Ryntenインプレッション #515 埋もれていたCD Pt.3 ” The Byrds”/Ryntenバイエル『雪の華を弾こうPt.3』

スタジオの窓から見える場所に冷やし〝ミスト〟とと言うのでしょうか?気温を下げる、あるいは涼む設備ができ、霧が漂っています。6月、台湾でのコンサートの際、街中の野外テラスでビールが呑める場所があり、そこで呑んでおりましたら、上の方からミストがドーっと出て来ました。その時の台北の気温は、街中の電光掲示板で39℃。気持ちいいものでしたね。そのミスト。初めて見たのはいつだったか?記憶にはありませんが、それほど古い設備ではない気がします。少なくとも子供頃や若かりし頃にはありませんでした。なかなか清涼感があっていいと思います。如何お過ごしでしょうか?
これから8月中旬、半ばを超えるとはいえ、まだまだ暑いにが続きます。熱中症にはお気をつけ頂きたいと思います。僕も注意しなければなりません。冷房は欠かせませんね。

■Ryntenインプレッション
今週は、先週に引き続き「- 我が家で埋もれていたCD特集 vol.3 -〈The Byrds〉」と題して、ボクのオススメ楽曲を紹介します。
ストックの中で埋もれていたCDシリーズ。今回は、フォーク・ロックの先駆者「The Byrds」をチョイス。なんで埋もれていたのか不思議なくらいボクが好きなバンドです。
0. Mr. Tambourine Man / The Byrds
1. Turn! Turn! Turn! / The Byrds
2. Chestnat Mare / The Byrds

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、中島美嘉さんの「雪の華」の3回目です。譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20″に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:Noneで弾いています。ぜひご覧ください。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、喜納昌吉さんのカバーで「花」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
・8月20日(日)長野佐久「れもん」
http://www.oryouri-remon.com
 17:00スタート 3,500円(1ドリンクと軽食付き)
 (問)同 TEL 0267-82-2325 又は 鷲見工房 TEL 0268-42-6237

・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「〜西日本震災復興支援ライブ〜」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
 19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
 チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

・10月6日(土)横浜「イギリス館」
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/british-house/
 14:00スタート 前3,500円 当4,000円
 ※未就学児の入場はご遠慮下さい。
 チケット:ローソン、イープラス:http://eplus.jp、サウンドポート
(予約と問)サウンドポート TEL 045-243-9999
info@soundport.co.jp

・10月13日(土)岐阜高山「ピッキン」
 19:00スタート 3,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL TEL 0577-34-6684
http://j47.jp/pikkin/

・10月14日(日)三重志摩「プルーフ」
 20:00スタート 3,000円(ドリンク別)
 (問)TEL 0599-43-1872
http://proof.main.jp 

■押尾コータロー&岡崎倫典ライブ 2days
・8月26日(日)「押尾コータローライブ@やまなみ工房ライブハウス” Ban Boo Bon”」
 ゲスト:岡崎倫典
 チケット発売中。 
 18:00スタート 前売 5,000円 当日5,500円 (要1ドリンク)
(問)同 Ban Boo Bon TEL 0748-86-0334
 ※未就学児童のご入場はできません
http://a-yamanami.jp/projects/institution_banboobon.html

・8月30日(木)「Rynten Okazaki Live2016 岡崎倫典@奈良ビバリーヒルズ」
 ゲスト:押尾コータロー
 19:00スタート 前¥6,000 当¥6,500(ドリンク別)
 (問)同 TEL 0742-26- 7444 
 ※お一人様 2枚まで。キャンセル不可
http://flower6.jp

■イベント参加
・8月18日(土)「野反湖フィールドフォークコンサート」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
 正午よりスタート 前4,000円 当日4,500円
 (問)野反湖フィールドフォーク実行委員会(冨沢) TEL 080-5505-0222

■岡崎倫典&白井京子(アナウンサー)ジョイントライブ
 〜アコースティックギターと朗読の夕べ@広島「Live Cafe Jive」
 20:00スタート 4,000円(オーダー別)
 (問)同 TEL 082-246-2949
http://livecafe-jive.com

■ギター教室発表会@バックインタウン…詳細未定

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenインプレッション #514 埋もれていたCD Pt.2 ” BRITISH ROCK #2″ /バイエル『”雪の華”を弾こう Pt.2』

今年もまた40℃を超える記録が出てきています。如何お過ごしでしょうか?

