Rynten #532 インプレッション『Stevie Ray Vaughan』

街のあちらこちらでクリスマスん飾り付けも目に入り、商戦も華々しく繰り広げています。慌ただしい時期になりました。ご機嫌いかがでしょうか

2018年、カウントダウンに突入ですね。

早速ですがお便りをご紹介します。
・お馴染みの〝宮城の中年ライダーさん〟から秋田ライブに関するメッセージです。
宮『秋田ライブ、楽しみにしていたのですが、不幸が出て残念ながら参加出来ませんでした。』
倫『そういえば、以前、秋田ライブが待ち遠しい。指折り数えています、というお便りを頂いていましたが、残念ながら…ですね。チャンスがありましたら、また、便がありましたら秋田以外の場所でのライブもいらして頂ければ、と思います。』
宮『フランシス・レイの特集、イージーリスニングの曲が大好きで聴いていた若い時を思い出しました。倫典さんの〝悲しくてやりきれない〟の演奏をYouTubeで聴いて大ファンになった、と、出会ったきっかけを思い出しました。やはり、いい音楽は心と体をリラッククスさせ、疲れを癒してくれる、と改めて感じました。』
倫『ありがとうございます。遠からず、ライブ会場でお会い出来る事を願っています。』

・お馴染みの〝TAKさん〟さんから、東京「バックインタウン」ライブへのメッセージです。
T『11月18日今年最後の東京ライブを楽しませて頂きました。お目当の譜面にもサインして頂き、ありがとうございます。〝松谷さん〟の名曲〝La
Forete Bleue〟、途中まで耳コピをしたそうですね。そして〝Ape In
Snow〟難しいですが、ハイフレットに飛んでセーハコードで紡ぐアルペジオフレーズがなんとも言えません。ここが大好きです。倫典さんらしい。』
倫『ありがとうございます。また、お待ちしております。』

■Ryntenインプレッション
今週は、若くしてなくなったアーティストとして「Stevie Ray Vaughan」を特集しました。
#0. Hide Away (紹介曲)
#1. Riviera Paradise
#2. Little Wing
#3. Pride and Joy

■Key Of R
今週最後は、クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【ギターセミナー@F2音楽教室・大阪八尾】
毎年12月に、この音楽教室でセミナーをやらせてもらっています。この学校の校長先生が声楽科出身の方で、もともとはボーカルとピアノだったそうですが、今ではあらゆる音楽レッスンをしています。すごい腕ですね。

今回もたくさんの人たちが参加してくれました。中には2時間受講してくれた生徒さんや名古屋や三重から参加された方々も!有難いですね。最年少の〝ゆうとくん〟、とはいえ、今は中学2年生。時が経つのは早いものです…歳をとってる、という事ですね(苦笑)。カバーが題材。まあ、弾ける事!弾ける事!びっくりでした。
将来が楽しみです。

F2音楽教室でギターを教えている先生も参加してくれました~(向かって左側)。
そして、韓国で僕の通訳をしてくれる〝フン君〟、ずっと大阪の企業で働いています。久しぶりに来てくれました~。元気そうでよかった!

【岡崎倫典Talk & Live with 平井宏@奈良ビバリーヒルズ】
今回も僕の信頼するピアニスト、〝平井宏さん〟とのステージです。

ゲストはMCタレント〝南かおりさん〟。
恒例となったかおりさんの朗読とのコラボです。この日は〝相田みつおさん〟の詩集から。胸にジーンと来るものものがありましたね。

コラボの後はかおりさんのボーカルとセッション。

アンコールでは、かおりさんの〝スティールパン〟(デジタルですが)の演奏で〝赤鼻のトナカイ〟。写真はリハーサル風景ですが、このスティールパンがいい味出してましたねえ。
かおりさんが、いつになく真剣な表情。。。(笑)

今回も楽しかった!平井さん、かおりさん、また来年もやりましょうね。
で、終演後は、いつものおでん屋〝竹の館〟で乾杯。

今回お天気は良かったんですが、霊峰富士が雲に隠れてしまい、ご覧の通り…残念。

【とあるレコーディング】
無事に終了!

