Home

岡崎倫典の Acoustic Wind

Ryntenバイエル #447 アレンジでのコード付け Pt.6

〝桜前線〟北上中。如何お過ごしでしょうか?

つい先日の話。今月始めくらいでしょうか。《復興大臣》の《今村》さんが記者会見で『震災の自主避難は自己責任である。』と明言した出来事がありました。〝失言〟とは言わないでしょう。そこで感情的になったという〝失態〟はお認めになった様で。質問していたフリーのジャーナリストの《西中》さんとおっしゃる方も食らいつき、どちらかと言うと怒らせる方向で質問していた様ですが…。“どちらがどっち”よりも、僕としては『〝本音〟を見た!』と言う感じがします。
〝本音〟と言えば、昨年でしょうか。今村さんが、9月に台風被害を受けた岩手県岩泉町へ視察に訪れた時、『靴が濡れるのが嫌だから』と背負ってもらって水たまりを渡って行った。そんな時『長靴を準備しない取り巻きも悪かった。』と発言。〝取り巻き〟という意味を皆さんもよくご存知かと思いますが、“周りの人たち”・“自分たちのスタッフとして動いてくれている職員”を〝取り巻き〟としてしか見ていない、と。これは、つい先日の発言以上に『〝本音〟を見た!』という感じです。
日本の将来、大丈夫でしょうか?!

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今回は「アレンジでのコード付け」の6回め、サイモン&ガーファンクル「ボクサー」、サザンオールスターズ「TSUNAMI」を例に取り上げています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

今週最後は、一青窈さんのカバー「ハナミズキ」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【Back In Twon@東京新宿】
今回もたくさんのお客様にお越し頂きました。感謝の一言です。

この日の出し物は《GS特集》。同じ世代の方々は一緒に歌ってくれて盛り上がりましたねえ。
まあ、アレンジは完成ではありませんでしたが、自分としてはまずまず、と言ったところ(苦笑)。

僕も楽しかった〜!次回のバックインタウンは夏。何にしようかと考え中。
また、来て下さいね。

【谷山さんリハーサル@東京】
〝谷山浩子さん〟の45周年記念コンサートの第一回目のリハーサルがありました。スタジオ入り口には何と!あの〝鉄人28号〟が。早速ツーショット。ワクワクしますね。

【韓国からの来客@東京】
韓国の友人〝Hwanhee(ファンヒー)くん〟がバックインタウンライブに合わせて遊びに来てくれました。僕もスケジュールの都合で観光までは付き合えませんでしたが、夜はしっかりと付き合いましたよ〜(笑)。
ある日は一緒に長野上田の〝鷲見工房〟へ。久しぶりに会った〝サスケくん〟は14歳との事。まだまだ元気ですが、足腰が少し弱っている様な。長生きしてくれよ〜。

Hwanheeくんの帰国日。羽田で記念撮影。初めて会ったのは21歳。入隊前でしたが今は30歳。月日が流れるのは早い。次回は韓国で会いましょう。

■Ryntenライブ
・5月3日(祝・水)三重四日市「ガリバー」
・5月4日(祝・木)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝・金)広島「ジェイズバー」
・5月13日(土)東京水道橋「らいん」キーボードに平井宏、パーカッションに土屋‘大魔王’祐介をお迎えし、バンドバージョンでお届けします。
・6月3日(土)京都「都雅都雅」
・6月4日(日)福井越前「ソバーズ」
・6月17日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」
・6月24日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
■ゲスト出演
・4月29日(土)「谷山浩子45周年記念コンサート〜大収穫祭〜」@東京フォーラムC 出演:石井 AQ、栗コーダーカルテット、斉藤ネコカルテット、岡崎倫典
■中国公演
5月20日(土)南昌、21日(日)南昌(セミナー)、22日(月)長沙、24日(水)福州、26日(金)海口、28日(日)天津、30日(火)上海

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #446 アレンジでのコード付け Pt.5

あれよあれよと言う間に、町行く人の服装が変わって来ている気がします。如何お過ごしでしょうか?