8月に入りました。7月はかなりの猛暑に見舞われた日本列島。予報によりますと、8月の下旬から9月の初旬にかけて、もう一度猛暑の時期がやって来る、という報告が出てきたり…。まだまだこの暑さから逃れるのは先の話かと思われます。
ここでお便りをご紹介します。
・Yukipiさんからご紹介とリクエスト:暑い、といえばクラッシック音楽における異色デュオも暑いです。クラッシックギター〝木村大さん〟とピアノ演奏の〝榊原大さん〟、この演奏の暑いです。
Rynten:木村大さんとは僕もツアーを一緒に回った事があります。いつかまた、このお二人の楽曲を流す時があろうかと思います。
お馴染みの宮城の中年ライダーさんから6月の台湾コンサートに関するお便りです。
Takさん:エンジニアとして仕事をしていた頃はよく行きました。台湾の路地裏の小籠包が懐かしい。台湾も韓国もどちらも活気があり、元気ああった頃の日本にとてもよく似ていて「日本は大丈夫かな。」とよく思ったものです。日本の技術、経営手腕は大丈夫か?!本当に日本は大丈夫か?!と将来が心配になります。
Rynten:僕と同じ不安を抱えていらっしゃいますね。
TAKさん:政府は海外にお金をばらまくだけでなく、もっと国内に投資すべきだと思います。災害に備える事のそうですし、海外労働者を受け入れるだけでなく、もっと若者が安心して生活出来る給与水準に押し上げる、などが必要。他の政党の足の引っ張り合いするのではなく、真剣に取り組んで頂きたいのです。
Rynten:僕も全く同感です。
Takさん:あ〜、台湾の小籠包が食べたいな。
Rynten:ありがとうございました。

■Ryntenインプレッション
今週は、先週に引き続き「- 我が家で埋もれていたCD特集 vol.2 -〈British Rock-2〉」と題して、ボクのオススメ楽曲を紹介します。
ボクののCDストックの中で埋もれていたものからのチョイスです。先週と同じく、どこで買ったのか、はたまた誰からもらったのかという記憶もなく、スーパーの隅っこで売られていそうな(失礼!)CDです。「BRITISH-ROCK」というタイトルのオムニバスアルバムですが、アメリカのバンドの曲も収録されていたり…。そんな中から、「昔はよく聴いたなぁ」という曲を選んでみました。
0. All Right Now/Free
1. Can’t Get Enough/Bad Company
2. Hot Legs/Rod Stewart

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル曲「消えた街」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、中島美嘉さんの「雪の華」の2回めです。譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20″に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:Noneで弾いています。ぜひご覧ください。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【2018 Wood Road Acoustic Guitar Festival@中国北京】
北京での〝フィンガーピッキングコンテスト〟に初めて審査委員で参加しましたが、4日間の長期のイベントです。ライブあり、セミナーありそしてコンテスト。
世界各国からギターリストが集結。
ちなみに、Mike Dawes(イギリス)、Alexandr Miso(ロシア)、Petteri Saliola(フィンランド)中国からは頼廉廉、楊楚、王仲、曹思義(3月に来日したセブンです)、日本からは僕と伍々慧、井草巠二の3名。
なかなか内容の濃いイベントでしたねえ。7月27日からスタートしたこのイベント。僕は二日目からの登場でしたので、27日に北京に入りました。
ホテルにチェックイン後、通訳の〝リーさん〟と「よろしくお願いします!」の乾杯。リーさんとは今回初めてお会いしたましたが、日本語は「仕事で必要だったから」と独学なんだそうです。とても流暢でしたねえ。すごいパワーです。

翌日は早速ライブ。この日は、セブン、Mikeさんと僕。Mikeさんのステージを見ていると、今は亡き〝マイケル・ヘッジス〟を彷彿させます。セブンとは3月以来の「トトラの島」をセッションしました。

開演前、トップバッターのセブンが瞑想中。

Mikeさんのステージ。Alexandrさんとセッション。

終演後は恒例のサイン会。たくさんの方々がCDを購入してくれました〜。有難い!

そのまた翌日、夕方から僕のセミナーです。セミナー前にインタビュー。

たくさんの人たちが参加してくれてました。僕は基礎レッスンの重要さ、をしつこいくらいに(笑)。主催者から「倫典さんの講義は難しい」と言われたけど、一生懸命聞いてくれてる生徒さんもいたので、僕としてはOKかな(苦笑)。

SUMI工房の鷲見さんとインレイデザイナーの磯部くんが合流。このイベントの為に、ギターメンテコーナーを設け、メンテのお仕事に。

夜は、ライブを見せてもらいました。3日目のライブは、王仲、伍々君、Petteriさんで。久しぶりに伍々くんのステージを観たんだけど、実によかった!若手ギターリストの活躍が期待出来る確信がありましたねえ。Petteriさんは初めてでしたが、彼もまた叩き系奏者です。押尾くんのカバーも演奏。これにはびっくりしましたが、時折、日本でライブの時に押尾くんがゲスト出演してお互いにカバーをするんだそうです。