【広島フォーク村東京村民忘年会】
高校時代、僕が所属していた〝広島フォーク村〟の忘年会がありました。
なかなか全員が集まることはありませんが、いつものメンバーは揃いましたよ~。
広島のお好み焼き屋さんで「今年もお疲れさまでした~!」の乾杯。
フォーク村の集まりは、何故か?笑いの絶えない宴会です(笑)。

■Ryntenライブ
・12月23日(日)福岡朝倉「音茶 ~復興支援ライブ~」
 O.A. 櫻井憲一郎、ザ・もー
 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

■2019年ライブスケジュール予定
・1月19日(土)静岡浜松「なんでモール」
 (問)TEL053-474-8889
・1月26日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 (問)TEL 03-3262-4675
・2月2日(土)高知「Bee Station」
 (問)TEL 088-855-6066
・2月10日(日)愛知江南「スタジオM」
 (問)TEL 0587-53-6416
・2月16日(土)高崎「JJ&BB」
 (問)青春の唄 TEL 027-333-2847 又は 高橋 TEL 090-2767-2276
・3月1日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 (問)TEL 0865-63-0511
・3月2日(土)、3日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 (問)TEL 084-926-5966
・3月16日(土)ソウル「SJA Hall 」詳細未定

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #531 インプレッション『Otis Redding』

12月に入りました。いかがお過ごしでしょうか?

こちら〝中央エフエム〟のスタジオにも、このFM局のあるビルのエントランスにも先月半ばから〝クリスマスツリー〟が飾られ、ジワリジワリとクリスマスに向かい気持ちが高まっていってますね。しかしながら、この気持ちの高まりが徐々に…と時間が与えられているクリスマスとは対照的に、〝正月〟への高まりという時間は一週間しかありません。ですから、一気に高まらなければならない…。残すところ、今年も一ヶ月を切りました。

早速ですが、お便りをご紹介します。
おなじみのTAKさんから『懲りもせず〝ポール・マッカートニー〟を観てきました。2015年、17年、18年と凄いペースで世界ツアーを行い来日もしています。最近の3回は、ほとんどセットリスト・演出は変わりませんが、前回より若々しく声が出ていた様な気がします。もちろん、全曲オリジナルキーのままです。76歳。やっぱり宇宙人!自分を振り返ると仕事から道楽に至るまで、「もうこれで最後だ」「若くないから」などと勝手に線引きしている事がありますが、そう考えている事がバカバカしくなってきました。ポール、今回もありがとう!』

東京では10月下旬から11月初旬にかけて、2ヶ所・3回のコンサートが行われました。もちろん僕は行けませんでしたが。海外からかなりのアーティストが来日しています。「もう最後の来日です。」なーんて言いながら、それから10年間毎年来日しているアーティストもいたりします。でも、ポールにはそういった話は出て来ていませんね。さすが!だと思います。キーが変わらない、というのもさすがです。又、是非、来年来て下さい!とお伝え下さい。ご存知の方は…。

■Ryntenインプレッション
今週は、若くしてなくなったアーティストとして「Otis Redding」を特集しました。
#0:Satisfaction
#1: Respect
#2: Mr. Pitiful
#3: (Sittin’ on) The Dock of the Bay
#4:I’ve Got Dreams to Remember

■Key Of R
今週最後は、賛美歌「Amazing Grace」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【かぐら蔵@旭川】
北海道ツアー前日入り。空港に着いた時、雪は降ってはいませんでした。しかし、翌朝窓の外を見たら。。。

この日は一日中雪でした。
初めてお邪魔した〝かぐら蔵〟。ここは有名な菓子製造販売業のロバ菓子司が運営するレンタルスペースです。春のツアーに社長さんが僕のライブに足を運んでくれました。
社長さんとの写真を撮るのを忘れてしまった…。
ホールの入り口。素敵ですよね。

ホール内にはこんなオブジェ。地元スタッフが飾り付けしてくれました。有難いですね。

今回は、教室生徒でもあり、プロとしても活動している〝田山翔太くん〟が何故かいるし…(笑)。せっかくなので、セッションも。写真はリハーサル風景です。

大雪にも関わらず、たくさんの方々に足を運んで頂きました。感謝、しかありません(涙)。

【OFF日】
この日は、僕の北海道ツアーの道を切り開いてくれた方の墓参りに美瑛まで。亡くなって丸10年が過ぎました。早い様な長い様な。しかし寒かった!

