Rynten #591 インプレッション”Ry Cooder”/バイエル”Summer Sambaを弾こう #8”

あれよあれよと1月も半ば過ぎ。いかがお過ごしでしょうか?

以前、Youtubeも含めインターネットをよく観る、というお話をした事があります。
その前に。。。年末年始を振り返ると、テレビを観るよりインターネットを観ていた方がはるかに多かったです。ニュースや天気予報は別として、まともに観たのは、2つ。一つは、2日間に渡っての〝箱根駅伝〟。これまで箱根駅伝を観た歴史の中で初めてスタートからみれました。もう一つは時代劇の〝大岡越前〟。これは確かテレビ埼玉だったと思いますが、見入りましたねえ。僕は、昔の時代劇の再放送に食いつきがいいんです。〝大岡越前〟や〝水戸黄門〟などは「見逃したくない!」。そう考えると、年末年始によく観たインターネット、いわゆるネットサーフィンは船や飛行機関係が多く、画面にはその関連する映像が横に並びますので、必ず、その後に観てしまう〝交通取り締まり〟。白バイなどの映像はよく出てくるし、興味深いものもあります。中には「これって違反?」と勉強させらたり「サイン会場へどうぞ。」など笑ってしまうものもあったりしますが、自分はそうなりたくない!と思いつつ観ています。しばらくは、仕事の合間や寝る前にネットサーフィンをちチョコチョコと観る日が続くのではないかな、と思っている今日この頃です。

■Ryntenインプレッション
今週は、「デビューアルバムを聴く」と題して、『Ry Cooder / Ry Cooder』を特集しました。
0. Alimony
1. Police Dog Blues
2. Goin‘ To Brownsville

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、”Walter Wanderley/ワルター・ワンダレイ”の「Summer Samba」の8回目です。雑誌”アコースティックギターマガジン 82号”に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル「Misty Eyes」です。ぜひ、お聴きください。

■Ryntenダイアリ
【なんでモール@浜松】
恒例の新春ライブ。この日、東京を出る時にはかなり気温が低く寒かったんですが、浜松に到着した時に「あれ?寒くない!」。東京ー浜松はそれほど距離はないはずなのに「こんなに違うのか?!」とびっくりしていた僕らです。

迎えに来てくれてたスタッフと一緒に、浜松3部作の第一部である〝うなぎ〟を早速。浜松に向かう最中お腹が空いて…(笑)。みんなで完食したのは言うまでもありません。

忙しいさ中、ギターを弾かれてる板さんと。

さて、第二部のライブ。夜になると、浜松といえども気温が下がり…。そんな中、たくさんの人たちが足を運んでくれました。有難い事です(涙)。
3年ぶりに来てくれた〝佐助くん〟。会えて嬉しかった〜。

第三部は打ち上げ!(笑)みんなで楽しくワイワイと。
お母さんのご病気やら何やらと3年間お会い出来なったのですが、やっと落ち着き、久しぶりの再会!嬉しかったですねえ。何よりも元気でよかった!

今回も有難うございました〜!
次回、夏のライブもよろしくお願いします。

【スタジオM】
〝スタジオM〟は、僕も使っているギター〝Forch(フォルヒ)〟の代理店です。その店内にあるホールでのライブ。年に一度のペースでやらせてもらっています。

この日、名古屋近郊ではいくつかのギターライブもあったそうな…にも関わらず、僕のライブに足を運んでくれたみなさんには感謝しかありません。苦渋の決断だったに違いありません(汗)。

昨年秋、僕のライブには欠かさず来てくれていた〝井上さん〟の訃報が…。彼は犬を飼っていていつも一緒に行動していました。雄犬ですが何故か〝ナナ〟という名前(笑)。そのナナの面倒をみている友達が一緒に来てくれました。まさか、再会できるとは!

元気そうでよかった。

終演後は江南から名古屋市内へ移動し、お疲れ様でした〜の乾杯!
今回も有難うございました〜。
次回は来年の3月。よろしくお願いします!

東京に戻る日の霊峰富士。綺麗だった!

