Rynten #619 インプレッション”アカデミー賞主題曲賞を旅する” #3

先月7月21日、ギター歴50年以上の僕が初めて〝無観客生ライブ配信〟なるものを経験しました。新型コロナウイルスの影響でステージのスケジュールがことごとく延期や中止。5月20日にリリースされたニューアルバム《New Vistas》のプロモーションもままならず。ライブスケジュールが中断しているライブハウスと連動としても初体験でした。この騒動がなかったら一生経験することはなかったかもしれません。

〝お盆〟の帰省も「諦めた!」という方も多いのではないでしょうか。
お客さんのいないライブは何とも演りにくいものです。お客さんの存在がどれだけ有難いか!を改めて感じさせられた〝ライブ配信〟でした。その配信を観た方からお便りを頂きましたのでピックアップしてご紹介します。
・おなじみ〝TAKさん〟さんから『アルバム全曲演奏大サービス、有難うございました。圧巻は《オジロワシの憂い》。実はライブで一番聴きたかった曲です。倫典さんのオープンチューニングの曲は難しそう。さらに難易度を増している。』
ーRynten『レギュラーチューニングは〝New Vistas〟の中で何曲かありますが、難しいと感じられたのは、おそらく〝Good Mornig MAPO〟という曲だと思います。他の曲はそんなに難しくないです。確かに、作者本人曰く「〝Good Mornig MAPO〟は難しい。」と言いますか、難易度が高いと言いますか…ですね。
・〝KMさん〟から『とてもいい音で特別席に座っている様な感覚になりました。贅沢な時間を頂いた様に思います。雰囲気空気感のある生ライブに行ける様になる日が早く戻って来てくれる事を願っています。』
ーRynten『本当に同感です。早く戻って来て欲しい、と願っているんですけど「いつになる」という見通しは立たない昨今であります。
・初めてお便りいただきました〝Taniyanさん〟から『ライブを独り占めしている感じがするのと繰り返し拝聴出来るのが、ライブ配信の良さだな、と感じました。でもお客さんがいないとやっぱり寂しいですね。9月のライブも予約しているので、それまでに新型コロナも収まって普通に生ライブを楽しめる様になっているといいですね。』
ーRynten『そうなんです。ライブはなかなか見通しが立ちません、が、僕もそう願っております。』

【Rynten Impression】
アカデミー賞主題曲賞を旅すると題し、そのVol.3をお届けします。今週は1990年代そして2000年代の映画からの曲たちをご紹介します。
・1994年「The Lion King(ライオンキング)」より「Can you Feel The Love Tonight(愛を感じて)/Elton John(エルトン・ジョン)」
・1997年「Titanic(タイタニック)」より「My Heart Will Go On/ Celine Dion(セリーヌ・ディオン)」
・1999年「Tarzan(ダーザン)」より「You’ll Be In My Heart/Phil Collins(フィル・コリンズ)」
・2000年「The Lord of the Rings(ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還)」より「Into The West/Annie Lennox(アニー・レノックス)

【Key Of R】
今日お届けする曲はオリジナル曲で「Platonic Zone with Lotus〜Platonic Tune with Prairie Rose」アルバム《Musings》にメドレーで収録されていて、ライブでもメドレーで演奏することが多い曲たちです。前半の「Platonic Zone with Lotus」は書き下ろしですが、後半の「Platonic Tune with Prairie Rose」は、1986年に僕が始めたギター教室の練習曲として既にあった曲です。僕のオリジナルとしては結構古い方で、アルバムの収録の際に完成させ、そこに新しく「Platonic Zone with Lotus」を創り込みくっつけた、という経緯があります。

【Ryntenダイアリ】
【イギリス館@横浜】
長い梅雨が明けた日、この日は横浜「イギリス館」でのライブでした。立て続けに延期や中止となっている中、やっと実現。感無量でした。
足を運んでくれた皆さんには感謝!の一言です。

このスペースが僕は気に入ってます。ソシアルディスタンスのため、椅子は間引きされ、半分の客席に…。でも、またここに来れた事が本当に嬉しかった〜。

僕の背中越しの部屋は〝サンルーム〟。優雅な気分に浸れます。ホールから庭を眺めるとこんな感じです。

この日のメニューは、もちろん新しいアルバム〝New Vistas〟からと古いおなじみの曲たちで構成しました。終演後、主催である〝サウンドポート〟スタッフと中華街へ。暑かったけど、蝉の鳴き声が響き渡り…「今は夏なんだ!」と改めて季節を感じた一日でもありました。Stay Home続きで季節の移り変わりが全くなかったなあ。

●Ryntenライブ
★ライブ
・9月12日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(いずれも要 2オーダー=1,000円)
 (問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・9月19日(土)福岡朝倉「音茶〜復興支援ライブ〜」
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要 1ドリンク)
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月20日(日)山口「sonoda Coffee」
 18:00スタート 前/当3,500円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 090-9733-5053

・10月2日(金)東京「Back In Town」
 コロナウイルス感染防止・ソーシャルディスタンスを取るのために定員の半数〝35名〟での開催となります。体調の悪い方や熱のある方はお控え下さいますよう、お願い申し上げます。また、状況により時間の変更は延期や中止になる場合もあります。ご容赦下さい。今現在の開場/開演時間は通常通りです。
 19:30スタート 3,850円(要1フードと1ドリンクオーダー)
 (問)同 TEL 03-3353-4655
http://backintown.jp/index.php?z=114001

