Home

岡崎倫典の Acoustic Wind

Ryntenバイエル #400 “All of Me を弾こう 10”

花の移り変わりがかまびすしい昨今です。桜前線はとうに北に抜けて行きハナミズキも終わり、間も無く東京も〝梅雨〟〝あじさい〟の季節を迎えようとしています。
aw160528

今回、この《アコースティックウインド》は〝400回〟を迎えさせて頂きました。有難うございます!400回…ほぼ8年です。この《アコースティックウインド》になる前は、同じ布陣で《ハートフルワールド》という番組をやらせて頂いてました。そこから数えますと10年近く、という事になります。もちろん、聴視者のみなさんに感謝!合わせて《中央FM》スタッフの方々、支えてくれている色々な方々にこの場を借りてですが、御礼申し上げさせて頂きます。
『有難うございます!これからも宜しくお願いします!』

早速ですが、おたよりをご紹介します。
・KMさんから以前、《インプレッション》コーナーの中で質問を頂きそれに対しての答えを放送させてもらったんですが、それが〝All of Me〟解説の最中という事で『All of Meの続きを楽しみにされていた方に申し訳ないです。』というコメントを頂きました。
・そのコメントへのおたより、TAKさんから『気分転換のワンポイントアドアイスみたいな回があってもいいですよ。私も質問考えておこう、っと』という事です。
ー暗に「大丈夫ですよ」と伝えられているかと思います。嬉しいやりとりですね。これからも合わせて宜しくお願いします。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の10回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「花田植」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【東京ハンドクラフトFES.@東京錦糸町】
昨年に引き続き、今年も《SUMI工房Presents》で演奏させて頂きました。
1

演奏する少し前に会場を徘徊。〝SUMI〟さんのところにもお邪魔し、新しいギターを弾かせてもらいました。やっぱりいい音ですね。
2

出展者には、久しぶりにお会いする面々も。
3

僕のステージは一番最後。終演後は即閉館。バタバタでした。でも、今回もたくさんの人たちが聴きに来てくれたのは、本当に嬉しかった。
で、楽しみの一つでもある〝宴会〟。“SUMIギター”の愛好者たちが集い…呑んだ〜(笑)。
4

【とある会社の新社屋施工パーティー@大阪】
友人が勤める会社の新しいビルが完成。世界各国からお客さんを招いてのお披露目パーティーに呼んで頂き、演奏してきました。イベントは朝からでしたが、僕の演奏は昼食後。みなさんはフルコースのお料理と日本酒やワインで、かなりいい雰囲気になってましたねえ。
海外、特にヨーロッパからの方々が熱心に耳を傾けてくださり「オリジナル曲の世界観がよかった」など声をかけてもらいました。感動でした。嬉しかった〜!
5

■Ryntenライブスケジュール
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」おなじみのバンドバージョンです。key平井宏・per土屋‘大魔王’祐介
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」
・6月26日(日)奈良「ビバリーヒルズ」スペシャルバンドバージョンでお届けします。key平井宏・per土屋‘大魔王’祐介・ゲスト松崎博彦
・7月16日( 土)静岡浜松「なんでモール」
・7月17日(日)広島福山「とおり町交流館」
・7月23日(土)福岡朝倉「音茶」
●北海道ツアー
・7月2日(土)旭川「ジャズ・そば放哉」
・7月3日(日)深川「ガーディー」
・7月5日(火)富良野「きつつき」
・7月7日(木)札幌「時計台ホール」
・7月9日(土)幕別「百年記念ホール講堂」
・7月10日(日)新冠「レ・コード館町内ホール」
■イベント出演
・7月24日(日)北海道札幌「「札幌 Gutar Festa.@サッポロファクトリーホール」

Ryntenバイエル #399 “All of Me を弾こう 9”