終演後は鷲見さんとスタッフで「お疲れ様でした〜!」

【OFF@西安】
〝象形文字〟発祥の地〝西安〟へ。世界文化遺産《殷墟博物苑》の見学です。伍々くんとはここでお別れ。3週間という長〜い中国ツアーに出かけて行きました。実に逞しい。ロシアのAlexandrさんとイギリスのMikeさん もアメリカツアーへ。そして鷲見さん一行も帰国。
その前に記念撮影。

僕は、当然観光に参加しました。何しろ〝象形文字〟発祥の地なんです。歴史大好き人間な僕としては「これは参加せねば!」とワクワクでした。

北京から新幹線に乗り込み、2時間半で到着。ここも暑さが半端なかった…。

何もしないで立ってるだけで、汗だくに。。。(苦笑)この日は、観光参加者で四川料理を囲んで「乾杯!」

観光当日、早朝に出発。広大な敷地に建つ遺跡、圧巻でした。

色々な象形文字…発見されたのは1900年代半ば。文字の隣には現代語が書かれています。「よくわかったなあ。」と感心しきり。

敷地内に名前を見て、イメージでその人の人柄を書いていく方がいました。僕も書いてもらいましたが、悪いことは書かないとか。実に達筆!

発掘された墓から出土した馬車。亡くなった方とともに、生贄として厩、犬などの動物、はたまた従事していた人たちの白骨も…。

途中、昼食を撮ったのですが、あまりの暑さに観光はこれにて終了。ホテルで一休みすることになりました。ホッとしてた人が大半でした(笑)。

夕食前、足マッサージに連れて行ってもらいました。約1時間半のコースです。足だけでなく、頭から肩から背中など全身でしたねえ。終わった後、体が軽くなった様な…。
体の硬い僕としては有り難かったなあ。

翌日帰国するのは僕だけ。井草くんとPetteriさんはツアーが続くそうです。みんなパワーあるなあ。まあ、僕はマイペースで(笑)。
そして新幹線に揺られて北京西駅に到着。

今回もスタッフの皆さんの暖かい気遣いにより充実したツアーでした。
Fingerstyle Chinaのリーさんをはじめとする、スタッフの皆さんのパワーには頭が下がる思いです。
謝謝大家!

◼️Ryntenライブ
・8月20日(日)長野佐久「れもん」
住所:佐久市臼田2175-52
17:00スタート 3,500円(1ドリンクと軽食付き)
(問)同 TEL 0267-82-2325 又は 鷲見工房 TEL 0268-42-6237

・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」…詳細未定

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「〜西日本震災復興支援ライブ〜」
19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
(問)(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
(問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

・10月13日(土)岐阜高山「ピッキン」
19:00スタート 3,000円(1ドリンク付)
(問)同 TEL TEL 0577-34-6684

・10月14日(日)三重志摩「プルーフ」
20:00スタート 3,000円(ドリンク別)
(問)TEL 0599-43-1872

■押尾コータロー&岡崎倫典ライブ 2days
・8月26日(日)「押尾コータローライブ@やまなみ工房ライブハウス” Ban Boo Bon”」
ゲスト:岡崎倫典
チケット発売中。
18:00スタート 前売 5,000円 当日5,500円 (要1ドリンク)
(問)同 Ban Boo Bon TEL 0748-86-0334
※未就学児童のご入場はできません
http://a-yamanami.jp/projects/institution_banboobon.html

・8月30日(木)「Rynten Okazaki Live2016 岡崎倫典@奈良ビバリーヒルズ」
ゲスト:押尾コータロー
19:00スタート 前¥6,000 当¥6,500(ドリンク別)
(問)同 TEL 0742-26- 7444
※お一人様 2枚まで。キャンセル不可
URL http://flower6.jp

■イベント参加
・8月18日(土)「野反湖フィールドフォークコンサート」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
正午よりスタート 前4,000円 当日4,500円
(問)野反湖フィールドフォーク実行委員会(冨沢) TEL 080-5505-0222

■岡崎倫典&白井京子(アナウンサー)ジョイントライブ
〜アコースティックギターと朗読の夕べ@広島「Live Cafe Jive」
20:00スタート 4,000円(オーダー別)
(問)同 TEL 082-246-2949
http://livecafe-jive.com

■ギター教室発表会@バックインタウン…詳細未定

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #513 インプレッション『埋もれていたCD Pt.1 ” BRITISH ROCK #1″』/バイエル『”雪の華”を弾こう Pt.1』

7月の初旬、西日本の豪雨そしてそれに続く様に猛暑の毎日の連続であります。如何お過ごしでしょうか?