・10月10日(土)鳥取米子「BEXX」後日動画配信あり(有料)
 18:30スタート
 一般:前 3,500円 当 4,000円(ドリンク別)
 高校生以下:前 2,000円 当 2,500円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

●中止または延期になったライブ
●中止
・8月22日(土)群馬「野反湖フィールドフォークコンサート」2020年の開催はありません。
・9月予定「2020年岡崎倫典ギター教室発表会」年内の開催はありません。

■アルバム/譜面集情報
●お知らせ

10年ぶりとなる、NEWアルバム「New Vistas」発売中

Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #618 インプレッション”アカデミー賞主題曲賞を旅する” #2

【河童のひとり言】
先日、日本の『防衛白書』の一節「中国は力を背景とした一方的な現状変更の試みを執拗に継続している」という文言に対して中国が「偏見と偽情報に満ち、中国の脅威をやたらと煽り立てている」と批判しました。さらに「中国は一貫して平和的な発展の道を歩み、防衛的な安保政策を掲げている」とも。これまでアジアでの問題を「当事国で解決を…」と遠目に見ていたアメリカも黙っていられなくなったようです。日本の物差しでは通じないことは重々承知していますが、これが世界の物差しとなるとどうなのでしょうか?

今年の夏は例年にも増して暑くなりそうな個人的予感。いかがお過ごしでしょうか?
以前、スーパー・コンピューター〝富岳〟の話の際にも触れましたが、天気予報がここまで正確且つ細かく出せる時代になっても自然災害は後を絶ちません。今後も今回のような天災がくる返しやって来るでしょう。犠牲になるのは、被害を被るのは、懸命に生きている善良な人たちばかりです。人命は勿論ながら、大事に育てた作物や長年住んだ家々が濁流に飲み込まれるのは、もうご勘弁です。これも先週触れたお話ですが、人類が再び月に向かう計画〝アルテミス計画〟。〝ホーキング博士〟が言われるように「力のある国が一つに集結して次なる世界を見つけること」は、今の人類にとって最大の課題と言っていいでしょう。〝CO2削減〟や〝地球温暖化防止〟などと叫んではいるものの、人々の動きは逆光するばかりです。ホーキング博士もそんな人類の愚かさを見据えた上で「他に道はない」と言ったのでしょう。そんな危機的な状況を抱える地球上では、今も覇権争いが繰り広げられています。ここで一つ、僕からの提案です。人類も〝絶滅危惧種〟に指定してみてはいかがでしょうか?

【Rynten Impression】
今週も先週に引き続き〝アカデミー賞主題曲賞を旅する〟と題し、そのvol.2をお届けします。今週は、1970年代・1980年代の映画からのピックアップです。
1973年「ポセイドンアドヴェンチャー」より「The Morning After/Maureen McGovern」
1974年「ポセイドンアドヴェンチャー」より「The way We Were(追憶)/Barbra Streisand」
1982年「愛と青春の旅だち」より「Up Where We Belong(愛と青春の旅だち)/Joe Cocker & Jennifer Warnes)
1986年「トップガン」より「Take My Breath Away(愛は吐息のように)/Beriin(ベルリン)」

【Key Of R】
今日お届けするのは、オリジナル曲で《消えた街》。
僕のふる里〝広島〟から生まれた曲です。今年も8月6日、広島は75回目の夏を迎えます。毎年、8月6日には〝平和式典〟が行われますが、今年はコロナの影響もあり規制はあるものの例年通りの開催されます。ただし、75年も経っていますからご遺族の代表の出席は過去最少になると耳にしています。小学生時代、水道も共用のバラックが立ち並ぶ街に住み、そこから学校に通っていた同級生たちを思い出しました。今や、綺麗な街と生まれ変わった広島の街があります。まあ、時間が造った、と言ってしまえばそれまでですが。。。原爆に見舞われた人たちに今の広島を見て欲しい!そう願うところではあります。そんな気持ちをふる里〝広島〟向けて創った曲です。

●Ryntenライブ
★ライブ
・9月12日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(いずれも要 2オーダー=1,000円)
 (問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・9月19日(土)福岡朝倉「音茶〜復興支援ライブ〜」
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要 1ドリンク)
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月20日(日)山口「sonoda Coffee」
 18:00スタート 前/当3,500円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 090-9733-5053

・10月2日(金)東京「Back In Town」
 コロナウイルス感染防止・ソーシャルディスタンスを取るのために定員の半数〝35名〟での開催となります。体調の悪い方や熱のある方はお控え下さいますよう、お願い申し上げます。また、東京都からの「新型コロナウィリス感染拡大特別警報」の要請を受け、19:00開演(22:00閉店)となります。
 19:00スタート 3,850円(要1フードと1ドリンクオーダー)
 (問)同 TEL 03-3353-4655
http://backintown.jp/index.php?z=114001

・10月10日(土)鳥取米子「BEXX」後日動画配信あり(有料)
 18:30スタート 
 一般:前 3,500円 当 4,000円(ドリンク別)
 高校生以下:前 2,000円 当 2,500円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

●中止または延期になったライブ
●中止
・8月22日(土)群馬「野反湖フィールドフォークコンサート」2020年の開催はありません。

■アルバム/譜面集情報
●お知らせ

10年ぶりとなる、NEWアルバム「New Vistas」発売中

Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』