Ryntenゲスト #600 “川島桂子さん 前半”

●お知らせ
10年ぶりとなる、NEWアルバム 2020年5月20日一斉発売!
タイトル:「New Vistas」
品番:COCP-41165
全12曲収録 日本コロムビアより 3,000円(税込)

**********************
街行く人々のいでたち・服装も薄着になっている様であります。春!です。如何お過ごしでしょうか。

〝新型ウイルス・コロナ〟の騒動が続いています。東京の話です。小学校では3月中旬時点では授業は行われていませんでしたが、多少の規制が緩くなったのか?「広々としていい。」と校庭を解放する学校が出てきました。開放した初日に集まった小学生の数は100数十名。教室より混んでたそうです。これって「授業を再開した方がいいのではないか?」という点に結びつかないのでしょうか。傍目の話ではありますは、行政の瞑想状態を感じる今日この頃です。

■Ryntenゲスト《川島桂子さん
今週のゲストは〝フラメンコ・カンタオーラ〟の〝川島桂子さん〟をお迎えしました。スタートには、昨年今年3月5日リリースした《una carta para ti(ウナカルタパラフィ)〜君への手紙》から〝Solea(ソレア)〟をBGMに。遠くの国を馳せる様な、思わせる様な歌声です。「どんな方なのか?」と戸惑いもあったんですが、日本離れした歌声と、そしてスペイン語の歌を聴いたら「外国の方?」とさらに戸惑いが…。

倫『フラメンコの女性歌手を〝カンタオラ〟と言う?』
川『はい。』
倫『日本だとイメージが踊りに傾きやすい。』
川『そうですね。日本の90%位の方が「フラメンコは踊り」という認識だと思います。』
倫『以前、フラメンコの踊りのステージを観た事があります。歌う方もいましたが、声量や発声が違う。』

BGMで流れている〝Solea〟が収録されているアルバム〝una carta para ti〟は、川島さんの初ソロアルバムです。

倫『〝ウナカルタパラティ〟(una carta para ti)は日本語で〝君への手紙〟…初めてスペイン語を喋りました(笑)」
川『(笑)ちゃんと通じてますよ。』
倫『キャリアは長いのに、初めてのアルバムなんですね?』
川『ライブ中心でしたのでCDには興味がなかった。』

アルバムには色々な方が参加されています。

倫『11曲収録。曲のタイトルは曲の種類ですか?スペインってそういうタイトルのつけ方が多い?』
川『そうですね。フラメンコの歌には、形式があってオリジナルであれ古くから歌われてる曲であれ、歌詞の中から印象に残るフレーズをタイトルにしたり、と、曲の形式が厳然としてあります。』

分類の仕方は、クラッシックにもありますよね。アーティストさんによっては自分のアルバムにも同じタイトルの曲があったりします。

倫『〝Solea〟もまた曲の種類の名前?』
川『そうです。フラメンコの母と言われている曲種なんです。』
倫『その時点で僕はもう解らない。』

2人で(爆)

フラメンコの母という意味は〝王道〟。ピックアップされやすい曲で、踊りでもフラメンコと言うと〝Solea〟が出てくる、そういった意味で〝母〟なんだとか。

今日の1曲目は、アルバム〝una carta para ti〟から、王道とは違った曲種の名前のついた曲《Alegrías(アレグリアス)》

曲を聴き終えて
倫『スパニッシュを感じる。先ほどの曲(Solea)が〝母〟だったらこちらは〝父〟かな。』
川『(笑)アレグリアは喜びという意味です。』

〝Cádiz(カディス)〟という地中海にも大西洋にも面してる街があり、コロンブスも船の出し入れをした場所。そこで生まれた曲で明るい曲調です。明るい曲は少ないけど明るい曲の中の王様との事。