7月6日、僕たちも福岡にいました。丁度一年前、豪雨に見舞われた〝朝倉〟でライブがあったんですが、その前日に福岡に入り福岡空港から朝倉までは、通常ですと車で走って1時間もあれば着くところなんですが、その道中、高速は全面ストップという事で一般道を走りました。高速が通行止めになっている分一般道は当然渋滞しているわけで、「じゃあ、抜け道を行こう!」と行ったあちらこちらで冠水、通行止め。挙げ句の果ては…これは初めての経験でしたが…目の前で崖崩れが起こり、それに巻き込まれた車がなかったのが不幸中の幸いでしたが、とにかく自然の恐ろしさ、人間が太刀打ち出来ない牙を剥いた時の自然の猛威、というのを目の当たりにした気がします。

西日本の豪雨に関してのおたよりを頂いています。
TAKさんから『西日本の記録的豪雨、雨だけで100人以上が亡くなるなんて考えられませんでした。』
Rynten『そうですよね。豪雨とはいえ雨だけで100人以上の方が亡くなる、これは前代未聞です。よく「50年に一度の大雨」なんて言いますが、そんな事より未だかつて経験のない雨だけでそれだけの人が亡くなってしまう…本当に先行き不安を感じるのは僕だけでしょうか。
TAKさん『被災地のリスナーの方、お身内、お知り合いの方は大丈夫でしたか?』
Rynten『大丈夫です。ありがとうございます。』『心より被災地のお見舞い申し上げます。』

■Ryntenインプレッション
今週は、先週に引き続き「- 我が家で埋もれていたCD特集 vol.1 -〈British Rock-1〉」と題して、ボクのオススメ楽曲を紹介します。
ボクののCDストックの中で埋もれていたものからのチョイスです。どこで買ったのか、はたまた誰からもらったのかという記憶もなく、スーパーの隅っこで売られていそうな(失礼!)CDです。「BRITISH-ROCK」というタイトルのオムニバスアルバムですが、アメリカのバンドの曲も収録されていたり…。そんな中から、「昔はよく聴いたなぁ」という曲を選んでみました。
#0:White Room/Cream
#1:Superstition/Beck,Bogart & Appice
#2:Look at Yourself/Uriah Heep

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今週より中島美嘉さんの「雪の華」を取り上げていきます。譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20″に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:Noneで弾いています。ぜひご覧ください。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル曲「Sierra Siesta」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【なんでモール@静岡浜松】
待ちに待った〝浜松3部作〟。

まずは、第一部の〝うなぎパーティー〟。

今回も美味しかった〜。みんなで完食!
もはやうなぎは〝絶滅危惧種〟です。大事に味わいながら頂きました。

ギターを弾かれるお店のスタッフ〝原田さん〟(白いハチマキしている方です)、今回も暖かく迎えてくれました。厨房にいるところを一枚…忙しい時間に大変失礼しました…僕の顔が物語ってます…(汗)。

第二部の〝ライブ〟。この日、市内では花火大会。僕のライブ時間とまさに重なり、ドーン!と。まあ、それはいいのですが、最後によくある連発が鳴り響き…負けるものか、と意気込んだ僕でした(笑)。
暑い最中、駆けつけてくれた皆さん、ありがとうございました。
写真はリハーサル。

第三部は〝打ち上げ〟冷えたビールが美味しかった〜!
お店はいつもの《凛》。料理がとても美味しいんです。

うなぎ同様、このお店に来るのも、また楽しみでもあります。

今回もありがとうございました。
次回は、来年1月。新春 3部作、楽しみにしています(笑)。

【とおり町交流館@福山】
福山は場所によっては先の集中豪雨の爪痕が残されています。僕のライブに予約をしてくださったお客さんの中には被災された方々も。もちろんライブに来れる状況ではありません。

猛暑の中での片付け…想像を絶する様な作業だと思います。
一日も早い復興、復旧を願わずにはいられません。

今回、災害復興義援金の募金箱を設けました。ご協力頂きましたみなさん、ありがとうございました。僕も微力ながら募金をさせて頂きました(既に、福山スタッフが赤十字の方へ送金されています)。

そんな中、地元スタッフの皆さんのお力添えで、今回も満員御礼となりました。駆けつけてくださった皆さん、ありがとう〜!

