Home > Archives > 2013-11

2013-11

Ryntenバイエル~vol.270「きよしこの夜/サイレント・ナイトを弾こう 3」

2013年、あとひと月を残すところとなりました如何お過ごしでしょうか?
aw131130

あちらこちらには“冬景色”“雪景色”。初雪も早いところもあったり遅いところもあったり…と『平年と比べて』という幅がかなり広くなって来ている様ですが…。地球は大丈夫なのでしょうか?

おたよりを頂いています。
以前、“バート・バカラック”特集をしました。番組の中で『そのメロディーの切なさ』を話しました。
・おなじみのTAKさんから『切ないメロディーはマイナーではなくメジャーなメロディーで創る“バカラック”に限らず、海外の方はそういった創作が上手いな、って思います。倫典さんもその要素がありますよね。』
ーとんでもございません!“バカラック”は憧れの人です。
11月に“サウンドメッセ”で演奏させて頂いた時のお話です。
・Y Kasaharaさんから『車で2時間飛ばして会場まで行きました。』
ーありがとうございます!カバー曲“ハナミズキ”“Georgia On My Mind”も演奏しました。以前、番組にゲストで来て頂いた《打田十紀夫さん》《南澤大介さん》と一緒のステージでした。お楽しみ頂けた様で嬉しいです。

■ライブスケジュールです。
・11月30日(土)兵庫尼崎「ブルードアー」今回で4回目の登場です。
・12月15日(日)奈良「ビバリーヒルズ」FMちゃおをお聴きのみなさん、宜しくお願い致します。
・12月20日(金)広島三原「ポポロ」ホワイエでの演奏です。
・12月22日(日)福岡朝倉「音茶」クリスマスイブイブイブ=忘年ライブです。
・12月23日(祝・月)福岡津屋崎「サーフナイン」クリスマスライブになります。
・12月24日(火)大分湯布院亀の井別荘「バー山猫」クリスマスイブですね。
台湾ライブ
12月28日(土)ハワードインターナショナルハウス-(国際文教会館) 2F卓越堂 19:00~21:00

■Ryntenダイアリー
滝川でのライブを終え、話題の“JR北海道・おおぞら”に乗って釧路へ。
色々と問題を抱えている路線ですが、この“おおぞら号”は本当に面白い、と言いますか楽しめる路線なんです。
十勝平野や釧路湿原があり牧場の“牛たち”、“丹頂鶴”“白鳥”“キタキツネ”、家族であろう“鹿たち”もみかけます。
写真を撮るには、列車のスピードのため難しい…のが残念。
こんな風になってしまいます。。。
丹頂鶴 白鳥の群れ

釧路に着いたらすでに真っ暗。夕方5時だったんですが…北海道の冬の夜は早いです…。
早速、夜の街へ連れて行ってもらいました!

初登場の《パディア》。御陰様で満員。有り難いです。
パディアで

で、北海道美人のママ。
パディアのママ

打ち上げでは僕の好物“牡蠣鍋”が登場。
しかっりと空腹を満たした後、スタッフと。
春に引き続きお世話になりました!
with釧路スタッフ

釧路からバスに揺られて北見へ。
宿の隣は“ヴィーナス”。行かない分けはありません(笑)。
マスターが焼いてくれた裏メニューの“氷下魚(こまい)”。
淡白だけど美味しかったですよ。
氷下魚

《プチ・パーティー》ライブ。
北見から電車で約30分。“美幌”到着。
今年もオープニングには地元で活躍しているフォークバンド《おやじる》。
またまたセッションしました~。
今年の選曲は“酒と涙と男と女”。
もちろんサポートギターをやらせてもらいました。
ヴォーカルにはマスターが…!
これは驚きでしたねえ。
思わず「マスターって歌うんだ…」と言ってしまった~(笑)。
楽しかったなあ。
withおやじる

打ち上げは、プチパーティー・スタッフの手づくり“おでん”。
これがまた美味しかった。
北海道美人のママもますます!ですね。
プチパーティー打ち上げ

翌日は北見《ヴィーナス》でのライブ。
今年もたくさんの人たちが来てくれました。
遠くは旭川や稚内から来てくれた方も…嬉しかった!

