Home

岡崎倫典の Acoustic Wind

Ryntenバイエル #417 “All of Me を弾こう 総集編5”

〝秋深し隣は何する人ぞ〟どこまで深くなったかは、分かりませんが年を追うごとに秋は短くなっている様な気がします。しかし木々の紅葉は着実に進んでいます。北海道の山の頂にも雪の便りが聞かれる時期に入りそうですね。如何お過ごしでしょうか?
aw160924

振り返ると、今年の6月、北海道の山の頂に雪が降りました。もしこの時期に雪の便りとなりますと、雪の降らない期間は4、5ヶ月となります。何かにつけ気候がおかしくなっている様です。
さて、今年、幾つかの“老舗”、“発祥の地”、個人商店も含めいろんなお店がたたんでいる、という話をたくさん耳にします。これは〝説〟ということではなく、世間的にに認められている〝ミックスジュース〟発祥の店というのが大阪にあります。《千成屋珈琲店》。店主の体調不良が原因、というところでありますが、約70年の歴史に幕を降ろしたそうです。これも大阪ですが、“名物靴屋さん”。「もう辞めます」という垂れ幕を掲げながら、ずっと続けていたという《靴のオットー》。こちらも40年の歴史に幕を降ろすそうです。数々の名言を残しています。“朝青龍”が不祥事を起こした時「横綱が土俵際、当店も土俵際」なんてキャッチフレーズを掲げていました。
何かにつけこれからも増えていくと思います。そんなニュースに触れることがありましたら、またご紹介させて頂きます。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の総集編5回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、スコット・ジョプリンの「The Entertainer/エンターテイナー」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリー
【音茶・秋の祭典@福岡朝倉】
もう何回ライブをやらせてもらっているでしょうか?数え切れません…。ありがたい事ですね。
その〝音茶・秋の祭典〟、今回も盛り上がりましたねえ。
前回同様、オープンングの〝櫻井さん〟に僕のギター演奏で、〝悲しくてやりきれない〟と〝サボテンの花〟を歌ってもらいました。徐々に形になってきているのが嬉しい。やはり地元のミュージシャンとのコラボはみなさん楽しみにされている様です。
1

そして、この方〝みかちゃん〟こと〝三ケ尻聖一さん〟ともコラボしました。ミカちゃんと僕のギターでミカちゃんのオリジナル。これも楽しかった。次回は、僕のオリジナルを弾くと宣言してました。楽しみです。
2

恒例の?打ち上げでの〝ミカちゃんショー〟は、みんなで彼が制作した?ステージ動画を鑑賞…僕のパロディーです(笑)。自分のことながら、よくもまあ癖を掴んでいるなあ…と感心するばかり。腹も立ちますけどねえ(ミカちゃん、覚えてろよ!(笑))。
3

画面を拡大すると。。。
4

ライブ前日に入った僕らは、音茶スタッフと今年初の“さんま”を頂きました。おいしかった!
5

そして東京に戻る日。いつもの〝キリンビアーファーム〟でフローズンビール。運転手の羽野さんは、サイダーで乾杯。申し訳ないので僕が羽野さんの分まで呑みました!(笑)。
6

台風の影響で福岡は大雨。心配していた飛行機は、少々遅れが出ていたものの通常運行でした。
今回に限らずですが、今年の台風はどれも大型。みなさんの地域では被害はありませんでしたでしょうか?