〝福山倫典夏祭り〟と題した、僕の福山ライブは、今回で10回目。早いものですね。。。休憩の合間にスタッフ一同で。

今回も、音響には広島から〝笹田さん〟。

終演後の打ち上げ。いつもなら主催者・バーカブロで乾杯!なのですが、エアコンが壊れてしまい、お店は蒸し風呂状態。急遽、同じビルにあるイタリアンレストランで「お疲れ様でした〜!」となりました。お料理がとても美味しかったです。
帰り際、残ったメンバーでお店のママさんとマスター(親子です)も一緒に記念撮影。

スタッフの皆さん、ありがとうございました!
いつもスタッフ〝古市さん〟が差し入れてくれる芋焼酎〝山ねこ〟。
やっぱり美味い。古さん、ありがとう〜!
ちなみに、この一升瓶はみんなで完飲。すでに空となってます(笑)。

【ながはら元さんライブ】
とある日、僕のラジオやステージでもご一緒した〝ながはら元さん〟とアフリカは〝モザンビーク〟からのミュージシャンとのライブに行って来ました。
ライブタイトルは『アフリカ・マコンデ族の音楽と文化交流ツアー in 東京』。

本当に素晴らしいステージでした。アフリカ音楽を直接、肌で感じた瞬間でもありました。
ライブ途中、「写真と撮ってもいいですよ。」とのMC。早速!

真ん中の白い帽子をかぶっているのは、元さんの師でもある、ゲストの三線〝平安隆さん〟。

感動しつつ、お店を後にした僕でした。

■Ryntenライブ
・8月20日(日)長野佐久「れもん」
住所:佐久市臼田2175-52
17:00スタート 3,500円(1ドリンクと軽食付き)
(問)同 TEL 0267-82-2325 又は 鷲見工房 TEL 0268-42-6237

・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」…詳細未定

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「〜西日本震災復興支援ライブ〜」
19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
(問)(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
(問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

■押尾コータロー&岡崎倫典ライブ 2days
・8月26日(日)「押尾コータローライブ@やまなみ工房ライブハウス” Ban Boo Bon”」
ゲスト:岡崎倫典
チケット発売中。
18:00スタート 前売 5,000円 当日5,500円 (要1ドリンク)
(問)同 Ban Boo Bon TEL 0748-86-0334
※未就学児童のご入場はできません
http://a-yamanami.jp/projects/institution_banboobon.html

・8月30日(木)「Rynten Okazaki Live2016 岡崎倫典@奈良ビバリーヒルズ」
ゲスト:押尾コータロー
19:00スタート 前¥6,000 当¥6,500(ドリンク別)
(問)同 TEL 0742-26- 7444
※お一人様 2枚まで。キャンセル不可
URL http://flower6.jp

■イベント参加
・8月18日(土)「野反湖フィールドフォークコンサート」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
正午よりスタート 前4,000円 当日4,500円
(問)野反湖フィールドフォーク実行委員会(冨沢) TEL 080-5505-0222

■岡崎倫典&白井京子(アナウンサー)ジョイントライブ
〜アコースティックギターと朗読の夕べ@広島「Live Cafe Jive」
20:00スタート 4,000円(オーダー別)
(問)同 TEL 082-246-2949
http://livecafe-jive.com

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenインプレッション #512 イントロがない曲 Pt.4 “The Beatles #2”

小学生たちの待ちに待った夏休みに突入です、とは言っても地域によって誤差はありますので、東京の小学生たちと言った方がいいでしょうか。如何お過ごしでしょうか?

ちょっと面白いネットニュースに触れました。あまり意識してなかったのですが、今一度意識してみました。〝消費期限〟と〝賞味期限〟はどう違うのか?まあ、ご存知の方も多いと思いますが、真剣に聞かれるとどう答えていいか分からない自分がいた、という事知りまして…。因みに、賞味期限はよく目にします。これは「美味しく食べる事が出来る期限」。消費期限となると「安全に食べられる期限」らしいですね。美味しく食べられるか?安全に食べられるか?というその違いの様です。賞味期限が書かれている食べ物というのは、かなり手が加えられた物。調理されたものが殆どです。これはどういったタイトルのニュースだったのか?というと『ペットボトルはどちらなのか?』です。ペットボトルは賞味期限、らしいですね。では、消費期限はあるのか?どうもあるらしいです。ただし、特に〝水〟は殺菌処理、雑菌が取り除かれていますので、開封しない限り、まず腐ることは有り得ないが、ペットボトルに入っていても蒸発するらしいので、規定の容量を超えた、つまり減った場合は販売物として成立しなくなる。それは法に触れるのでここが賞味期限になる、という話でした。ほとんどの方はご存知だと思うのですが、ご存知なければご参考に、というお話でした。