■Ryntenライブ
・2月1日(土)高知「Bee Staton」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 088-855-6066
http://www.beestation.jp/

・2月2日(日)ギターセミナー@高知「Bee Station」
 (問)同 TEL 088-855-6066
http://www.beestation.jp/

・2月22日(土)福岡朝倉「音茶~1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)~8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 現在、満員のためキャンセル待ちとなります。
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

・3月21日(土)奈良「ビバリーヒルズ40周年記念イベント〜鈴木康博 & 岡崎倫典ジョイントライブ」
 17:00スタート 前6,000円 当6,500円(共に要1ドリンクと1フード=1,000円)
 (問)Now West One TEL 075-252-5150
 チケット:ぴあ:P-175-351、ローソン:L-51647、epluas:https://eplus.jp(PC・携帯)ビバリーヒルズ TEL 0742-26-7444 http://flower6.jp

・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「〜夜の会〜」
 ゲスト:白井京子(アナウンサー)
 18:00スタート 1,000円(ドリンク付)
 (問)同会館 TEL 0268-62-3700

・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫
 今年も審査員で参加させて頂きます。
 コンテスト:12:30〜、ゲスト演奏:16:30〜(19:00終演)
 前3,200円 当日3,500円
 (問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #590 インプレッション”Johnny Winter”/バイエル”Summer Sambaを弾こう #7”

2020年の冬、皆さんはどう過ごされているでしょうか。着実に季節は移り、寒くはなっていますが、昔の様な〝凍える〟寒さがなくなってきた気がします。皆さんのお住いの地域は如何でしょうか。

早速ですがお便りをご紹介します。おなじみの〝TAKさん〟からです。
T『不注意で左手の人差し指の先を深く切ってしまいました。かなり治ってきましたが、ギターがまだ弾けない。人差し指を使わないスケールとか右手だけとか、やってみようかなと思っています。人差し指を使わない運指はエクササイズなのかな。』
R『練習が左手だけになってしまう?人差し指を使わない、となるとそれで悪い癖がついてしまうと戻すのが大変だし、どちらかというと、右手だけでフィンガーリング、色々なリズムなど色々なパターンを練習した方がいい、と僕は思います。』
T『倫典さんは長いプロ生活で怪我をした事はないのでしょうか?』
R『振り返ってみますと、ギターの演奏に関わる程の大きな怪我、というのは無かった気がします。それだけ気をつけている、というところもあるでしょうが…怪我、というより故障と言った方がいいかもしれません。「故障は?」と聞かれると「いくつかあるかな。」と思いますが、いずれも演奏に響くものではない、というところです。ただし、ひとつ怖いものがあります。それは何か?というと、髭剃りです。あの刃が爪に当たるのが非常に怖い。ほんの小さな傷でもそこから爪の大きな傷になっていきます。本当に怖いです。何度か経験したことはありますが、それは今も気をつけています。

■Ryntenインプレッション
今週は、「デビューアルバムを聴く」と題して、『Johnny Winter / Johnny Winter』を特集しました。
0. Be Careful With A Fool
1. Good Morning Schoolgirl
2. Dallas

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、”Walter Wanderley/ワルター・ワンダレイ”の「Summer Samba」の7回目です。雑誌”アコースティックギターマガジン 82号”に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。

■Key Of R
今週最後は、日本では童謡として知られる「大きな古時計」です。ぜひ、お聴きください。

■Ryntenライブ
・2月1日(土)高知「Bee Staton」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 088-855-6066
http://www.beestation.jp/

・2月2日(日)ギターセミナー@高知「Bee Station」
 (問)同 TEL 088-855-6066
http://www.beestation.jp/

・2月22日(土)福岡朝倉「音茶~1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)~8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

・4月18日(金)東京「Back In Town」2月より受付開始
 19:30スタート ライブチャージ:3,850円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫 1号館
 今年も審査員で参加させて頂きます。
 コンテスト:12:30〜、ゲスト演奏:16:30〜(19:00終演)
 前3,200円 当日3,500円
(問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenゲスト #589 “勝誠二さん 後半”

正月気分も抜け、職場に学校に復帰されていると思います。いかがお過ごしでしょうか?