今年の夏はどのくらいあつくなるんだろうか?と思わせる程、気温はどんどん上昇しております。いかがお過ごしでしょうか?
aw160528
旅をする機会が多いです。飛行機に乗るチャンスもあります。乗る度に思うのが〝優先搭乗〟というもの。基本的には、“混雑を避ける為”という謳い文句がある様です。
まあ、“2才以下の子供連れの方”“妊娠中の方”、或いは“手助けの必要な方”というのは十分理解出来るんですけど、その後に続く“◯◯メンバー”…“ダイアモンド”“プレミアム”など色々ありますね。その方たちを先に搭乗させる、という事は“混雑”は二の次、なんでしょうか?
トイレが近いからなのか?ゆっくり眠りたいからなのか?その“◯◯メンバー”の方たちを見かけるのは、意外と通路側が多い。
それが“混雑を避ける為”の処置なのかどうか?首を傾げるところでもあります。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の9回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「Platonic Zone with Lotus ~ Platonic Tune with Prairie Rose」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【あるパーティーにて】
シンガーソングライターの《堀江淳》さんの〝35周年記念パーティー〟のご招待を頂きました。光栄なことです。僕の座ったテーブルは〝ミュージシャン〟組。
ある人が言ってました…『ここは一発屋テーブル』と(笑)。
僕はコメントのしようもなく…(苦笑)。
で、同じテーブルにはというと…元“古時計”のメンバーの方、元“VOICE”の面々、元”BUZZ”の“東郷さん”、“みのや雅彦さん”、“桑江知子さん”、”坂元昭二さん”、“日野美歌さん”、元”NSP”の“中村貴之さん”。。で、〝淳さん〟を囲んで、記念撮影。楽しかった~!
Party

【雑誌取材にて】
ギター雑誌の取材で“打田十紀夫さん”と“南澤大介さん”と3人の対談がありました。この雑誌は、既に発売されているか、間も無く、といったところでしょうか?
このお二人にお会いするのは〝フィンガーピッキングデイ〟以来です、が、コンテストが終わってそれほど間もない時でしたので、かなり盛り上がりましたねえ。
取材終了後、まだ、別件の取材が続く南澤くんを残し、打田くんと当然の事ながら一杯となりました。打田くんと呑むのは、数ヶ月ぶり。酒豪が二人揃った訳ですから、まあ~呑んだこと。。。(笑)。
Shuzai

■Ryntenライブスケジュール
●ソロライブ
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」
・6月26日(日)奈良「ビバリーヒルズ」スペシャルバンドバージョンでお届けします。key平井宏・per土屋‘大魔王’祐介・ゲスト松崎博彦
・7月16日( 土)静岡浜松「なんでモール」
・7月17日(日)広島福山「とおり町交流館」
・7月23日(土)福岡朝倉「音茶」
●北海道ツアー
・7月2日(土)旭川「ジャズ・そば放哉」
・7月3日(日)深川「ガーディー」
・7月5日(火)富良野「きつつき」
・7月7日(木)札幌「時計台ホール」
・7月9日(土)幕別「百年記念ホール講堂」
・7月10日(日)新冠「レ・コード館町内ホール」
■イベント出演
・7月24日(日)北海道札幌「「札幌GutarFesta.@サッポロファクトリーホール」

■Ryntenライブスケジュール
●イベント出演
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギターFes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ソロライブ
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」
・6月26日(日)奈良「ビバリーヒルズ」スペシャルバンドバージョンでお届けします。key平井宏・per土屋‘大魔王’祐介・ゲスト松崎博彦
●北海道ツアー
・7月2日(土)旭川「ジャズ・そば放哉」
・7月3日(日)深川「ガーディー」
・7月5日(火)富良野「きつつき」
・7月7日(木)札幌「時計台ホール」
・7月9日(土)幕別「百年記念ホール講堂」
・7月10日(日)新冠「レ・コード館町内ホール」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #398 “QA ハノンについて 2”

5月も半ばを過ぎようとしています。以前、新入生や新入社員の人たちに〝五月病〟というのを聞いた事があるんですが、最近はどうなんでしょうか?やはりそういった病気が出て来るのでしょうか?あったとしても、そろそろそこから抜け出そうとしている時期なのではないでしょうか?一度、ご当事者にお聞きしてみたい気もします。みなさん、如何お過ごしでしょうか?
aw160514