〝JR〟のニュースですが、〝上越新幹線〟を走っています《E-4系》、〝2階建て車両〟と言った方が分かりやすいでしょうか?〝MAX〟ですね。その電車が来年度から徐々に入れ替わり、2010年度までには全車が消えてなくなる、と話しです。老朽化と言う事で話は進んでいるらしいですが。もともと上越新幹線に登場してきたのは1997年ですから、かれこれ20年以上になろうかと言うところであります。もっとも、2階建と言う意味では〝東海道新幹線〟にも一部分でしたが走っておりました。それは、1985年に導入された〝100系〟電車。もちろん、こちらは全て引退しております。その“E-4系MAXシリーズ”が引退すると、2階建て車両は全て無くなる、と言う事になりましょうか。
僕も新幹線をよく利用します、しかも大荷物を抱えて…。ところが2階建ては、上がるか下がるか、しなければななりません。しかもどちらにしても狭い階段を通らなければならない。上がり下がりをしたところで、そこに荷物置き場があるわけでもない。非常に不便な電車でしたねえ。ただ、人数が運べる、と言うメリットはあったんでしょうが、手ぶらで旅行する人はほとんどいない訳で、そこらの〝気遣い〟と言うものは全く感じられない車両だった様に思います。今でもいろんな電車に乗りますが、まだまだ諸外国に比べると“気遣いが足らない”、と言う気がしてなりません。この車両の引退に、寂しいと言うより“一つの苦労が減るかな?”と言う個人的な出来事、ニュースでありました。
みなさんは如何でしょうか?

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今回は「アレンジでのコード付け」の5回め、サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」を例に取り上げています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル「影丸と14匹の仔猫たち」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【フィンガーピッキングデイ@横浜赤れんが倉庫2号館】
今年も審査とゲスト演奏に参加させて頂きました。参加させて頂いてから今年で5回目です。毎年ながら、「今年はどんな演奏をする若者がいるんだろう?」と楽しみなイベントの一つでもあります。
一次予選や地方大会を勝ち抜いて来たギターリスト20名が腕を競い合います。
ただ、(僕にとっての)朝が早いのが難なのですが…(笑)。

朝から雨。「参加者もギターを抱えて大変だな」「ギターは大丈夫かな」などなどが頭を巡りましたが、いざ会場に着くとコンテスト参加者のみなさんは既に練習に励んでいましたねえ。素晴らしい!
でも、残念だったのは、僕の教室からは勝ち残った生徒はいなかった事(涙)。まあ、それも仕方なし(笑)。
会場入り口にはいつものポスター。

コンテストの模様です。会場はもちろん満席です。

演奏曲は2曲。カバーアレンジとオリジナル。出場者は20人ですから、時間の関係もありエフェクター使用はなし、MCもなし、マイク1本の勝負です。

コンテストが終わったころには雨も上がり…。

コンテストが終わると、即集計に入ります。そして発表と表彰式。
今年も僕は“優秀賞”を担当しました。“最優秀賞”は14歳の少年でした。

休憩を挟み、プロによる演奏。それぞれソロとセッションがあります。僕は、久しぶりに〝打田十紀夫〟さんとセッションでした、やっぱり楽しいですね。数年前、一緒にツアーをした時の事を思い出してました。

そして、ゲスト全員でセッション。

最後にコンテスト参加者と審査員で記念撮影。向かって左側、僕の隣にいるのが最優秀賞の西村ケント君。若い!

希望者で開催される懇親会。料理ももちろんアルコールもあります(笑)。

一本締めで解散。お疲れ様でした〜、と会場を後にし中華街へ。

前日と当日と二日間付き合ってくれた、〝片矢くん〟と〝ワンくん〟ありがとう〜!
楽しかった!