1月、早いものです。これがトントンと進んでいくわけですね。年々時の進み方が早くなるのは僕だけではないと思います(笑)。
さて、JR電車のお話。最近、車内放送は日本語に続いて英語が流れます。もちろん駅構内でも英語放送が流れてきます。駅ですとおきまりのパターンが多いですが、電車ですとどうしても車掌さんが荷わなければならない、という場面もあります。ところが、急にいきなり「喋れ!」と言われても「昔、勉強して随分話してないな。」という方も中にはいらっしゃるでしょう。飛行機の場合もそうですが、アテンダントの方は日頃から訓練や講義などを受けている訳ですから、しかり!なのですが、電車は今でも「大変だろうな。」と感じる日があります。
最近乗った電車で、かなり流暢な英語を喋る車掌さんがいました。この方、海外暮らしをしていたのでは?と言うほど流暢だったんです。普通、どんなに英語のうまい人でも、日本人が喋ると「日本人の英語だなあ。」と分かるのですが、それすら分からない。おまけに日本語の挨拶の最後に「今日もみなさんにとって良い一日でありますように。」と他の車掌さんが言わない様な言葉までおっしゃって、しかもそれに続きしっかりと英語で「Have a Good Day!Thank you」と続けてました。「すごい車掌さんがいるんだな。」とこれには驚きました、というお話でした。

■Ryntenゲスト《勝誠二さん

今週も先週に引き続きウクレレ奏者〝勝誠二さん〟にお越し頂きました。BGMには先週と同じく、アルバム〝Do
You?〟から〝どんぐりころころ〟。僕は勝さんをウクレレ界の〝貴公子〟とか〝ヨン様〟と呼んでますが、最近はテレビでおなじみの〝のっぽさん〟とも呼ばれているんだそうです。まあ、帽子をかぶっているからでしょうか?もしかしたら、空気感が似ているのかもしれませんね。

勝さんは以前〝子供バンド〟というグループのベーシスト、80年代後半でした。その経緯をお聞きしました。

勝『アマチュア時代もベーシスト、曲も創り唄も歌ってた。プロになってからのバンドには歌う人もいたのでベースに集中した。そこにはアマチュア時代には感じなかったグルーブ感があり、同じ曲を毎晩演奏しても飽きない。早くその中に身を置きたい!と思った。』
倫『子供ばんど、ってハード(ロック)なイメージだったけど、ほかのグループに比べてテクが高かった。』
勝『そうですか…おもちゃ箱をひっくり返した様なバンドだったと思う。当時、バンドは斜めになっていなければならない。「今夜のお前らサイコーだぜー!」とか、甲高い声で「お前ら、元気かーっ!?」みたいな。』
2人で(爆)
倫『そういえば、子供バンドっておもちゃ箱をひっくり返した様な音がするな、って思ってた。』
2人で(爆)

ここで今日の1曲目は生ライブ。ブラジル生まれの《Sammer
Samba》。この楽曲は、僕が勝さんと一緒に演奏したかった曲。勝さんは「コードがたくさんあって大丈夫かな。」とおっしゃったので「僕が弾けるから大丈夫!」と爆笑しつつ…。

演奏を終えて。
倫『やっぱりウクレレの音色に合いますね。ウクレレと言えばブラジル!』
2人で(爆)

ウクレレ奏者になる経緯の続きから。
勝『とあるウクレレのアマチュアユニットをプロデュースしたのがきっかけ。「ウクレレビートルズというオムニバスアルバムに参加しませんか?」と声をかけられ、当時はバンドをやっていたので僕にとっては遊び感覚。「いいですね。」と参加し、その発売記念イベント出演の依頼にも「いいですね。」って。そして「教則本作りませんか?」というオファーにも「いいですね。」って作ったんですが、それもまだまだ遊びでした。でも、ある時ある街で演奏した時、ウクレレを抱えた青年が「僕、勝さんの教則本で練習してます!」とキラキラなんです。そこで「ちゃんとしないと!」と。』
倫『ちゃんとしないまま教則本を?』
勝『教則本はプロデューサーがいたので。でも「(ウクレレを)もう少し上に持って下さい。」「あっ、そうなの?」みたいな。』
2人で(爆)

こんな段階で教則本の話があるとは…すごいですよね。基本的なことはこの段階で叩き込み、その後ハワイにも頻繁に行かれ、ハワイでプレイヤーの演奏を聴いた時「そこらの道端で歌ってるお兄さんなのに、めちゃくちゃ上手くて度肝を抜かれた!」そうです。

勝さんに聞きたかった話題の一つに昨年 9月に韓国で演奏した事。
倫『すごいな、その心意気。「やっぱりなあ」と思った。』
勝『日韓の問題は政治家たちがざわついているだけで、一般の人たちは変わらない。こんな時だからこそ行く事に意味がある、ウクレレを持って歌いに行くだけだから、って。「こんなに素敵だったよ。」と日本の皆さんに話が出来たらいいな、と思う、』
倫『日本も一般の人たちは変わらない。昨年 8月Back In
Townでのライブは韓国からのゲストだった。』
勝『僕、観に行きましたよ。』
倫『そう。来るか来ないかで今の状態が変わってくる。』
2人で(爆)