この度の災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた地域の1日も早い復興を願って止みません。

■Ryntenライブスケジュール
・10月8日(土)「ファンの集いの開催」@奈良・ビバリーヒルズ:ライブや食事と飲み物がついた懇親会があります。ギターを弾かれる方はギターをご持参下さい。オープンステージもあります。
・10月9日(日)岡崎倫典ライブwith平井宏(キーボード)ゲストに《高木麻早さん》をお迎えします。
・10月16日(日)茨城水戸「ガールトーク」
・10月28日(金)京都「都雅都雅」
・10月30日(日)岐阜新城「ライブスペース弦」
・11月5日(土)秋田
・11月19日(土)岡崎倫典ギター教室発表会@東京バックインタウン:僕の教室の発表会です。是非、生徒たちを応援してやって下さい。僕も演奏します。
・11月26日(土)三重四日市「ガリバー」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #416 “All of Me を弾こう 総集編4”

〝暑さ寒さも彼岸まで〟と言われます。お彼岸ですね。皆さまの街は如何でしょうか?秋を超えて冬に突入、という方もいらっしゃるかもしれませんが、まだまだ暑い日もあり台風も。様々な記録を塗り替えた季節はまだまだ続いております、ご用心の程を…と言う事で。如何お過ごしでしょうか?
aw160917

もう1ヶ月程経ちますが、真夏に日本中を騒がせた〝高校野球〟。〝オリンピック〟の裏に隠れてやや鳴りを潜めた感もあります。優勝校やそれぞれ勝った負けたのインタビューがありました。それを聞いていて思ったのは、「そうですね。」という言葉がもの凄く多い。例えば、アナウンサーの「おめでとうございます。どうでしたか?」の問いに必ず、特に監督さんが「そうですね。」から始まるんですね。昔はどうだったか?は分かりませんが、生徒さんも同様。これは、野球に限らず、プロの色々なスポーツでもインタビューに対してこの言葉から入ります。
〝便利〟と言えば便利です。いろんなニュアンスに使えます。「そうですね。」というのは、その質問を投げかけている方に同調する。「そうですねえー。」というのは、考えている。同じ言葉であっても違う表情を見せてくれます。
日本語の広さを感じさせられた今日この頃であります。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の総集編4回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、唱歌「シャボン玉」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

【The JAYWALKコンサート】
僕の番組にもゲストでお越し頂いた〝THE JAYWALK〟のコンサートに行ってきました。番組でも触れましたが、故〝柳ジョージさん〟の名曲の数々を唄う、というツアーの最終日でした。場内は女性客で埋め尽くされ、盛り上がってました。 もちろん、ステージではオリジナルも。
素晴らしいコンサートでした。
the-jaywalk

で、場所は東京〝赤坂〟。余韻に浸りながら徘徊。ついに東京に進出したという、九州では石を投げれば当たるほど立ち並ぶファミレス〝JOYFUL〟を発見。話のネタに…と、軽い食事をしながら一杯しました~。メニューや料金も同じですが内装がちょっとおしゃれでしたねえ。
joy-full

【とあるレコーディング】
僕がコーナーを持っている、雑誌のアレンジです。ちょっと時間がかかったかな?無事に終わりました。
recording

■Ryntenライブスケジュール
・10月8日(土)「ファンの集いの開催」@奈良・ビバリーヒルズ:ライブあり食事と飲み物付きの懇親会あり、オープンステージもあります。ギターを弾かれる方はギターをご持参下さいね。
・10月9日(日)岡崎倫典ライブwith平井宏(キーボード)ゲストに70年代、ヒットの数々を重ねた《高木麻早さん》をお迎えします。
・10月16日(日)茨城水戸「ガールトーク」
・10月28日(金)京都「都雅都雅」
・10月30日(日)岐阜新城「ライブスペース弦」
・11月5日(土)秋田
・11月19日(土)岡崎倫典ギター教室発表会@東京バックインタウン:僕の教室の発表会です。僕もゲスト演奏します。生徒たちの応援に来て下さい。
・11月26日(土)三重四日市「ガリバー」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #415 “All of Me を弾こう 総集編3”

9月に入りました。2016年のカウントダウンが聞こえてきそうな、時の流れの速さを感じます。いかがお過ごしでしょうか?
aw160910

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の総集編3回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、井上陽水さんのカバー曲「少年時代」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【 reef cafe @沼津】
今回初めてお邪魔した〝reef cafe〟、岩礁のカフェ、と訳していいのかな?海辺ではありませんが、店内は海辺をイメージした装飾がほどこされていて素敵なお店です。
1 2

