Home > Archives > 2012-12

2012-12

Rynten Live!~vol.222「リンダムツアー2012(福井県・越前市)」

【河童のひとり言】
2012年もいよいよ終わろうとしています。
ご機嫌いかがでしょうか?
今年も「アコースティックウインド」を聴いて頂き、有り難うございました。
また、ライブに足を運んでくださったみなさん、有り難うございました。
僕にとっての2012年、いつにも増して充実した年でした。
2013年、どんな年になるのか?どんな出会いが待っているのか?楽しみでもあります。
みなさんにとっても、2013年が素敵な年になりますよう。

【今週のRyntenNews】
■Ryntenダイアリーです。
今年最後のツアー、東京、福岡朝倉、同じく福岡の津屋崎そして大分湯布院と回って来ました。
寒かったですねえ。
九州では毎日雪がチラついてました。

さて、東京《バックインタウン》での、石井完治さんとのジョイントライブ。
長野県上田以来です。
楽しい完ちゃんのMC…時々滑っていたけど。

今年最後のツアーは九州でした。
まずは、福岡朝倉《音茶》。
ライブ終了後は、クリスマス宴会となり…こんなケーキも頂きました。これは凄い!

オープニングをつとめてくれた、4.5様こと“三ヶ尻聖一”さん(ミカちゃんと呼んでいます)が、宴会ではコスプレで登場。
大いに楽しませてくれました!

津屋崎《サーフ9》。
まだオープンとは言えない状態だったけど、こじんまりとしたいい空間で以前の《サーフサイドクラブ》に良く似た創りなんです。
懐かしかったなあ。
再び福岡に戻ってきたマスターは凄く嬉しそうだったけど、僕らも嬉しかった!

犬の“トラ”と新たに家族となった“ミー”も一緒です。

翌日は大分へ移動し、毎年4月29日にライブをやらせてもらっている、“サウンドカフェ f(エフ)”へちょっとお邪魔してきました。
この日は、“序の口クラブ”という地元サークルの発表会。
僕も飛び入りで演奏。で、同じく客で来ていた、大分在住の16才の“天才ギター少年・そら君”も急遽飛び入り出演。
そら君は、僕の“大地の輝き”を演奏してくれました。また腕をあげてました!

そして湯布院“亀の井別荘・バー山猫”。

3度目のライブです。いつもながらお客さんがゆったりと聴いてくれているのが、嬉しかった!

打ち上げには、支配人に街中の焼き鳥屋さんに連れて行ってもらいました。
その店のマスターは、広島カープの大ファン。
広島出身の僕としてはサイコーの場です。

亀の井別荘もお正月の準備。ライトに照らされた“門松”。

由布岳には雪。

東京に戻る前、音茶のマスターと“キリンビアパーク”へ。
いいお天気の中、フローズンビールがとにかく旨かった!

■お知らせ
・12月31日NHK-FM《年越しラジオマンジャック》に今年も出演させて頂きます。
 14:00~25:00までの生放送。
 僕は22:00頃~25:00までの出演です。
 押尾君を中心に、たくさんのゲストの方が出演されます。
 是非聴いてくださいね。

・『Acoustic Guitar Book 36』シンコーミュージックより、全国楽器店、書店にて好評発売中!
 トミー・エマニュエル氏と岡崎倫典が表紙です。

■2013年のライブスケジュールです。
・1月12日(土)大阪「アニー」初登場です。
・1月13日(日)大阪「フィンガーピッキングコンテスト西日本大会」審査員、ゲストとして出演します。
・1月19日(土)静岡浜松「なんでモール」年に2回、冬と夏が恒例となりつつあります。冬バージョンでお届けします。
・1月26日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」2年ぶりの登場、ウッディな創りの落ち着いたカフェです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Rynten Live!】
今週は2012年11月23日に行われたリンダムツアーの様子をお届けしました。ツアーの様子は以前にブログにアップしていますので、こちらを御覧ください

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.221「スケールレッスンについて」

【河童のひとり言】
僕自身、2012年を振り返るといくつかの出来事がありました。中でも一番大きな出来事としては、初めて中国へツアーに行ったことでしょうか。5月に回りましたが、本当に大きな国でした。もう少しあとだと実現できなかったのではないかと思うと、滞りなくツアーが出来てよかったと思います。中国だけでに限った話ではありませんが、隣人の大切さを改めて知ったツアーでした。

【今週のRyntenNews】
いよいよ年末。

如何お過ごしでしょうか?