この続きはまた次週に。

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、クリスマス特集「きよしこの夜/サイレント・ナイト」、3回めです。以前にも取り上げていますが、より丁寧に解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、 「GreenSleeves」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.269「きよしこの夜/サイレント・ナイトを弾こう 2」

今年も師走は目の前。時の流れの速さに驚いています。如何お過ごしでしょうか?

何十年も前、親父に言われました『年をとっていくと時間の流れがどんどん速くなっていく。』と。そのセリフを聞いた時には、全く実感がありませんでしたが。。。そして、今、自分がそのセリフを若者、子供あるいは孫に伝える世代になってしまいました。
みなさんは如何でしょうか?

おたよりを頂いています。
リットーミュージックから出版されています《アコースティックギターマガジン》の今号で取り上げた“This
Masquerade ”に対するコメントです。
・Y
Kasaharaさんから『その曲のTAB譜が欲しいばかりに購入しました。残のページには全く興味がありません。』
ー興味を持って下さい。ほかのページにもギターを弾かれる方には、ためになる記事が沢山載っています。気長に時間をかけてでも読んで欲しいです。
長い時間をかけて解説をしてきた、《リンテンバイエル》の“ハナミズキ”へのご指摘です。
・ackey
PAPAさんから『次はレッスン終了時に、ちゃんと季節が合ってる様なお題は如何でしょうか?』
ー言い訳をさせて頂きますと、ハナミズキの季節に終わる予定だったんですけど、ついつい色々な事情により…秋になってしまいました。以後気をつけます…。

■ライブスケジュールです。
・11月29日(金)東京「バックインタウン」今回はパーカションの“大魔王”と初登場のベース“野々口氏”を迎えてのライブです。どうぞお楽しみに。
・11月30日(土)兵庫尼崎「ブルードアー」オーナーのママさんに会うのが楽しみ!
・12月15日(土)奈良「ビバリーヒルズ」今回も関西で活躍するMCタレント《南かおりさん》とのコラボがあります。
・12月20日(金)広島三原「ポポロ」初めて演奏します。
・12月22日(日)福岡朝倉「音茶」恒例の酔っぱライブ。イブイブイブですね。
・12月23日(祝・月)福岡津屋崎「サーフナイン」猫たちとマスコット“トラ”は元気かな?
・12月24日(火)大分湯布院亀の井別荘「バー山猫」クリスマスライブです。
台湾ライブ
12月28日(土)ハワードインターナショナルハウス-(国際文教会館)
2F卓越堂 19:00~21:00■

■Rynten ダイアリー
北海道ツアーのまっただ中です。思っていた以上に寒く…つい先日降った雪があちらこちらに残っていました。
Snow

ツアースタート前日に札幌に入りし、STVラジオ『どさんこラジオ』に出演させてもらいました。
パーソナリティーは“黒岩孝康さん”と“奈良愛美さん”。生演奏もあって楽しかった!
お二人と記念撮影。
STV_Radio

いつもお力添えを頂いている、STVの“國分さん”との初めてのツーショット。
公私ともに仲良くさせて頂いています。
with_Kokubun-san

出演後は旭川へ向かいました…何故に旭川なのか?
当日知ったのですが、“嵐(ジャニーズ)”のコンサートが札幌ドームであったんだとかで、札幌市内はもちろん近郊もふくめてどのホテルも満室…もちろん小樽も…全く取れません…と言う事で旭川に宿をとったわけです。

別れ際に“國分さん”から『旭川にいい居酒屋があるから是非行ってみて。』と言われ、旭川到着後、早速!
店内には“旭山動物園”の《あべ弘士さん》の絵があちらこちらに飾られています。
Abe-san_no_E