それほど広くはないものの、来て頂いたお客さんは熱心に耳を傾けてくれてました。嬉しいですね。
ここは、飲食店の立ち並ぶ一角にありますが、どれも全く違う内容なんです。例えば、「reef cafe」はコーヒーやスパゲティー、ピザなど、他には、ラーメン店、和食店、スナック、カラオケ店などどれ一つも同じ店がないんです。ここにくれば、食事してカラオケで歌って、一杯呑んで …小腹がすいたらラーメン食べて帰る、と全て賄えてしまいます。いいですねえ。

で、店頭に椅子とテーブルを並べてもらって休憩。目の前には焼き鳥屋…後ろ髪を引かれたのなんって…(笑)。店長の〝萩原さん〟と。あっ、店長さんはアルコールですけど、僕は水ですから〜。
3

ライブ終演後には恒例の打ち上げ。手作りのお料理の数々、本当に美味しかった!お腹いっぱいになってもまだ食べていた僕でした(笑)。

締めには、今年も沼津ライブを主催してくれた〝竹越くん〟の一言。彼は、かつて僕の教室の生徒さんでした。
4

帰り間際、お店の切り盛りしている〝裕子さん〟と〝 陽子さん〟。美人姉妹です。近くに住んでたら毎日通ってること間違い無し!です(笑)。
5

■ライブスケジュール
・9月17日(土)福岡朝倉「音茶」
・10月8日(土)「ファンの集いの開催」@奈良・ビバリーヒルズ:ライブあり食事と飲み物付きの懇親会あり、オープンステージもあります。ギターを弾かれる方はギターをご持参下さいね。
・10月9日(日)岡崎倫典ライブwith平井宏(キーボード)ゲストに70年代、ヒットの数々を重ねた《高木麻早さん》をお迎えします。
・10月16日(日)茨城水戸「ガールトーク」
・10月28日(金)京都「都雅都雅」
・10月30日(日)岐阜新城「ライブスペース弦」
・11月5日(土)秋田
・11月19日(土)岡崎倫典ギター教室発表会@東京バックインタウン:僕の教室の発表会です。僕もゲスト演奏します。生徒たちの応援に来て下さい。

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #414 “All of Me を弾こう 総集編2”

《リオ・オリンピック》の興奮も冷めやらないうちに《パラリンピック 》の時期になってまいりました。ご機嫌如何ですか?
aw160903

以前にも増して〝メダル〟を持ち帰った選手が多かったオリンピックでしたが、どんな展開を見せてくれるのか?“パラリンピック”も楽しみですあります。
早速ですが、お便りをご紹介します。
・福祉関連のお仕事をされています、宮城の中年ライダーさんから『先日、相模原の障害者施設で大変な事件が起こり、心を痛めております。小生の施設も障害者の方が利用する施設なので、他人ごととは思えません。事件後、閉鎖する動きがありますが、むしろ解放的にして施設をオープンにする環境こそが必要だと感じます。一般の方々の偏見の目のない「同じ人間なんだ」というお付き合いをして頂く事がとても重要です。是非、番組をお聴きのみなさんにも暖かい目で見守って頂き、行事などには足を運んで頂いて二度と悲惨な事件が起こらない様に関心を寄せて頂ければと思います。』
…と結ばれています。それに対して…
・TAKさんから『私たち一般人に認識ないのは事実。今後もコメントを寄せて下さい。倫典さんが番組で引用してくれる事もありますし、何らかのプラスになると思います。』
…それに対し…
.宮城の中年ライダーさんが『仕事の経験が浅いにも関わららず反応を頂いた事が嬉しい。東京メトロ銀座線で死亡事故がありました。ちょっとした心遣いで防げた事故であり、ひと昔前の古き良き〝助け合い〟の精神が今の日本に必要と感じます。もっと心にゆとりを持って“助け合い”の精神で生活したいですね。』
ー番組を通して、こういったテーマメールのやりとりがあるのは非常に嬉しく有難い事です。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の総集編2回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「SierraSiesta/シエラ・シエスタ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【鷲見工房】
“野反湖”と“高崎”を終えた翌日は、長野は上田〝鷲見さん〟のところへひとっ走り。台風の影響で朝から雨。まあ、関東一帯が変なお天気でしたよね。
1

