Ryntenゲスト #594 “佐久間順平さん 前半”

2月の半ばに差しかかりました。如何お過ごしでしょうか。

世界中を〝コロナウイルス〟による新型肺炎が接見していますが、みなさん〝パンデミック(pandemic)〟という言葉をご存知でしょうか。
これは、病気が複数の地域で同時に大流行する、それを指す言葉です。感染病の世界的流行、或いは感染の爆発、とでも言いますか、そんな意味合いを持っています。2月の上旬の時点では、WHO(世界保健機関)はまだ新型コロナウイルスによる新型肺炎の蔓延をパンデミックとは認定していない様です。
このパンデミックは、100年周期という説があります。
先ず、1720年前後、フランスでは〝ペスト〟が大流行しました。この時は、10万人ほどの人が亡くなったそうです。そして、100年経った1820年前後、アジアー中東ーヨーロッパーアフリカまで〝コレラ〟が蔓延しました。
そこから100年後の1920年前後には〝スペイン風邪〟が流行。世界中で500万人から1億人(と幅が広いですが)亡くなった。この時に感染された方は、推定5億人という記録が残っています。当時の世界人口は20億人ですから、世界中の4分の1の方がコレラに感染した、というになります。
この時から約100年後の現在、2020年前後。
WHOはこの説を覆さず認定せずに終わる、というところで終息して欲しい、と願うのは僕だけではないと思います。

■Ryntenゲスト《佐久間順平さん

今週は、マルチプレイヤーとでも申しましょうか、ギター・バイオリン・笛などたくさんの楽器を演奏される、〝佐久間順平さん〟にお越し頂きました。なんと!5年ぶりのご出演です。「もう5年経ったのか?!」と時の速さを感じます。「倫典さんもよく生きてたなあ。」と2人で大笑いしたところでスタートしました。
順平さんとはかれこれ40年ほどのお付き合いになり、ソロでの活動の他〝南こうせつさん〟のメンバーとしても参加しています。

今回は、昨年2019年11月にリリースしたアルバム《美しい夏》を引っさげてのご出演。このアルバム全作詞は詩人の《菅原克己さん》作曲は順平さんです。

今日の1曲目は〝げんげの花〟からアルバムタイトルの《げんげの花》。

倫『詩を書かれた菅原さんは30年ほど前に亡くなられましたが、お会いしたことは?』
順『ないんですよ。』

このきっかけとなったのは〝高田渡さん〟です。

順『渡さんが菅原さんの詩を見つけて…それが〝ブラザー軒〟という詩。仙台の一番町という買い物通りにある洋食屋さんの名前でその物語。渡さんが「これはいい!」と自分で曲をつけて歌ったんです。そうしたら、何となくみんなが知る様になり、菅原克己さんを知りました。』
倫『僕は詳しくは知りませんが、清貧を自で行く様な方ですよね。』

菅原さんは、東京に出てきた時は共産党の活動され、途中から袂を分かち仕事として赤旗をプリントしたりしていたそうです。

倫『印象的なのは「僕は貧乏だから詩を書く」。それを聞いた奥さんが「あなたは幸せかもしれないけど、私は不幸よ!」と言ったとか。そんなところが詩に滲み出ている。』
順『そうですね、〝時代詩〟と言うと難しい言葉を使いがちだけど、菅原さんの詩は平明な言葉ばかり。』

菅原さんの奥さんはその後、家事に見舞われて亡くなりました。

倫『分かりやすいけど、景色や意味がたくさん転がっている。』
順『奥が深い。言ってることがすごい!と思う。』

菅原さんの詩との出会うきっかけをお伺いしました。

順『菅原さんが亡くなってから、上野〝全生庵〟というお寺で毎年4月第一土曜日に菅原さんを慕う好きな人たち70人〜80人ほどが集まり4時間〜5時間の〝げんげき〟をやっています。そこに渡さんが呼ばれ文学者の方が詩の解説をしたり朗読したり渡さんが歌ったり。そして自分も呼ばれたのがきっかけでした。渡さんも亡くなり、そこでブラザー軒ばかり歌っていても仕方ないし、と思っていた矢先に全詩集という分厚い本を送ってくれたんです。』

「何故送ってきたんだろう?」と考えてみたら「曲を創って!」という意図を感じたそうな。

順『それで曲を2、3創って発表したら「これはいい!」となり、調子に乗って7曲ほど創ったら「ぜひ、CDにしましょう。」と。言って下さるのはいいけど、言って下さるだけで…。』
倫『罠にはまった!』
(2人で爆)

