Ryntenバイエル~vol.115「クリスマス企画”サイレント・ナイト/きよしこの夜”を弾こう3」

【番組からのお知らせ】
いよいよ開催日が近づいてきた中央エフエムPRESENTS ACOUSTIC WIND
SPECIAL LIVE!

LIVEは、Ryntenワールドを存分にお楽しみいただける2部構成となっています。
第1部では、Rynten氏ならではのアレンジがされたカバー曲を中心にお楽しみください。
休憩を挟んだ第2部では、Rynten氏自らも企画段階から加わった番組ACOUSTIC WIND内のコーナーRynten Beyerのスペシャルバージョン!

氏のオリジナル楽曲を中心にした第2部では、
「あのRyntenサウンドはどうやって生まれるのか?」
ファンなら誰もが知りたいこの疑問の答えに触れることができるかも・・・
ギターを演奏される方はもちろんのこと、演奏をされない方にもお楽しみいただけます。
カバー曲、オリジナル曲、氏が語るACOUSTIC GUITARの楽しみ方、そしてテクニック・・・

ACOUSTIC WIND SPECIAL LIVEは、まるで薫り高いコーヒーのようなLIVEです。
あなたの感性で、あなただけのRynten WORLDの楽しみ方を見つけてください。
チケットをお買い求め頂いた方は、どうぞお楽しみに!

チケット残りわずかです、まだチケットを手にされていない方は、お早めにお買い求めを!14日午後6時までにご連絡いただければ、当日券のお取り置きをさせていただきます。
連絡先:03-3668-2727(中央エフエム)

日時:平成22年12月15日 18:30 開場(予定) 19:00開演(予定)

場所:ヤマハミュージック東京 銀座店 B2ヤマハ銀座スタジオ

詳細についてはこちらをご覧ください

【河童のひとり言】
物事は本質さえ分かっていれば意外にシンプルなのかもしれません。ここで某有名調味料メーカーの話を一つ紹介しましょう。「売上を2倍にしろ!」というノルマに対して、「広告を増やしては?」とか「いや、営業マンを増やそう」など社内で喧々囂々(けんけんごうごう)の日々が続きました。ところ意外な策で売上が2倍になったそうです。分かりますか?それは、容器のキャップの穴を2倍にした。
それだけです。人は時々、“経験”という先入観で本質を見失っているのかもしれません。

【今週のRyntenニュース】

寒さが日に日に増して来ております、如何お過ごしでしょうか?

今週の「河童のひとり言」は「発想の転換」。
僕なんかもアレンジあるいは曲創り、あるいはステージングやステージ構成に至まで、やはり発想が必要な部分、そしてその転換が時として必要な部分…往々にしてあります。
本当に発想を変えるだけて風景が変わる、発想が変わる、方向性が変わる、見えて来るものも沢山ある…それはよく分かります。

しかし、その発想を転換する、という自体が難しい部分でもあるのかも知れませんね。
確かに経験というのも大事ですが、時には経験という先入観で本質を見失なったりもします。自分に置き換えて考えてみると、経験が邪魔をする事もありますね。

もう一つは、経験が時代的に必ずしも通用するとは限らない、こともあるかと思います。

経験だけで全ての物事を大上段からしゃべって行くと、やはり世代の格差というものが生まれてきますし、若者の行動…
それこそ発想の部分も含めてですが、より理解出来なくなる、という落とし穴に落ちてしまいますので「あまり経験を振りかざさない方がいいのではないか」と自分に言い聞かせております。

みなさんは如何でしょうか?

■Rynten ダイアリーです。
韓国と北朝鮮の問題で揺れている今日このごろ…「韓国」と言えば…
半年くらい前になるでしょうか?
「間もなく軍隊に入る」という一人の若者からきれいな日本語で書かれている手紙を頂き、送られてきた荷物の中に韓国語が書かれている一枚のハンカチが入っていました。これらは古い韓国語だそうです。

それからというもの、僕の必需品です。
一日も早い平和が訪れる事を願ってやみません。

かなりの頻度でライブをやらせてもらっている、福岡朝倉「音茶」へ。
毎年12月には「忘年会」も兼ねて地元で活躍するミュージシャン達が集まり、ライブ後忘年会に突入といった企画で僕はゲスト出演です。
面白いネーミングの新しいバンドのチラシを発見、笑えますね。

スケジュールの都合で個人的に忘年会に参加する事があまりないので、こんな企画、嬉しいですね。鍋をつつきながら盛り上がりました。

忘年会の翌日は久留米へ。
とある会社での、とてもゴージャス感のあるクリスマスライブです。

このイベントに出演させて頂いたのは、今年で3度目になります、毎回いらしてくださっている方や初めての方と様々ですが、みなさん、演奏中席を離れる事もなく最後まで真剣に僕の演奏を聴いてくれてました。嬉しかったですね。

ところで、音茶で「フォルヒ」のNEWギターを見せてもらいました。
「トラベルギター」というちょっとこぶりの、本体とネック、ヘッドが取り外せ、収納ケースにすっぽり納まります。
まるでデイパックのようにコンパクトで軽く、背負うことができます。興味のある方は是非!
因みに音茶ではフォルヒギターを販売しています。

■スケジュールです。
12月18日(土)水道橋「らいん」
 御陰様でSold Outです。
12月19日(日)石川白山市「ポンポロプー」
 昨年オープンした楽器店です。ご主人には数年前から金沢の楽器店にいた頃からお世話になってます。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
 2011年春発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、クリスマス企画として「サイレント・ナイト」を取り上げています。今回は3回目です。スタンダードチューニング、5カポで弾いています。それほど難しい曲ではありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、「Greensleeves」です。スタンダードチューニング、カポ5で弾いています。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.115「クリスマス企画”サイレント・ナイト/きよしこの夜”を弾こう3」」への2件のフィードバック

  1. こんにちはRyntenさん。

    昨日の銀座のライブ、感激しつつ楽しませていただきました。

    ライブ後、他のファンの方々も待っていらしたので、短い会話で早々に失礼しましたが、大学時代の事など、いつかお話しできたらいいですね。

    またライブがありましたら、ご活躍ぶりを拝見しに参ります。

  2. 15日、中央FM主催ACOUSTIC WIND SPECIAL LIVE!。楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

    特に一部での曲のアレンジのレクチャー。主旋律を何処に取るか、伴奏(コード)をどう被せるか、リズムは…等々、簡単な曲が題材だっただけにとても判り易く大変勉強になりました。
    (一番勉強になったのはポジショニングの選択でした。)

    二部ではオリジナル曲の素晴らしい音に包まれ、あっという間の二時間。

    余韻に浸りながら帰路につきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です