Home > Archives > 2015-02

2015-02

Ryntenバイエル #335 Without Youを弾こう 6

桜の季節は目の前です。梅のたよりは1ヶ月くらいから耳に入って来ていましたが、本当に時の流れが早く感じる今日この頃です。如何お過ごしでしょうか?
aw150228

2015年、あの《東京オリンピック》は2020年…と言う事は…あと5年数か月ですね。“目の前”と言うにはまだまだ先の話ですが、あれよあれよとやって来る様な気もします。
僕の住んでる近所でも道路工事をしておりまして…それが修復というレベルではなく、「元から設計を変えてやれ!」という様子が結構目に付いたりしています。これは〝東京オリンピック〟に向けてなんでしょうか?何れにしても、建設業界やそれに関係する様々な業界が東京に集結する。かつて東日本大震災の時に、そういった日本中の建設あるいはそれに纏わる職種の人たちが東北に集まった、という例がありました。その理由・根拠は違いますが、今後は東京に集まるのでしょうか?宿泊先の確保など大変ではないかと…。まあ、これは僕が心配してもしょうがない事なんですけど、ね。お察し申し上げます。
そんな〝東京オリンピック〟公式スポンサーも決まりつつあります。早速某通信会社があったり…。競技では“ボーリング”が名乗りをあげたりしております。「“ボーリング”が名乗りをあげるんだったら、こちらも!」というスポーツも出てくるかもしれません。“ゲートボール”などが出てきたら、競技年齢が上ります。それはいい事だと僕は思いますけどね。「その後に続け!」と“綱引き““輪投げ“なんかも出てきたりしますと、殆ど“芸能人スポーツ大会“と変わらなくなってくる…。
さて、先行きはどうなるのでしょうか?

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はNilsonの「Without You」の6回めです。以前、雑誌「アコースティックマガジン」に楽譜を掲載しましたが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ビリー・ジョエルのカバー「Just The Way You Are/素顔のままで」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

【カフェ ド萌@笠岡】
1年ぶりにお邪魔しました!
名物“せっちゃん”こと“せつこまま”も元気です。
1

何が名物か?というと…毒舌…というか、話はストレート直球のど真ん中。はっきりと言ってくれるからこそ、みんなから好かれているんでしょうね。
それに暖かい。いつも笑顔で「ようこそ!」と迎えてくれるんです。
あるアーティストが「 “萌”は心のふるさと〜!」と言ったそうですが、僕もそう思います。
2

今年も盛り上がりました〜!アンコールで「何かリクエストありますか?」と言ったら同時に何人もの人からリクエストが来てビックリ!場所によっては「シーン」と静まり返っていたりするので、本当に嬉しかったなあ。
壁にはこのお店を創るルーツとなった《高田渡さん》の告知が今も貼ってあり、仲のよかったマスターとの写真も。
3

【ギターセミナー@バーカブロ】
今年も枠を拡大する程たくさんの生徒さんが集まってくれました。有難い事です。
そして今回、またもや参加してくれたベースを持参の、通称“久美さん”。前回は「花田植」でしたが今回は「Living Naurally」。僕のギターと彼女のベースとの練習は、まるでセッションしているかの様。
生徒さんたちが聴き入ってくれて、曲が終わる時には拍手まで(笑)。
4