ブラザー軒は、いろんな方が歌っていますが、渡さんの息子さん〝高田漣さん〟も歌っています。順平さんと蓮くんの2人で歌っている映像も観たことがあります。

倫『蓮くんは息子さんだけあって似てるけど、順平は渡さんを慕っているという部分で似てるな、と思う。』
順『似てない!』
(2人で爆)

音楽性や歌声がどうこうというより〝ブレてない〟という三角形(渡さん、蓮くん、順平)が見えてくるんです。

順『高田渡なる者が凄いんです。特別だな、と思う。』
倫『それを引き継いでいる!』
順『でもヒット曲がない。』
倫『ヒット曲はないけど、知られている曲はたくさんある。』

渡さんが亡くなってから15年が経ちました。ぜひ、順平さんにはこれからも歌い継いで行ってもらいたいですね。

さて、順平さんは、1年半前ほどにも《生かせいのち》というアルバムを出されています。5年前に出演して頂いた時は無かったアルバム(笑)。ここではまだご紹介させてもらっていないので、このアルバムから曲を聴くことにしました。

今日最後の曲は2018年2月リリースの〝生かせいのち〟からタイトルソング《生かせいのち》

来週もお越し頂きます。

【佐久間順平ライブスケジュール】
・2月16日(日)岐阜大垣「瑞雲寺」with 黒田かなで(バイオリン)
・2月29日(土)東京両国フォークロアセンター「一ツ目ギャラリー」
・3月29日(日)滋賀愛荘町「ハミングバードハウス」with 黒田かなで
・4月26日(土)神戸「東極楽寺〜お花祭り音楽会」
・5月10日(日)岐阜「林亭」
佐久間順平公式サイト https://sakumajunpei.jp

■Ryntenライブ
・2月22日(土)福岡朝倉「音茶~1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)~8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 現在、満員のためキャンセル待ちとなります。ご了承下さい。
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

・3月21日(土)奈良「ビバリーヒルズ40周年記念イベント~鈴木康博 &
岡崎倫典ジョイントライブ」
 17:00スタート 前6,000円 当6,500円(共に要1ドリンクと1フード=1,000円)
 (問)Now West One TEL 075-252-5150
 チケット:ぴあ:P-175-351、ローソン:L-51647、epluas:https://eplus.jp(PC・携帯)ビバリーヒルズ
TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp

・3月22日(日)兵庫赤穂市「ドレミ楽器スタジオ」
 16:30スタート 料金4,000円
 (問)同 TEL 0791-43-9361
http://doremigakki.com/info.html

・3月24日(火)兵庫宍粟市山崎町「テレマン楽器にょきルーム」
 19:00スタート 料金3,500円
 (問)TEL 0790-62-7500
http://www.telemann-music.co.jp/company/index.html

・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「~夜の会~」
 ゲスト:白井京子(アナウンサー)
 18:00スタート 1,000円(ドリンク付)
 (問)同会館 TEL 0268-62-3700
https://sun-terrace.jp

・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫
 今年も審査員で参加させて頂きます。
 コンテスト:12:30~、ゲスト演奏:16:30~(19:00終演)
 前3,200円 当日3,500円
 (問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641
https://moridaira.jp/fingerpicking

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #593 インプレッション”Santana”/バイエル”Summer Sambaを弾こう #10”

間もなく〝バレンタインデー〟。いかがお過ごしでしょうか?

僕はバレンタインデーの詳しい起源などはわかりません、が、一番感じるのは〝商魂の逞しさ〟。この日をチョコレートに結びつける…大したものだと思います。しかしながら、これのみならず〝ホワイトデー〟まである!先だっての〝恵方巻き〟といい、「よく考えるなあ。」というところです。その辺りは、非常に日本的な現象かな、とも思います。これもまたよく存じ上げませんが、海外では、〇〇の日など多いのでしょうか?
チョコレート…欲しい!ですねえ。