倫『海辺の街にはこういう音楽が生まれる?』
川『海は海なりに、山は山なりのスタイルがある。カディス圏で生まれた曲は明るい。中南米から影響を受けた山の曲、例えば馬に乗ってたり鉱山で働かされてた人の歌も。炭坑節です。』
倫『それは男性が歌う?』
川『基本的には男性が多い。フラメンコも女性が歌うのは珍しかった。』
倫『今は?』
川『王道を歌うのは圧倒的に男性が多い。』
倫「スペインでも?』
川『女性はいくつか形式がありますが、タンゴや明るめのリズムのいい曲を歌う女性はたくさんいる。』

フラメンコという語源を調べていたら色々と諸説はある様です。フランダースはフランドールという土地の名前からきているとか。スペイン語ではその土地の言葉をフラメンコと言うそうです。

川『フラメンコというと音楽の種類。カテゴリーもありますが生き方そのものを指し「こいつはすごいフラメンコ野郎だ!」という言い方もあります(笑)』
倫『(笑)「このフラメンコ!」って日本語でも使えそうですね。』

かつては、よくも悪くも「フラメンコ」という言葉を使ってましたが、近年は健全だそうな。鳥の〝フラミンゴ〟をフラメンコと呼んでる人もいるんです。

倫『スペイン語は言葉数が少ない。』
川『日本語は言い方豊富。でもスペイン語は言い回しがある。』

逆に、日本語訳が難しいですね。

倫『歌っていて出会った事は?』
川『歌には生き方も含めて文化的な背景があり、ほとんどは二重の意味があったりする。古くから口伝えで歌われてきているので、歌詞を訳しただけだと何言ってるのか分からない。』

それらを理解しながら歌っていくのは大事なことだと思いますし、歌い方も変わってきますね。そのあたりがこの
アルバムに集約されているんだな、と感じました。

最後にこのアルバムから〝フラメンコの父〟と言われる《Seguiriya (シギリージャ)》

曲を聴きながら
倫『深い世界ですね。』
川『民俗芸能なので歴史があります。』
倫『日本の民謡や古謡に匹敵する?』
川『そうですね、つまり、スペインの中でもフラメンコを知らない人も多い。少数の人達のものなんです。南部のアンダルシアで生まれ、そこに〝ヒターノ族(スペインジプシー)〟や〝ジプシーロマ族〟が混ざった。今日ご紹介した様な〝Seguiriya〟や〝Solea〟という曲は、ヒターノの人たちが生み出したスタイル。』

土地によって生まれてくる曲も変わってくるんですね。スペインの人たちだけでなく他の地方の方々によっても歴史は創られてるわけですから、その辺りも深く聞きたい気持ちもあります、が、深く聞くと僕自身混乱しそうなので、今回はこの辺で。という事で来週は、川島さんがこの道に入り日本でどうやって築き上げて来られたのか?をお聞きしたいと思います。
来週もお越し頂きます。

川島桂子HP https://www.48canta.com

■Ryntenダイアリ
【マスク】
僕がいつもお世話になっている中国《Fingerstyle China》のスタッフからたくさんのマスクを送ってくれました。有難い事です。感謝!

■Ryntenライブ
●ソロライブ
・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

・4月25日(土)宮崎高鍋「Dolphy」
 19:30スタート 前2,500円 当3,000円(1ドリンク付)
(問)同 TEL 0983-22-0784 または 永友 TEL 090-1165-6752
https://dolphy-jazzspot.com/about.html

・4月26日(日)大分「f Sound Cafe」
 19:00スタート 3,000円(ドリンク別)
(問)同 TEL097-551-5380

・5月2日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(いずれも要 2オーダー)
 (問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・5月3日(日)三重四日市「ガリバー」
 ゲスト:竹内いちろ 19:00スタート 前3,500円 当3,800円
 (問) TEL 059-346-7321
http://www.galliver.gr.jp

・5月5日(祝火)山口美祢市「sonoda coffee-ソノダコーヒー」…詳細未定
https://choruyama.com/sonodacoffee/

・5月23日(土)米子「BEXX」
 O.A. URA 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(オーダー別)
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

