Home > Archives > 2010-12

2010-12

Ryntenバイエル~vol.117「基本を見直そう 1」

【河童のひとり言】
宇宙人は宇宙に帰らず、一兵卒と一緒に大勢の子分を従え夜の赤坂を闊歩する、という摩訶不思議なこのSF物語の終わりはどこにあるのか?面白そうな話ですが、国民のウケはイマイチのようです。それにしても宇宙人の襲来と撤退の1年でしたが、330万人の完全失業者と70万人のフリーターの波の中で宇宙船“日本号”は、一体どこに行こうとしているのか?ふざけた人のたちのせいで、迷子になるのはいつも国民。少し探査機「はやぶさ」のような健気さを見習えよ。

【今週のRyntenニュース】
2010年もいよいよ最後、ラストのオンエアーとなりました。
なんだかんだありましが、着実に時間は流れています。
お元気ですか?

「河童のひとり言」の「宇宙人」…ご存知の様に「鳩山さん」、襲来は…撤退、一兵は今話題の小沢さんですね。失業率が5%を超えるという話…「一体どうなんるんだ?!」という気持ちです。
そんなご時世の中、沢山の方に足を運んで戴いた、「番組100回突破記念」と題したアニバーサリーイベント。去る12月15日に東京銀座のYAMAHAスタジオでが行われましたが、本当にたくさんの方にお越し頂き感謝しております。僕も楽しむ事が出来ました。
番組がまだまだ続くというのも光栄の至りでありますが、2010年をそんなイベントで締めくくる事が出来た、という事は、また一回り光栄を戴いた様な気がします。
特に足を運んで戴きましたみなさん、ありがとうございました。

■Rynten ダイアリーです。
先週末は東京・水道橋にある「カフェらいん」というカフェでのライブ、そしてぐっと飛んで
石川県白山市にある「ポンポロプー」という楽器店でのインストアーライブでした。

「らいん」は4年ほど前になるでしょうか?
一度ライブをやらせてもらった事があり、時々昔の音楽仲間と一緒に呑みに来るお店です。御陰様で「満員御礼」、それほど広くはないスペースにところ狭しとお客さん用のイスが並べられ、それに加えて今回の僕のライブは、キーボード、パーカッション、ハープそしてチェロとお手伝い頂いた為、ミュージシャン達の場所を確保するのも大変な状況となってしまいました。

お手伝いくださったミュージシャンをご紹介させて頂きますと…
今回のライブのプロデューサーでもありキーボードの平井さん、パーカッションの河野さん、ハープの土屋さん、チェロの早川さん、です。
みなさんプロで活躍されている方達です。
ちなみに、キーボードの平井さんは杉田二郎さんのサポート時代から御付き合いさせてもらっています。
この日は前半に僕のソロ、後半には皆さんに参加してもらう、というメニューでした。
本当に楽しかった!

またぜひお願いします。

翌日は石川県白山市へ。
新幹線から特急への乗り換え駅、越後湯沢では一面銀世界でした。

楽器店「ポンポロプー」内にあるスタジオで初ライブ。
こちらも満席で会場は熱気でムンムン。
ノリの良いお客さん達が盛り上げてくれました。
オープニングには、またまた登場の富山のアコギスト「松谷康晴」君が演奏。

同じ日、お店のご主人がずっと手がけて来たという、女性2人の「夏みかん」というユニットが解散コンサートしていて、そこにポンポロプーのご主人がギターで参加するとの話を聞き「これは応援に行かねば!」と、ライブ終演後のあと片付けもそこそこに、昨年お世話になった「喫茶 青葉館」へ。

会場は高校生や中学生の若い男女がびっしり、当然アルコールを呑んでいるのは僕らだけ。浮いてたなあ…。

打ち上げで地元の焼酎をいただき、東京で早速呑みました、おいしかった!

