Rynten #555 インプレッション ライブテイク特集『Joni Mitchell』

〝皐月〟の季節から、あれよあれよと〝紫陽花〟の季節になりました。〝梅雨〟は目の前です。いかがお過ごしでしょうか?

先月、フランス・パリの〝ノートルダム大聖堂〟が火災に見舞われ、世界中で「人間の大きな財産を燃やしてしまった」という言葉が駆け巡っていました。ノートルダム大聖堂にまつわる話があります。音楽で〝ド・ミ・ソ〟の三和音がありますね。今の時代では、三和音に限らず、ごく当たり前の様にあらゆる音を積み重ねた和音が生まれていますが、そのド・ミ・ソの起源があのノートルダム大聖堂。実際そこがスタート地点なのかどうか?は分かりませんが、非常に大きなポジションであるのは間違いない。当初、ノートルダム大聖堂は、小さく閉ざされた聖堂だったらしい。その頃は窓もなく、多分石造りだったのでしょう。硬いもので囲まれ反響も良かった。時代的に音の〝モノフォニー〟と言われる単音の世界でしたから、そこで教会音楽も歌われ、奏でられていました。そして、聖堂を徐々に大きくしていく。小さい聖堂の回りに大きな聖堂を造り、中の小さな聖堂を壊していく。それを何回か繰り返して行くうちに、音の響がなくなってしまった。「さて、どうしたものか?」となっていたところ、あちらこちらの教会から、歌われている和音が聴こえてきた。「これだ!」と、〝ポリフォニー〟と言われる和音の世界とそれを記録に残す譜面の記譜法が急速に発展していったそうです。これは教会としての財産ではなく、音楽の世界でも財産として残っている、貴重なものなのです。

■Ryntenインプレッション
今週は、ボクがオススメしたいライヴ・テイクで聴く名曲たち第7弾『Joni Mitchell』
#0:Big Yellow Taxi
#1: Circle Game
#2: Both Sides Now
#3: Woodstock

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナルで「Living Naturally」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenライブ
●ソロライブ
・6月15日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 18:00スタート 3,500(ドリンク別)TEL 03-3262-4675
https://www.caferijn.com

・7月6日(土)福岡朝倉「音茶バースデーライブ」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1 ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・7月20日(土)静岡浜松「なんでモール」
 19:00スタート 料金:3,000円(要1ドリンクオーダー)
 (問)同 TEL053-474-8889
http://www.nandemall.com

・7月21日(日)福山「とおり町交流館」
 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)
 学割1,000円引きます。要学生証提示(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 084-926-5966
https://www.bar-caboulot.com

・8月2日(金)東京「バックインタウン」
 開演19:30 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

◆中国公演
5月24日(金)大連、5月25日(土)瀋陽、5月26日(日)北京、5月29日(水)ギターセミナー@北京、5月31日(金)鄭州、
6月01日(土)西安、6月02日(日)成都、6月04日(水)貴陽、6月07日(金)昆明、6月08日(土)海口、6月09日(日)上海

◆北海道ツァー2019~春
・6月19日(水)増毛「うしだ屋」
 18:30スタート 料金3,000円(要別途1ドリンク)
 (問)同 TEL 0164‐56‐1814

・6月21日(金)札幌「安楽寺2F本堂」
 18:00スタート(O.A.あり)料金1,500円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 011-891-2903

・6月22日(土)赤平「ふくろう〜お座敷ライブ〜」
 18:30スタート 料金 3,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0125-32-3329

・7月15日(祝月)幕別「百年記念ホール内講堂」

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより3月14日発売されました。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #554 インプレッション ライブテイク特集『Carol King』

〝大型連休〟も終わりました。そして〝年号〟も変わりました。季節の移り変わり、時代の移り変わりを例年以上に実感する今年の5月です。いかがお過ごしでしょうか?

いつになく長い連休でしたので、「「立ち直るのに…」あるいは「職場復帰に…」時間がかかっています」という方もいらっしゃるかもしれません。〝平成〟に変わった時と同様、意外に早く新年号が定着していくだろう、という実感があります。

お便りをご紹介します。
・宮城の中年ライダーさんから『やっとライダーのシーズン到来です。今年は久しぶりに鈴鹿の8時間耐久レースを観に行く計画をしています。その際に滋賀の〝やまなみ工房〟(昨年、押尾くんとのライブでお邪魔した工房ですね。)や四日市〝ガリバー〟(僕が年2 回お世話になっているお店です)にも立ち寄りたいと思っています。早く来い来いお正月、ならぬ、夏休み。』
・Rynten『やはり陽気が良くなると、人間も陽気になって行くような気がします。旅をされていても番組を聴いてやって下さいね。』

