Home > Archives > 2016-04

2016-04

Ryntenバイエル #396 “All of Me を弾こう 8”

〝季節〟のうつろいを一番伝えてくれるな、と感じるのは植物たちですね。いかがお過ごしでしょうか?
aw_160430

去る3月、〝北海道新幹線〟が開通しました。今、どれ程のお客さんが利用されているのか?というのは僕は把握しておりませんが…。
北海道内では〝在来線〟が軒並み減らされている、と耳にしました。しかも新幹線が開通している南部あたりだけでなく、ぐーんと離れた道東の〝釧路〟〝根室〟の〝花咲線〟など非常に深刻な問題になっている、という話があります。人々の足に影響が出てくるだけでなく、〝北方領土〟にも近い訳でそちらへの国民の意識、意志の繋がりにも影響が出てくるのではないか?という懸念が地元の方には出ている様です。
新しくなるにつれ、開通するにつれ便利になっていくはずの世の中が不便になっていく様に僕は感じてしょうがないです。
一部分は便利になったんでしょうが、トータルで考えていくと不便、と言うより人々から笑顔が消えていってる、そんな面もあるのではないか?と個人的に感じています。
みなさんはどうお感じになっているでしょうか?

おたよりをご紹介します。
・お馴染み〝TAKさん〟から『“午前3時のメリーゴーランド”“影丸と14匹の仔猫たち”など、倫典さんのアレンジも好きですが、タイトルがどれもいいな…日本語で英語を使わないところがいいです。頭の中のスクリーンにイメージが浮かぶところがいいです。』
ーもちろん、僕の曲のタイトルに英語や英語以外のオランダ語、ドイツ語を使ったものもありますが、日本語のタイトルもこれから大切にしていきたいです。ありがとう。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の8回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「Living Naturally/リビング・ナチュラリー」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

【Dolphy@宮崎高鍋】
この日の気温は26℃。宮崎空港に着いた途端汗が…でも、気持ち良かったなあ。
空港からの車窓。毎年、ここを通りすぎる度に手を合わせてます。
1

今年もたくさんの人たちが来てくれました。ライブも盛り上がりました~。
受付には、主催でもあるキャペツ農家の〝永友さん〟。取れたてのキャベツをお客さんに「早い者順です!」とふるまってました。なんて贅沢な…。近くに住んでたら貰って帰るんですけど、ツアーも始まったばかりだし、スーツケースには入らないので断念しました(笑)。
2

打ち上げも楽しかった。マスターから演奏が始まり、マスターの〆の演奏で終わりました。ちなみに、〆で歌ったのはいつもの「キャベツ畑」。これを聴かないと〝高鍋〟に来た意味がありません(笑)。
3

三線の演奏もあり、僕のアレンジ《What a wanderful
Wold》を弾いてくれた方も。
4 5

またアコースティックギターリストでもあり、昨年から高鍋に移り住み農業も営んでいる〝天馬さん〟も演奏してくれました。贅沢な一時でした。来年はぜひご一緒しましょうね!
6

【音茶@福岡朝倉】
今年に入って、2度目のライブです。今年は何回朝倉に来るのでしょうか?楽しみでもあります。

オープニングには、〝ミカちゃん〟こと〝三ケ尻聖一〟氏率いる、ギターとベースのユニット《ザ・もー》。ツエッペリンなどかなりハードなロックしてましたねえ。
1

打ち上げ。写真は今回の“ミカちゃん”。僕のパロディーだそうです。似てますかねえ…?(苦笑)
2

翌日は、恒例の〝キリンビアーシティ〟でランチ。
運転のマスター“羽野さん”は、サイダーの大盛り(笑)。
3

【Folk Village@福岡小倉】
今年2月にお店を移転し、新装オープン。新しいお店で初めて演奏させてもらいました。
1

店内は以前と変わらない仕様で、全て手造り。ご主人の《小野さん》のお人柄でしょう、知り合いの方々が寝袋を持ち込んでリニューアルしてくれたんだそうです。すごいですね。
2

なにはともあれ、ご主人の《小野さん》は小柄ながらも忙しく動き回り、ご健在!帰り際に入り口でツーショット。
3

打ち上げでは、の焼き鳥とホルモン鍋で乾杯。ライブの話よりも、猫の話で盛り上がりました~!(笑)