絵本の世界では有名な方でその絵が本当にいいんです。
奇遇にも、翌日、滝川では僕の番組をネットしてくれている《《FM
G’sky》のパーソナリティー《朱美さん》との朗読とコラボをするストーリー《あらしのよるに》が、まさしく“あべ弘士さん”の絵本だったんです。

初日は滝川にある《太郎吉蔵》。
Tarokichi-kura

名前のとおり、蔵を改造したイベントスペースで、凄くいい雰囲気なんです。
ライブ前、“FM G’sky”に出演し、いざ本番。

“朱美さん”の朗読とのコラボは、すごく楽しかったなあ。
でも、写真を撮るのを忘れてしまった…!

たくさんのお客さんからも『コラボ、良かったです。』と意見をもらいました。
『またやりましょうね。』と約束。来年も是非やりたいと思います。

終演後はいつもライブに来てくれるお客さんが開店したばかりのお店で乾杯。
ご主人は、整体をされている方なので料理は体にいいものばかり。おいしかった!
Uchiage-Takikawa

初登場の“芦別”《うしだや》。
マスターが描いてくれた看板。照れくさいやら…。
Ashibetsu

初めて僕の音楽に触れる方も多くいましたねえ。有り難い事ですね。
打ち上げは“焼肉”で乾杯。で、記念撮影。
Ashibetsu-Uchiage

翌日は車窓からの眺めが素晴らしい『おおぞら号』に乗って釧路へ。
この続きは次回に。

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、クリスマス特集「きよしこの夜/サイレント・ナイト」、2回めです。以前にも取り上げていますが、より丁寧に解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、Misiaのカバー曲「Everything」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.268「きよしこの夜/サイレント・ナイトを弾こう 1」

つい先日まで、うだる様な暑さに「暑い!暑い!」とあちらこちらで連呼されていた季節でした、が、気がついてみればあっと言う間に回りは“クリスマス商戦”まっただ中ですね。ご機嫌いかがでしょうか?
aw131116

今月の始めに福島の“いわき”でライブがありました。あの事故の原発から5キロの距離に《富岡》という町があり、ライブ前に訪れました。車で入れる様になったんです。
“富岡”の駅は津波で大打撃を受けたまま手つかずで残っています。そして駅前も津波なのか地震なのか分かりませんが、半分崩れかけたお店たちが…。ささやかながら賑やかだったスペースだったと思いますがあの日、一瞬にして 止まってしまいました。
“津波”“地震”の被害というのは、もちろん忘れる事はありませんが、20年30年たつと立派に立ち直ると思います。しかし、地元の人たちはそれ以上の大きな問題を抱えているという現実…。

おたよりを頂いています。
おなじみの“TAKさん”から。
『スローな曲ほど走りがちになります。テンポを落としてゆっくり弾いてみて下さい。』
ーいいポイントを掴まれています。いつも僕が言ってる事ですね。
『親指でリズムを出す奏法が最近、若いギターリストみんなやってますが、耳障りです。』
ードラムのスネアーあたりの音を親指でアタック音を出す奏法ですね。まあ、“耳障り”というよりも「そこまでやる必要はないだろう。」というケースも多いです。それがピシッとはまっていれば、それはそれで越した事はないんですけど…。どんなフレーズにも“適材適所”、使い方を間違えなければ、非常に効果的なんですけどねえ。

■ライブスケジュールです。
北海道ツアー
・11月18日(月)芦別「うしだや」
・11月19日(火)釧路「ステージワン」
・11月20日(水)釧路「パディア」
・11月22日(金)美幌「プチパーティー」
・11月23日(土)北見「ヴィーナス」
・11月24日(日)網走「バーコード」
ソロライブ
・11月29日(金)東京曙橋「バックインタウン」
・11月30日(土)兵庫尼崎「ブルードアー」
・12月15日(日)奈良「ビバリーヒルズ」今回もゲストにMCタレント「南かおり」さんをお迎えします。
・12月20日(金)広島三原「ポポロ」何年ふりかでお邪魔します
・12月22日(日)福岡朝倉「音茶」恒例の忘年ライブです。
・12月23日(祝・月)福岡津屋崎「サーフナイン」
・12月24日(火)大分湯布院亀の井別荘「バー山猫」初めてのクリスマスライブをやらせてもらいます。
台湾ライブ
12月28日(土)ハワードインターナショナルハウス-(国際文教会館) 2F卓越堂 19:00~21:00