墓参りの後は、暖かい美瑛のアンテナショップでちょいとビールなどを(笑)。

そんなこんなで、北海道はあっという間に暗くなります。

【ラジオ出演@FM G’Sky】
北海道の寒さを満喫?したOFF日の翌日、芦別ライブに向かう前に、滝川の〝FM G’Sky〟に生出演させて頂きました。僕の番組をネットしていただいてる局です。
ちなみに、G’ Skyでの僕の番組は、毎週土曜日20:00〜と再放送は毎週月曜日朝10:30〜です。

今回のツアー最終日の滝川ライブで朗読をして頂くパーソナリティー〝のあさん〟の番組です。

放送後、朗読する〝猫のプシュケ〟の絵本を見せてもらいながら記念撮影。黒猫!僕も大好きです。いいですね〜。

【キッチン・エルザ@芦別】
ラジオ出演後、芦別へ。ここは〝星の降る里〟というキャチコピーのある街です。夏に一度訪れた事がありますが、本当にすごい星でしたねえ。まあ、前回に続き、今回も雪、残念ながら。

今回で2度目となる〝エルザ〟。今年も暖かく迎えて頂きました。前回も来てくれたお客さんもいて、嬉しかったなあ。客席から掛け声をかけてくれるんです。盛り上がりますよね。

終演後はママさんが作ってくれた〝あんこう鍋〟を囲んで乾杯!うまかった〜。

で、記念撮影。

今年も有難うございました!

【ホテル三浦華園@滝川】
ここ〝三浦華園〟では、館内で僕のCDが流れています。有難い事ですよね。
今回のメインステージは、なんと言っても前日ラジオでお世話になった〝のあさん〟の朗読と僕のギターのコラボ。〝猫のプシュケ〟

前日、局にお邪魔した時に「どうしても読みながら泣いてしまうんです。本番までに涙を出し切ります。」とおっしゃっていましたが、なんとか耐えて頂き無事に?!(笑)
この物語の主人公は〝黒猫とその飼い主の女の子〟。猫は亡くなってしまい物語は終わるんですが、僕もなんとか耐えました〜(笑)。

ライブ終演後は、のあさんを囲んで記念撮影。

撤収作業で、記念写真に加われなかったPA村木さんチームと打ち上げ後に。

打ち上げでの写真は忘れてしまったけど、夏にお世話になる〝ふくろう〟の〝タケちゃん〟の作った料理が美味しかった〜。有難う!

翌日、東京に戻ったのですが、その日は雨。全然寒くなく雪もすっかり溶けていましたねえ。

■Ryntenライブ
・12月23日(日)福岡朝倉「音茶 ~復興支援ライブ~」
 O.A. 櫻井憲一郎、ザ・もー
 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

◆北海道ツアー後半
・12月6日(木)富良野「夜の独尊」
 20:00スタート 3,000円(要1ドリンク)
 (問)リンテンツアーサポート北海道 :担当:森 TEL 090-1399-1440

・12月8日(土)北見「ヴィーナス」
 19:00スタート 前3,000円 当3,500円(要1ドリンク)
(問)同 TEL 0152-73-2223
 
◆ギターセミナー
・12月1日(土)大阪八尾市F2音楽教室
 全プライベートレッスン、50分、¥10,800(税込)
 http://f2music.com

■2019年ライブスケジュール予定
・1月19日(土)静岡浜松「なんでモール」
 (問)TEL053-474-8889
・1月26日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 (問)TEL 03-3262-4675
・2月2日(土)高知「Bee Station」
 (問)TEL 088-855-6066
・2月10日(日)愛知江南「スタジオM」
 (問)TEL 0587-53-6416
・2月16日(土)高崎「JJ&BB」
 (問)青春の唄 TEL 027-333-2847 又は 高橋 TEL 090-2767-2276
・3月1日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 (問)TEL 0865-63-0511
・3月2日(土)、3日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 (問)TEL 084-926-5966
・3月16日(土)ソウル「SJA Hall 」詳細未定

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #530 インプレッション『Francis Lai』

お寒~ございます、と言いたいところですが冬将軍の到着が遅れている様な…今日この頃です。いかがお過ごしでしょうか?

今月の中ばでしょうか、耳に入って来た一つのニュースがあります。それは、これまで130年間変わらなかった〝1キログラム〟の基準が見直される事になった、というお話です。これって「何を基準にしているのか?」と言っても即座に答えられる人は、それほどいないと思います…。ちなみに、18世紀のヨーローッパでは、水1リットルを1キログラムとし、それを元に約130年前の1889年、フランスで合金の分銅が作られ、世界中に広まって行ったとの事。日本にももちろんあります。〝原器〟と呼ばれるものが茨城県の〝つくば〟にあるそうです。しかし、その原器、分銅の重さが微妙に変わっている為に、フランスで国際会議が開かれ、今後は原子の数で決定する、らしいです。もはや、チンプンカンプンですよね。出てくる数式もわけが分からず…。シュールビヨーという単位が出て来たり…。これによって、産業や製品開発にいい影響を及ぼしそうです、が、それとて僕には理解出来ないことであります。重さにしろ時間にしろ、どんどんと緻密になって行きますが、〝おおざっぱ〟という文化もどこかに残っていて欲しい、そう思います。

■Ryntenインプレッション
今週は、今月上旬に訃報があった作曲家「Francis Lai/フランシス・レイ」を追悼特集しました。
#0:Un homme et une femme / 男と女
#1:13 jours en France / 白い恋人たち
#2:Love Story / ある愛の詩
#3:La Valse Du Mariage/ ワルツ(雨の訪問者より)

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル曲「愁」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【ガリバー@三重四日市】
久しぶりの新幹線。青空にそびえる姿が美しかった!