【今回の収録】
今回の《中央FM》収録スタジオの花。名前はわかりませんが、綺麗ですね。
Todays flower

■Ryntenライブスケジュール
●イベント
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギター Fes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ソロライブ
・5月3日(祝火)三重名張「アピタ」イベントスペース
・5月4日(祝水)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝木)広島「ジェイズバー」
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #395 “All of Me を弾こう 7”

2016年、寒かった季節もどんどん薄らいでいきます。如何お過ごしでしょうか?
aw_160423

昨今のニュースを見てますと、スポーツ選手の〝賭博問題〟などかなり出てきております。ごく最近ではバドミントン。「オリンピックか?!」という“桃田選手”・“田児選手”の話題も聞くに新しいところです。
〝闇賭博〟で〝不法賭博行為〟。“桃田賢斗”さん・“田児賢一”さん、とどちらも〝賢い〟という字が入ってる。ところが…です。親御さんが期待を込め将来を描いて名前をつける。そこをも「裏切った」と映ってしまいます。それと、一人個人の問題では済みません。“リオ”には出られない、せっかく“メダル”のチャンスがあったのにそれをも消えてしまった、となる訳です。
スポーツに限らず何でもそうですが、“不法”と呼ばれている〝ドラッグ〟に関しても、自分一人では終わらない。周りにどれだけの迷惑をかけているか?どれだけの落胆に繋がるか?を事件になって初めて気がつくところがあるんでしょうか?大きな損失を感じます。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の7回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、サイモンアンドガーファンクルのカバー曲「Mrs.Robinson/ミセス・ロビンソン」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【セミナー&インストアーライブ@大阪三木楽器梅田店】
1

今年も行ってきました!セミナーもライブにもたくさんの方が来てくれました。嬉しかったですねえ。お店のスタッフのみなさんにも助けて頂き、感無量です。
ライブでは、クリニック的な要素も取り入れ、オープンチューニングについても解説。「分かりやすかったです」とお客さんからも意見が聞かれ、「やってよかったな。」と思いました。
2

インストアーライブの時は「クリニックに重きを置くか?」「ライブに重きを置いた方がいいのか?」いつも悩みます。お客さんの層にもよるのですが、今回はライブに重きをおきつつ…でした〜。
また、来年宜しくお願いします!

しかしながら、あの“USJ”効果と海外からの観光客のせいか?週末は大阪市内の宿が取れない、しかも高い!なんとかして欲しいものです。

【とあるお店で】
少し前の話になりますが…。シンガーソングライターの大御所、僕の番組にも来てライブでもご一緒した《高木麻早さん》とピアニストで僕の古き友人でもあり、音楽仲間でもある《平井宏》氏と一杯。
美味しい食事と笑いとお酒、とても楽しい夜を過ごしました。楽しかった〜。
3

■Ryntenライブスケジュール
●イベント
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギター Fes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ソロライブ
・4月30日(土)京都「都雅都雅」
・5月1日(日)三重四日市「ガリバー」
・5月3日(祝火)三重名張「アピタ」イベントスペース
・5月4日(祝水)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝木)広島「ジェイズバー」
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #394 “All of Me を弾こう 6(ミュート奏法)”

つい先日、九州地方で大きな地震がありました。震源地にでは家屋の倒壊や亡くなられた方々もいらっしゃいます。1日も早い復興・復旧を心から願っています。
***************************

コート姿も見かけなくなりました。〝桜〟が去り、やってくるのは〝ツツジ〟〝ハナミズキ〟。これらが咲き誇る季節に入りますね。
如何お過ごしでしょうか?
aw160416