■Ryntenライブ
・4月21日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月22日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月23日(日)大分「サウンドカフェエフ」
・5月3日(祝・水)三重四日市「ガリバー」
・5月4日(祝・木)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝・金)広島「ジェイズバー」
・5月13日(土)東京水道橋「らいん」キーボードに平井宏、パーカッションに土屋‘大魔王’祐介をお迎えし、バンドバージョンでお届けします。
・6月3日(土)京都「都雅都雅」
・6月4日(日)福井越前「ソバーズ」
■ゲスト出演
・4月29日(土)「谷山浩子45周年記念コンサート〜大収穫祭〜」@東京フォーラムC 出演:石井 AQ、栗コーダーカルテット、斉藤ネコカルテット、岡崎倫典
■中国公演
5月20日(土)南昌、21日(日)南昌(セミナー)、22日(月)長沙、24日(水)福州、26日(金)海口、28日(日)天津、30日(火)上海

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenインプレッション #445 SANTANA Pt.2

学校そして会社、新しい季節が始まりました。みなさん、新しい制服や新しいスーツに身を包み、そこに戸惑いあり・期待あり、と色々と話題が絶えない時期でもあります。如何お過ごしでしょうか?

どちらかと言うとスーツを着ている、というよりスーツに操られている様な新入社員の方達もお見受けしますが、やがてその服も馴染み、社会にも馴染んでいく…。
自分の学生時代、まあ、僕はスーツに身を包んだことはないのですが、学生時代を思い起こすと笑みがこぼれてきます。
さて、話は転じて、〝大相撲〟を眺めてみましょう。
僕は相撲が非常に好きで、ミュージシャンにならなければ、関取になりたかった…と…なれるはずがない!(笑)でも、憧れの様なものがあります。〝四横綱〟時代。“白鵬”、“日馬富士”、“鶴竜”、“稀勢の里”。特に“稀勢の里”は、日本出身の力士としては久々の横綱ですから、期待度も高いかと思います。しかも横綱が〝四人揃い踏み〟というのは、十七、八年ぶりになりましょうか。その前は平成10年から11年にかけてですから。ちなみにその時の横綱は、“曙”、“貴乃花”、“若乃花”、そして“武蔵丸”という時代でした。つい最近の様な気がします。その前は、平成の初期です。2年から3年にかけて“千代の富士”、“北勝海”、“大乃国”、“旭富士”という〝四横綱〟。少なくともその平成最初の〝四横綱〟の時代には、生まれてほとんど間がなかったという人たちが今、横綱になっている。
時の流れを感じされられます。

■Ryntenインプレッション
先週に引き続き、SANTANAを特集しました。
#0:Europa
#1:Smooth
#2:The Game of Love
#3:This Boy’s Fire

■Ryntenダイアリ
【広島フォーク村・東京村民会】
今年に入って2度目の集まりですが、今回も盛り上がりましたよ〜。場所は、やはりお好み焼き屋さん。お店のスタッフ全員広島出身なんだとか。こういったお店、よく見つけたなあ、と。
美味しかったです、お好み焼き!

【下山亮平くんライブ@バックインタウン】
若手フィターリストの〝下山くん〟のライブに行ってきました。CDでは聴いたりしていましたが、ライブは初めてでしたが、オリジナル曲の数々がとてもよかったなあ。
僕もウカウカして入られませんね。
ツーショットを撮り忘れたのが悔しい。。。

【桜@東京スクエアーガーデン】
スタジオの前に立つ桜。ほとんど満開です。

【新酒・春番地 from 中津川・岐阜】
数年前、中津川に〝山内酒造〟という酒蔵があります。そこで、毎年新酒をお祝いする〝さんさ酒屋のコンサート〟というイベントが開催され、飲み放題に食べ放題。とっても贅沢なんです。僕も数年前に参加させて頂いた事があり、それ以来、毎年、新酒を搾ると送って下さいます。今年も届いた、〝春番地〟。

ご夫婦で切り盛りされ19年続いた酒蔵も今年で閉めることになったそうです。当然ながらイベントも今年で最後。「命の尊さ」→「自然の大切さ」→「平和を守る」という信念を貫いてきたご主人《山内さん》の想いはこれからも引き継がれ繋がっていくでしょう。