・TAKさんから〝リンテンインプレッション〟で特集している「ライブテイクで聴く曲たち」に対するコメントです。『高校時代からライブ盤を好んで聴いていました。FMのスタジオライブも好きでした。そんな中で、カフェのBGMで20代くらいの女性ボーカルとアコギ1本の素晴らしい曲がありました。難しい事は演っていませんでしたが、聴き入ってしまいました。』
・Rynten『もし、間に合えば、siriで聞いてみて下さい。それで僕も曲を探ったことがあります。お便り、有難うございました。』

■Ryntenインプレッション
今週は、ボクがオススメしたいライヴ・テイクで聴く名曲たち第6弾『Carol King』
#0:Will You Love Me Tomorrow?
#1: You’ve Got A Friend
#2: It’s Too Late
#3 (You Make Me Feel Like)A Natural Woman

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナルで「Living Naturally」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【ガリバー@三重四日市】
ゴールデンウイークツアー後半は四日市〝ガリバー〟から。

入り口の〝ツバメの巣〟、今年もツバメは来ていませんでした。。。

ガリバーの中扉

ゲストの〝竹内いちろ〟くんとのセッションはいつも楽しみです。毎回、リハーサル前に「何演る?」と決めています(苦笑)。

アンコールでのリクエストタイムには、結構声がかかってました。嬉しいですね。
今回も、お客さんに盛り上げてもらいました〜。有難うございました!

終演後の恒例の宴会!これもまた楽し。しかしながら、ガリバーから四日市に戻り、ホテルに荷物を置いてから乾杯!ですから、あっという間に真夜中になります。まあ、これも仕方なし、ですよね。

今回、ガリバーのマスターやママと写真を撮れなかったので、次回は必ず。楽しかった〜!

【もぐらガーデン@広島】
ここでライブをやらせて頂くのは、今回で2 回目です。
お天気にも恵まれ、気持ちいいほどの青空!

市内から少し離れているにも関わらず、岡山から来られた方や、また、フォーク村の先輩も来てくれたり、久しぶりにお会いする面々も。

終演後は、〝お好み焼きジュゲム〟で乾杯。やっぱり広島と言えばお好み焼き、です。

【ギターワークショップ@広島ジュゲム】
広島で初めてのワークショップを開催して頂きました。お客さんが少なかったのは残念でしたが、来てくれた皆さんには感謝!です。
終了後は、残った人で、和気藹々と。

この後、主催してくれたジュゲムのオーナーでもあり、広島の繁華街のアイドル〝ルーシー〟(日本人です)に、「安くてうまい!」という評判の焼肉に連れて行ってもらいました。その時に乗ったタクシー。なんと、カープタクシーでした。記念写真を撮ったのはいうまでもありません。でも、何故か?運転手さんも写ってる。。。(笑)

僕らが広島入りした時、日本三大祭りの一つでもある「フラワーフェスティバル」の真っ只中。人は凄いは車は遠回りになるわ、で結構大変でしたが。残念ながら、見物する時間もなく横目で見ながら通り過ぎました。

PAの〝笹田さん〟、2日間有難うございました!

ゴールデンウイークツアーも終了。各地でお世話になりました皆さん、有難うございました。感謝!

■Ryntenライブ
●ソロライブ
・6月15日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 18:00スタート 3,500(ドリンク別)TEL 03-3262-4675

・7月6日(土)福岡朝倉「音茶」
・7月20日(土)静岡浜松「なんでモール」
・7月21日(日)福山「とおり町交流館」
・8月2日(金)東京「バックインタウン」

◆中国公演
5月24日(金)大連、5月25日(土)瀋陽、5月26日(日)北京、5月29日(水)ギターセミナー@北京、5月31日(金)鄭州、
6月01日(土)西安、6月02日(日)成都、6月04日(水)貴陽、6月07日(金)昆明、6月08日(土)海口、6月09日(日)上海

◆北海道ツァー2019~春
・6月19日(水)増毛「うしだ屋」
・6月21日(金)札幌「安楽寺2F本堂」
・6月22日(土)赤平
・7月15日(祝月)幕別「百年記念ホール内研修室」

●イベント出演
 東京ハンドクラフトフェス2019@すみだ産業会館サンライズホール
 日程:5月18日(土)&19日(日)
 岡崎倫典は18日(土)17:20~18:00
 料金:一日券1,300円2日間通し券2,000円 いずれも税込
https://handcraftguitar.jp

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより3月14日発売されました。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #553 インプレッション ライブテイク特集『Crosby, Stills, Nash & Young』#2

倫典さんのサイン入りギター教則本「フィンガースタイル・ギターの全知識」を5名様にプレゼントいたします。詳しくは、こちらからどうぞ!
***********************************
まだまだ〝ゴールデンウイーク〟が続いている方、(O.A.日程の違いで)地域によっては、仕事へ復帰されている方もいらっしゃると思います。復帰もままならないかもしれませんね。ご機嫌如何でしょうか?