・6月6日(土)群馬高崎「地球屋ハルナグラスイベントルーム」
http://www.chikyuya.co.jp/archives/5082
 14:00スタート 3,500円(ドリンク・自家製パン付)
(問)青春の唄 TEL 027-333-2847 又は 高橋 TEL 090-2767-2276

●イベント参加
・5月30日(土)東京錦糸町「2020 東京Hand Craft Guitar Fes.」@すみだ産業会館 8Fサンライズホール& 9F
 岡崎倫典は30日(土)17:25〜18:00を予定しています。3月半ばよりチケット販売予定
https://handcraftguitar.jp/#

・6月13日(土)ソロギターの日・ソロギター生音コンサート2020@東京初台「近江楽堂」
http://www.oumigakudou.com
 オープニングコンサート=若手ギターリストによる演奏:渡辺良介、金原聖嗣、玉腰向輝、坂本佳祐
 13:30スタート 14:50終演(予定)入場料:1,000円(当日のみ受付にて。全席自由)
 メインステージ:岡崎倫典、小川倫生、矢後憲太、奏帆
 17:30スタート 前4,000円 当4,500円 全席自由
(問)Acoustic Guitar World  shige@aco-world.com
http://www.aco-world.com/

●中止または延期になったライブ・イベント
●延期
・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「~夜の会~」→夏以降予定。

●中止
・4月11日(土)「Morris Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫」本年度の開催はありません。(問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641 詳細は下記よりご覧ください。
https://moridaira.jp/posts/fingerpicking-day-2020-canceled

■アルバム/譜面集情報
●お知らせ
10年ぶりとなる、NEWアルバム 2020年5月20日一斉発売!タイトル:「New Vistas」品番:COCP-41165全12曲収録 日本コロムビアより 3,000円(税込)

Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #599 インプレッション”Karla Bonoff”/バイエル”Summer Sambaを弾こう #14”

●お知らせ
10年ぶりとなる、NEWアルバム 2020年5月20日一斉発売!
タイトル:「New Vistas」
品番:COCP-41165
全12曲収録 日本コロムビアより 3,000円(税込)

**********************
今年もまたまた〝誕生日〟がやって来ました!昔は嬉しかったのに。。。ご機嫌如何でしょうか?昔は誕生日がとても楽しみだった。ところが、今となっては「もう来たか?!」という感じ…。「幾つになったか?」まあ〝ゾロ目〟とだけお伝えしておきましょう。

さて、現在の〝日本の人口〟は約1億2,600万人くらい、と聞いております。人口の減少が懸念される昨今ではありますが、日本の人口の歴史を振り返ってみますと、1千万人を超えたのは恐らく〝室町時代〟だと言われております。西暦1,500年前後ですね。
ちなみに〝明治維新〟の時は、3,340万人。今の 3分の 1以下です。そして、1億人を超えたのは、1967年。前回の東京オリンピックよりも後の事です。
日本の人口の統計が取られ始めたのは、1872年〝明治 5年〟。この時の人口が 1位だったのはどこか?なんと!〝広島県〟。それから少し時間が経ってからの1888年〝明治21年〟、この時の1位は〝新潟県〟でした。いかに〝農業従事者〟が多かったか!という事と日本海の〝大阪〟と〝北海道〟を結ぶ航路の中継地点でもあった、のが理由に挙げられます。
〝東京〟が初めて1位になったのは、1897年〝明治30年〟。それ以降は当然、東京がずっと 1位なんですが、いかに〝メトロポリタン〟として歴史は古くない、ということが分かります。
さて、これから先、人口の推移はどうなっていくんでしょうか。

■Ryntenインプレッション
今週は、「デビューアルバムを聴く」と題して、『Karla Bonoff / Karla Bonoff』を特集しました。
0. Lose Again
1. Someone to Lay Down Beside Me
2. If He’s Ever Near

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、”Walter Wanderley/ワルター・ワンダレイ”の「Summer Samba」の14回目です。雑誌”アコースティックギターマガジン 82号”に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。