つい先日、“衆議院選挙”がありました。
年末の選挙、何年ぶりか?何十年ぶりか?記憶にありませんが。。。
しかし、選挙云々よりも個人的には『“選挙制度”なるもの、なんとかならないものか?!』と思います。
その間、“国政”は止まっている訳で…他の国は着々と進んでいる様です。

【河童のひとり言】から2012年を振り返って…。
2012年、5月の中国のみならず7月には韓国にも行かせてもらいました。

国に降り立った時、また、ライブの時に改めて『韓国や中国のお客さんのこういうところが凄いな。』とか『日本のお客さんのこいうところがいいな。』あるいは『ここはこうした方がいいな。』と色々な事がよく見えてきました。
良し悪しは別として、それぞれのお国柄、その国の持つ良さとして捉えればいいと思いますし『見習うべきところは見習いたい。』と感じさせられました。

特に中国は国土が広いですから、田んぼや畑…広大な面積を有している食の宝庫と言ってもいいかもしれません。
日本ではどうしようもない部分がある、だからこそ…言葉が難しいですが…一言で言えば『“仲良く”お付き合いするべきではないのかな…。』と改めて思ったツアーでもありました。

■Ryntenダイアリーです。
先週は島根は松江、大阪、奈良とまわってきました。

今回は、広島から高速バスでの移動です。晴天でしたが、途中の山越えあたりでは積雪がすごかった!
松江「カノーバ」。
初めて演らせてもらいました。
目の前は宍道湖が広がり、天気のいい日は夕日が沈み夕焼けがきれいに見えるそうです。
この日は、あいにく?曇りから雨、残念ならがら。。。です。

ライブ前には、大根島にある“牡丹”と“高麗人参”で有名な“由志園(ゆうしえん)”に連れて行ってもらいました。

園内でごちそうになった蕎麦は美味しかったですねえ。
また、高麗人参入りのコーヒーもいただき…微妙な味でしたが、美味しかったですよ。
大山(だいせん)には雪が積もってました。

お客さんの足並みは悪かったけど、松江ではよく呑みにいく焼き鳥屋さん「友遊(ゆうゆ)」。
ここに来る度に青年が僕の曲を演奏してくれます。
今回はまた新たな曲を披露してくれて…若いだけあって習得力が速い。

地元と鳥取から来てくれた友人が持って来てくれた、“アゴの竹輪”と“へしこ”は絶品でした。

大阪でのインストアーライブ「ドルフィンギター」。
社長さんにはいろいろな場所でお会いするんですが…初めて演らせてもらいました。
今回は《モーリスフェアー》という事で、僕の《モーリス・シグネイチャーモデル》も展示してありました。
嬉しかったなあ。

イベントはもちろん、僕のシグネイチャーの話を中心だったけど、もちろんライブやクリニックも。
突然降り出した大雨にも関わらず、たくさんのお客さんが来てくれて嬉しかった。
終演後はスタッフの皆さんと乾杯。盛り上がりました!
で、記念撮影。

翌日は奈良《ビバリーヒルズ》。
今回はMCタレントの“南かおり”さんがゲストです。初めての共演です。
パーカッションには土屋“大魔王”祐介さんも奈良初登場。
僕のソロと大魔王とのセッション、かおりさんのボーカル、朗読とギターのコラボ…と楽しかった!

そもそも“かおり”さんとは“押尾”君のラジオに出演させてもらったのがきっかけなんです。
素敵なご縁を頂きました。

その“押尾”君、札幌から戻ったばかりで疲れていたにも関わらず…観に来てくれました。
ホントに嬉しかったなあ。有り難う!!!

打ち上げに、みんなで行ったいつもおでん屋さん、“竹の館”。旨かった。

押尾君、かおりさん、そしてパーカッションの大魔王と記念撮影。

■ライブスケジュールです。
・12月23日(日)福岡.朝倉「音茶」イブイブライブと題して、地元ミュージシャンがO.A.に集います。
・12月24日(祝・月)福岡・津屋崎海岸「サーフサイド9」元サーフサイドのマスターが新たにお店をオープン。その記念ライブです。
・12月26日(火)大分・湯布院「亀の井別荘内 バー黒猫」由緒ある老舗旅館内にある、趣のあるバーです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

■お知らせ
シンコーミュージックから発売の『Acoustic Guitar Book 36』
10月の上旬に来日した《トミー・エマニュエル》氏と僕が表紙に登場しています。
対談もありますよ。是非読んでみて下さい。
全国楽器店、書店にて発売中!