日本酒と言えば、今年も中央区で日本酒のお祭りがあります。興味のある方は是非参加してみて下さいね。
【はしご酒@新富町】

【日本酒利き歩き@新富町】

■Ryntenライブスケジュール
●ソロライブ
・4月14日(金)東京「バックインタウン」
・4月21日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月22日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月23日(日)大分「サウンドカフェエフ」
・5月3日(祝・水)三重四日市「ガリバー」
・5月4日(祝・木)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝・金)広島「ジェイズバー」
・5月13日(土)東京水道橋「らいん」キーボードに平井宏、パーカッションに土屋‘大魔王’祐介をお迎えし、バンドバージョンでお届けします。
■ゲスト出演
・4月29日(土)「谷山浩子45周年記念コンサート〜大収穫祭〜」@東京フォーラムC 出演:石井 AQ、栗コーダーカルテット、斉藤ネコカルテット、岡崎倫典
■中国公演
5月20日(土)南昌、21日(日)南昌(セミナー)、22日(月)長沙、24日(水)福州、26日(金)海口、28日(日)天津、30日(火)上海

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenインプレッション #444 SANTANA Pt.1

桜前線が日本列島を通り過ぎようとしています。いかがお過ごしでしょうか?
暖かくなってまいりました。少しづつ街を歩く人たちの服装が変わってきている様な気がします。

さて、先月21日、東京で《桜》の開花宣言が出されました。
まあ、開花する時期としては平年と変わらないのですが、〝日本列島に先駆けて東京がまず咲いた〟というのは、かなり久しぶりの話だった様です。面白いなと言いますか、不思議ですね。もっともっと「暖かいところが先かな」と思っていたんですが、今年は東京がまず最初に咲いた、というのは驚きでした。

早速ですがお便りをご紹介します。
いつも頂いております、宮城の中年ライダーさんから〝ゲストの方々にたくさん登場して頂いている〟事へのコメントです。『音楽仲間との会話、いい関係を築いていらっしゃることが伝わってきて、いつもほっこりとした時間を過ごさせて頂いております。』
Rynten『有難いです。お便りも有難いですし、足を運んで頂いてるゲストの方がにも改めてお礼を言いたいと思います。有難うございます。』

さらに、以前高速道路の逆走という話の中で「珍しい!そんな事があるのか?!」と言った事があります。それに対して中年ライダーさんが『珍しくはない。地方にとっては高速道路走行車線、合流する時に十分に加速しないでいきなりハンドルを切る人が多いですね。ただ、進入路がわかりにくい、というところも指摘されている様です。当たり前のマナーが通じない各地のローカルマナーにお気をつけてあそばせ。』
Rynten『気をつけます。加速せずいきなりハンドルを切る、と言ったケースはよくお見受けしますねえ。それどころか合流車線の中で止まってしまう車も。危険極まりないです。』

■Ryntenインプレッション
今週は、SANTANAを特集しました。
#0:Europa
#1:Evil Ways
#2:Oye Como Va
#3:No One to Depend on

■Key Of R
今週最後は、コブクロのカバー「桜」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【八天堂カフェリエ@広島三原市】
初めてお邪魔しました!八天堂は地元では〝クリームパン〟でとっても有名なお店です。僕も土産に買って帰ることもしばしば。

会場は、広島空港近くにある支店になりますが、販売はもちろん、カフェ、体験パンづくりのスペースもあります。この日は土曜日。空港でお祭りも手伝って、家族連れやカップルなどなど、たくさん人でごったがえしていましたねえ。

その広い店舗の中のカフェスペースでのライブです。とてもいい空間になってます。

で、ライブは満席。ありがたい事です。事前に〝Anji〟のリクエストももらったり、皆さん真剣に聴いてくださってました。
このライブ、ドリンクと軽食がつくんですが、ドリンクは飲み放題。軽食といってもかなり豪華な食事がついてましたねえ。すごい!