11月とは思えない程の、とても穏やかな暖かい一日でしたねえ。
〝ガリバー〟での秋バージョンです。ゲストにはいつもの〝竹内いちろ君〟。

ガリバーではいちろ君とのセッションが毎回楽しみでもあります。
今回も楽しかったですよ~。写真はリハーサルで綿密な?打ち合わせ。

お客さんは少なかったけど、盛り上げてもらいました。感謝!
終演後、みんなで記念撮影。

【バックインタウン@東京】
ここ〝バックインタウン〟でのライブ、通常は週末でしたが、初めての日曜日開催となりました。
ウイークデイだと来れない!という方々がかなりの割合で来てくれましたねえ。ハラハラドキドキでしたので、嬉しかった~。

今回は、キーボードの〝平井宏さん〟とのコラボです。
いや~、楽しかったですねえ。
お客さんも楽しんでいる姿が見えました!盛りあがりましたね。

リハーサルは当日のみ。
平井さんも準備万端で来てくれました。さすが!ですよね。

また、このバージョン、どこかで演りたいなあ。

【クリスマスツリー】
〝中央FM〟のあるビル〝東京スクエアーガーデン〟にもクリスマスツリーが飾られました~!

■Ryntenライブ
・12月2日(日)奈良「ビバリーヒルズ トーク&ライブ with平井宏」
 ゲスト:南かおり(MCタレント)
 18:00スタート 前4,000円 当4,500円(オーダー別途)
 (問)TEL .0742-26-7444
http://flower6.jp/access.html

・12月23日(日)福岡朝倉「音茶 ~復興支援ライブ~」
 O.A. 櫻井憲一郎、ザ・もー
 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

◆北海道ツアー
・12月6日(木)富良野「夜の独尊」
 20:00スタート 3,000円(要1ドリンク)
 (問)リンテンツアーサポート北海道 :担当:森 TEL 090-1399-1440

・12月8日(土)北見「ヴィーナス」
 19:00スタート 前3,000円 当3,500円(要1ドリンク)
(問)同 TEL 0152-73-2223
 
◆ギターセミナー
・12月1日(土)大阪八尾市F2音楽教室
 全プライベートレッスン、50分、¥10,800(税込)
 http://f2music.com

■2019年ライブスケジュール予定
・1月19日(土)静岡浜松「なんでモール」
・1月26日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
・2月2日(土)高知「Bee Station」
・2月10日(日)愛知江南「スタジオM」
・2月16日(土)高崎「JJ&BB」
・3月1日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
・3月2日(土)、3日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
・3月16日(土)ソウル「SJA Hall 」

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenゲスト #529 野澤享司さん 後半

毎年の様に訪れる〝年末商戦〟。今年も賑やかになってまいりました。お寒い中、如何お過ごしでしょうか?

今年も押し迫ってきましたね。カウントダウン、と言ったところでしょうか?
早速ですが、お便りをご紹介します。

ゲストに来られた〝蘭華さん〟のコーナーへのコメントです。
・宮城の中年ライダーさんから
宮『トークと素敵な曲を堪能しました。倫典さんの声がいつもより半音程度高いので、少し面白いと思いました。』
R『そうですか?本人は気づいておりません。ほっといてくれ、という感じですけど…。』
宮『美人のアルバムの女性を目の前にして話すのですから、小生だったら顔を真っ赤にしながら声が上ずるところです』
R『半音程度高かった?わかりません…。』
宮『実は、男性ゲストも意外と楽しみにしているのですよ。』
R『今週も男性ゲストをお招きしておりますので、楽しみにしていただければ、と思います。』

・TAKさんからも〝蘭華さん〟ゲストへコメントを頂いています。
T『倫典さんのバッキング、やはりいいな。』
R『有難うございます。』
T『ライブの企画、サポート出演、楽しみにしています。歌もので倫典さんの重ね録りアレンジもまた聴いて見たい。』
R『そうですね。重ね録りという事はアルバムでしか聴けない、という事になりましょうか。まあ、いい例が〝テレサ・テンさん〟とのコラボですね。ギター5、6本重ねて、あとは歌だけの世界。〝時の流れに身をまかせ〟を演奏させて頂きました。また、そういうチャンスがあれば、と僕も願っております。』