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、年末ということもあり「基本に戻ってスケールレッスン」を取り上げました。ギタークリニックで、ある一定以上の技術が身についかないと質問をよくいただきますが、ボクは基礎であるスケールレッスンをおすすめしています。ぜひ、チャレンジしてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、「蛍の光」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.220「White Christmasを弾こう 4回目」

【河童のひとり言】
ある保険会社の調査によると、サンタクロースを長く信じていた人ほど、現実の生活が充実している、いわゆる“リア充”な傾向があるそうです。また、いつまで信じていたかという問いには、小学校までという人が4分の3という回答に対し、信じたことがないという人は1割近くいたそうです。リア充なクリスマスの過ごし方、いったいどういうものなんでしょうか、ちょっと想像がつきません。それにしても、すっかり日本の風物詩にもなったクリスマス。各々の過ごし方で楽しみたいものですね。

【今週のRyntenNews】
今年もカウントダウンが始まった…という感じです。
2012年、まだまだイベント、や行事は続きますが、みなさんも振り返っている事と思います。

如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】から《サンタクロース》そして《リアジュウ》。
日本の風物詩にもなって様です。
日本独自の“クリスマス文化”…と感じさせられます。

自分自身が『いつまで“サンタクロース”を信じていたかな?』と振り返ってみると、かなり遅くまで信じていた様な気がします。
もっとも、幾つかの疑問はありました。
サンタクロースが家に入る為には通常“煙突”を使うんでしょうけど、僕の家の“煙突”の直径はせいぜい15cm~20cmしかない…とすると“玄関”をガラガラと開けて入って来なければならない…しかし“玄関”を開け閉めする音がしない…。
そんな事も考えていたんですが、少なくとも小学生高学年くらいまでは信じていた…いや信じたい…そんな自分だった気がします。

もっとも、“サンタクロース”を『信じるか?』『信じないか?』は海外でも議論されているかもしれませんが。。。
例えば、《I saw mommy kissing Santa
Calus》“ママがサンタにキスをした”という曲があります。
そんなのを子供が聞いたらどうなるのでしょうか?

“リアジュウ”…“リアルな充実”。
これの反対語としては“バーチャル”…とでも言うのでしょうか?
こんな言葉が生まれて来る時代になりました。。。

■Ryntenダイアリーです。
今週あたま、今までに何回か呼んで頂いている、福岡久留米にある、とある車メーカーのショールームでお客様への『感謝際ークリスマスイベントー』で演奏しました。

毎回来てくだった方々、初めて僕の音楽に触れる方々、と様々ですが、とっても感性のあるみなさんで僕も演奏していて楽しかった!
今年もお世話になった小串さんのご自身の車です、凄い!!!

そして、僕だけではなく、みんなが『中条きよし』と呼んでいる、同じくお世話になった、森山さんと初めてツーショット。
似てる、というより“男前”ですね。

終演後、僕のライブにいつも顔を出してくれているマスターがオープンしたばかりのお店で乾杯。
“おでん”が美味しかったなあ。

雪のちらついた寒い日だったけど、夕焼けがきれいだった!

そして僕のふる里“広島”でのライブ。御陰様で満員御礼でした!
ゲストには、地元で活躍するボーカリスト《NOKOさん》に“Water is
Wide”や“What a Wonderful World”など数曲、一緒に演りました。
歌唱力も抜群の彼女とご一緒するのは数年ぶりです。
またご一緒したいなあ。

広島では欠かせないスタッフです。音響の“笹田”さん(右側)とKMP出版の譜面集でお世話になっている、カメラマンの岩切さん(真ん中)のスリーショットです。

この時期にお目見えする、広島平和大通りのイルミネーション。
見た瞬間『おお~っ!』と叫んでしまいました。
毎年楽しませてくれていますが、年々豪華になっています。

■ライブスケジュールです。
・12月23日(日)福岡・朝倉「音茶」年末恒例となったイブイブライブ。地元ミュージシャンも集います。
・12月24日(祝・月)福岡・津屋崎海岸「サーフサイド9」オープンしたばかりのお店のオープニングイベントです。
・12月26日(水)大分・湯布院「亀の井別荘内 バー山猫」由緒ある老舗旅館の敷地内にあるバーです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス特集「White Christmas」の4回目です。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集 追憶のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:4で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、「ホワイト・クリスマス」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.219「White Christmasを弾こう 3回目」