“ハナミズキ”を漢字で書くのは簡単ですが、“ツツジ”って書けますか?なかなか難しいです。“ツツジ”に限らず、漢字の勉強をしてみたい、と思っています。

■おたより
・〝宮城の中年ライダー〟さんから頂いております。お馴染みですね。以前「保育士の方の給与平均が通常の仕事より10万円安い」という話をしました。“中年ライダー”さんが就ている福祉関係の仕事。『こちらも悲惨です。臨時職員ということもあるんでしょうが、正社員は余程のコネがないと無理らしい。』ということです。最後に『心が折れそうになりますが、倫典さんの放送と曲を週末に聴きながら、志を思い起こし糧にして頑張っています。』
ーお役に立てているのかな…立てていればいいな…そんな気持ちです。これからも宜しくお願いします。そして仕事、頑張ってください。
・その“中年ライダー”さんのおたよりの中に〝TAK〟さん宛に2行ほど書かれています。『“TAK”さんは、倫典さんの誕生日祝いのさりげない優しさを感じるメッセージを贈られていますね。自分に精一杯の小生に、ゆとりの大切さを教えてくれます。』
・それに対して“TAK”さんが『本当に他人に優しくしているのだろうか?心にゆとりを持っているのだろうか?この二つは、理想として持っていますが、そうしていない自分も心あたりがあるのです。直せるところは直していきたいですね。』
ーこの番組を介して、こんなアンサーメールのやりとりがあるというのは、嬉しい事です。大人のやりとりですね。これからも宜しくお願いします。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の6回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、エルビス・プレスリーのカバー曲「Love me tender/ラヴ・ミー・テンダー」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【バックインタウン@東京】
今回も沢山の方々に来て頂きました。嬉しいです!
久しぶりの一人のステージ。
最近、メドレーにハマってまして…で、今回もやりましたよ〜。演奏していてとっても楽しい。ただ、あまり長いのは疲れますけど (笑)。
次回は8月。また、企画ものでいきたいな、と考えています。楽しみにしていて下さい。
1

【フィンガーピッキングデイ@横浜赤れんが倉庫】
年に1度の“フィンガーピッキング”のコンテストです。年々、出場者のレベルが上がっているのが分かります。その年その年で、流行りの奏法があって、これもまた一つの〝色〟なのかもしれません。
残念ながら僕の教室生徒からは出場者はなし、でした。ちょっと寂しかったかな。

お天気にも恵まれ気温も上昇。赤れんが倉庫から見える景色に誘われそうになりました(笑)。
2

今年は〝優秀賞〟を担当。〝最優秀賞〟もどちらも凄腕でした。
3 4

打ち上げもまた楽しかったなあ。「締めの言葉を」と言われしゃべっているうちに何を言っているのか分からなくなり…(苦笑)。
来年も楽しみにしています。

スタジオにはいつも花が飾ってあります。季節ごとに変わり、華やかです。先日は〝桜〟でした。綺麗ですね。
5

■Ryntenライブスケジュール
●イベント
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギター Fes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ソロライブ
・4月22日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月23日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月27日(水)福岡小倉「フォークビレッジ」
・4月29日(祝・金)大分「サウンドカフェF」
・4月30日(土)京都「都雅都雅」
・5月1日(日)三重四日市「ガリバー」
・5月3日(祝火)三重名張「アピタ」イベントスペース
・5月4日(祝水)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝木)広島「ジェイズバー」
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #393 “All of Me を弾こう 5(シャッフル奏法)”

2016年、東京では〝桜〟の季節もいよいよファイナルです。如何お過ごしでしょうか?
aw160409

安倍首相の発言の中で「去年一年間の外国人観光客の来日数が1,900と数十万人。今年は2,000万人超すぞ!」と言ってた言葉が、つい先日にはいつの間にか「4,000万人を超える」という言葉に変わってましてねえ。まあ、それだけ意気込みがあるんでしょうが…。
考えて欲しいのは…今でさえ僕ら日本人がホテルや電車・飛行機のチケットが本当に取れなくなっています。外国人観光客だけではないのですが、ややもするとそれが今の倍以上の人たちが日本に入って来る、となると取れないどころの話じゃない。ましてや日本人観光客すら動くことが出来ない。そんな事態になりかねない…。その辺りを根っこから解決して、新たに発言して欲しいな、と思います。
一国民の僕としては、直接お聞きすることは出来ませんが「じゃあ、4,000万人来たらどうする?」「宿は?」「サラリーマンたちは何処に泊まればいい?どうやって移動すればいいんだ?」と、その辺りの解決策を是非聞いてみたいと思います。

