茶」クリスマスイブイブライブです。
・12月24日(土)福岡・福間海岸「旧九電福間荘2F」元サーフサイドの隣にある建物でのライブです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集のKMP出版から発売決定。時期が未定ですが、必ず出版しますのでお待ちください!

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス特集として「赤鼻のトナカイ」の第1回目。全4回の特集です。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、カバー曲「少年時代」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2011-12

Return to page top