【河童のひとり言】
首相が「近いうちに国民に信を問う」と発言して、すでに3ヶ月。ようやくと言うよりは、前触れもなく突然とも言える衆議院の解散となりました。毎度のことではありますが、どこに投票して良いのやら、よくわかりません。また、一票の格差問題も解決されぬままの選挙とあって、投票したところで自分の票が国政に反映されづらいとお怒りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
とは言え、日本の行く先を決めるための選挙。自分の一票を無駄にせず、あなたも投票へいきませんか。

【今週のRyntenNews】
【河童のひとり言】から《選挙》。この時期になりますと、当然世間は“クリスマス”あるいは“年末”そして“2012年を振り返って…”などの話題がかまびしい時期です。しかし、それに加えて“衆議院選挙”!年末に選挙は久しぶりではないでしょうか?
“選挙の行方”というより“日本の”、“世界の”、“地球の”、“人類の”行方はどうなるのか…?とそこまで頭が膨らんでしまいます。自分たちの生きているうちはいざ知らず、100年後、200年後はどういう世界になっているんだろうか?自分たち…よりも、後の世代が非常に心配になってきます。
『「もう安泰だよ。」と思っていられない自分がいる。』のはちょっと怖いですね。“地球の仕返し”。。。『よくも俺の身体をいじめてくれたな。』と人間にポーンと軽くビンタする様な気がしなくもないです、が。。。

頑張っていきたいと思います。

■おたよりコーナー
・ITSUKA2000さん『I love this guitar!!!! Thank you for a splended guitar play♪All of me! wonderful!!!!!』
ー“ITSUKAちゃん”と呼んだ方がいいでしょうか。小学生にも関わらず英語で《番外編》“All of Me”へのコメントを英語で頂きました。
 どうもありがとう!

■Rynten ダイアリーです。
北陸・石川から東海・愛知へ行ってきました。
石川は白山『青葉館』。

東京を出る時にはいいお天気でしたが…トンネルを抜けるとそこは…銀世界。

白山でも霙が降り…。
地元のスタッフが『倫典さんが雨雲を連れて来た!』と。。。
でも店内には薪ストーブ。暖かかったですよ。

天候が悪いにも関わらず来てくださったみなさん、ありがとう!
打ち上げには鍋料理を御馳走になり、記念撮影。

店内の電車の模型が今年のはじめに来た時よりも増えていました。
観てても全然あきないんですよねえ。

翌日は、愛知江南《スタジオM》。僕も使っているギター“フォルヒ”の代理店です。
今年は、またまた新進のギターリスト“つるみまさや”君がオープニングで演奏してくれました。

アンコールでは一緒にセッション。会う度に「成長しているなあ。」と。
写真はリハーサルで綿密な?音合わせ中。

居酒屋で打ち上げ後、クリスマスツリーを囲んで記念写真。

余談ですが…“スタジオM”へ向かう日の白山はピーカン。
「いい天気だなあ。」と思ったのもつかの間…電車を乗り継いで、愛知県に近づくにつれて重い雲。
名古屋に着いた時には、なんと雪までちらり。
僕はホントに《雨男》なんだなあ…こればっかりは…ね。

そして、東京に戻る前に、奈良《ビバリーヒルズ》でリハーサル。
今月16日にご一緒する、関西で活躍されている“MCタレント”、《南かおり》さんとの音合わせです。

当日がますます楽しみになってきました!

先月、『あずみのFM』にご挨拶に行った帰り《SUMI工房》でギターのメンテをしてもらいました。
そして、いつもの“鹿教湯温泉(かけゆ)”の《鹿乃屋》さんのお風呂でゆっくりのんびりとさせてもらい、楽しかった《リンダムツアー》の余韻に浸ってました。
温泉に入ると、なんか力が抜けますよね。

■スケジュールです。
年も押し詰まってきました。一年で一番忙しい時期でもありますが、是非!
お待ちしております。
・12月11日(火)広島「ジェイズバー」御陰様で満席です。
・12月14日(金)松江「カノーバ」初登場です。
・12月15日(土)大阪・ドルフィンギター「ライブ&トーク」トークでは、僕のシグネイチャーモデルについて詳しく説明します。
・12月16日(日)奈良「ビバリーヒルズ」ゲストに南かおりさんをお迎えします。
・12月21日(金)東京「バックインタウン」石井完治さんとのジョイントライブです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス特集「White Christmas」の3回目です。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集 追憶のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:4で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、「赤鼻のトナカイ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.218「White Christmasを弾こう 2回目」

【河童のひとり言】
大河ドラマ「平清盛」、視聴率が振るわないことで話題になりました。ドラマをきちんと見ていませんので、内容をどうこう言うつもりはありませんが、そもそも視聴率やランキングってどうなんでしょうね。インターネットが普及し、多種多様なものに触れる機会が増えたはずなのに、以前より情報に操られているような気がしてなりません。人の評価や噂に惑わされず、自分の感性を大切にしていきたいものです。