そうそう、初めて聴きましたねえ、ご主人の演奏。
なかなかカッコよかったです。

つい先日の今年最後の番組収録後、銀座で行われたイベントの打ち上げも兼ねた忘年会へ。
スタジオの近くにある「江戸前鮨」に連れていってもらいました。
年末にふさわしく、なかなか心地よい呑み会でした。魚が美味かった~。

スタッフの皆さん、今年も一年ありがとうございました。
楽しく番組をやらせてもらって、感謝!です。
また来年も宜しくお願い致します。
僕もさらに頑張ります!

■スケジュールです。
1月22日(土)大阪・河内長野「百年邑」
1月23日(日)静岡・浜松「なんでモール」
http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
 2011年春発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「基本を見直そう」を取り上げます。アコースティックギターを弾かれている方で、フレーズは弾けるけどコードがわからない、譜面通りに弾けるけどそれ以外はムリ…といった方を少なからず見受けられます。もう一度基本に戻って基礎固めにチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、「Amazing Grace/アメイジング・グレイス」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.116「クリスマス企画”サイレント・ナイト/きよしこの夜”を弾こう4」

【河童のひとり言】
さて、まもなくクリスマス。今年の「恋人やパートナーから貰うクリスマスプレゼントの期待額」が平均¥43,620-だそうです。結構高額ですね。これは一体何を期待する額なのかを聞きたいところです。そんな高額なプレゼントを期待する割には、女性の非婚率が年々上昇なんて記事を見ますと、「世の中どうなってんだ?」とどこかバカバカしさを感じます。とは言え、やっぱりクリスマス。
世の男性諸君!ステキなクリスマスとなることをお祈りしてます。

【今週のRyntenニュース】
あ~、2010年が消えて行く…あとわずかとなりました。
師走、せわしない時期です、如何お過ごしでしょうか?

2010年…かつて「2001年宇宙の旅」という映画がありました。
その映画が公開された頃「2001年にはあんな事が起こるのか!?」「世の中はそうなっているのか!?」と思ったものです。
もう随分前の事ですが、2001年を振り返った頃にはそんな事を思い起こす余裕などなかった様に思います。

ところが、みなさんご存知でしょうか?
その続編?「2010年宇宙の旅」という映画がありひとつ近代化した世界、ちょっとおかしくなった世界が描き出されていました。
かつて未来として描かれていた2010年も、もうすぐ終わろうとしていますがあの時は「そんな10年後の事は分からないなあ」
とか「その頃自分はどうなっているのかなあ」と想いを馳せながら観ていました。

いざそこを通り過ぎるとなると、「あっけない!」と言うしかありません。

しかし今度は本で「2034年の真実」というのがありました。
僕がそこまで生きているかどうか分かりませんが…。
「ケネディ大統領の暗殺の真相がそこで明らかになる」、生きているうちに観れれば…と僕は思うのですが無理かなあ…。

■Rynten ダイアリーです。

12月15日に東京銀座「YAMAHAスタジオ」で開催された「アコースティックウインド100回突破記念」イベント、御陰様で無事に終了いたしました。
ご来場いただきました、皆さんに厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました!

ギタークリニック的な要素を交えたステージは如何だったでしょうか?

今回、ゲストにアマチュアのギターリスト二人を交えてのコーナーをもうけてみました。
1人は26才の「仲内拓磨」君という青年。
彼は僕のオリジナル曲「春からの招待状」と自分のオリジナル「Truth」を演奏してくれて、
もう1人は11才の「佐藤みゅうじ」君という少年。
ギターを弾き初めて2年半というから驚きです。
僕のカバーアレンジ曲「輝く星座」と僕のオリジナル曲「トトラの島」を演奏してくれました。
次世代のアコギの世界を背負って立つ!二人ですね、将来が楽しみです。

写真はリハーサル風景です。

150回…200回…と頑張りますので、今後とも「アコースティックウインド」を宜しくお願い致します。

さて、先週末は姫路、奈良、愛知県は江南へ行ってきました。
姫路でのインストアーライブ前日にはギター雑誌のレコーディングがあり、初めて編集部スタッフとレコーディングエンジニアさんとの
スリーショットを撮りました。
このお二人とはかれこれ長ーいお付き合いさせてもらっています。

そのレコーディングを終えてから姫路へ出発。

姫路という駅、初めて降りました。
ライブ会場は「イオン」という大きなショッピングモール。

平日の昼間だというのに結構人通りが多く、やはり師走だからなのでしょうか?