韓国はお隣の国。変わらない付き合いが出来ればいいな、音楽は今まで通りだよ、と伝えたいと強く思います。

倫『2017年リリースのアルバム〝Do
You?〟、別名〝どうよう(童謡)〟ですが。』
勝『別名はないです。』
2人で(爆)

勝さんは2018年にもアルバムをリリース。そのアルバムは、新宿文化センター大ホールでのライブアルバムです。
今日最後の曲はそのアルバムから《ルパン三世〟のテーマ’78》バージョン。これは、勝さんの〝おはこ〟というべき代表曲なんですね。それを聴きながらお別れしました。

収録を終えて。
2週に渡ってお越し頂いた〝勝誠二さん〟。初めてお会いして2
回目にお会いして…あれよあれよとステージでご一緒しラジオにもお越し頂き、どんどんと実現。僕の目に狂いはなかった、と改めて感じています。勝さんの演奏もぜひ、生で聴いて頂きたいと思います。
呑んでも楽しい、演奏も楽しい、お話しても楽しい、勝さんでした。
勝さん、またご一緒しましょうね。

【勝誠二スケジュール】
・1月12日(日)東京祐天寺「ウクレレショップ・ポエポエ~ワークショップ&ミニライブ」
・1月18日(土)名古屋「アロハダイニング葡萄畑ハノハノ~HachiKatz」
・1月19(日)大阪「5th Street~with HachiKatz」
・1月25日(土)東京町田「いないないバー」
・1月26日(日)名古屋「ウクレレショップ・ポエポエ~ワークショップ&ミニライブ」
・2月1日(土)東京祐天寺「FJ’s~HachiKatz」
勝誠二HP https://katz-seiji.com

■Ryntenライブ
・1月18日(土)静岡浜松「なんでモール」
 19:00スタート 3,500円(ドリンク別)
 (問)同 TEL053-474-8889
http://www.nandemall.com

・1月19日(日)愛知江南「スタジオM」
 16:00スタート 前3,500円 当4,000円
(問)スタジオM TEL 0587-53-6416
http://www.studio-m.net/framepage2.htm

・2月1日(土)高知「Bee Staton」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 088-855-6066
http://www.beestation.jp/

・2月22日(土)福岡朝倉「音茶~1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)~8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫
 今年も審査員で参加させて頂きます。

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより発売中です。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenゲスト #588 “勝誠二さん 前半”

新年如何お過ごしでしょうか。2020年令和 2年が明けました。〝岡崎倫典のアコースティックウインド〟今年もよろしくお願いします。

今年は〝東京オリンピック〟の年です。最大のニュースと言っていいでしょう。56年ぶり、非常に感慨深いものがあります。おそらく…ほぼ100%、選手の方々は自分より年上はいない!1964年の時には、自分より年下の選手はいなかった。。。このギャップに時の流れを感じています。初めてカラーテレビを観たのが、1964年10月10日先のオリンピックの入場行進、開会式でした。しかし、カラーテレビの歴史以上に歴史を積み重ねていってる今日この頃の自分であります。ますます元気にお届けしたいと思います。

■Ryntenゲスト《勝 誠二さん

今週と来週は、ウクレレの勝誠二さんをお招きしました。ウクレレ界の〝貴公子〟はたまたウクレレ界の〝ヨン様〟と僕は呼んでいますが、ご本人曰く「ウクレレ界ののっぽさん」なんだそうです。
勝さんとは昨年7月、共通の知人のパーティーがあり、その前日、東京巣鴨のお寿司屋さんで初めてお会いしましたので、僕らは〝寿司つながり〟とか〝酒つながり〟、と言ってます(笑)。
2017年にリリースしたアルバム《Do You?》から《どんぐりころころ》をBGMに。

倫『初めてお会いした時「勝さんです。」と紹介頂き「何をされている方なんだろう?」と。でも、とんでもない人!だったと後から…。』
2人で(爆)
勝『僕は存じ上げてました。』

勝さんがリリースしたアルバム〝Do You?〟は、全曲童謡を収録。Do You?はどうよ〜(童謡)という事なんだ!とこの瞬間に納得。「どうよ〜」と言いながら爆笑してました。