■Key Of R
今週最後は、スコットランド民謡でカーラ・ボノフの歌声でも親しまれている「The Water is wide」です。ぜひ、お聴きください。

■Ryntenダイアリ
【中央FMにて】
今年もバースデープレゼントを頂きました。僕の大好物!
毎年、有難うございます。感謝!(涙)

今年、5月20日に新しいアルバムが出ます!ただいま、レコーディング中。よろしくお願いします。

■Ryntenライブ
●ソロライブ
・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

・4月25日(土)宮崎高鍋「Dolphy」
 19:30スタート 前2,500円 当3,000円(1ドリンク付)
(問)同 TEL 0983-22-0784 または 永友 TEL 090-1165-6752 https://dolphy-jazzspot.com/about.html

・4月26日(日)大分「f Sound Cafe」
 19:00スタート 3,000円(ドリンク別)
(問)同 TEL097-551-5380

・5月2日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(いずれも要 2オーダー)
 (問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・5月3日(日)三重四日市「ガリバー」
 ゲスト:竹内いちろ 19:00スタート 前3,500円 当3,800円
 (問) TEL 059-346-7321
http://www.galliver.gr.jp

・5月5日(祝火)山口美祢市「sonoda coffee-ソノダコーヒー」…詳細未定
https://choruyama.com/sonodacoffee/

・5月23日(土)米子「BEXX」
 O.A. URA 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(オーダー別)
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

・6月6日(土)群馬高崎「地球屋ハルナグラスイベントルーム」
http://www.chikyuya.co.jp/archives/5082
 14:00スタート 3,500円(ドリンク・自家製パン付)
(問)青春の唄 TEL 027-333-2847 又は 高橋 TEL 090-2767-2276

●イベント参加
・5月30日(土)東京錦糸町「2020 東京Hand Craft Guitar Fes.」@すみだ産業会館 8Fサンライズホール& 9F
 岡崎倫典は30日(土)17:25〜18:00を予定しています。3月半ばよりチケット販売予定
https://handcraftguitar.jp/#

・6月13日(土)ソロギターの日・ソロギター生音コンサート2020@東京初台「近江楽堂」
http://www.oumigakudou.com
 オープニングコンサート=若手ギターリストによる演奏:渡辺良介、金原聖嗣、玉腰向輝、坂本佳祐
 13:30スタート 14:50終演(予定)入場料:1,000円(当日のみ受付にて。全席自由)
 メインステージ:岡崎倫典、小川倫生、矢後憲太、奏帆
 17:30スタート 前4,000円 当4,500円 全席自由
(問)Acoustic Guitar World  shige@aco-world.com
http://www.aco-world.com/

●この度の新型ウイルス拡散防止と感染防止の為、中止または延期になったライブまたはイベントです。
●延期
・3月21日(土)奈良「ビバリーヒルズ40周年記念イベント~鈴木康博 &岡崎倫典ジョイントライブ」→『7月19日(日)』 17:00スタート 前6,000円 当6,500円(共に要1ドリンクと1フード=1,000円)
(問)Now West One TEL 075-252-5150
チケット発売:5月16日:ぴあ:P-175-351、ローソン:L-51647、epluas:https://eplus.jp (PC・携帯)ビバリーヒルズTEL 0742-26-7444
●既にお買い求めになったチケットは、延期された日程でご使用出来ます。
●払い戻しご希望の方へ:払い戻し期間は〝3月22日(日)12:00~4月5日(日)23:59〟までです。この期間にお求め頂いたプレイガイドで払い戻し下さい。※期間を過ぎてからの払い戻しは出来なくなりますので、ご注意下さい。
・チケットぴあ:http://t.pia.jp/guide/refund.jsp TEL 0570-02-9111(10:00~18:00)
・ローソンチケット:http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/ TEL 0570-000-777(10:00~18:00)
・イープラス:https://eplus.jp/refund2/ TEL 0570-06-9911(10:00~18:00)
・ビバリーヒルズ:TEL 0742-26-7444 http://flower6.jp/
※返送に関わる費用はお客様ご負担となります。予めご了承ください。※荷物の紛失等におきましては責任を負いかねます。必ず荷物の追跡ができる発送方法をご利用ください。
ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
・ナウ ウエスト ワン TEL 075-252-5150 (平日12:00~18:00)
・ビバリーヒルズ TEL 03-3478-9999
http://flower6.jp