つい先日のこと。東京のとあるファミリーレストランに入りました。向かい側のテーブルには男のお子さん2人とお母さんの3人が座っていました。子供達は小学生と中学生くらいでしょうか。二人ともスマホを手にし、目線が全くスマホから離れず、家族同士が目を合わせる事も無く、当然ながら会話も無く…です。まあ、僕もトイレに行ったりし中座はしたこともありましたが、少なくとも僕が見ていた限りでは、子供達が口を開く事もスマホから目線を外す事も一切ありませんでし、お母さんは(後ろ姿)寝ていたのか?何か作業をしているか?は分かりませんが、背中が微動だに動きませんでした。確かに子供に食べさせるのは、親のつとめかもしれませんが「寂しい家族だな」と思いましたが、それよりも「日本の将来はどうなっていくんだろうか?」と、そこに不安を感じずにはいられませんでした。しかし、逆に、家族で食事に行けない家族もいるのではないか?家族で一緒に来るだけでいいじゃないか?とも。いい意味に捉えた方がいいのか?悪い意味に捉えた方がいいのか?複雑でしたが、将来への不安というのは隠せません。皆さんの周りでそんな光景は?

さて、先週もお知らせした僕の新しい出版物『フィンガースタイルギターの全知識』を5名様にプレゼントさせて頂きます。どしどしご応募下さい。

■Ryntenインプレッション
今週は、ボクがオススメしたいライヴ・テイクで聴く名曲たち第5弾『Crosby, Stills, Nash & Young』Part 2
#0:Ohio
#1: Immigration Man
#2: Change Partners
#3: The Lee Shore

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナルで「Living Naturally」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【Dolphy@宮崎高鍋】
〝高鍋〟は、いつ訪れてものんびりとした空気感のある街。
僕は、この空気感がたまらなく好きです。
一年ぶりの〝ドルフィー〟。変わらないこの佇まいもホッとします。

ゴールデンウイーク初日だというのに、たくさんの方々が来てくれました。有難い事です!今年は三線奏者の〝税田さん〟を予告もなく、本人も知らず…突然呼び込んで一緒に〝花〟を演奏しました~。ご本には「えっ?!」と目が点になってましたが。三線っていいですね。写真を撮ってもらったのですが、ボケボケで…(涙)。

今年の打ち上げは、スタッフの方々が持ち込んでくれた鉄板で〝お好み焼き〟。
美味しかった!そして〝宮崎牛〟も???

宴もたけなわの頃「今年はマスターの〝キャベツ畑〟はないの?」の質問。それに応えて「じゃあ、サックスで。」と。マスターはサックス奏者なんです!

今年も楽しい高鍋でした!最後に残ったメンバーで。

今年もお世話になりました。楽しかった!

【音茶@福岡朝倉】

3ケ月ぶりの〝音茶〟です。全国津々浦々で一番ライブを演らせてもらっているお店です。有難い事です。しかしながら、雨。。。僕とオーナーの〝羽野さん〟は雨男。強力です(笑)。
そう考えてみれば、音茶のライブって雨が多い気がするなあ…。

今回のオープニングは、教師でもある〝櫻井憲一郎さん〟のみ。せっかくなのでジョイントで〝500マイル離れて〟。

そして打ち上げは、いつもの如くママの手料理で乾杯。どれも食べても美味しい。いつも一人で作ってくれます。すごい!料理も平らげ、宴もそろそろ…という時の一枚。

マスコット犬〝かんたろー〟も元気いっぱい、ですが写真がボケてしまった。。。(涙)でも、マスコットのニャンコの〝にゃー〟は綺麗に撮れた~!

この頃のにゃーは出産間近で、お腹がパンパンでした。僕らが朝倉を離れて間も無く出産。3匹の仔猫を産んだそうです。仔猫たちに会いたいですね。

翌日、羽野さんの車で大分へ移動。途中、湯布院あたりがすごい霧。目の前が全く見えない危険な状況でした。

大分到着後、ランチ。その足で羽野さんは朝倉に戻りました。お忙しい中、有難うございました。感謝!