倫『ジャケットは〝コモドドラゴン〟とかげですよね?この繋がりは?』
勝『関係ない。たまたま「このアルバムを童謡にしようと思ってる。」とスタッフと話をしていたらスタッフが手元にある紙に書いたのがこれ!あまりにもバカバカしてく面白くて、いいね!って。』

このアルバムも僕と勝さんの綱がりも呑み屋から始まりました(笑)。
(クリスマス前の収録でしたので、写っているツリーはご愛嬌ということで…)

倫『コンセプトは?』
勝『夏、フラダンスフェスに呼ばれた前の晩、4ビートの循環コードを弾いてたら気持ちよくてどんぐりを歌ったら楽しくて「明日演ろう!」と思いつき、翌日本番で演ってみたらお客さんが笑顔で歌い出した。「すげ〜!」となって「大人が聴いても楽しい童謡にアレンジしたら初めて演る曲なのに「みんな知ってる」みたいな。今、みんなが歌える唄ってないから。』
倫『共有財産!』

この時演奏した〝どんぐりころころ〟。一般には一番しか知らないから、お客さんはずっと一番を繰り返し歌っていたんだそうです。きっと、どんぐりも喜んだでしょうね(笑)。

ではここで今日の1曲目は《カエルの合唱》

曲を聴き終えて
倫『アルバム〝Do You?〟、別名〝どうよー〟から…』
勝『いや、別名はないです!』
2人で(爆)

この楽曲は〝カエルの歌〟という説もありますが、今ではどちらでもいいということになっているそうな。名曲ですね。ドイツの民謡?バッハ?とも言われてますが、定かではありません。僕もハノンをよく取り上げていますが、上がったり下がったりがづっと続いているだけです。きっと身に染みついているのかもしれませんね。

倫『音程が5つしかない、上がったり下がったりがこんな立派な曲になる。これは曲作りの極地。僕もこういうのを目指したい。』
勝『そうですか?』
倫『だってこういう曲でレコード大賞獲ったらすごいじゃない?!』
勝『獲りたいですね。』
2人で(爆)

倫『レコード大賞はないな!』
勝『時代がそこまで来てない。』
倫『いや、行かない!』
2人で(爆)

勝さんは色々な機材を駆使し、ワウ(ワウワウと聞こえる音)もウクレレで出しています。

倫『発想が面白い。』
勝『上手い人はたくさんいる。そこで俺は勝負出来ないからアイディアで乗り切ろう!って。』
倫『上手い、下手ではなく暖かみがある。だから番組にお呼びしました。』
勝『有難うございます。ただ呑み仲間じゃなく?』
倫『7月にお会いした時も「只者じゃない。ちょっとネジが緩んでるな。」って思った。』
勝『ホントですか?!それ最高の褒め言葉です。』
2人で(爆)

7月、初めて演奏を聴いた時、お客さんの顔を見て「自分も楽しんでいいんだ。」って思いました。ウクレレ一本でいい雰囲気だったんです。「すごい事やっても人間だからそこまでは出来るんだ、俺は出来ないけど。」と、そんな気持ちで勝さんのステージを見ていました。

倫『あの雰囲気を見てたら「楽器ではなく人柄が作っているんだ」が見えて来て一緒にやりたい!ってなった。』
勝『有難うございます。』
倫『お陰で変な童謡をたくさん聴く事が出来た。』
2人で(爆)

勝さんのアルバム〝Do You?〟は、大人の方も楽しめる名盤だと思います。アルバム制作中は「楽しくてしょうがなかった。」とおっしゃっていました。聴いてるとそれが伝わって来ます。ぜひ、聴いてみて下さい。

最後に《チューリップ》を聴いてお別れしました。来週もお越し頂きます。

【勝 誠二スケジュール】
・1月12日(日)東京祐天寺「ウクレレショップ・ポエポエ〜ワークショップ&ミニライブ」
・1月18日(土)名古屋「アロハダイニング葡萄畑ハノハノ〜HachiKatz」
・1月19(日)大阪「5th Street〜with HachiKatz」
・1月25日(土)東京町田「いないないバー」
・1月26日(日)名古屋「ウクレレショップ・ポエポエ〜ワークショップ&ミニライブ」
・2月1日(土)東京祐天寺「FJ’s〜HachiKatz」
勝 誠二オフィシャルウェブサイト https://katz-seiji.com