■Ryntenダイアリーです。
今回は、大阪でのギターショーと三重は四日市「ガリバー」でのライブでした。

まずは大阪から。
《大阪サウンドメッセ》ACTホール。
アコースティックギターの祭典、といったところでしょうか?
毎年、秋に2日間開催されて、全国の楽器店や個人で制作されている方々、エフェクター類、はたまたウクレレまでも出店されています。今年は海外からも多かったですね。
年を追うごとに大きくなっていっている様は…さすがは大阪!です。
ホール前にも大きなクリスマスツリーが。
ACTホール前

今年は、僕と打田十紀夫さん、南澤大介さんの2人のステージをホールでやらせてもらいました。
何故この三人か?というと僕らはみんな《モーリスギター》のそれぞれのシグネイチャーがあるんです。
そのギターを使っての演奏でした。
この3人でのセッション、楽しかったですねえ。またどこかで一緒にやりたいなあ。
サウンドメッセ

ホールでの演奏のあとは、そのモーリス《モリダイラ楽器》ブースで演奏。
モリダイラ楽器

打田君の演奏もありましたよ。その時には急遽2人のセッションも!

見ごたえのあるイベントでした!

翌日の早朝に四日市《ガリバー》に向け出発。しかしやっぱり雨が…。
四日市まで何とかもったのですが、リハーサル中には大雨。
雨男健在~!(笑)。
ガリバー

今回もゲストには地元で活躍する“竹内いちろさん”。
2人のセッションは、リハーサル中に急遽きめましたが、これがなかなか良い出来映えでした!
さすが!です。
店内に貼ってある、出演者の似顔絵。真ん中にいるのがマスター。
そっくり!
似顔絵

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週からはクリスマスまでもう少しということで「きよしこの夜/サイレント・ナイト」を特集します。以前にも取り上げていますが、より丁寧に解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、ボクのオリジナル曲「クレイドル・ソング」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.267「ハナミズキを弾こう 総集編後半」

クリスマス商戦、あちらこちらで始まりました。めっきり…と言いますか、秋はあったんだろうか?と言うくらい寒くなりました。如何お過ごしでしょうか?
aw131109

クリスマスまで残すことろ、1ヶ月ちょっと。もっとみてみれば、2013年が終わるのも数える程しか残っていない…というところまで来てしまいました。クリスマス商戦にしても正月商戦にしても、それらの準備は夏、あるいはそれ夏前、と言う事になりましょうかねえ。
例えば、サンタさんの格好をして写真を撮る、和服着物を着て羽子板で羽根つきをしているシーンを撮るとかは、真夏ですよねえ。スタジオの中はいくらエアコンが効いているとは言え、外に出れば茹だる様な暑さ。Tシャツ一枚でも暑い。そんな時期にサンタの格好したり振り袖を着たりして写真を撮るのはどんな気持ちなんでしょうか?僕は経験した事がないんですけど。

そんな苦労の末にがポスターが並ぶわけです。

お便りを頂いています。おなじみのTAKさんから。
『スーパーで買い物をしていたら、BGMに《Reflection》が流れて来ました。気分が良くなって“純米大吟醸”の一合瓶を買って帰りました。』
ー嬉しいですね。
『とあるホテルの朝食時には、《Cradle Song》が流れています。
ー僕自身もいくつか経験があって、自分の曲が流れて来た時は最初、気がつかないんですけど気がついた時には本当に嬉しいですよね。こんなお便りがありましたら、どんどんお知らせ下さい。