終了された方には“修了書”なる色紙の授与。
5

セミナー前日、一足早い僕のバースデーのお祝いをしてくれました〜!ありがとう〜!
6

■ライブスケジュール
・3月6日(金)東京「バックインタウン」http://homepage3.nifty.com/backintown/
・3月14日(土)群馬中之条町「ふるさとセンター つむじ」http://tsu-mu-ji.com
つむじ
・3月15日(日)群馬高崎「青春の詩」http://members3.jcom.home.ne.jp/seisyun2011/
・3月19日(木)長野東御「文化会館サンテラス」ロビーコンサートhttp://sun-terrace.jp/news.php
・3月21日(土)静岡沼津「Molt Cat’s」僕のバースデーライブです。
バースデーライブ
■ギターセミナー
・3月20日(金)静岡沼津「すみやグッディ沼津店」
すみやグッディ@沼津
■イベント参加
・4月11日(土)「フィンガーピッキングデイ」横浜赤れんが倉庫
■ゲスト出演『木村大 guitar live “ONE” special guest 岡崎倫典』
・4月7日(火)静岡市「GARDEN CAFE LIFE TIME」http://www.fugetsuro.co.jp/lifetime/
・4月8日(水)東京目黒「BLUES ALLEY JAPAN」http://www.bluesalley.co.jp/top.html
木村大
■セミナー&インストアーライブ
・4月18日(土)大阪三木楽器梅田店
http://www.mikigakki.com/special/special_list_photo.php?Rec_Id=2465
三木楽器

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #334 Without Youを弾こう 5

寒かった冬が少しずつ遠のいている…そんな実感があります。春は確実にやって来ています。
みなさん、如何お過ごしでしょうか?

ここのところ…、ここ数年と言っていいんでしょうか?海外からの旅行者の方が非常に増えております。中国、台湾を始めとする東南アジアが中心にはなっていますが。
そんな中でも観光者たちの行き先がだんだん変わって来ている、という話です。以前は(今もですが)、かなりの方が“秋葉原”、大阪で言うと“日本橋”、そんな電器街で買い物に出かけるケースが多い様です。
それとは別に、海外旅行客の 人たちが“多い”と言われているのが、“盆栽庭園”。“盆栽屋さん”と言いますか、小宇宙の様な非常に日本的な世界。ここに興味を持っている外国の方たちが、どーっと押し寄せ、中には数百万という値がつくものをあっさりと買って行く…、というケースが増えている様です。
まあ、「“盆栽”という物に興味あない」と言うより、あまり近くない僕としては、非常に狭い世界の様に感じるんですけど 、世界中に愛好家が散らばっている…眺め方を変えてみますと、僕たちが手がけている、“ギターインスト”の世界に似ている様な気がします。ただし、そこには創る人だけではなくて、それを観る人、聴く人の感性というものが必要になってきます。
同じ狭い世界ながらも、やはり“深さ”というものが“盆栽”の世界に感じさせられます。
aw150221

一つ、こんなおたよりを頂いています。初おたよりですね。
・nさんから『初めてコメントさせて頂きます。Youtubeなどでは、アタックなどを使ったパーカッシブな演奏をしているのをよく見かけますが、どうも演奏者の満足(複雑にし過ぎてしまう)に終始している様な気がします。普段、ギターという楽器で表現する時に、どの様な事に注意され意識されているのか?曲のアレンジにおいて「ここは外せない」「ポリシーである」などのギターや音楽についてのお考えを是非、お聞かせ頂ければ…。』
ー僕は「原曲の良さを壊さない」「失わない」「ギターを知らない人が感動出来る」というところですね。そこが先ず一番大きなポイントでしょうか。これについては、また改めてお話しを続けたいと思います。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はNilsonの「Without You」の5回めです。以前、雑誌「アコースティックマガジン」に楽譜を掲載しましたが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「麻衣」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

【Ryntenダイアリー】
百年邑@大阪河内長野
約1年ぶりのライブです。何故か寒い時期にぶつかりますね。去年も寒かった記憶が…。
hyankunemura

たくさんの方々が来てくれました!キャンセル待ちの方もいたんだどか…。僕の友達も「入れない」と電話が来ましたねえ。
でも、有難い事です。感謝!ですね。

マスコットの“ソラ”は、相変わらず食いしん坊。ただ、ちょっと年をとったかな…。まだまだ元気でいてね。
SORA

このお店の名物は“馬肉”料理。馬すじカレーに馬とろ丼、馬刺し…どれも美味い!今回は、新しいメニューとなった、馬すじシチューをご馳走になりました〜。
Hyakunenmura Menu