お便り、有難うございました。

■Ryntenゲスト《野澤享司さん
先週に引き続き、《野澤享司さん》にお越し頂きました。

今週も新しいアルバム《EARTH BEAT〜明日への航海〜》からのピックアップ、インストゥルメンタル曲《大河の見る夢》を聴きながらスタート。
先週はアルバム中心でしたので、今週は趣味や特技にも触れていきたいと思います。

まずは、野澤さんのこれまでの軌跡を伺いました。
倫『1stアルバムは1971年の〝白昼夢〟。すごいキャリアですね。』
野『46、7年になります。』
倫『半世紀喃々と、それだけに…』
野『(それだけに)何です?!』
(二人で爆)

野澤さんはいろんな方とアルバムレコーディングやステージなどご一緒されています。僕の知っている方が多いんです。〝はちみつぱい〟〝ムーンライダース〟の〝武川雅寛さん〟、マルチプレイヤーでもありアレンジャーの〝渡辺勝さん〟は僕の大学の先輩。昔、「〝斉藤哲夫さん〟と〝はちみつぱい〟というユニットを組んで僕の曲でデビューしろ。」と言われたことがあり、斎藤さんのご実家が大森で食堂をされていて、そこでよく練習したこともありました。

倫『〝谷山浩子さん〟の名前が出てきたのには、驚きました。』
野『フォーライフレコードで二枚目のアルバム〝Kyoji-Travelin’〟の時に、〝小室等さん〟プロデュースでコーラスで参加してくれたんです。』
倫『巡りめぐっていろんなところで繋がってますね。』

今日の1曲目は、夕暮れから始まりミッドナイトまでのストーリーのある《Midnight Train》。

曲を聴き終えて
倫『いろんな色がありますね。楽曲も声色もニューヨークのビリージョエルか?宇都宮の野澤享司か?』
二人で(爆)
野『自分では意識してないんですけど。』
倫『曲によって発声が違う。』
野『そうですね。曲によって気持ちが変わる、というか。』

その辺りも十分に楽しめるアルバムです。僕の周りでもギターインストを演る人たちが増えていますが、そういう人たちに、このギターをぜひ聴いてもらいたいです。

倫『この〝Midnight Train〟のリフも、ここまで弾ける歌い手さんはあまりいないです。』
野『そうですか?!』
倫『この番組に来られている方で「すごいギターを弾くなあ」と思ったのは、〝鈴木康博さん〟と野澤さん!』
野『光栄です。』
二人で(爆)

倫『等身大の世代なりの歌、言いたい事、悩んでる事も。』
野『これしかない。』
二人で(爆)

前回の2年前にお越し頂いた時には〝忍術〟の話題が出ました。
倫『野澤さん自身が忍者?』
野『忍術研究家です。』
倫『最近またブームになってる色を感じますが。』
野『この前、生涯学習センターに呼ばれ70人ほどの年配の学習好きな方に90分くらい忍術の公演会をしたんです。中盤と後半にインスト入れて。前半は総論で後半が各論。受けました!』
倫『どちらで?』
野『宇都宮で。』
倫『忍者の里ではなく?』
野『ではなく。忍者の里からもオファーがちょっとあったりします。』

倫『インターネットで野澤さんを拝見した時、ご自宅には忍術・忍法の本がズラーと。』
野『200冊くらいあります。』
倫『音楽の本は無いとか。』
野『言えてる!』
二人で(爆)

最後に、新しいアルバムEARTH BEATで斉藤哲夫さんがコーラスで参加されている《南へ遠く》。

倫『今年とは言いませんが、是非、ご一緒したいですね。コーラスをやれ、と言われても歌は出来ませんが。』
野『出来ないんですか?!いい声してますよ〝ジョーコッカー〟ばりで。』
倫『声と音程は別物。』
二人で(爆)

収録を終えて。
2週に渡りお越し頂いた野澤享司さん。穏やかな柔らかい方です。僕よりホンの少し年上ですが、気が抜ける、肩の力が抜ける、そんな時間を過ごさせて頂きました。

番組でもご紹介しましたが、多才なそして趣味をたくさん持っていらっしゃる方。特技と言っていいかもしれません。

忍術・忍法の話もありましたが、それのみならず〝手品〟では手品師としての名前をお持ちだそうです。〝ミスターキョリック〟〝マギーキョーシロー〟など。マギーシローさんをパロディってるわけではありません。マギーさんも栃木出身ですから、その絡みだとは思いますが。