【エフサウンドカフェ@大分】
懐かしの〝エフ〟です。

今年もたくさんの人たちが駆けつけてくれました!遠くは岡山からも(涙)。
今回のゲストはおなじみの〝ミカちゃん〟こと〝三ケ尻聖一さん〟。実は、ミカちゃん、大分在住なんです。

そして、僕のオリジナル〝Thanks My
Dear〟に歌詞をつけて歌ってくれている〝池田聡さん〟のカバーで〝Thanks My
Dear〟を、僕のギターで歌ってくれました。

打ち上げ!何やら力説している僕(苦笑)。

ちょっとしたミカちゃんの変装?(笑)

翌日、奈良へ向かうべく…ミカちゃんの運転で大分空港へ。空港でみんなでランチ後、僕は旅立ちました。ミカちゃん、ありがとね~。

追記。
僕らが保安検査場を通過した頃、なぜかミカちゃんから見送りの写真が…僕はまだ飛んでない!(笑)

【ビバリーヒルズ@奈良】
恒例の5月ライブです。今回は初めてご一緒する若手の期待の星〝伍々慧くん〟がゲスト。昨年、北京でお会いして以来の再会。
ゴールデンウイークの真っ只中にも関わらず、たくさんのお客さんが来てくれました。遠くは東京からも(涙)。有難う~!

セッションもありました。楽しかったですねえ。さすがは伍々くん!でした。

打ち上げはいつもの〝竹の館〟で乾杯!
帰り際に記念撮影。〝WAVER〟の〝本間さん〟と大阪から〝サウンドステーション〟の〝喜多さん〟も。ビバリーのオーナー〝坂口さん〟の息子の〝ゆうとくん〟。遅くまで有難う~。彼もまた、ギターを弾きます。今度、また、聴かせてね。

■Ryntenライブ
・5月5日(日)広島「もぐらガーデン」
 15:00スタート 前3,500円 当4,000円(要ドリンクオーダー)
 (問)Music Bar Jugemu TEL 090-2005-8024

・5月6日(祝月)広島「Jugemu(ジュゲム)」ギターワークショップ
 14:30スタート 料金4,000円(要ドリンクオーダー)
(問)Music Bar Jugemu TEL 090-2005-8024

・6月15日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 18:00スタート 3,500(ドリンク別)TEL 03-3262-4675

・7月6日(土)福岡朝倉「音茶」
・7月20日(土)静岡浜松「なんでモール」
・7月21日(日)福山「とおり町交流館」

◆中国公演
5月24日(金)大連、5月25日(土)瀋陽、5月26日(日)北京、5月29日(水)ギターセミナー@北京、5月31日(金)鄭州、
6月01日(土)西安、6月02日(日)成都、6月04日(水)貴陽、6月07日(金)昆明、6月08日(土)海口、6月09日(日)上海

◆北海道ツァー2019~春
 6月19日(水)増毛、6月21日(金)札幌、6月22日(土)赤平、7月15日(祝月)幕別

●イベント出演
 東京ハンドクラフトフェス2019@すみだ産業会館サンライズホール
 日程:5月18日(土)&19日(日)
 岡崎倫典は18日(土)17:20~18:00
 料金:一日券1,300円2日間通し券2,000円 いずれも税込
https://handcraftguitar.jp

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより3月14日発売されました。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #552 インプレッション ライブテイク特集『Crosby, Stills, Nash & Young』#1

倫典さんのサイン入りギター教則本「フィンガースタイル・ギターの全知識」を5名様にプレゼントいたします。詳しくは、こちらからどうぞ!
***************************************

さあ、〝大型連休〟〝ゴールデンウイーク〟が始まりました!このOAは、地域によっては〝平成〟だったり、そして地域によっては〝令和〟に入ってから、だったりします。2つの元号にまたがっての放送となります。如何お過ごしでしょうか?