工房に到着し、ギターをメンテしてもらいました。
2

その後は、近くの温泉に入ったり、みんなで美味しい夕食を食べたりしてのんびりと過ごしました。東京に戻る時には、打って変わってのお天気、暑いのなんのって(笑)。
3

【アンテナショップ@銀座】
とある収録の日。“野反湖”でのイベント主催者でもある〝富沢〟氏が群馬アンテナショップ《ぐんまちゃん家(ち)》にいるとの情報が…。このショップは《中央FM》と同じ〝中央区〟にあり、しかも局から歩いて5分のところにあります。同じ区で働く人間としては、行かない訳にはいきません(笑)。
店内に入り彼を探していたら、いました!そうなんです。彼は、“野反湖”のある〝中之条〟という町の役所にお勤めなんですねえ。この日は主張でした。で、記念に一枚。
4

お店から出たら、“ぐんまちゃん”が…。せっかくなのでツーショット。猛暑の午後、大丈夫かな、と少々心配でした…。
5

【今日の花】
6

■Ryntenライブスケジュール
・9月17日(土)福岡朝倉「音茶」
・10月8日(土)「ファンの集いの開催」@奈良・ビバリーヒルズ:ライブあり食事と飲み物付きの懇親会あり、オープンステージもあります。ギターを弾かれる方はギターをご持参下さいね。
・10月9日(日)岡崎倫典ライブwith平井宏(キーボード)ゲストに70年代、ヒットの数々を重ねた《高木麻早さん》をお迎えします。
・10月16日(日)茨城水戸「ガールトーク」
・10月28日(金)京都「都雅都雅」
・10月30日(日)岐阜新城「弦」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #413 “All of Me を弾こう 総集編1”

個人的には「ついこの前始まったのではないか?」と思うほどの2016年の幕開けも気がついたら3分の2
が終わっています。如何お過ごしでしょうか?
aw160827

カープの快進撃、何十年ぶりでしょうか。笑みがこぼれてしまいます。
今年の夏、色々なスポーツを観せていただき、楽しませて頂いたオリンピック。競技の結果云々より、そこに登場してくる選手の人たちを「何故、あんな大舞台に強いんだろう?乗り越えられるんだろう?」という思いでずっと観ておりました。僕だったら競技にならない・演技にならない、そんな場に感じます。あれだけの大舞台でしかも結果を出す・やりきる・走りきる、そんな人たちの競技力・体力・能力よりも〝精神力〟に気が行ってしまい、驚きが向いてしまいます。
改めて、「ごくろ様でした」という言葉とともに勝ち負けではなく「あなたたちは世界の舞台でそれだけのことをやる、それが凄い!」とエールと御礼を贈りたいですね。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の総集編1回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「Bayside Resort」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【野反湖フィールドフォークコンサート】
今年で31年目。すごいですね。僕は仲間に入れて頂いて8年目あたりでしょうか?でもその割には態度がデカイかも…(笑)。
1

前日入りの日、東京を出るときには晴れ間もあったのですが、次第に曇り空になり、野反湖に着いた時にはパラパラと雨が。「明日は屋内コンサートかな?」と思いつつも夜中過ぎには月も出たので「これは大丈夫かも」と期待していましたが、翌朝、「屋内で決定」との伝言が。時折晴れ間も出たりしてはいましたが、途中大雨に変わり…さすがに地元スタッフは天候をよくわかっているなあ、とひたすら感心していました。
変わりやすい天候にも関わらず、いつもより多くのお客さんが来てくれてました。それぞれが椅子やお弁当・飲み物などを持ち込み、中にはバーベキューをされる方も。それを眺めていると、みなさんがどれだけ楽しみにしていたかが、よく分かります。
2