・3月22日(日)兵庫赤穂市「ドレミ楽器スタジオ」日程未定
 (問)同 TEL 0791-43-9361
http://doremigakki.com/info.html

・3月24日(火)兵庫宍粟市山崎町「テレマン楽器にょきルーム」日程未定
 (問)TEL 0790-62-7500
http://www.telemann-music.co.jp/company/index.html

・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「~夜の会~」夏以降の予定。

●中止
・4月11日(土)「Morris Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫」本年度の開催はありません。
 (問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641
詳細は下記よりご覧ください。
https://moridaira.jp/posts/fingerpicking-day-2020-canceled

■アルバム/譜面集情報
●お知らせ
10年ぶりとなる、NEWアルバム 2020年5月20日一斉発売!タイトル:「New Vistas」品番:COCP-41165全12曲収録 日本コロムビアより 3,000円(税込)

Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #598 インプレッション”Andrew Gold”/バイエル”Summer Sambaを弾こう #13”

いよいよ東京も〝桜の開花宣言〟という季節になってまいりました。いかがお過ごしですか?少しづつではありますが、年々開花宣言が早くなってきている様な気がします。これは僕だけでしょうか?

さて、話はガラリと変わり…先月、2月26日〝歌舞伎〟を観に行きました!東京東銀座〝歌舞伎座〟。恥ずかしながら、生まれて初めての歌舞伎です。演目は4つ。昼夜2公演の〝夜の部〟に行ったのですが、夜の部と言えども開演は4時半。音楽の世界からは想像のつかない時間です。長い休憩を挟んでいるとは言うものの、しめて3時間40分の長丁場。大きな舞台にも関わらず、マイクを一切使わないステージ。音響にこだわったステージ創りではありますが、何よりも役者さんの発声がものを言う、そんな舞台です。昔ながらの「これぞ歌舞伎!」という演目もあれば、ちょっとコミカルな笑いを誘う様な演目もあったりして、飽きさせませんでした。
そして、何よりも嬉しかったのは、ビールを呑みながら観劇出来る!これは、有り難かったですねえ(笑)。解説用のイヤホンも貸し出ししていて、当然の如くお借りして観てましたが、もし解説がなかったらさっぱり分からなかった、と言うのが正直なところです。しかし、日本の伝統芸能の奥深さを堪能させて頂きました。僕個人的には、歌舞伎の役者さんといえども、やはりうまい人というのは、飛び抜けて感じさせられるところがありました。それと、お客さんの層が我々音楽のライブとは全然違う!というのも驚きでした。でも「是非また観に行きたい!」と、そんな歌舞伎でした。

■Ryntenインプレッション
今週は、「デビューアルバムを聴く」と題して、『Andrew Gold / Andrew Gold』を特集しました。
0. Heartaches in Heartaches
1. That’s Why I Love You
2. Love Hurts

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、”Walter Wanderley/ワルター・ワンダレイ”の「Summer Samba」の13回目です。雑誌”アコースティックギターマガジン 82号”に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。

■Key Of R
今週最後は、コブクロのカバー「桜」です。ぜひ、お聴きください。

■Ryntenダイアリ
【FMゆめウエーブ生出演@岡山笠岡】
気持ちのいいほどいいお天気の日でした〜。これは笠岡駅前の風景です。のんびりとした空気感がたまりません。