【今週のRyntenNews】
2012年もいよいよ師走突入です。如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】の《大河ドラマ》。
これに通じるお話。“インターネット”の普及や“twitter”、“Face Book”などのコミュニケーション手段、メディアが世の中にあふれています。僕自身は忙しさにかまけて?そういったものは手がけておりませんが、日本に限らず世の中を眺めてみますと、“プロパガンダ”に流される人が如何に多いことか…。‘プロパガンダによって如何様にも動く…’と思う事もあります。
大正時代だったでしょうか?‘ハレー彗星’が近づくという事でその時には『空気が無くなる!』と噂が流れました。当然、当時はインターネットはありませんが、みんな真に受け…特に小学校ではタライに顔をつけて何分息が止められるのか?!と真面目に訓練していたらしい…という日本でのお話。。。
そんな状況が復活しつつある様な空気を感じている今日この頃ではあります。

■Ryntenダイアリーです。
11月23日~24日にかけて、年に一度のファンのみなさんとの宿泊イベントが開催されました。
場所は昨年と同じ《福井県越前市》。ここはかつての“武生市”。
今年も大いに盛り上がりましたね~。

初日には午後からギターレッスン、そして夕食。
同じく“料亭・京家”さん。


出ました!《セイコ蟹》。どれも美味しかった!


ライブでは、パーカッションに《河野‘菌ちゃん’俊二》さんと《土屋‘大魔王’祐介》さんにも。
やはり、二人のパーカッションがはいると、演奏のパワーが5倍にも7倍にもなりますね。
このメンバーで初めてセッションする曲もあったり、土屋さんの“ハープ”との共演も…本当に美しかったなあ。

ライブ後の懇親会では、何人かの人たちがステージで僕の曲を演奏してくれていました。
これは、本当に嬉しい!
そして、メンバーの土屋裕介氏のステージも。
土屋さんはなんでもこなせるミュージシャン。特にギターにおいては、昨年の《フィンガーピッキングデー》で《アレンジ賞》を受賞するほどの腕前で、自分でもギターライブをされています。

翌日は参加者全員でプチ観光へ。
昨年は《和紙の里》や和紙の神様を祭ってある《岡本神社》でしたが、今年は《永平寺》。

少し寒かったけど、見ごたえはあったし、あの空気感は何とも…。
初めて見た大きな木魚。もちろん両手でたたいていましたが、重いんだろうなあ。

そして昼食後に解散。
初めて参加してくれた方々に『楽しかった!』『充実してました!』『また来年来ます!』と言われ、僕も本当に嬉しい!
また来年お会いしましょうね

リンダムツアーの翌日は、同じく《そばーズ》でソロライブ。
ソロライブは2年ぶりでしょうか?
久しぶりにお会いする方々も来てくれて…嬉しかったなあ。
打ち上げでいただいた、ソバーズマスターが打った《越前そば》。
写真のそばは、決して一人前ではありません、あしからず。。。
美味しかった!

で、みんなで記念撮影。

東京に戻る途中、僕の番組をネットして頂いく事になった開局したばかりの《あずみ野エフエム》に行って来たのですが、すみません、写真を撮るのを忘れてしまい…。次回は必ず。
突然お邪魔したにも関わらず、スタッフみなさんに大歓迎して頂きました。
有り難うございました!

■おたよりコーナー
・TAKさんから『CDや譜面だけだは掴めない事があるので、助かります。リクエスト《碧のファンタジー》《Europa Nocturne》。』
ーどちらもオリジナル、いつかやらせて頂きます。TAKさんからは、かつて‘こうひん’さんから頂いた、メールへのコメントに『リンテンアレンジがやめられない。』と書かれていました。
有り難うございます!

■スケジュールです。
・12月11日(火)広島「J’S Bar」年に2度、定期的にやらせてもらっているバーです。
・12月14日(金)島根・松江「カノーバ」何年ふりかの松江でのライブです。
・12月15日(土)大阪「ドルフィンギター」トーク&ライブです。
・12月16日(日)奈良「ビバリーヒルズ」MCタレント『南かおり』さんをお迎えしてのライブです。
・12月21日(金)東京「Back in Town」石井完治さんとのジョイントライブです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス特集「White Christmas」の2回目です。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集 追憶のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:4で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、「SilentNight/きよしこの夜」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2012-12

Return to page top