そして、奈良「ビバリーヒルズ」。
今年夏にリニューアル、僕にとっては初のステージです。
演奏していても気持ちよく、なかなかいいライブハウスに生まれ変わっていましたね。

終演後はいつもの「おでん」のお店「竹の館」へ。

翌日は早朝に奈良を発ち、一年ぶりの江南へ。
師走の忙しい時期にも関わらず、御陰様でどちらもたくさんの方々にお越しいただきました。
嬉しかったですね。

■スケジュールです。
・ギターセミナー
12月25日(土)湯布院「カフェことはな」11:00~と12:00~に開催します。
僕が直接教えますので、ご質問などがんがんしてくださいね。
・ライブ
12月25日(土)湯布院「ゆうきの里」
会員制の旅館でのディナー付きライブです。ゆったりと聴いて頂ければ嬉しいです。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
 2011年春発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス企画として「サイレント・ナイト」を取り上げます。今回は4回目・最終回です。スタンダードチューニング、2カポで弾いています。それほど難しい曲ではありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、今までバイエルで取り上げてきた「SilentNight/きよしこの夜」です。スタンダードチューニング、カポ2で弾いています。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.115「クリスマス企画”サイレント・ナイト/きよしこの夜”を弾こう3」

【番組からのお知らせ】
いよいよ開催日が近づいてきた中央エフエムPRESENTS ACOUSTIC WIND
SPECIAL LIVE!

LIVEは、Ryntenワールドを存分にお楽しみいただける2部構成となっています。
第1部では、Rynten氏ならではのアレンジがされたカバー曲を中心にお楽しみください。
休憩を挟んだ第2部では、Rynten氏自らも企画段階から加わった番組ACOUSTIC WIND内のコーナーRynten Beyerのスペシャルバージョン!

氏のオリジナル楽曲を中心にした第2部では、
「あのRyntenサウンドはどうやって生まれるのか?」
ファンなら誰もが知りたいこの疑問の答えに触れることができるかも・・・
ギターを演奏される方はもちろんのこと、演奏をされない方にもお楽しみいただけます。
カバー曲、オリジナル曲、氏が語るACOUSTIC GUITARの楽しみ方、そしてテクニック・・・

ACOUSTIC WIND SPECIAL LIVEは、まるで薫り高いコーヒーのようなLIVEです。
あなたの感性で、あなただけのRynten WORLDの楽しみ方を見つけてください。
チケットをお買い求め頂いた方は、どうぞお楽しみに!

チケット残りわずかです、まだチケットを手にされていない方は、お早めにお買い求めを!14日午後6時までにご連絡いただければ、当日券のお取り置きをさせていただきます。
連絡先:03-3668-2727(中央エフエム)

日時:平成22年12月15日 18:30 開場(予定) 19:00開演(予定)

場所:ヤマハミュージック東京 銀座店 B2ヤマハ銀座スタジオ

詳細についてはこちらをご覧ください

【河童のひとり言】
物事は本質さえ分かっていれば意外にシンプルなのかもしれません。ここで某有名調味料メーカーの話を一つ紹介しましょう。「売上を2倍にしろ!」というノルマに対して、「広告を増やしては?」とか「いや、営業マンを増やそう」など社内で喧々囂々(けんけんごうごう)の日々が続きました。ところ意外な策で売上が2倍になったそうです。分かりますか?それは、容器のキャップの穴を2倍にした。
それだけです。人は時々、“経験”という先入観で本質を見失っているのかもしれません。

【今週のRyntenニュース】

寒さが日に日に増して来ております、如何お過ごしでしょうか?