■Ryntenダイアリ
・1月18日(土)静岡浜松「なんでモール」
 19:00スタート 3,500円(ドリンク別)
 (問)同 TEL053-474-8889
http://www.nandemall.com

・1月19日(日)愛知江南「スタジオM」
 16:00スタート 前3,500円 当4,000円
(問)スタジオM TEL 0587-53-6416
http://www.studio-m.net/framepage2.htm

・2月1日(土)高知「Bee Staton」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 088-855-6066
http://www.beestation.jp/

・2月22日(土)福岡朝倉「音茶〜1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)〜8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫
 今年も審査員で参加させて頂きます。

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより発売中です。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #587 ライブ”2019年11月30日 水道橋CAFE RIJN(カフェらいん)”

例年にも増して台風や大雨の被害が多かった2019年。これまた例年にないほどのスピードで駆け抜けようとしています。平成から令和に変わり五十六年ぶりのオリンピック・パラリンピック開催を迎える2020年。良い年になってほしいと願って止みません。
今年も”アコースティック・ウインド”ご視聴いただきありがとうございました。2020年も引き続きよろしくお願いいたします。

今週は、2019年11月30日に開催された、東京水道橋〝Cafe Rijn(らいん)〟でのライブ演奏をお聴き下さい。今回はバンドバージョンで演奏させて頂きました。キーボードは〝平井宏〟、パーカッションに〝土屋’大魔王’祐介〟、オペレーターは〝和尚〟という布陣でお届けします。もう何回目なのか?数えることが出来ない程回数を重ねてきた〝Cafe Rijnライブ〟。最後までお楽しみ下さい。

■Ryntenダイアリ
【Back In Town@東京 ゲスト〝勝誠二〟ウクレレ】
今回はウクレレの〝勝さん〟がゲスト出演です。今年の夏、とあるパーティーで初めてお会いして初めてご一緒したわけですが、「またご一緒したい!」と念願叶いこの日に至りました〜。

勝さんは、かなりたくさんの機材を使用されていて、楽しいステージでしたねえ。

もちろん、セッションも!
楽しかった〜。

【イブイブライブ@福岡朝倉音茶】
今回は当日に福岡入り。音茶へ向かう道中、筑前町という町に〝茅葺〟で作られた戦艦大和がある、と聞き早速連れて行ってもらいました。素晴らしい出来栄えにびっくり!
いずれ取り壊すそうですが、なんとも複雑。。。

さて、音茶ライブ。今回は、いつものオープニング、三ケ尻聖一さんことミカちゃんや地元ミュージシャンがお休みだったので、僕だけのステージとなりました。クリスマスだけにこんな格好も(苦笑)。

終演後、大分から仕事終わりで車を飛ばして来てくれたミカちゃんは、こんな格好でした(笑)。

恒例により、僕のスタッフとミカちゃんのバースデーも。有難いですね。

打ち上げに参加された皆さんもクリスマス。

音茶のママが作ってくれたローストチキン!美味しかった〜。

【ギターセミナー@音茶】
音茶でセミナーを開催してもらうのは、今回で3度目。場所が場所だけに「来るかなあ。」と心配していましたが、地元ミュージシャンや遠くは山口からも。有難いことです。
ちなみに、レッスン中はミカちゃん。

翌日は、東京に戻る前、いつもの〝キリンビアーファーム〟で「今年もお世話になりました〜」の乾杯。

今年も音茶さんには、たくさんお世話になりました。有難うございました。来年は2月に早速!

■Ryntenライブ
・1月18日(土)静岡浜松「なんでモール」
 19:00スタート 3,500円(ドリンク別)
 (問)同 TEL053-474-8889
http://www.nandemall.com

・1月19日(日)愛知江南「スタジオM」
 16:00スタート 前3,500円 当4,000円
(問)スタジオM TEL 0587-53-6416
http://www.studio-m.net/framepage2.htm

・2月1日(土)高知「Bee Staton」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(ドリンク別)
 (問)同 TEL 088-855-6066
http://www.beestation.jp/

・2月21日(土)福岡朝倉「音茶〜1週間遅れのバレンタインライブ」
 O.A.櫻井憲一郎
 19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・3月6日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0865-63-0511
http://cafedemoe.com

・3月7日(土)〜8日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 (問)TEL 084-926-5966(営業:20:00~翌3:00)
info@bar-caboulot.com
https://www.bar-caboulot.com

・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫
 今年も審査員で参加させて頂きます。

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより発売中です。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』