また、先日は、自宅だけでなく、頼まれて1000坪ほどの人の家の草刈りまでしたそうです。さらには別な日、蜂に刺され家に帰ったら蜂の巣を見つけが、蜂に刺されたばかりの自分は落ち込んでいて処分する気にならず、インターネットで蜂の巣退治を頼んだら、3万円取られクレームしたら「俺たちは命をかけてやっているんだ!』と言われた、と笑いながら話をされていた野澤さんがとても微笑ましかった。

是非、インターネットでアルバムやライブを検索してみて下さい。

【野澤享司ライブスケジュール】
・11月11日(日)イベント「上の恩賜公園野外音楽堂」
以下、野澤享司 with ながはら元
・11月22日(木)東京高円寺「稲生座」
・12月14日(金)東京大森「風に吹かれて」
・12月16日(日)埼玉川越「一乗」
・12月24日(日)国分寺「giee」
・12月29日(土)栃木宇都宮「レモンファクトリー」
野澤享司HP http://www.good-weather-studio.com/nozawa-kyoji.html

野澤さん、また遊びに来て下さいね。
そしていつか是非、ご一緒しましょうね。

■Ryntenダイアリ
※先週のダイアリ掲載がありませんでしたので、2週分となります。失礼いたしました。(番組スタッフ)
《以下、先週分です》
【セリオンポートシアター@秋田】
一年ぶりの秋田です。昨年は風が強くて寒かったけど、今年は肩透かし(笑)。それほど「寒い!」とは感じないほど、暖かかった気がします。

初めてライブ会場となった「ポートシアター」は、これまで開催していた会場の目の前にあります。一度も覗いたことがありませんでしたが、ライブにはとてもいいスペースでした。

で、ライブはこんな感じ。天井には星も出たりして。

今年はちょっとお客さんが少なかったけど、アンコールも頂いたりして、盛り上げてもらいました!

打ち上げは恒例の〝サントス〟で手作りの〝きりたんぼ〟。
美味しかったです!下ごしらえとか、大変だったと思います。ありがとう〜。

いつもライブに足を運んでくれるギター青年。今回初めて演奏してくれました。カバーアレンジとオリジナル、オリジナルがよかったなあ。これからが楽しみですね。

解散前の写真を。まずは女子から(笑)。

そしてむさ苦しいけど、男性陣(笑)。

今年も楽しかった〜!写真にはいないけど、お力添えを頂きましたみなさん、ありがとうございました。感謝。

ライブ会場の窓から秋田港の夕焼けを撮ってみました、が、窓の汚れが気になる…(苦笑)


《ここまでが先週分で、この下が今週分となります。》

【リンダムツアー2018@上田鹿教湯温泉】
今年もファンの皆さんとご一緒する、宿泊イベントがありました。参加頂きました皆さん、有難うございました。関東近郊はもちろん、遠くは九州や北海道から、または関西そして東海から、〝ミカちゃん〟こと〝三ケ尻聖一〟さんも駆けつけてくれ、僕も毎年このイベントを楽しみにしているので、本当に嬉しかったです。
まずは開会式。この時には、まだ到着されてない方々も。

ミカちゃんにも挨拶してもらいました(笑)。

その後は、ギターレッスンもありそして、楽しい夕食。いつもながら、ここ《旅館鹿乃屋》さんの食事はいつも豪華なんです。

ライブと懇親会。
ミカちゃんステージの後は僕のソロライブ

オープンステージと懇親会。オープンステージではサポートさせてもらいました(笑)。

会場に人がいなくなったのは、午前3時過ぎだったそうな。。。

翌日は〝上田城〟へプチ観光。櫓で遊んでみました〜〝六文銭!〟

紅葉が綺麗でした。

観光の後はランチ。地元では有名なとんかつ屋さん、これまた〝六文銭!〟

全員が完食!?

そして解散。今年も楽しかった〜!!!
また、来年、この時期にここで集いましょうね。待ってまーす。

しかしながら、ミカちゃん大活躍なツアーだった様な…。有難うミカちゃん!