宴もたけなわの中、後ろ髪を引かれつつ別れの記念撮影(笑)。
KInen Satsuei

今年、百年邑は15周年なんだそうです。すごいですね。僕が初めてお邪魔してから「どのくらいになるんだろうか?」そんな事を話しながら別れました。マスターお酒はほどほどにね〜。また、元気に会いましょう!
Mt.FUJI

■ライブスケジュール
・3月6日(金)東京「バックインタウン」http://homepage3.nifty.com/backintown/
・3月14日(土)群馬中之条町「ふるさとセンター つむじ」http://tsu-mu-ji.com
つむじ
・3月15日(日)群馬高崎「青春の詩」http://members3.jcom.home.ne.jp/seisyun2011/
・3月21日(土)静岡沼津「Molt Cat’s」僕のバースデーライブです。
■ギターセミナー
・3月20日(金)静岡沼津「すみやグッディ沼津店」
http://www.sumiya-goody.co.jp/profile/shop/detail.asp?s=55
すみやグッディ@沼津

■イベント参加
・4月11日(土)「フィンガーピッキングデイ」横浜赤れんが倉庫
■ゲスト出演『木村大 guitar live “ONE” special guest 岡崎倫典』
・4月7日(火)静岡市「GARDEN CAFE LIFE TIME」
http://www.fugetsuro.co.jp/lifetime/
・4月8日(水)東京目黒「BLUES ALLEY JAPAN」
http://www.bluesalley.co.jp/top.html
木村大

■セミナー&インストアーライブ
・4月18日(土)大阪三木楽器梅田店
http://www.mikigakki.com/special/special_list_photo.php?Rec_Id=2465
三木楽器

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #333 Without Youを弾こう 4

2015年、ひと月ちょっとだと言うのに、もうあちらこちらから梅の開花のたよりが届いています。異常気象と言われながらも着実に芽を吹き、そして花を咲かせていく植物たち…頭がさがる思いです。
如何お過ごしでしょうか?

昨今、世界中を賑わせている《イスラム国》。“国”という名前が付いていても国家ではないようで…。日本人である自分からみると、“狂気”としか言いようがない。
ふと、“イスラム教”と結びつけて考えてしまう、という傾向が日本人に限らずですが、無きにしも非ず。
囚われた人たちの無事を、生還を、祈る“イスラム教”の人たちを考えると、本当に「有難う!」という気持ちもあり、絶対に結びつけて考えてはいけない、と自分に対しての戒めもあります。
例えば、日本の“共産党”もそうですね。“共産圏”と結びつけて考える、というのは「“ソビエト連邦”がなくなって何十年も経つんだ?!」と、そのあたりも似てる部分があるかもしれません。これも同時に自分に対して「違うんだぞ」と語りかけないと、ごちゃ混ぜになりそうです。もっとも、“日本の民主党”と“アメリカの民主党”をゴチャ混ぜにする人はいないでしょうけど。。。
aw150214

おたよりをご紹介します。
・AMさんから『《without You》が始まりました。挑戦したばかりですが難しい、と思っていたらそこに救いの手が…。嬉しい!やたったね!と小躍りしちゃいました。次回が待ち遠しい。』
・TAKさんから『今週から《ニールソンのwithout You》、嬉しいです。頑張ります。』
ーこんなおたよりをお二人から頂きました。非常にやりがいがありますね。有難うございます。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はNilsonの「Without You」の4回めです。以前、雑誌「アコースティックマガジン」に楽譜を掲載しましたが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、サイモン&ガーファンクルのカバー「Bridge over troubled water/明日に架ける橋」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリー
【Bee Station@高知】
一年ぶりの高知は、穏やかなお天気でした。暖かったなあ。
もっとも、地元の人たちにとっては「寒い!」らしい…。
今年もみなさんに盛り上げてもらいました〜。
打ち上げでは名物「かつおの塩たたき」を堪能。
かつおの塩たたき