昔から大型連休やゴールデンウイークと呼ばれていたのでしょうが、僕らの仕事柄、こんなローテーションの中で生きていますと、連休どころか「今日は休みなのか?」「何曜日なのか?」すら分からなくなってきます。例えば、高速道路の混み具合を見たり、テレビから流れるニュースなど耳にしたりすると「連休だ!」と気づいたりする訳です。また、曜日だけでなく「今日は何日だったっけ?」なども少なからず、です。みなさんは、如何でしょうか?さて、3月に発売された僕の新しい出版物、300ページに届くほどの分厚い「フィンガースタイルギターの全知識」を5名の方にプレゼントします。なかなかの重量ですが、「字が大きくて読みやすい!」とご好評をいただいています。詳しくは、番組blogをご覧いただければ、と思います。お待ちしております。

■Ryntenインプレッション
今週は、ボクがオススメしたいライヴ・テイクで聴く名曲たち第4弾『Crosby, Stills, Nash & Young』Part 1
#0:Our House
#1: Guinevere
#2: Old Man
#3: Suite:Judy Blue Eyes

■Key Of R
今週最後は、一青窈さんの「ハナミズキ」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【広島フォーク村東京村民会】
先輩方々と一緒に、集まりがありました。今回は、広島では有名な、新橋にあるお好み焼き〝みっちゃん〟で開催。僕は、このお店のお好み焼きが大好きで、広島に戻ればかなりの頻度で暖簾をくぐります。
東京に店舗があるとは知りませんでした。
美味しかった~!

■Ryntenライブ
●ソロライブ
・4月27日(土)宮崎高鍋「Dolphy」
 19:30スタート 前2,000円 当3,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0983-22-0784 または 永友 TEL 090-1165-6752

・4月29日(祝月)福岡朝倉「音茶」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・4月30日(祝火)大分「エフサウンドカフェ」ゲスト:三ケ尻聖一
 19:00スタート 料金3,000円(ドリンク別)
 TEL097-551-5380

・5月2日(祝木)奈良「ビバリーヒルズ」ゲスト:伍々慧
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク+1フード=1,000円別途)
(問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・5月3日(祝金)三重四日市「ガリバー」ゲスト:竹内いちろ
 19:00スタート 前3,000円 当3,500円(オーダー別)
 (問) TEL 059-346-7321
http://www.galliver.gr.jp

・5月5日(日)広島「もぐらガーデン」
 15:00スタート 前3,500円 当4,000円(要ドリンクオーダー)
 (問)Music Bar Jugemu TEL 090-2005-8024

・5月6日(祝月)広島「Jugemu(ジュゲム)」ギターワークショップ
 14:30スタート 料金4,000円(要ドリンクオーダー)
(問)Music Bar Jugemu TEL 090-2005-8024

・6月15日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 18:00スタート 3,500(ドリンク別)TEL 03-3262-4675

◆中国公演
5月24日(金)大連、5月25日(土)瀋陽、5月26日(日)北京、5月29日(水)ギターセミナー@北京、5月31日(金)鄭州、
6月01日(土)西安、6月02日(日)成都、6月04日(水)貴陽、6月07日(金)昆明、6月08日(土)海口、6月09日(日)上海

◆北海道ツァー2019~春
 6月19日(水)増毛、6月21日(金)札幌、6月22日(土)赤平、7月15日(祝月)幕別

●イベント出演
 東京ハンドクラフトフェス2019@すみだ産業会館サンライズホール
 日程:5月18日(土)&19日(日)
 岡崎倫典は18日(土)17:20~18:00
 料金:一日券1,300円2日間通し券2,000円 いずれも税込
https://handcraftguitar.jp

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより3月14日発売されました。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenゲスト #551 押尾コータローさん 後半

すっかり暖かくなりました。あの厳しかった冬はどこへ?桜前線は今、どの辺りを北上中なのでしょうか?いかがお過ごしでしょうか?

少し前の話にないりますが、僕の誕生日 3月21日に桜の開花宣言がありました。それからしばらく美しい桜が咲き乱れてましたね。

東京の一口坂という場所があります。そこから東の方向にある、靖国通りという通りにかなり長い桜のトンネルがあり、そのトンネルの前後にハナミズキの木があります。
そこを走っていたら、桜の方は葉桜になっていましたが、ハナミズキが咲いていたんです。つまり、同時に眺める事が出来た訳です。少しずれて開花する植物が同時に見れるというのは他の国でもあるのでしょう。
日本も、特に春は「いい季節だな。」と思います。

ハナミズキも桜前線の後を追う様に北上して行きます。色々なところで、そんな風景が眺められるのではないか、と思っています。

お便りを頂いています。
・おなじみ〝TAKさん〟から。以前、〝ライブテイクで聴く〟という《リンテンインプレッション》での〝イーグルス〟特集に対してのコメントです。
T『〝グレンフライ〟の息子さんを入れてライブをやっているみたいです。メンバーが元気にステージに立たなければツアーは続きません。そのエネルギーはどこから来るのか?イーグルスはソロの作品も秀逸な曲が多くあるので、また特集して下さい。』
R『ぜひ、特集してみたいと思います。』