僕の番組をネットして下さってる〝FMゆめウエーブ〟、毎年、この時期に出演させて頂いています。地元ケーブルテレビ〝笠岡放送〟との同時中継です。

この日の「カフェド萌」ライブの告知はもちろん、僕の教則本や新しいアルバム創りの話など、内容の濃い時間でしたねえ。

本番終了後は事務所でコーヒーを頂きながら、笠岡の事を勉強させてもらいました。10数年以上も通っているのに知らない事がたくさん…〝カブトガニ〟だけじゃないんだ、と(苦笑)。
笠岡の島々も〝日本遺産〟になっていたんですね。

そしてスタッフの皆さんと記念撮影。今回も有難うございました。

【Cafe de 萌@岡山笠岡】

新型ウイルスの影響で、色々なところのコンサートやイベントが中止や延期になっている最中でのライブでしたから、ある程度の覚悟はしていたものの、お客さんが少なかったのはちょっと寂しかったなあ。でも仕方ないですよね。
そんな状況にも関わらず、福山の仲間や、岡山から、そして〝FMゆめウエーブ〟のスタッフの方々も来てくれたのは、本当に嬉しかった!

「ミュージシャンが大変だから。これからもいつもどおり開催していく。」と、ママは言ってました。なんとも心強い!
終演後、バタバタしていてママと恒例の記念撮影するのを忘れてしまった(汗)。来年はぜひ!

【ギターセミナー 2days@福山バーカブロ】
新型ウイルスの影響はどうなるかな?と不安もありましたが、今年も近郊から、山口、岡山、大阪、四国からと各地から参加してくれました。本当に有難いことです。みなさん、〝バー・カブロ〟のが好きなんですね、きっと。僕もとても居心地が良くて大好きな場所です。
マスターの宮崎さんも、消毒液を用意したり、休憩のたびにドアーを全開して空気の入れ替えやウイルス用空気清浄機の用意やらと参加者みなさんのための準備に力添えを頂き、感謝!です。

参加された皆さん、真剣そのもの。これもまた嬉しいですよね。終わってからの懇親会もまた楽し!みんなで和気あいあいと盛り上がったのは言うまでもありません(笑)。

前後しますが、笠岡萌ライブ前日に福山入りした僕らは〝バー・カブロ〟へ。そこで福山の仲間が駆けつけてくれて、少し早い僕のバースデーをしてくれました。スタッフの〝淳ちゃん〟も少し遅いバースデー、と言うことで合同のろうそく消しとなりました。

萌ライブ終演後もバーカブロで打ち上げ。結局、毎晩カブロで呑んだくれていたのは、言うまでもありません(苦笑)。宮崎さんごめんね〜。

ここに来るたびに、スタッフの〝古井さん〟が僕の大好物の焼酎〝山猫〟を用意してくれるんです。。。有り難くて涙が出ます(涙)。
しっかり一滴も残さず飲み干しましたので(苦笑)。

宮崎さん、4日間有難うございました!

【写真展@広島】
福山での 2daysセミナー翌日、近年広島で僕の写真を撮ってくれている〝ちーちゃん〟こと〝松柳千恵穂さん〟が所属する団体〝遊美塾〟の写真展に行って来ました。場所は広島市内の〝旧日本銀行広島支店〟。被爆建物で広島市指定重要文化財なんです。通常は内観出来ますよ。

たくさんの方の写真が展示されていますが、ちーちゃんのコーナーはこれ。ライブで撮った写真ですね。僕も端っこにいます。

そして恥ずかしながらサインを。

いい写真がたくさんありました〜。お近くの方はぜひ行ってみて下さい。3月14日まで開催してます。

■Ryntenライブ
・3月21日(土)奈良「ビバリーヒルズ40周年記念イベント~鈴木康博 &岡崎倫典ジョイントライブ」…延期となりました。夏に予定しています。(問)Now West One TEL 075-252-5150
http://flower6.jp

・3月22日(日)兵庫赤穂市「ドレミ楽器スタジオ」…延期となりました。
 (問)同 TEL 0791-43-9361
http://doremigakki.com/info.html