お便りをご紹介します。
・お馴染み〝TAK〟さんからですが、初耳でしたねえ。。。僕は先月21日が誕生日だったんですが、何と!TAKさんは22日だったんですね。1日違い。もっとも同じ年かどうか?は分かりませんが。お互いいつか面と向かって祝辞を言い合ったりする時が来るといいな、と思います。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の5回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「トトラの島」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【お芝居鑑賞】
先日、東京下北沢の劇場で《十手ガール》というお芝居を観てきました。作・演出は〝清水東さん〟、音楽は〝門司肇さん〟。お二人ともとあるラジオ番組でご一緒させていただいています。
久しぶりの感動でしたねえ。楽しかった!
また、次回も行ってみようかな。
十手ガール

【中村耕一&岡崎倫典ジョイントライブ@奈良ビバリーヒルズ】
初めてお会いしたのは、ライブ前日のリハーサルでした。
お互い緊張しながらの「宜しくお願いします。」でした(笑)が、中村さんの歌唱力はやはり凄かったですねえ。ロックの方だな…とつくづく。僕も煽られてロック魂が騒ぎました〜。
打ち上げもまた楽しかったなあ。「またどこかでご一緒しましょう。」と別れました。

今回、緊張していせいか?いろんなシーンの写真を撮るのを忘れてしまい…残念。

先日の収録の時にスタジオで見かけたポスター《日本酒利き歩き》。
4月16日(土)に東京日本橋エリアで開催されるそうです。
日本酒好きの方は是非!
1

■Ryntenライブスケジュール
●イベント
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギター Fes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ギターセミナー&インストアーライブ
・4月16日(土)大阪「三木楽器梅田店」
三木楽器
●ソロライブ
・4月22日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月23日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月27日(水)福岡小倉「フォークビレッジ」
・4月29日(祝・金)大分「サウンドカフェF」
・4月30日(土)京都「都雅都雅」
・5月1日(日)三重四日市「ガリバー」
・5月3日(祝火)三重名張「アピタ」イベントスペース
・5月4日(祝水)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝木)広島「ジェイズバー」
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #392 “All of Me を弾こう 4”

初々しい新入社員のスーツ姿が眩しい季節となってまいりました。如何お過ごしでしょうか?
aw160102

去る4月1日は《エイプリルフール》。日本でいう「嘘をついてもいい日」とでも申しましょうか。みなさんも“嘘”をつかれましたか?
今の時代、インターネットでも不特定多数の人が見ているわけで、そこに冗談めかしに“嘘”を書いた…自分の事を知ってくれてる人だったらいいんですが、そうではない或いは世間的に地位があったり名がとおっていたりする方から発信された“嘘”となると、“嘘”じゃすまない、冗談じゃなくなってくる。もっとも、4月1日に限らずインターネットの世界は、何が本当で何が“嘘”なのか全く分からない時代になってきている様に思います。
何年か前になりますが、4月1日にインターネットでどこかの出版社のHPにアクセスした時、いきなり〝ドクロマーク〟が出てきまして「えっ?!やられた!!!」と。“やられた”というのは“エイプリルフール”ではなく「〝感染〟した!」と思ったわけです。ビックリしましたねえ。それでページをめくっていくうちに、“エイプリルフール”という文字が現れ「そういう事だったのか!」と安心しましたが、「冗談なってないぜ!」と憤りを覚えたのを思い出しました。
まあ、色んな世界で年中365日、“エイプリルフール”という業界もある様です。“嘘”とまではいかないですが、冗談を言うときは気をつけたいな、思います。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の4回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「影丸と14匹の仔猫たち」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenライブスケジュール
■イベント出演
・4月9日(土)「フィンガーピッキングデイ」神奈川横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
Finger Picking Day
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギター Fes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
■ギターセミナー&インストアーライブ
・4月16日(土)大阪「三木楽器梅田店」
三木楽器
●ソロライブ
・4月8日(金)東京「バックインタウン」
・4月22日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月23日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月27日(水)福岡小倉「フォークビレッジ」
・4月29日(祝・金)大分「サウンドカフェF」
・4月30日(土)京都「都雅都雅」
・5月1日(日)三重四日市「ガリバー」
・5月3日(祝火)三重名張「アピタ」イベントスペース
・5月4日(祝水)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝木)広島「ジェイズバー」
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Home > Archives > 2016-04

Return to page top