・宮城の中年ライダーさんからも頂いています。
宮『 ipodが昨年水没して使用出来なくなりました。』
R『大丈夫ですか?腰痛もあったそうですが、暖かくなってきたので善くなってくるいいですね。ツーリングも楽しいかと思います。』

■Ryntenゲスト《押尾コータローさん
今週も先週に引き続き《押尾コータローさん》にお越し頂きました。今年 2月にリリースした新しいアルバム《Encounter》から《FLOWER》を聴きながらスタートしました。

向かいあって座る〝押尾くん〟は、ギターを抱え、しかも流れている曲に合わせて弾いてます。「ギターが好きなんだな。」と言ったら「倫典さんと向かい合ってると、まるで生徒のようですね。」と笑ってました。
ギター好き、と言えば、以前出演してくれた〝木村大くん〟もずっとギターを抱えてましたねえ。

ギター好きに一つ質問を。
倫『ギターを弾くたくない、って思う時ない?』
押『メチャクチャギターの上手い人を見た時にあるかも。でもそんなにない。』

倫『ギターを弾かない人には分かりにくいと思いますが、押尾はDタイプのギターを持ってます。でも小さく見える。』
押『ウクレレに見えます?』
二人で(爆)

押『逆に女性が持っていると可愛いです。イルカさんはDタイプのギターを持ってる。「女だからと言って小さいギターを持ちたくない」と。〝なごり雪〟もFコードを押さえるのに 5カポで弾けばいいのに…男気のある方です。』
倫『見てくれと逆に芯が強い。』

このアルバムの中で、韓国のギターリスト《パクさん》に書いた曲《 Harmonia》を聴きましたが、もう1 曲韓国にまつわる曲があります。韓国では有名な〝 梁 邦彦さん〟という方と一緒に平昌オリンピックの応援CDを創りました。

押『ラジオ番組で紹介して頂きました。あちらでは〝ヤン・バーウオンさん〟という名前で、映画・ドラマ・ゲームやオーケストラの音楽も書かれていて、とてもプログレッシブな幅のある広い活動されています。「押尾くんに〝アリラン〟を一緒に変奏曲で演って欲しい。」と言われ「あ、知ってます!」と(アーリランを歌う)歌ったのですが「それじゃないんだよね。」と。』
倫『たくさんあるよね。』
押『〝ジョンソンアリラン〟と言われ「誰それ?」って聞いたら〝ジョンソン〟という街だった。韓国語で〝チョンソン〟と読むそうです。』

その街に伝わるアリランなんですね。

押『メロディーがマイナーで日本人は知らないと思った。』
倫『多分、聴いた事ない人がほとんどじゃないかな。』
押『歌詞は同じだけど、8分の12拍子、4分の3拍子で創ってる。変なアレンジだと怒られるかな、と梁さんのアレンジを聴いてみました。梁さんはたくさんのアレンジをされていて、韓国の若いロックバンド(ここでロック調で歌う)にかっこいいアレンジしたり、かと思えば北島三郎さん的な大御所にも、アイドル歌手がピップホップ調でコンピューターサウンドで歌っている様なアレンジもあって「面白い!」と同時に「こんなに沢山アレンジがあるのか?!」と。じゃあ「僕が出来るのは何かな?」と考えて「ギター小僧が絶対に弾きたくなる様な、アリランに興味を持ってくれる様なアレンジにしよう。」とチューニングを変えてギターをバーンと叩く奏法にしました。』
倫『押尾が弾いたらどうなる?』

ここで 今日の1曲目はその楽曲《久音 -KUON- feat. 梁 邦彦 〜ジョンソンアリラン変奏曲〜》

倫『通して聴くと毛色が違う。』
押『マイナーな曲だったので、変奏曲という事でメジャーキーに転調する部分を足しました。』
倫『演奏自体もアレンジ部分も押尾節。』
押『そこまで言って頂けると嬉しい。』
倫『いろんな音楽を聴き、いろんな楽器を手がけたその集大成。糧になっているしその積み重ねを感じる。』

ここでアルバム〝Encounter〟のジャケットを改めて眺めてみました。

押『いい男でしょ?』
倫『写真写りいいな。』
二人で(爆)
倫『どのページをめくってもご本人の写真。僕はジャケットに写真を載せるまで何十年もかかった(笑)。デビュー当時から美少年に美青年だったし、いい歳の取り方をしていな、と思う。これは、カメラマンの腕だけではないと思う。』