■Ryntenインプレッション
今週は、先週に引き続き「「ー イントロがない曲 ー vol.4 The Beatles 編 Pt.2」」と題して、ボクのオススメ楽曲を紹介します。
#0. Nowhere Man / The Beatles
#1. Hello Goodbye / The Beatles
#2. Hey Jude / The Beatles
#3. The Long And Winding Road / The Beatles

■Key Of R
今週最後は、The Doobie Brothersのカバーで「Larry the logger two-step」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【都雅都雅@京都】
京都の夏の風物詩〝祇園祭〟の前夜祭とも言える、〝宵山〟の真っ只中。山鉾もあちらこちらに点在していました。街中は提灯もライトアップされて煌びやかでしたねえ。思わず「ここは京都なんだ!」と実感。
ライブが終わって車中から撮った山鉾。

まあ、地元の方々は祭囃子が朝早くからのお囃子が「うるさい」と言ってましたが(笑)。

ライブは、お客さんが少なくて寂しかったけど、熱い拍手を頂きました。PAの〝マルちゃん〟も奮闘してくれて、最高の〝EROS〟の音を創ってくれました〜!感動でしたねえ。

終演後は、イベンターの〝今西さん〟といつもの居酒屋で「お疲れ様でした〜」。

京都も暑かった。。。

【Sobars@福井越前】

一年ぶりにお邪魔しました。〝武生駅〟に降り立った瞬間、もわ〜とした空気とじとーっとした湿度が…北陸も半端なく暑い。
今回も前回同様、地元ミュージシャンとのセッションコーナーもあり、僕も楽しみにしていました。写真はリハーサル風景です。

〝yukieちゃん〟と「Isn’t she lovely?」

〝ゆうこちゃん〟と「Top of The World」

ベースマン〝水野くん〟と「Still Life」「影丸と14匹の子猫たち」。

そしてバンド〝B&B〟と「Bayside Resort」「Living Naturally」。

今回もたくさんの人たちが来てくれました。遠くは三重、神戸の人たちや近郊では小松、富山からも。有難い事ですね。感謝!感謝!です。

終演後はソバーズのマスターが作ってくれた手料理で乾杯!

どれも美味しかった〜。昨年もご馳走になった、隣町から来てくれた〝藤田氏〟自家製の〝へしこ〟。絶品です。酒が進むこと進むこと(笑)。

帰り際、ソバーズ女性スタッフと。

そして、PAの〝棚田さん〟とマスターと。

今回もお世話になりました!

【魚津@富山】
亡くなった僕の親友、松っちゃんこと〝松谷康晴くん〟の墓参り。さらに暑い一日でしたねえ…。どの霊園も同じだとは思いますが、日陰はありません。日差しがカンカンに照ってる中での墓参りとなったわけです。僕の都合に合わせて集まってくれた仲間たち…ただただ感謝です。

墓参りの前、富山では超有名なフォークバンド〝楽屋姫〟のリーダー〝シンガー英樹〟の番組〝集まれフォークナイト〟に出演。僕の番組をネットしていただいている《ラジオミュー》にお邪魔して来ました。

仲間たちもギャラリーで参加してくれました〜!

夕刻より友人宅〝平野家〟にて〝松っちゃんを偲ぶ会〟。
大いに食べて呑んで、大いに松っちゃんを語り…楽しいひと時でした〜。

翌朝は東京へ。
松っちゃんがいつも笑顔で待っててくれたっけ…。
魚津駅前にて。

【バックインタウン@東京】
暑い!暑い!人に会うたびに「暑いですね。」しか出て来ない。。。(閉口)
そんな中、仕事帰りに立ち寄ってくれた皆さん、有難うございました。

今回で、通算64回目のステージなんだそうです。もっともソロとなると40数本になるでしょうか。時が経つのは本当に早いものです。
今回のステージは、カバーも含め近年演奏していない曲たちをテーマに選曲。カバー・オリジナルと2曲ずつ、とメニューを組んでみました。
みなさんには楽しんで頂けた様です。
もっとも、演奏する僕はかなりハードでしたが(苦笑)。
次回はどうしようかなあ。メニューを組むのも楽しみの一つではありますね。

■Ryntenライブ
・8月20日(日)長野佐久「れもん」…詳細未定
 住所:佐久市臼田2175-52
 (問)同 TEL 0267-82-2325 又は 鷲見工房 TEL 0268-42-6237

・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」…詳細未定

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「〜西日本震災復興支援ライブ〜」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
 19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
 チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