帰り際にお土産にいただいたクリームパン。美味しかったです。

今回、そんなこんなでバタバタの中でのライブで、時間の余裕もなくスタッフの皆さんや、三原市内や福山から来てくれた友人たちとの写真が撮れませんでした。。。残念。

■Ryntenライブスケジュール
●ソロライブ
・4月14日(金)東京「バックインタウン」
・4月21日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月22日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月23日(日)大分「サウンドカフェエフ」
・5月3日(祝・水)三重四日市「ガリバー」
・5月4日(祝・木)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝・金)広島「ジェイズバー」
・5月13日(土)東京水道橋「らいん」キーボードに平井宏、パーカッションに土屋‘大魔王’祐介をお迎えし、ばんどバージョンでお届けします。
●イベント出演
・4月8日(土)フィンガーピッキングデイ@神奈川横浜「赤レンガ倉庫2号館」
■ゲスト出演
・4月29日(土)「谷山浩子45周年記念コンサート〜大収穫祭〜」@東京フォーラムC 出演:石井 AQ、栗コーダーカルテット、斉藤ネコカルテット、岡崎倫典

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Ryntenバイエル #443 アレンジでのコード付け Pt.4

東京の街・スタジオからの風景の中に、真新しいスーツに身を包んだ男性・女性がサラリーマン・オフィスレディがやたらと目に入ってくる季節になりました。会社訪問?既に仕事が始まっているのでしょうか?如何いかがでしょうか?

今は見かけなくなりましたが僕自身、昔で言う〝立ち食いそば〟に時折行きます。まあ、安い値段でうどんやそばが食べられますね。急に食べたくなって入る事があります。
先日も近所ではありますが、お店に入りきつねそばを注文しチケットを購入。半券には“B-9”と書いてありました。ところが呼び出しのおばさんが「エーの9番!」「エーの9番!」「きつねそばの方、エーの9番」呼ぶんです。確かに僕はきつねそば。でも「“A”ではないし“B”だし…」と「きつねそばですけど、僕は Bの9番…」と言うと「そうだ、べーの9番」っていうんです。普通“ビー”と読むよなあ。その方、ドイツ語に堪能なのか?それとも訛っているのか?僕は未だにそれが判明していないんですが、不思議な一瞬でした。

僕はそのおばさんのとてもキュートな部分を見せられた感じがして、そばがとても美味しかった記憶があります。

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今回は「アレンジでのコード付け」の4回め、「YourSong」「桜(コブクロ)」を例に取り上げています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

今週最後は、海援隊のカバー「贈る言葉」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【バースデープレゼント@中央エフエムにて】
収録の日、まさに僕の誕生日でした。FMスタッフから今年も《戦艦武蔵》のプラモデルを頂きました。今は創る時間はないけど、想像しながら眺めるのも至福のひととき。いつか創ってみたい。
有難うございました!

【教室生徒によるバースデー祝い】
同じく僕の誕生日当日夜、教室の生徒さんたちがお祝いしてくれました。ケーキも。

♪バースデイーソング♪には《田山翔太くん》が演奏してくれました。

で、参加してくれた女子と一緒にケーキカット。

誕生日って何回やってもいいものですね。毎月あったらいいのに(笑)。
みんな有難う!

【今日の花】
ピンクが春らしくていいですね。

■Ryntenライブスケジュール
●ソロライブ
・4月14日(金)東京「バックインタウン」
・4月21日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月22日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月23日(日)大分「サウンドカフェエフ」
・5月3日(祝・水)三重四日市「ガリバー」
・5月4日(祝・木)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝・金)広島「ジェイズバー」
・5月13日(土)東京水道橋「らいん」キーボードに平井宏、パーカッションに土屋‘大魔王’祐介をお迎えし、ばんどバージョンでお届けします。
●イベント出演
・4月8日(土)フィンガーピッキングデイ@神奈川横浜「赤レンガ倉庫2号館」
■ゲスト出演
・4月29日(土)「谷山浩子45周年記念コンサート〜大収穫祭〜」@東京フォーラムC 出演:石井 AQ、栗コーダーカルテット、斉藤ネコカルテット、岡崎倫典

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

Home

Return to page top