先日、面白い発言がありました『〝幸せ〟は携帯電話のアプリではない!』。
誰の発言か?…何と!〝ローマ法王〟です。えっ?“ローマ法王”が携帯やスマホ、或いはアプリとかの言葉を使うんだ?!
4月24日、“法王”はバチカン・サン・ピエトロ広場に集まった10万人ほどの若者たちに向けて『“幸せ”は携帯、スマホ、アプリではない。“持つ”ことが幸せ、と〝物質主義〟に陥らない様に。』と指摘。『「たくさんの金品を持ってさえいれば人生は素晴らしい。」という人を信用してはいけない。幸せに値段はなく売買は出来ない。』『“幸せ”は携帯でダウンロードするアプリではない。最新版を手に入れたところで、あなたが自由になり大人になる手助けをしてくれる訳ではない。』と語ったそうです。
何処の国も同じ様ですね。しかし、流石に“法王”が言うと説得力が違います。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、リスナーさんからのご質問「ハノンについて」2回めです。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ビリー・バンバンの曲「また君に恋してる」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【アピタイベント広場@三重名張】
初めてお邪魔しました名張。奈良から結構近いんですね。
雨が降りそうな気配もありましたが、何とか持ちました〜(笑)。
1

オープンニングには、時折この店舗で演奏しているというシンガーソングライターの“花垣某”さん。司会までやってました、素晴らしい。
で、帰り際に記念撮影。
2

2ステージでしたが、どちらもアンコールがかかり…用意していなかったので余計に嬉しかったですねえ。
休憩時間に現れた、名張のゆるキャラ“なばお”くん。サンショウウオなんだそうです。せっかくなのでツーショットを(笑)。
3

【ビバリーヒルズ@奈良】
恒例の春のソロライブです。今回は「初めて来ました。」という方も結構いましたし、ゴールデンウイークということもあっていろんな地域から来られたかたも。ありがたいですね。

この日、残念なのが…写真を撮るのを忘れてしまいました。。。(反省)

前日の話になりますが、ビバリーヒルズでは〝ワンマンオーケストラ〟で有名なドラマー〝神保彰〟さんのライブがあり、名張での仕事を終えから観に行ってきました。なんと3daysでした。すごい!
4

ドラムに興味のない人でも引き込まれてしまう程の素晴らしいパフォーマンスで、店内はすごい熱気でしたねえ。
チャンスがありましたらみなさんも是非!
今度、僕の番組にも来てもらわないと、ですね。
終演後にお話をしたんですが、一緒に写真を撮るのを忘れました…。

【J’Bar@広島】
ゴールデンウイークツアーの最終日は、僕の故郷、広島。
今回は地元で活動しているボーカリスト〝NOKO〟さんがゲストに駆けつけてくれました。彼女の歌声は素晴らしいです。根強いファンの方もいらっしゃいましたねえ。
5

盛り上がりすぎたせいか…酔っ払ってしまった方も。でもそれは僕らのステージがよかったから、ということで(笑)。いいお酒だったんですね、きっと。

広島と言えば〝カープ〟。スタッフの中にこんな上着を来ていた人が…。ちなみにこの〝のぼり鯉〟のジャケットは公式ではなく、趣味で作ったんだそうです。全て刺繍。すごい手の混みよう。。。
6

帰り際、残った人たちで記念撮影。
7

■Ryntenライブスケジュール
●イベント出演
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギターFes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ソロライブ
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」
・6月26日(日)奈良「ビバリーヒルズ」スペシャルバンドバージョンでお届けします。key平井宏・per土屋‘大魔王’祐介・ゲスト松崎博彦
●北海道ツアー
・7月2日(土)旭川「ジャズ・そば放哉」
・7月3日(日)深川「ガーディー」
・7月5日(火)富良野「きつつき」
・7月7日(木)札幌「時計台ホール」
・7月9日(土)幕別「百年記念ホール講堂」
・7月10日(日)新冠「レ・コード館町内ホール」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #397 “QA ハノンについて 1”

色鮮やかな様々な花が咲き乱れる季節になってまいりました。如何お過ごしでしょうか?
aw160507

録音でお届けしているので、ちょっと時間が経ってしまいましたが…先月半ば、〝熊本〟を中心にその近郊地域が大きな地震に見舞われました。その直後、4月の下旬、熊本には伺っておりませんが、福岡・宮崎・大分と周りました。
僕の回りの人たちには、報道で伝わってくる程の被害はありませんでしたが…それでも怖い思いをされ、震源地に近い所では、未だに不自由を強いられている方がたくさんいらっしゃいます。「頑張って下さい。」と言うより、日本という同じ国に生まれ「一緒に頑張りましょう!」とあえて言わせて頂きます。