お便りをご紹介します。おなじみ〝宮城の中年ライダーさん〟からです。
宮『年明け早々〝あんちゃん〟と呼んでいた親戚が亡くなりました。昨年末、お見舞いに行った時は、そんな雰囲気ではなかったので、ショックは大きいです。倫典さんとほぼ同じ年齢でした。』
R『そうですか…。最後の「倫典さんとほぼ同い歳」は引っかかる部分ではありますが。僕自身も昨年を振り返ると、回りのたくさんの友人知人が亡くなりました。自分より年上であれば、諦めもつきますが、自分より若い世代・若い年齢の人たちがなくなっていく、というのは非常に辛いものがあります。年が明けた今でもよく面影の映像が出て来たり、声が出て来たりもしますが。みなさんもそんな経験がおありかと思います。「こんな風に時が流れていくんだな。」と感じさせられます。

■Ryntenインプレッション
今週は、「デビューアルバムを聴く」と題して、『Santana / Santana』を特集しました。
0. Persuasion
1. Evil Ways
2. Soul Sacrifice

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、”Walter Wanderley/ワルター・ワンダレイ”の「Summer Samba」の10回目です。雑誌”アコースティックギターマガジン 82号”に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。

■Key Of R
今週最後は、The Fifth Dimensionのカバー「Aquarious 輝く星座」です。ぜひ、お聴きください。

■Ryntenダイアリ
【高知にて】
高知でのライブに先立ち、ラジオ2本に出演させて頂きました。

【RKC高知放送ラジオ】
いつもお世話になっているベテランの〝田村 和郎〟こと〝わろーさん〟と〝武内有子さん〟の番組《今日も元気に パワラジ!!》に出演。僕のギター演奏をBGMに盛り上がりました〜。
あっ、生演奏もありましたよ。

収録後、記念撮影。忙しい合間にも関わらず「いいよ!」とおっしゃってくれたわろーさん、有難うございます!

【FM高知】
こちらもいつも出演させて頂いてる〝松木亮さん〟の番組《Hi-Six Shake! Shake! Shake!》に出演。この番組は、なんと!朝の7:35から11:00前まで生放送なんです。すごい!もちろん、僕は10:30頃からでしたが(笑)。
松木さんから「お久しぶりです。」の挨拶でスタートしました。

収録後の記念撮影。なぜか、まだしめ飾りが。。。

【龍馬亭にて】
高知では必ず、と言っていいほど、お邪魔する居酒屋〝龍馬亭〟。高知料理がテーブルいっぱいに並びます。どれも美味い!マスター、そして高知でお世話になっている、脳外科医の〝栗坂先生〟も一年ぶりの再会です。とても楽しみでした。栗坂先生の医学の話で勉強し、マスターの龍馬談義で歴史の勉強を。
楽しいひと時でした〜。

【山の食堂 HANA】
高知ではこのカフェも外せません。ピザやパスタなどどれも美味しいんです。それに、ここには猫が5匹、犬が2匹います。全て保護猫と保護犬。彼ら彼女たちに会うのも一つの楽しみです。

現地スタッフの尾崎さんとまずは乾杯!

夕方には恒例行事でもあるお散歩。犬も猫もみんなで行きます。道路の真ん中にいるのが、お店のマスコットの〝ハナ〟。道路の端にいる犬はハナの母親だそうな。

ただ、猫たちはあっちへ行きこっちへ行き、小枝で遊ぶわ、追いかけっこするわ…と、なかなかまとまらない。。。(笑)なので名前を呼びながら。

帰り際にオーナーご夫妻と。とってもいい方達です。

今回、散歩には参加しなかった、唯一雌猫の〝メリー〟。綺麗な顔立ちしてます。散歩が終わった頃にひょっこり現れました〜。

とにかくずっと寝ていた〝ネオ〟。少し前怪我をしてから、まだ心の傷が癒せてないそうな…。元気になってくれよ〜。

【Bee Stationライブ】
一年ぶりの高知ライブ。

入り口はバーになっています。

日が悪かったせいか?来れなかった人たちもいたけど、鳥取、岡山、兵庫、京都、東京から駆けつけてくれた人たちも!嬉しかった〜。ありがとう!

終演後は居酒屋で乾杯!