■中国公演
・7月27日(金)〜30日(月)「Acoustic GuitarFestival」
 北京 NINE Theater 出演者多数
 岡崎倫典は28日コンサート、29日ギターレッスン、30日がコンテスト審査委員
 主催:Fingerstyle China

■押尾コータロー&岡崎倫典ライブ 2days
・8月26日(日)「押尾コータローライブ@やまなみ工房ライブハウス” Ban Boo Bon”」
 ゲスト:岡崎倫典
 チケット発売中。 
 18:00スタート 前売 5,000円 当日5,500円 (要1ドリンク)
(問)同 Ban Boo Bon TEL 0748-86-0334
 ※未就学児童のご入場はできません
http://a-yamanami.jp/projects/institution_banboobon.html

・8月30日(木)「Rynten Okazaki Live2016 岡崎倫典@奈良ビバリーヒルズ」
 ゲスト:押尾コータロー
 19:00スタート 前¥6,000 当¥6,500(ドリンク別)
 (問)同 TEL 0742-26- 7444 
 ※お一人様 2枚まで。キャンセル不可
http://flower6.jp

■イベント参加
・8月19日(土)「野反湖フィールドフォークコンサート」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
 正午よりスタート 前4,000円 当日4,500円
 (問)野反湖フィールドフォーク実行委員会(冨沢) TEL 080-5505-0222

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenインプレッション #511 イントロがない曲 Pt.3 “The Beatles #1”

この度の豪雨により、亡くなられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
まだまだ予断を許さない状況が続き、暑さも厳しくなっています。引き続き気をつけてくださいます様。一日も早い復旧と復興を願っています。

例年になく、早い梅雨明けとなりましたね。如何お過ごしですか?

今年も夏が長くなりそうです。梅雨明けから大雨に見舞われる…致し方ない事ですがこういった現象が結構多い様な気がします。かと言って、「天気予報が外れた」とか「梅雨明け宣言がずれた」などの問題ではなく、やはり何かにつけ災害ニュースが流れてくると胃袋を掴まれる様な気がします。6月下旬、台湾に4年半ぶりのコンサートに行って来ました。台湾に入った日はめちゃくちゃ暑くて、その翌日の電光掲示板では39度!なんて表示。さらには、その翌日はスコールに降られたり、でした。ライブ会場の「エリートパーフォーマンスホール」は、かなり新しいホールで、印象的だったのは…もっとも音もすごく良くて印象的ではありましたが…楽屋に備え付けられているシャワールーム。トイレと一緒になっていましたが、その機材全てが日本製で取り扱いの説明も日本語で書かれていました。なんとも不思議で、でもどこか嬉しかったですね。日本製、という事であれば街を走っている車もほとんどが日本製でした。しかも、日本以上にメーカー間の差がなく、あらゆるメーカーが同じ様な台数で走っている様な気がしました。バイクもやたら多かったですが、日本と大きく違うのは、自転車をほとんど見かけませんでしたねえ。レストランにしてもホテルにしてもホールスタッフにしても、もちろん主催者の皆さんも親切に対応してくれたのが本当に気持ちよかったです。お陰様でいい旅をさせて頂来ました。

■Ryntenインプレッション
今週は、「ー イントロがない曲 ー vol.3 The Beatles 編 Pt.1」と題して、ボクのオススメ楽曲を紹介します。
#0:All My Loving / The Beatles
#1. Can’t Buy Me Love / The Beatles
#2. No Reply / The Beatles
#3. Help! / The beatles

■Key Of R
今週最後は、僕のオリジナル曲「Aduie!」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【音茶バースデーライブ@福岡朝倉】
音茶のマスター〝羽野さん〟のバースデーライブです。毎年7月には駆けつけます。

この日、九州地域は豪雨。本当にすごい雨でした。
福岡空港から音茶まで車で約1時間ですが、高速道路は閉鎖されていたので、いわゆる下道を走って行きました。しかしながら、すごい渋滞…。この日は音茶に辿り着くまで4時間かかりました。
途中、山崩れにも見ました…。間一髪、マスターの機転で回避することは出来ましたが、田んぼや畑は水没。川は濁流が…。凄まじい、とも言えるほどの光景。

その間、音茶には「ライブやるんですか?」という問い合わせや「道路が閉鎖されて行けません!」などなどキャンセルも相次いでいました。
マスターも「どうしますか?」と悩んでいた様子。でも僕は僕で「ライブはやるしかない!」と腹をくくっていたので、揺らぐことはありませんでしたが。