おたよりも頂いております。
・お馴染みの宮城の中年ライダーさんから『高校の時〝宮城沖地震〟そして〝東日本大震災〟と大きな地震を二度経験しました。自分自身〝風呂に入れない〟〝電気・水道が使えない〟生活をリアルに思い出します。」
ー実際に体験された方の“言葉”というのは、とても説得力があります。
・TAKさんからも『九州被災地に行く訳ではありませんが、演奏で癒してあげて下さい。』
ー“自粛”という言葉も出てきたりしますが、以前東日本の被災地を訪れた時に「そういう事はせずに普段通りにして下さい。」と言われていた現地の方々の言葉を思い出します。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、リスナーさんからのご質問「ハノンについて」1回めです。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、坂本九さんの曲「上を向いて歩こう/SUKIYAKI」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【サウンドカフェ・エフ@大分】
毎年恒例の〝4月29日ライブ〟の大分サウンドカフェ・エフ。
Oita 1

今年は、熊本地方の地震の影響もあり「行けない」という方々もいらっしゃいましたが、列車が止まってるにも関わらず駆けつけてくれた方も…涙が出そうでした。
それに「こんな時期だから…」と大分まで送迎してくれた〝音茶〟のマスターやお馴染みの〝ミカちゃん〟ら、いつものメンバーが集ってくれたんです。感激もひとしおでした。
満席の中でのライブ…いらしてくださったみなさん、本当にありがとう~!
打ち上げ後、残ったメンバーで記念撮影。
Oita 2

【都雅都雅@京都】
大分空港から小型飛行機で大阪伊丹空港へ。そこからバスで京都入り。

一昨年10月に開催した、僕の還暦ライブ以来です。
久しぶりの京都でしたが、ゴールデンウイークのど真ん中につき、観光客で超ごった返してましたねえ。苦手な人混みをかき分け、何とか現場にたどり着き…(苦笑)。
日が悪いのか?お客さんはちょっと少なかったけど、拍手は相変わらず大きく長く 、熱かったですねえ。有難いです。
打ち上げは、いつもの〝ぴん〟。看板通り〝南海ファン〟の集うお店ですが、基本的に誰でもOKですから(笑)。
Kyoto 2

10年ほど前になるでしょうか?僕が初めてふらりと入り呑んでいたら、マスターから「お客さん、僕の好きなギターリストに似てますね。」と言われ、まあ、それは僕だったんですが(笑)。それ以来、お世話になってる〝ナウウエストワン〟社長の今西氏がいろんなアーティストの打ち上げで行ってるそうです。
で、3人で記念撮影。
Kyoto 3

【ガリバー@三重四日市】
この時期は燕の巣づくりから子育てまで、いろんなシーンが楽しみでもあります。
今年もお店のこの大きな柱には、卵があるんだとか…。頑張って巣立って欲しいですね。

ゲストにはお馴染みの四日市在住ギターリスト〝竹内いちろ〟君。当日リハーサルで急遽決まったセッション曲は、ハイファイセットの〝フィーリング〟。本番中、いちろ君も僕も迷路に入り込み、ぐるぐると回りながらお互いを探りつつ…「いつおわるんだろう」と(笑)。だからこそ楽しかった!
Galliver 1

お店のメニュー。マスターの似顔絵付き。
Galliver 2 Galliver 3

帰り際の記念撮影。このためにわざわざサングラスをかけたマスター。似顔絵によく似てますよね。ちなみに、この似顔絵は自分で描いているんだそうです。才能!?
Galliver 4

■Ryntenライブスケジュール
●イベント
・5月21日(土)「東京ハンドクラフトギター Fes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ソロライブ
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」
・6月26日(日)奈良「ビバリーヒルズ」スペシャルバンドバージョンでお届けします。key平井宏・per土屋‘大魔王’祐介・ゲスト松崎博彦
●北海道ツアー
・7月2日(土)旭川「ジャズ放哉」
・7月3日(日)深川「ガーディー」
・7月5日(火)富良野「きつつき」
・7月7日(木)札幌「時計台ホール」
・7月9日(土)幕別「百年記念ホール講堂」
・7月10日(日)新冠「レ・コード館町内ホール」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #396 “All of Me を弾こう 8”