■ライブスケジュールです。
北海道ツアー
・11月16日(土)滝川「太郎吉蔵」FM G’skyをお聴きのみなさん、宜しくお願い致します。
・11月18日(月)芦別「うしだや」初登場です。
・11月19日(火)釧路「ステージワン」こちらもまた、初登場ですが釧路では時々立ち寄るお店です。
・11月20日(水)釧路「パディア」このお店もまたまた初登場です。
・11月22日(金)美幌「プチパーティー」美幌では欠かせないお店です。
・11月23日(土)北見「ヴィーナス」名物マスターに会うのが楽しみ。
・11月24日(日)網走「バーコード」今年で3回目のライブになります。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。
http://www.rynten.com

■Ryntenダイアリー
秋田、福島いわきと行ってきました。

秋田ではずっと雨でしたねえ。もう笑うしかありません(笑)。
前日には地元スタッフと居酒屋で、恒例の乾杯。

ライブ当日、腹ごしらえに連れて行ってもらった可愛らしいカフェ。
ライブ前のランチ

女性2人で切り盛りしていましたが、御馳走になったランチ、美味しかったですよ。

ライブは毎年やらせてもらっている、《セリオン》。港にそびえる名前の通り、町が一望できるタワーです。
セリオン

僕はまだ登った事はありませんが、いつか展望台に行ってみたいなあ。
ライブはというと…リクエストもかなり出たり、ライブも盛り上がりました。嬉しい事です。

ライブ終了後はいつもの《サントス》へ。ここはライブも出来るお店なんです。
サントス

メインディッシュは《きりたんぽ鍋》。さすがに地元で食べる鍋は最高に旨い!
で、お腹も一杯になったところで、カラオケタイム。
歌ったのは、“サイモン&ガーファンクル”。僕はコーラスでハモリました!
カラオケ

いつも秋田の核になってくれる“三田村さん”とPAで頑張ってくれてる“山手君”。2人ともアコギは凄腕です。
三田村さんと山手君

ライブ中、煎れたてのコーヒーを販売してくれる綺麗どころのお二人と。
綺麗どころ

一度東京に戻り、いわきへ。
ライブ前、《バークイーン》のマスター“加藤さんに”昼食を兼ねて原発5キロ圏まで連れて行ってもらいました。今までは20キロ手前までしか行けませんでしたが、、最近行ける様になったんだそうです。
先ず目にしたのはこの風景…“富岡駅”。

駅前。
富岡駅
被災地

当然の事ながらここは“避難区域、”居住は許されていません。人のいない町には、本当にやるせない気持ちでした。
さらに車を走らせてもらうと、街中では除染作業が行われ、いたる所に黒や白い袋に詰め込まれた汚染土の山…。
汚染土

近い将来、町の人たちもこのあたりには戻って来れそうなんだとか。
複雑な想いを胸にライブへ。

今回のライブもパーカッションの土屋‘大魔王’祐介氏と一緒でした。
お客さんも暖かくて楽しかった!

ライブ終了後は、マスターの加藤さんが買い出しに行ってくれた新鮮な魚で乾杯。
打ち上げ

恒例の地元ミュージシャンによるライブ。僕の曲“トトラの島”を弾いてくれました。
ギターは“むんぱぱさん”、ピアノは“響之助”(とは言っても女性です、誤解のなき様)。
その後、“響之助”のピアノだけで“City of Tokyo”。これは感動でした。凄い!
響之助 むんぱぱ

“響之助”の誕生日。みんなでケーキを御馳走になりました。
お誕生日

御馳走になった…というと、前回撮れなかった“イタリア・パルマのプロシュート”
この生ハムにドライフルーツを巻いて食べると旨いんです。パルメザンチーズを創る際の絞り粕を食べて育った、というだけあって食べると、ほのかにチーズの香りが…。
生ハム