ライブには道路事情も悪い中、遠路山口から駆けつけてくれた方々や、地元の方々も応援に来てくれてました。本当に有難い!涙が出そうでした。。。

オープニングはいつもの〝ザ・モー〟のお三方。新曲もあって楽しいステージでしたねえ。

今回僕のステージでは初登場の〝朝倉の小倫典〟と呼ばれている〝西田俊之さん〟。当然ながら?(笑)僕の曲を3曲弾いてくれました。

終演後は、羽野さんのお誕生会。この日はマスコットの〝カンタロー〟も2歳のお誕生日。カンタローの分もバースデーケーキが2つ並んでのお祝いとなりました(笑)。

カンタローは、みんなから料理のおこぼれをご馳走になって、満腹。誕生日はどこ吹く風(笑)。

本当に雨の激しい一日でしたが、皆さんのお陰様で無事にライブを終える事が出来ました。本当に有難うございました。感謝!

【押尾コータロー featuring ウィリアム・アッカーマン@ビルボード大阪】
豪雨の爪痕を残す朝倉を後にし、新幹線で大阪へ。

いや〜、本当に素晴らしいステージでした!ギターの神様〝ウイリアム・アッカーマンさん〟と〝押尾コータローくん〟のセッションも本当に良かった!もちろん、アッカーマンさんに同行した〝トッドさん〟と押尾くんのセッションもよかった!
ビールを呑みながら、いい時間を過ごさせて頂きました。
やっぱり、お客さんで行くっていいですね(笑)。

ライブ終演後に楽屋でアッカーマンさんに僕のCDをプレゼントしたんですが、アルバム「富良野」を見た瞬間に「この写真は真三か???」と驚いた様子。〝前田真三さん〟とは長きに渡り友人だったとの事。今は、前田真三さんの息子さんと交流があるそうです。
みんなで記念撮影させてもらいました。
アッカーマンさん、70歳を前にして若い!

終演後は、福岡から来た友人と偶然にも会場でバッタリ。そして「久しぶり〜、元気〜」と一杯。あれこれ積もり積もる話を楽しみました。

友人と別れた後、押尾くんと乾杯!押尾くんのスタッフで来ていた、高峰楽器ギターの〝寺崎さん〟とも何年ぶりかでお会いしました。楽しい夜でした。日曜日という事もあり、お店を探すのに一苦労、でしたけど…(笑)。

■Ryntenライブ
・7月15日(日)福井越前「ソバーズ」
 O.A. Bird House、B&B
 18:30スタート 4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0778-22-9191 

・7月19日(木)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(オーダー別)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://backintown.jp/index.php?z=375901

・7月21日(土)静岡浜松「なんでモール」
 19:00スタート 3,500円
 (問)同 TEL053-474-8889
http://www.nandemall.com

・7月22日(日)広島福山「とおり町交流館」
 18:30スタート 4,000円(1ドリンク付)学割1,000円引きます。要学生証提示(1ドリンク付)
 (問)バーカブロ TEL 084-926-5966
http://www.bar-caboulot.com

・8月20日(日)長野佐久「れもん」…詳細未定
 住所:佐久市臼田2175-52
 (問)同 TEL 0267-82-2325 又は 鷲見工房 TEL 0268-42-6237

・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」…詳細未定

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「〜西日本震災復興支援ライブ〜」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
 19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
 チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

■中国公演
・7月27日(金)〜30日(月)「Acoustic GuitarFestival」
 北京 NINE Theater 出演者多数
 岡崎倫典は28日コンサート、29日ギターレッスン、30日がコンテスト審査委員
 主催:Fingerstyle China

■押尾コータロー&岡崎倫典ライブ 2days
・8月26日(日)「押尾コータローライブ@やまなみ工房ライブハウス” Ban Boo Bon”」
 ゲスト:岡崎倫典
 チケット発売中。 
 18:00スタート 前売 5,000円 当日5,500円 (要1ドリンク)
(問)同 Ban Boo Bon TEL 0748-86-0334
 ※未就学児童のご入場はできません
http://a-yamanami.jp/projects/institution_banboobon.html

・8月30日(木)「Rynten Okazaki Live2016 岡崎倫典@奈良ビバリーヒルズ」
 ゲスト:押尾コータロー
 19:00スタート 前¥6,000 当¥6,500(ドリンク別)
 (問)同 TEL 0742-26- 7444 
 ※お一人様 2枚まで。キャンセル不可
http://flower6.jp

■イベント参加
・8月19日(土)「野反湖フィールドフォークコンサート」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
 正午よりスタート 前4,000円 当日4,500円
 (問)野反湖フィールドフォーク実行委員会(冨沢) TEL 080-5505-0222

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』