〝季節〟のうつろいを一番伝えてくれるな、と感じるのは植物たちですね。いかがお過ごしでしょうか?
aw_160430

去る3月、〝北海道新幹線〟が開通しました。今、どれ程のお客さんが利用されているのか?というのは僕は把握しておりませんが…。
北海道内では〝在来線〟が軒並み減らされている、と耳にしました。しかも新幹線が開通している南部あたりだけでなく、ぐーんと離れた道東の〝釧路〟〝根室〟の〝花咲線〟など非常に深刻な問題になっている、という話があります。人々の足に影響が出てくるだけでなく、〝北方領土〟にも近い訳でそちらへの国民の意識、意志の繋がりにも影響が出てくるのではないか?という懸念が地元の方には出ている様です。
新しくなるにつれ、開通するにつれ便利になっていくはずの世の中が不便になっていく様に僕は感じてしょうがないです。
一部分は便利になったんでしょうが、トータルで考えていくと不便、と言うより人々から笑顔が消えていってる、そんな面もあるのではないか?と個人的に感じています。
みなさんはどうお感じになっているでしょうか?

おたよりをご紹介します。
・お馴染み〝TAKさん〟から『“午前3時のメリーゴーランド”“影丸と14匹の仔猫たち”など、倫典さんのアレンジも好きですが、タイトルがどれもいいな…日本語で英語を使わないところがいいです。頭の中のスクリーンにイメージが浮かぶところがいいです。』
ーもちろん、僕の曲のタイトルに英語や英語以外のオランダ語、ドイツ語を使ったものもありますが、日本語のタイトルもこれから大切にしていきたいです。ありがとう。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の8回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「Living Naturally/リビング・ナチュラリー」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

【Dolphy@宮崎高鍋】
この日の気温は26℃。宮崎空港に着いた途端汗が…でも、気持ち良かったなあ。
空港からの車窓。毎年、ここを通りすぎる度に手を合わせてます。
1

今年もたくさんの人たちが来てくれました。ライブも盛り上がりました~。
受付には、主催でもあるキャペツ農家の〝永友さん〟。取れたてのキャベツをお客さんに「早い者順です!」とふるまってました。なんて贅沢な…。近くに住んでたら貰って帰るんですけど、ツアーも始まったばかりだし、スーツケースには入らないので断念しました(笑)。
2

打ち上げも楽しかった。マスターから演奏が始まり、マスターの〆の演奏で終わりました。ちなみに、〆で歌ったのはいつもの「キャベツ畑」。これを聴かないと〝高鍋〟に来た意味がありません(笑)。
3

三線の演奏もあり、僕のアレンジ《What a wanderful
Wold》を弾いてくれた方も。
4 5

またアコースティックギターリストでもあり、昨年から高鍋に移り住み農業も営んでいる〝天馬さん〟も演奏してくれました。贅沢な一時でした。来年はぜひご一緒しましょうね!
6

【音茶@福岡朝倉】
今年に入って、2度目のライブです。今年は何回朝倉に来るのでしょうか?楽しみでもあります。

オープニングには、〝ミカちゃん〟こと〝三ケ尻聖一〟氏率いる、ギターとベースのユニット《ザ・もー》。ツエッペリンなどかなりハードなロックしてましたねえ。
1

打ち上げ。写真は今回の“ミカちゃん”。僕のパロディーだそうです。似てますかねえ…?(苦笑)
2

翌日は、恒例の〝キリンビアーシティ〟でランチ。
運転のマスター“羽野さん”は、サイダーの大盛り(笑)。
3

【Folk Village@福岡小倉】
今年2月にお店を移転し、新装オープン。新しいお店で初めて演奏させてもらいました。
1

店内は以前と変わらない仕様で、全て手造り。ご主人の《小野さん》のお人柄でしょう、知り合いの方々が寝袋を持ち込んでリニューアルしてくれたんだそうです。すごいですね。
2

なにはともあれ、ご主人の《小野さん》は小柄ながらも忙しく動き回り、ご健在!帰り際に入り口でツーショット。
3

打ち上げでは、の焼き鳥とホルモン鍋で乾杯。ライブの話よりも、猫の話で盛り上がりました~!(笑)

【今回の収録】
今回の《中央FM》収録スタジオの花。名前はわかりませんが、綺麗ですね。
Todays flower

■Ryntenライブスケジュール
●イベント
・5月21日(土「東京ハンドクラフトギター Fes.」東京錦糸町すみだ産業会館サンライズホール
●ソロライブ
・5月3日(祝火)三重名張「アピタ」イベントスペース
・5月4日(祝水)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝木)広島「ジェイズバー」
・5月28日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・6月4日(土)東京水道橋「カフェらいん」
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Home

Return to page top