今週の「河童のひとり言」は「発想の転換」。
僕なんかもアレンジあるいは曲創り、あるいはステージングやステージ構成に至まで、やはり発想が必要な部分、そしてその転換が時として必要な部分…往々にしてあります。
本当に発想を変えるだけて風景が変わる、発想が変わる、方向性が変わる、見えて来るものも沢山ある…それはよく分かります。

しかし、その発想を転換する、という自体が難しい部分でもあるのかも知れませんね。
確かに経験というのも大事ですが、時には経験という先入観で本質を見失なったりもします。自分に置き換えて考えてみると、経験が邪魔をする事もありますね。

もう一つは、経験が時代的に必ずしも通用するとは限らない、こともあるかと思います。

経験だけで全ての物事を大上段からしゃべって行くと、やはり世代の格差というものが生まれてきますし、若者の行動…
それこそ発想の部分も含めてですが、より理解出来なくなる、という落とし穴に落ちてしまいますので「あまり経験を振りかざさない方がいいのではないか」と自分に言い聞かせております。

みなさんは如何でしょうか?

■Rynten ダイアリーです。
韓国と北朝鮮の問題で揺れている今日このごろ…「韓国」と言えば…
半年くらい前になるでしょうか?
「間もなく軍隊に入る」という一人の若者からきれいな日本語で書かれている手紙を頂き、送られてきた荷物の中に韓国語が書かれている一枚のハンカチが入っていました。これらは古い韓国語だそうです。

それからというもの、僕の必需品です。
一日も早い平和が訪れる事を願ってやみません。

かなりの頻度でライブをやらせてもらっている、福岡朝倉「音茶」へ。
毎年12月には「忘年会」も兼ねて地元で活躍するミュージシャン達が集まり、ライブ後忘年会に突入といった企画で僕はゲスト出演です。
面白いネーミングの新しいバンドのチラシを発見、笑えますね。

スケジュールの都合で個人的に忘年会に参加する事があまりないので、こんな企画、嬉しいですね。鍋をつつきながら盛り上がりました。

忘年会の翌日は久留米へ。
とある会社での、とてもゴージャス感のあるクリスマスライブです。

このイベントに出演させて頂いたのは、今年で3度目になります、毎回いらしてくださっている方や初めての方と様々ですが、みなさん、演奏中席を離れる事もなく最後まで真剣に僕の演奏を聴いてくれてました。嬉しかったですね。

ところで、音茶で「フォルヒ」のNEWギターを見せてもらいました。
「トラベルギター」というちょっとこぶりの、本体とネック、ヘッドが取り外せ、収納ケースにすっぽり納まります。
まるでデイパックのようにコンパクトで軽く、背負うことができます。興味のある方は是非!
因みに音茶ではフォルヒギターを販売しています。

■スケジュールです。
12月18日(土)水道橋「らいん」
 御陰様でSold Outです。
12月19日(日)石川白山市「ポンポロプー」
 昨年オープンした楽器店です。ご主人には数年前から金沢の楽器店にいた頃からお世話になってます。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
 2011年春発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス企画として「サイレント・ナイト」を取り上げています。今回は3回目です。スタンダードチューニング、5カポで弾いています。それほど難しい曲ではありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、「Greensleeves」です。スタンダードチューニング、カポ5で弾いています。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.114「クリスマス企画”サイレント・ナイト/きよしこの夜”を弾こう2」

【番組からのお知らせ】
「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」番組3周年を記念して、12月15日岡崎倫典Liveを予定しています。リスナーの皆様と一緒に、Ryntenサウンドを楽しみながら、交流を深めたいと企画を考えております。