番外編:ミカちゃんショー

■Ryntenライブ
・12月2日(日)奈良「ビバリーヒルズ トーク&ライブ with平井宏」
 ゲスト:南かおり(MCタレント)
 18:00スタート 前4,000円 当4,500円(オーダー別途)
 (問)TEL .0742-26-7444
http://flower6.jp/access.html

・12月23日(日)福岡朝倉「音茶 ~復興支援ライブ~」
 O.A. 櫻井憲一郎、ザ・もー
 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

◆北海道ツアー
・11月22日(木)旭川「かぐら蔵」
 19:00スタート 前3,000円 ペア5,400円 当一律3,500円
 (問)同 TEL 0909082-6868

・11月24日(土)芦別「キッチンハウスエルザ」
 19:00スタート 前/当3,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0124-23-0082

・11月25日(日)滝川「三浦華園」
 18:30スタート 前3,000円 当3,500円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0125-32-3329

・12月6日(木)富良野「夜の独尊」
 20:00スタート 3,000円(要1ドリンク)
 (問)リンテンツアーサポート北海道 :担当:森 TEL 090-1399-1440

・12月8日(土)北見「ヴィーナス」
 19:00スタート 前3,000円 当3,500円(要1ドリンク)
(問)同 TEL 0152-73-2223
 
◆ギターセミナー
・12月1日(土)大阪八尾市F2音楽教室
 全プライベートレッスン、50分、¥10,800(税込)
 http://f2music.com

■2019年ライブスケジュール予定
・1月19日(土)静岡浜松「なんでモール」
・1月26日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
・2月2日(土)高知「Bee Station」
・2月10日(日)愛知江南「スタジオM」
・2月16日(土)高崎「JJ&BB」
・3月16日(土)ソウル「SJA Hall 」

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenゲスト #528 野澤享司さん 前半

東京の紅葉も進みつつあるようです。如何お過ごしでしょうか?

めっきり寒くなりました。季節の移ろい、もの凄く早いですね。「昔はこんなに早く季節って変わったっけ?」と。
さて、話は変わり…。僕たちは音の世界に生きています。もちろん、音だけではありませんが、〝音の世界に生きる〟たくさんの職業やポジションがあります。中でも最近感じるのが、〝特質〟に値するのではないか?という〝潜水艦の音響測定員〟。これほどシビアなポジションはないのではないか?音の世界に生きる中でもこれは筆頭と言っていいのかもしれません。実際どの様な仕事内容なのか?は、詳しくは分かりませんが、かなりシビアな世界である事は間違いないでしょう。日本で言えば、海上自衛隊が制作した潜水艦を紹介するビデオもあります。しかし、極秘事項がかなり多い為、逆に漫画アニメの方が分かりやすいかもしれません。例えば、〝かわぐち かいじ〟さんの〝沈黙の艦隊〟。こちらの方が実際の潜水艦の音響測定という世界がより分かるかもしれません。何れにしても、僕たちですらとても追いつかない程の〝耳の良さ〟そして〝集中力〟を感じる、そんなポジションです。

■Ryntenゲスト《野澤享司さん
今週と来週は、野澤享司さんにお越しいただきます。野澤さんは、2年ぶり2度目の登場。野澤さんが「2年経ったんですね。」と「今もお変わりなく」と僕。

BGMには、今年リリースした《Earth Beat〜明日への航海》から《大河の見る夢》。このアルバムはパーカッションの〝ながはら元さん〟とのコラボ、しかもこの楽曲はギターインストなんです。これがなかなか素晴らしい!

野『ずっと一人でしたから、自分の中では新しい試みです。』
倫『個人的には名盤です!近年、手にするアルバムは「また聴こう。」という気が起こらない。久しぶりに車の中に入れ込んでおこう、と思いました。』
野『ありがとう。頑張った甲斐がありました。』
倫『このギターのスタイルは自分好みな部分が結構ちりばめられていて、それが大きい。』

今回、ギターとパッカション、他の楽器がないのがいいんです。

野『二人にこだわりました。』
倫『最近、余計な機械的な音がガンガン入っている様なアルバムにはない、人間味を感じます。』
野『二人で出し切った、シンプルだけどバリエーションに富んだアルバムです。』

このアルバムはセルフアルバム。以前リリースした〝Fender Bender〟からの楽曲をアレンジしたり新曲も収録されています。また、不思議なジャケットも。全てに物語があるんです。この話題は追って聞いていきたいと思います。

ここでスタジオ生ライブ。ほぼブッツケです。
今日の1局目は新しいアルバム〝大河の見る夢〟から《やるせないこの想いは》。
YouTube Preview Image

演奏を終えて
倫『コード進行が複雑じゃない。』
野『そうですか?!』
二人で(爆)