楽しく衝撃的な東北の旅でした。

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、一青窈さんの「ハナミズキ」総集編後半です。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 永遠のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:4で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、今までバイエルで取り上げてきた一青窈さんの「ハナミズキ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.266「ハナミズキを弾こう 総集編前半」

11月に入りました。如何お過ごしでしょうか?
aw131102

先月中旬に大型台風26号がやって来ました。特に伊豆大島では被害が甚大でした。
台風の数が例年に比べ多い様な気がします。
台風26号は“これまでにない!”、“10年に一度あるかないか…”と語られていましたが、「それと同じ台風が来てもこれまでにない大型という言葉は一切使えない。」と予報士の方が話されていたのが印象的でした。

よくも悪くも“記録は塗り替えられる為にある”という事なんでしょうか?
自然災害には手も足も出ない、人間の弱さを改めて思い知らされます。

■おたよりコーナー
・海外から《Your Song》へのコメントを頂きました。ただはっきりしない内容ですが…ありがたい事です。
・おなじみTAKさんから『“庄野真代さん”と“ジャクロタングのライブに行ってきました。いい年の取り方をしている方ですね。これぞ本物のJ-POPなのではないでしょうか!』
ー日本の流行もの、音楽状況をみていると僕自身何が何やらわかりません。先日ゲストで出演して頂いた時に聴かせて頂き、久々に「いいアルバムだな。」と思いました。でも何よりもリスナーの方が番組情報を得て、ライブに足を運んで頂ける、というのが嬉しいですね。

■ライブスケジュールです。
●ソロライブ
・11月6日(水)福島いわき「バークイーン」
・11月10日(日)三重四日市「ガリバー」
●北海道ツアー
・11月16日(土)滝川「太郎吉蔵」
・11月18日(月)芦別「うしだや」
・11月19日(火)釧路「ステージ1(ワン)」
・11月20日(水)釧路「パディア」
・11月22日(金)美幌「プチ・パーティー」
・11月23日(土)北見「ヴィーナス」
・11月24日(日)網走「バー・コード」
●イベント出演
・11月9日(土)大阪「サウンドメッセ」

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。
http://www.rynten.com

■Ryntenダイアリー
先週は、一年ぶりに埼玉越谷「大野楽器」にお邪魔して来ました。店内にあるライブスペース《メンフィス》でのライブです。
例年に増して凄いお客さんした。有り難い事ですよね。
メンフィス

オープニングには地元で活躍する、若手ギターリスト3人が出演。
一緒にセッションもしました。僕のアレンジ曲の《Don’t know Why》。
最近はセッションが出来るリターリストが少ない傾向にあるけど、それぞれのソロ回しもあって楽しかったなあ。
セッション

みんなうまいです。中にはCDも出されている青年も…。
「何かみんなにコメントを。」と言われたんですが、何も言う事がない程、将来が楽しみな人たちでした。

ライブ終了後はみんなで懇親会。
いろんな意見や質問もあって真剣そのもの。僕もパワーをもらいました。
懇親会

今回もお世話になった、店長の“石田さん”。
店長

毎年、窓口になって奮闘してくれる“井澤さん”。
井澤さん

帰り際、みなさんで『また来年!』と見送ってくれました。嬉しかった!

《The JAY WALK》のオールドメンバー4人のユニット、《O.F.J.(Old Fashioned JAYWALK)》の東京公演に行って来ました。僕も好きだったカヴァー曲も盛り沢山あって、楽しいライブでしたよ~。
O.F.J

『今やらないと死んじゃうから(笑)』とステージで言ってましたが、「そうだよなあ。」と妙に納得していた僕でした。
この日、渋谷の街を歩いていると、たくさんの若者男女の仮装が…。
「なんだ、これは!?」と思っていたらハロウイーンの仮装だったんですね…いささか閉口…。

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、一青窈さんの「ハナミズキ」総集編前半です。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 永遠のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:4で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、Jazzの名曲「Close To You」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2013-11

Return to page top