日時:平成22年12月15日 18:30 開場(予定) 19:00開演(予定)

場所:ヤマハミュージック東京 銀座店 B2ヤマハ銀座スタジオ

詳細についてはこちらをご覧ください

【河童のひとり言】
“不況風 サンタの袋 軽くする”、そんな川柳を最近見ましたが、なんだか今年はまた特に厳しい師走になりそうですね。とは言え、今年の冬のボーナスの平均が前年比増、という記事を読みました。
少しホッとしているお父さんもいるかもしれませんね。ところで、さる調査によると、妻が内緒で溜める“へそくり”の平均がなんと98万円だそうで、夫の約3倍だとか。あ~ぁ、サンタもダンナも増えるのは負担ばかりで、懐だけはどうやら軽いようです。

【今週のRyntenニュース】
師走に入りました。いかがお過ごしですか?

「河童のひとり言」の妻のへそくり。
凄いですね、98万円…凄い!としか言いようがありません。
夫の約3倍…という事は夫のへそくりは30数万円はある、という事です。
これも凄い、と言いますか、何処が不景気なんでしょうか?羨ましい限りではありますが。

さて海外、Geert Janssenさんから英文でおたよりを頂きました。

「I like your guitar playing very very much」と書いてあります、ありがとうございます!
そして「YOUTUBEで日本語が理解出来ないので何とかならないか?」という話ですね。
「何とかなりません」というのも申し訳ありませんので、鋭意努力させて頂きます!

■『アコースティックウインド』のライブイベント・チケット発売中!
このイベントもいよいよ押し迫ってまいりました。
番組内容ならでは!のスペシャルステージですので是非お越し下さい。

12月15日(水)東京・銀座「ヤマハ銀座スタジオ」 
 住所:東京都中央区銀座7-9-4 ヤマハ銀座スタジオ

 開場18:30 開演19:00 入場料¥3,000 
 チケットの予約、問い合わせ:中央エフエム TEL 03-3668-2727
 http://fm840.jp/

■Ryntenダイアリーです。
11月の終わり、ファンクラブの宿泊イベントがありました。
場所は毎年開催している、琵琶湖湖畔にあるラフォーレ琵琶湖。
今年参加された方はやや少なかったのですが、盛り上がりましたねえ。
メインイベントとも言える懇親会は、今回も朝5まで続き…みなさん、お疲れ様でした。

今年もセカンドステージ、演りました!が、呑んでしまったせいで沢山出来なかった…反省。いつもの琵琶湖の夕焼け、きれいでした。

また来年もお待ちしております。

先月半ば、とある「ワインパーティー」での事。

そこには色々なアーティスが参加されていまして…。
余興で演奏されていたのですが、いつの間にかライブイベントとなっていましたねえ。
久しぶりにお会いした、ムッシュかまやつさんとブレバタのお兄さんの方ですね、と一緒に記念撮影。

「ギターの上手い人の前でギター弾いちゃったよ、恥ずかしいなあ」とかまやつさん、嬉しい一言。
ワインも美味しくて、楽しかった~。

最近手首に下げている数珠。これは、11才の女の子にもらったもの。
時々お父さんと一緒に来てくれてますが、一人で来れる様になるのもそう遠くはないでしょう。今ではお守り、です。

■スケジュールです。
12月11日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
 「1300年を越えていにしえの奈良」で僕のサウンドを聴いてみてるのは如何でしょうか?
12月12日(日)愛知江南「スタジオM」
 僕も使わせて頂いている、フォルヒギターの輸入代理店でのインストアー・スタジオライブです。
http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス企画として「サイレント・ナイト」を取り上げます。今回は2回目です。スタンダードチューニング、2カポで弾いています。それほど難しい曲ではありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、アルバム「HeartStrings」に収録されているボクのオリジナル曲「愁」です。スタンダードチューニング、カポ2で弾いています。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2010-12

Return to page top