今回のツアーについて。

倫『今回のステージは、新しいものづくめですね?』
押『これまでは、昔の曲を多めに新しい曲をちょっと、とずっーとやってきた。でも今回は頑張って全曲新曲でやろう!と思って。』
倫『大変でしょう?』
押『止めればよかった。(笑)』
倫『今は、ツアーも半分以上終わり、楽になったと思うけど。』
押『ドキドキでした。持ち駒がない状態。ウオーミングアップ的に得意な曲を演りたいじゃないですか。でも全く無くて「はい、どうぞ」的な。お客さんも「初日だし。」と同情的な空気もあったけど。』

全て新曲、という事になるとファンとしては「あの曲を聴きたかったのに。」という意見もありますよね。

倫『初めて来るお客さんもいるよね?』
押『いつも来てくれる人ならいいけど、たまたまライブがあるから、と来た人もいるから「今日はメリークリスマス演りません」って言うと「えーっ、演らないの?!」って言われる。』
倫『その辺は演歌系の歌手の人って構成がうまいな、って思う。』
押『演歌系の人って、昔の曲のメドレーやるんですよね。』
倫『ワンコーラスづつ出来る。』

僕らギターインストのメドレーはどうでしょう?

押『チューニングの関係上不可能に近いものがあって、似た様なチューニングでメドレーは可能だけど、そうなるとコーナーの曲調が似てきてしまう。。じゃあ、ギターを取り替えたら…もあるけど、取り替えてる間が空いてしまう。』
倫『なので、そこで一度終わらなければならない』
押『一度、ルーパー(音を回して繋げていく機材)を考えた。ループで音を回しながらギターをチェンジする(笑)。インストの世界でも活かされないかな、と考えた。でもなんだかなあ?って。』
倫『見え見え。〝エド・シーラン〟も使ってる。』
押『スイッチを踏む時と離すタイミングが怖い(笑)「あー、間違えた」となったら、足元に気を取られて演奏に集中出来なくなる。だから「やめよう!」と思った。』
倫『やめましょう!』

最後に、嬉しい時に流す涙、という意味の《teardrop》を聴いてお別れです。

収録を終えて。
彼と初めて出会ってから30数年になります。そんな彼が、第一線でバリバリ活躍しているのは、とても嬉しい。ラジオ収録中もギターを手放さない、流れている自分の曲に合わせて弾いてるギター少年は永久不滅!嬉しい限りです。元気にやっていって頂ければ、と思います。

押尾くん、ツアー、頑張ってください!
また遊びに来てね〜。

【押尾コータローENCOUNTER ツアー】
・4月27日(土)京都「ロームシアター京都サウスホール」
・5月12日(日)兵庫「神戸文化ホール中ホール」
・5月18日(土)神奈川「横浜関内ホール大ホール」
http://www.kotaro-oshio.com

■Ryntenダイアリ
【百年邑@大阪河内長野】
例年だと1月か2月のライブでしたが、昨年から春に変更してもらいました。理由は…「寒いから」です(笑)。マスターが快く変更希望に応じてくれました。ありがとう〜!

ライブ曜日も一昨年からかな、日曜日開催となりました。早い時間にスタートすれば、お客さんが早めに帰れるんですね。最近、日曜日開催のお店が増えている気がします。
明るい時間にリハーサルを終えて、明るい時間に開場します。もちろん、終演時間には暗くなってますが…。僕としては、早く終われば早くビールが呑める!ということになりましょうか(笑)。

この日は、雨がしとしとと。桜は葉桜、ハナミズキは芽が出始めてました。綺麗でしたね。

ライブには今年もたくさんの人たちが来てくれました。ありがたい事です。

百年邑のママは店内に生け花を飾っています。今日はこれ!綺麗ですね。

控え室に使わせてもらっている、リビング。愛犬ソラもいます。

終演後は、マスター手作りの定食をいただきました〜。うまい!

食後、お店のスタッフの女性が歌を披露してくれました。伴奏はギター教室の先生でもある、マスター!歌は良かったんですけどねえ、マスターのコーラスが…(笑)。あっ、伴奏のギターは良かったですよ〜。

帰り際、お店スタッフと記念撮影。

今回で、僕のステージは16回目だそうな。お店は来年で20周年との事。「もうそんなになるのか?!」とびっくり!ずーと呼んで頂けて本当に有難いです。
感謝!