お店を出た後は、道路沿いに立ち並ぶ屋台で〆のラーメンがこれまた美味かった!帰りに、お店のマスター〝長滝氏〟とツーショット。
with長瀧さん

翌朝は、高知スタッフたちとモーニングコーヒー。
モーニングコーヒー@高知

【黒船屋@香川高松】
こちらも1年ぶりのライブです。
黒船屋@高松

お店の直ぐ近くにある、廃止となったため閉鎖されたフェリー乗り場が寂しかったなあ。この窓からフェリーが見えたのに…残念。これも“時代”ですね。
ここでのライブには徳島から必ず駆けつけてくれるご夫妻。ありがたいですね。初めての記念撮影。
徳島から

最後はマスターと。
マスターと@黒船屋

高知、高松のライブを終えた翌日は、フェリーに乗って岡山宇野までいざ!
風が強かったので外には出られませんでしたが、楽しかった〜!
高松からのフェリー

宇野に着くやいなや、昨年、お邪魔したカフェでマスコットの〝オレオ君〟に再会。
僕たちの為にざぶとんを運んで来てくれました〜。でも、決して離しませんでしたが…(笑)。
オレオ@岡山宇野

で、今回の霊峰富士。
今回の霊峰富士

■ライブスケジュール
・2月20日(金)岡山笠岡「萌」http://cafedemoe.com/moeinfo.htm
・3月6日(金)東京「バックインタウン」http://homepage3.nifty.com/backintown/
・3月14日(土)群馬中之条町「ふるさとセンター つむじ」http://tsu-mu-ji.com
つむじ
・3月15日(日)群馬高崎「青春の詩」http://members3.jcom.home.ne.jp/seisyun2011/
・3月21日(土)静岡沼津「Molt Cat’s」僕のバースデーライブです。

■ギターセミナー
・2月21日(土)22日(日)広島福山「バー・カブロ」http://www.bar-caboulot.com/news.html
Fukuyama
・3月20日(金)静岡沼津「すみやグッディ沼津店」
すみやグッディ@沼津

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #332 Without Youを弾こう 3

街にあふれているコート姿、「この風景が消えて変わるのもそんな遠くないはなしだな」と、そんな季節になってきました。ご機嫌いかがですか?

あの《北陸新幹線》の開業まで、あと一月を切りました。いよいよ来週です。とりあえず、金沢まで。
当初〝北陸新幹線〟を創る、と聞いた時には、個人的な思い込みですが「長岡あたりから分かれて日本海側沿いに西へいくのかな?」と描いていましたが、“長野経由”だったとは…!“長野”を経由する前と後の“S字カーブ”、というのでしょうか?さすが、山国日本です。それをくぐり抜けて〝新幹線〟が走る、というえらい時代になりました。
かつては、金沢・富山方面に行く時、僕らは東京から越後湯沢で在来線特急“はくたか”に乗り換え、第三センクターを通り“北陸本線”に入っていった訳です。僕はあのルートが非常に好きでした。あの列車に乗るのが楽しみと言ってもよかったかもしれません。
“はくたか”という名前は《北陸新幹線》に引き継がれますが、ルートは廃止、ということになりましょうか…。
寂しいです。。。