話は前後しますが…会場に入る前、道の駅の温泉〝花まめ〟でちょっと休憩。毎年ここを眺めながら通り過ぎていたので、嬉しかったですねえ。気持ち良かった〜。写真は湯上りの僕です(笑)。
3

会場に入ると、いつもの様に「お帰り〜!」とスタッフが歓迎してくれました。スタッフのみなさん、本当に暖かいんです。〝前夜祭〟は夜中過ぎまでみんなとワイワイとやっていたんですが、低気圧の関係もあってか、酔いの回りが早かった気がします…こんな僕でも(笑)。

主催者のリーダーでもある〝富沢さん〟の挨拶が始まり、ライブがスタート。
4

僕のステージは、いつものパーカッション《土屋‘大魔王’祐介》氏と。アンコールまであって嬉しかった〜。ここでの衣装はもちろん、〝半天〟です!
5

《SAM》のステージで、メンバーの《松崎》氏のボーカルに1曲だけサポートさせて頂きました。“松崎”氏は6月、奈良でご一緒してくれましたね。
6

そしてフィナーレ。このコンサートの為に創ったという《天国に一番近い湖》をみんなで合唱。僕も歌いました〜。気持ちよかった(笑)。
7

打ち上げの頃は雨は止んでいたんですが、寒くて寒くて着込みました。この写真は、紛れもなく8月20日真夏の夜です(笑)。
8

帰り日。目が醒めるほどの晴天!早朝から帰っていく出演者の人たち。結局、僕が一番最後になってしまいました(苦笑)。せっかくなので、炊事場に残っていたスタッフと記念撮影。
9

今年もありがとうございました!

【Cafe あすなろ@群馬高崎】
“野反湖”の翌日は、高崎へ。
ライブ会場となる、“Cafe あすなろ”には、初めてお邪魔しました。ここは30年前、“クラッシック喫茶”として繁盛されたいたそうですが、閉店。そして、2013年地元〝高崎経済大学〟の学生さんたちによってよ蘇り、現在は学生さんたちにも勉強に没頭出来る様な配置が施されています。もちろん、街の人たちにも愛されている喫茶店です。
10

このお店はオシャレな通りに面しています。暑さ対策、通りの街頭にはこんな様子が。。。猛暑には、かなり涼しげな気持ちになりますね。
11

お客さんは少なかったけど、ライブを盛り上げてくれました〜!嬉しかったです。それにいい音でしたねえ。ギター弾きながら感動してました。
12

終演後は、主催者でもある【青春の唄】へ。ご主人の〝高橋さん〟の手料理をご馳走になりながら、〝リオ・オリンピック〟の男子マラソンをみんなで鑑賞。まともにオリンピックを観戦したのは、今回初めてかな。みんなとあれやこれや、と言いながら楽しかったなあ。

で、帰り際、残った人たちで記念撮影。
13

日曜日だというのに、遅くまで付き合ってくれてありがとう〜!

■Ryntenライブスケジュール
・9月3日(土)静岡沼津「リーフカフェ』
・9月4日(日)静岡沼津「グッディすみや」セミナーを開催します。
・9月17日(土)福岡朝倉「音茶」
・10月8日(土)「ファンの集い」@奈良・ビバリーヒルズ:ライブと食事とフリードリンク付きの懇親会があります。オープンステージもありますので、ギターを弾かれる方はギターをご持参下さい。また、ライブのみ、懇親会のみも受付ております。
・10月9日(日)奈良・ビバリーヒルズ「岡崎倫典 with平井宏(キーボード)スペシャルゲスト:高木麻早」 
・10月15日(土)埼玉越谷「大野楽器」
・10月16日(日)茨城水戸「ガールトーク」
・10月28日(金)京都「都雅都雅」
・10月30日(日)岐阜新城「ライブステージ弦」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Home

Return to page top