【いろは亭@長野飯田市】

飯田は寒いだろうなあ、と服を多めに詰め込んで伺ったわけですが、この日の東京の気温は17度だというのに、飯田はなんと!20度。びっくりでした。まあ、当然ながら夜は冷え込みましたが。
公園の桜が風に飛ばされ、まさしく〝桜吹雪〟。感動でした。

ライブには今年も遠方からも、たくさんの人たちが来てくれました。本当に嬉しいです。

終演後の懇親会にも大勢の人たちが参加。盛り上がりましたねえ。みんなで豚しゃぶを囲んでワイワイと。シメは、いろは亭名物のラーメン。だしが効いててうまい!お近くに行かれた時にはぜひご賞味あれ。オススメです。

そしてリハーサル終わりで来てくれた、PA田中さんのご家族と記念撮影。お子さん達もすくすくと育ってました〜。向かって僕の左側にいるのが、田中さんのお姉さんでもあり、お店のママさんの〝和子さん〟。

ところで、前日入りした僕らは、夜、ひょっこりといろは亭へ。大歓迎してくれのはいうまでもありません。ご馳走になった〝南信州牛〟の焼肉は絶品でした〜。ちょっと食べ過ぎたかな(苦笑)。

飯田は春でしたが、そびえ立つアルプルの山々には、まだまだ雪が。

今回も大変お世話になりました。感謝!

【今日の霊峰富士】
青空に雪をかぶった富士。綺麗でした!

【とあるパーティーでの演奏@横浜】
パーカッションの〝ながはら元〟さんにお手伝い頂き、20分ほどのステージを演奏して来ました。とても立派な会でした。パーティー会場となったビルの真正面には豪華客船が。。。でかい!!!

茶色のビルの向こうにそびえ立つ、大きな白いビルのようなものが客船〝ダイヤモンドプリンセス〟。イギリスの船です。けっこう離れたところからもよく見えました〜。船マニアの僕としては、ワクワクでライブどころじゃない、と(笑)。
正面の茶色いビルが邪魔だったけど…(すみません)。
この船のスケジュールを調べたら、夕方5時に出向との事。5時前にリハーサルを終えた僕らは主催者のみなさんと、窓越しにダイアモンドプリンセスを見送りました〜(笑)。

写真はパーティー前のリハーサルで。

開催者みなさんには、大変お世話になりました。有難うございました。

■Ryntenライブ
●ソロライブ
・4月27日(土)宮崎高鍋「Dolphy」
 19:30スタート 前2,000円 当3,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0983-22-0784 または 永友 TEL 090-1165-6752
 
・4月29日(祝月)福岡朝倉「音茶」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・4月30日(祝火)大分「エフサウンドカフェ」ゲスト:三ケ尻聖一
 19:00スタート 料金3,000円(ドリンク別)
 TEL097-551-5380

・5月2日(祝木)奈良「ビバリーヒルズ」ゲスト:伍々慧
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク+1フード=1,000円別途)
(問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・5月3日(祝金)三重四日市「ガリバー」ゲスト:竹内いちろ
 19:00スタート 前3,000円 当3,500円(オーダー別)
 (問) TEL 059-346-7321
http://www.galliver.gr.jp

・5月5日(日)広島「もぐらガーデン」
 15:00スタート 前3,500円 当4,000円(要ドリンクオーダー)
 (問)Music Bar Jugemu TEL 090-2005-8024

・5月6日(祝月)広島「Jugemu(ジュゲム)」ギターワークショップ
 14:30スタート 料金4,000円(要ドリンクオーダー)
(問)Music Bar Jugemu TEL 090-2005-8024

・6月15日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 18:00スタート 3,500(ドリンク別)TEL 03-3262-4675

◆中国公演
 5月24日(金)大連を皮切りに、6月9日上海まで10ヶ所のライブとギターレッスンも開催されます。

◆北海道ツァー2019〜春
 6月19日(水)増毛、6月21日(金)札幌、6月22日(土)赤平、7月15日(祝月)幕別

●イベント出演
 東京ハンドクラフトフェス2019@すみだ産業会館サンライズホール
 日程:5月18日(土)&19日(日)
 岡崎倫典は18日(土)17:20〜18:00
 料金:一日券1,300円2日間通し券2,000円 いずれも税込
https://handcraftguitar.jp

●お知らせ
岡崎倫典が書き下ろした初のギター教則本『フィンガースタイル・ギターの全知識』がリットーミュージックより3月14日発売されました。3,000円+税 全288ページ 模範演奏CD付、奏法解説動画もアップされます。
奏法解説専用チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCo1G2T06guXBHDODNzYJSDg

詳細はこちら

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』