キーボード関係の人が創ると綺麗なメロディーなんですが、コード進行が「はあ?」というものも多いんです。

倫『やっぱりギターリストが創るコードの流れは理解しやすいし、ブルース基調だし。それに今回収録した前回のアルバムのセルフカバー〝ウイスキーリバー・ブルース〟には〝グランド・ゲーリー・デービス〟が出たっ!それも僕が聴き倒した〝ホットツナ〟』
野『一緒です。』
二人で(爆)

本当にその曲を聴いた時は「きた〜っ!」という感じでした。それを日本語で演ってる、というところに僕は飛びつきましたねえ。それがたくさん入っているアルバムなんです。

ジャケットに描かれている絵は、全て野澤さんが描かれています。しかもUFOが…。
倫『ストーリーが描かれてる?』
野『でも、よく考えてみればストーリーが見えてくるまで CDのイラストを考えてみる人はいないと思う。』

確かに言われなかったら分からないでしょうね。

倫『このアルバムに流れているテーマはあるんですか?』
野『裏面に描かれている道具。人間が始まり道具を使い出し、それは地球の為にいい物になるのか?悪い物になるのか?見守っている。』
倫『宇宙人が?』
野『はい。』

この道具は宇宙人が作ったのかどうか?と尋ねたら「分からない」との返事でした。ジャケットの裏、ライナーノーツの裏には、野澤さんとながはらさんの似顔絵が描かれています。

倫『これも UFOの中にいるという設定?』
野『はい。宇宙人と一緒に地球を眺めている。』
二人で(爆)

倫『ジャケットの中にストーリー性が漂っているのは最近珍しい。』
野『ブルージーなのにSFチックな部分が。』
倫『妙なコラボレーション』
野『異質なコラボレーションが異質ではなく感じるみたいな…。』

最後の曲は、《アースビート》から《大地の鼓動》

曲を聴きながら
倫『これはオープンチューニング?』
野『はい。』

野澤さんは色々な話題をお持ちの方です。そのあたりを次回伺ってみたいと思います。

【野澤享二ライブスケジュール】
・11月11日(日)イベント「上の恩賜公園野外音楽堂」
以下、野澤享司 with ながはら元
・11月22日(木)東京高円寺「稲生座」
・12月14日(金)東京大森「風に吹かれて」
・12月16日(日)埼玉川越「一乗」
・12月24日(日)国分寺「giee」
・12月29日(土)栃木宇都宮「レモンファクトリー」
野澤享司HP http://www.good-weather-studio.com/nozawa-kyoji.html

■Ryntenダイアリ

■Ryntenライブ
■ライブスエジュール
・11月17日(土)三重四日市「ガリバー」ゲスト 竹内いちろ
 19:00スタート 前3,000円 当3,500円(オーダー別)
 (問)同 TEL 059-346-7321
http://www.galliver.gr.jp

・11月18日(日)東京「バックインタウン」
 18:00スタート 3,780円(オーダー別)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

・12月2日(日)奈良「ビバリーヒルズ トーク&ライブ with平井宏」
 ゲスト:南かおり(MCタレント)
 18:00スタート 前4,000円 当4,500円(オーダー別途)
 (問)TEL .0742-26-7444
http://flower6.jp/access.html

・12月23日(日)福岡朝倉「音茶 ~復興支援ライブ~」
 O.A. 櫻井憲一郎、ザ・もー
 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

◆北海道ツアー
・11月22日(木)旭川「かぐら蔵」
 19:00スタート 前3,000円 ペア5,400円 当一律3,500円
 (問)同 TEL 0909082-6868

・11月24日(土)芦別「キッチンハウスエルザ」
 19:00スタート 前/当3,000円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0124-23-0082

・11月25日(日)滝川「三浦華園」
 18:30スタート 前3,000円 当3,500円(1ドリンク付)
 (問)同 TEL 0125-32-3329

・12月6日(木)富良野「夜の独尊」
 20:00スタート 3,000円(要1ドリンク)
 (問)リンテンツアーサポート北海道 :担当:森 TEL 090-1399-1440

・12月8日(土)北見「ヴィーナス」
 19:00スタート 前3,000円 当3,500円(要1ドリンク)
(問)同 TEL 0152-73-2223
 
◆ギターセミナー
・12月1日(土)大阪八尾市F2音楽教室
 全プライベートレッスン、50分、¥10,800(税込)
 http://f2music.com

■2019年ライブスケジュール予定
・1月19日(土)静岡浜松「なんでモール」
・1月26日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
・2月2日(土)高知「Bee Station」
・2月10日(日)愛知江南「スタジオM」
・2月16日(土)高崎「JJ&BB」
・3月16日(土)ソウル「SJA Hall 」

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』