【ギターセミナー】
翌日は高知で初めてのギターセミナー。ライブと同じ〝Bee Staton〟のビル内にあるスタジオです。今回は4人の方が参加してくれました。有難いことです。

ライブとセミナー、2日間お世話になったBee Stationの社長〝長瀧さん〟と。有難うございました。

東京に戻る日、空港に行く前にランチ。薬膳を使ったレストラン。僕は玄米と野菜たっぷりチキンを頂きました。健康になりそうな予感が…(笑)。

空港で坂本龍馬氏と記念撮影。

4日間有難うございました!楽しかった〜。

■Ryntenライブ
・2月22日(土)福岡朝倉「音茶~1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)~8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 現在、満員のためキャンセル待ちとなります。ご了承下さい。
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

・3月21日(土)奈良「ビバリーヒルズ40周年記念イベント~鈴木康博 &
岡崎倫典ジョイントライブ」
 17:00スタート 前6,000円 当6,500円(共に要1ドリンクと1フード=1,000円)
 (問)Now West One TEL 075-252-5150
 チケット:ぴあ:P-175-351、ローソン:L-51647、epluas:https://eplus.jp(PC・携帯)ビバリーヒルズ
TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp

・3月22日(日)兵庫赤穂市「ドレミ楽器スタジオ」
 16:30スタート 料金4,000円
 (問)同 TEL 0791-43-9361
http://doremigakki.com/info.html

・3月24日(火)兵庫宍粟市山崎町「テレマン楽器にょきルーム」
 19:00スタート 料金3,500円
 (問)TEL 0790-62-7500
http://www.telemann-music.co.jp/company/index.html

・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「~夜の会~」
 ゲスト:白井京子(アナウンサー)
 18:00スタート 1,000円(ドリンク付)
 (問)同会館 TEL 0268-62-3700
https://sun-terrace.jp

・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫
 今年も審査員で参加させて頂きます。
 コンテスト:12:30~、ゲスト演奏:16:30~(19:00終演)
 前3,200円 当日3,500円
 (問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641
https://moridaira.jp/fingerpicking

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #592 インプレッション”Led Zeppelin”/バイエル”Summer Sambaを弾こう #9”

2月、〝如月〟に入りました。いかがお過ごしですか?

早速ですが、お便りをご紹介します。
おなじみの〝TAKさん〟からです。
以前、TAKさんから「指を怪我してギターを弾けなくなった。」とお便りを頂きました。僕自身は、指を怪我してギターを弾けなくなった、という経験はないのですが、爪に注意をしているのが〝髭剃り〟。つまりカミソリで怪我をするのが「一番怖い。」と話をしました。
それに対してのお返事です。
T『実は、怪我の原因は髭剃りでした。』
R『やっぱり怖いですね。』
T『ギターというのは、親指も含めて5本の指でバランスを取り、押さえている事がよく分かりました。指先が柔らかくなってしまっていると思いきや、他の指はカチカチに硬くなっていて、押さえてすぐに痛くなる事もありませんでした。』
R『それは何よりです。』
T『〝CGDGCD〟というチューニングが好きになり、その矢先の怪我だったのでガッカリしました。しかし、今は、すっかり善くなりました。』
R『ギターを弾かない方にはちょっと分かりにくいかもしれませんが、ギターのチューニングは色々あります。このチューニングはその一つです。僕の曲ですと〝Living
Naturally〟や〝めざめの瞬間〟という曲たちが、このチューニングで演奏しています。練習を是非再開して、弾ける様になって頂ければ、と思います。』

■Ryntenインプレッション
今週は、「デビューアルバムを聴く」と題して、『Led Zeppelin / Led Zeppelin』を特集しました。
0. Good Times Bad Times
1. Babe I’m Gonna Leave You
2. Black Mountain Side

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、”Walter Wanderley/ワルター・ワンダレイ”の「Summer Samba」の9回目です。雑誌”アコースティックギターマガジン 82号”に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル「雲の上を散歩」です。ぜひ、お聴きください。

■Ryntenライブ
・2月22日(土)福岡朝倉「音茶~1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)~8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 現在、満員のためキャンセル待ちとなります。ご了承下さい。
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

・3月21日(土)奈良「ビバリーヒルズ40周年記念イベント~鈴木康博 &
岡崎倫典ジョイントライブ」
 17:00スタート 前6,000円 当6,500円(共に要1ドリンクと1フード=1,000円)
 (問)Now West One TEL 075-252-5150
 チケット:ぴあ:P-175-351、ローソン:L-51647、epluas:https://eplus.jp(PC・携帯)ビバリーヒルズ
TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp

・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「~夜の会~」
 ゲスト:白井京子(アナウンサー)
 18:00スタート 1,000円(ドリンク付)
 (問)同会館 TEL 0268-62-3700

・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫
 今年も審査員で参加させて頂きます。
 コンテスト:12:30~、ゲスト演奏:16:30~(19:00終演)
 前3,200円 当日3,500円
 (問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』