aw150207

おたよりをご紹介します。
・AMさんから『「“雲の上を散歩”という曲ができたのは、気球を見て」というお話しで、気球に乗ったことを思い出しました。』
ー気球に乗られた事があるのですね。僕も乗った事がありますが…上がった、と言った方がいいですね。飛んで回った、という分けにはいきませんでしたが。そんな風に思いを巡らして頂けると嬉しいですね。
・TAKさんから『演奏中のチューニング方法”やりましたよね。「よくあんな事ができるな」と思ってました。アマチュアがやってると「カッコつけやがって」と思ったものですが、私がやったら慌てて逆に回すかも。』
ー僕は今までそんな事はありませんでしたが、これからは分かりません(笑)。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はNilsonの「Without You」の3回めです。以前、雑誌「アコースティックマガジン」に楽譜を掲載しましたが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「Fast Rag」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Rynten ダイアリーです。
【大雪クリスタルホール@北海道旭川】
道東では暴風雪に見舞われ、JRも止まってしまった…。
そんな中にも関わらず、道内各地からたくさんの方々が足を運んでくれました。本当に心から感謝です。

その前に…
先ずは札幌入りし、またまた、《STV札幌放送》に出演。前回からそれほど間もなかったのですが、快くOKを頂きました!パーソナリティーは前回同じく“室田智美さん”。ありがたい事です。

札幌の街中には雪はそれほどありませんでしたね。
夜は創作料理の美味しいお店で乾杯。
STVラジオで

バスで旭川に移動。
お天気にも恵まれ、なかなか快適でした〜。
旭川の街中は札幌よりは雪が積もっていたかな。気温もちょっと低かった様な気がします。
移動中

コンサート前日の早朝、《FMリベール》に出演。
朝早いにもかかわらず、パーソナリティーの“麻生さん”(向かって右)はハツラツでした〜。
FMリベール

午後には《トーク&ギター講座》と《セミナー》開催。
たくさんの参加者のみなさん。嬉しかったですねえ。
何を話そうか?とあれこれと思案していましたが、結局、終始ギター談義でした。でも、みなさん、楽しんでくれた、と思ってます( 笑)。
トーク&ギター講座

セミナーには受講出来ない、たくさんのギャラリーの方々もずらり。これらは無料なので、見学もOKにしたんだとか。それにしても嬉しいですね。
ギターレッスン

そして、コンサート。
コンサート

満席でした。本当に嬉しかったです!
今回は、オープニングに“横嶋誠”さんこと“横ちゃん”。フォークソングのカバーを歌うんですが、いい味出しているんです。アンコールでは、僕のギターと〝サボテンの花〟。

東京からパーカッションにお馴染みの〝土屋‘大魔王’祐介〟さんとベースに〝野々口毅〟さんも参加。
バンドバージョンの北海道初お目見えでした。
ギターを弾く人もたくさんの弾かない人たちも、楽しんで頂けたと思っています。

終演後は、お世話になった会館のスタッフ。
会館スタッフと

また十数年ぶりに会った地元スタッフ…まさかまた一緒に仕事が出来るとは…嬉しかった!
古き仲間

で、雪の中メンバーと。
終演後メンバーと

まだまだ一緒に写真を撮れなかったスタッフもたくさんいます。
音響の〝村木氏〟、サポートしてくれた〝森氏〟、ステージを創ってくれたスタッフのみなさん。
〝横ちゃん〟と一緒の写真も撮れなかったなあ。

東京に戻ってすぐに、北海道の新聞に掲載されました。
新聞

最高の3日間でした。
みなさんに感謝、です。

■ライブスケジュールです。
・2月15日(日)大阪河内長野「百年邑」http://hyakunenmura.com
・2月20日(金)岡山笠岡「萌」http://cafedemoe.com/moeinfo.htm
・3月6日(金)東京「バックインタウン」http://homepage3.nifty.com/backintown/
・3月14日(土)群馬中之条町「ふるさとセンター つむじ」http://tsu-mu-ji.com
つむじ
・3月15日(日)群馬高崎「青春の詩」http://members3.jcom.home.ne.jp/seisyun2011/
・3月21日(土)静岡沼津「Molt Cat’s」僕のバースデーライブです。

■ギターセミナー
・2月21日(土)22日(日)広島福山「バー・カブロ」http://www.bar-caboulot.com/news.html
Fukuyama

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Home > Archives > 2015-02

Return to page top