・3月24日(火)兵庫宍粟市山崎町「テレマン楽器にょきルーム」…延期となりました。
 (問)TEL 0790-62-7500
http://www.telemann-music.co.jp/company/index.html

・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「~夜の会~」…延期となりました。夏以降に予定しております。

・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

・4月25日(土)宮崎高鍋「Dolphy」
 19:30スタート 前2,500円 当3,000円(1ドリンク付)
(問)同 TEL 0983-22-0784 または 永友 TEL 090-1165-6752
https://dolphy-jazzspot.com/about.html

・4月26日(日)大分「f Sound Cafe」
 19:00スタート 3,000円(ドリンク別)
(問)同 TEL097-551-5380

・5月2日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(いずれも要 2オーダー)
 (問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・5月3日(日)三重四日市「ガリバー」
 ゲスト:竹内いちろ 19:00スタート 前3,500円 当3,800円
 (問) TEL 059-346-7321
http://www.galliver.gr.jp

・5月5日(祝火)山口美祢市「sonoda coffee-ソノダコーヒー」…詳細未定

sonoda coffee-ソノダコーヒー(美祢市)

・5月23日(土)米子「BEXX」
 O.A. URA 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(オーダー別)
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫…この度の新型コロナウイルスの感染防止、拡散防止のための状況判断が、3月20日頃に開催または中止・延期の発表があります。
 (問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641
https://moridaira.jp/fingerpicking

・5月30日(土)東京錦糸町「2020 東京Hand Craft Guitar Fes.」@すみだ産業会館 8Fサンライズホール& 9F
 岡崎倫典は30日(土)17:25〜18:00を予定しています。3月半ばよりチケット販売予定
https://handcraftguitar.jp/#

・6月6日(土)群馬高崎「地球屋ハルナグラスイベントルーム」
http://www.chikyuya.co.jp/archives/5082
 14:00スタート 3,500円(ドリンク・自家製パン付)
(問)青春の唄 TEL 027-333-2847 又は 高橋 TEL 090-2767-2276

・6月13日(土)ソロギターの日・ソロギター生音コンサート2020@東京初台「近江楽堂」
http://www.oumigakudou.com
・オープニングコンサート=若手ギターリストによる演奏:渡辺良介、金原聖嗣、玉腰向輝、坂本佳祐
 13:30〜14:50終演 入場料:1,000円(当日のみ 全席自由)
・メインステージ:岡崎倫典、小川倫生、矢後憲太、奏帆
 17:30スタート 前4,000円 当4,500円 全席自由
 (問)Acoustic Guitar World  shige@aco-world.com

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten #597 インプレッション”BobDylan”/バイエル”Summer Sambaを弾こう #12”

〝弥生〟3月に入りました。如何お過ごしでしょうか?

先週、大西洋を飛ぶ飛行機の話をしました。今週も少し、飛行機に触れてみます。国内の話です。先月初旬、3日だったと思います。高知から羽田に向けて飛び立ちました。通常ですと、房総半島に入り180度向きを変えて東京湾に。そしてそのまま羽田に降りる、というルートでしたが、その時に乗った飛行機が異様なルートを取りました。房総半島から一度埼玉に入り、スカイツリーを中心に大きな円を描く様にぐるーっと回り、東京高島平から池袋・新宿を通り新国立競技場の真上を飛び、赤坂の街並みを通り過ぎそして羽田に着陸。今にしてみれば、これは羽田空港への新ルート。現在、実機を使ったテスト飛行だった、と思います。高層ビルが真近に見えたり、ビルの中の人影も見えるほど近かったという印象です。しかし、高度数百メートルの眼下には、大勢の人たちが生活していて学校などもたくさんあります。元パイロットの人たちは、その危険性を指摘。降下進入角度が従来よりやや急で操縦の難しさも取り上げています。今月29日には本格的な運用が始まる新ルート。大事故が起こらない様、願うばかりです。

■Ryntenインプレッション
今週は、「デビューアルバムを聴く」と題して、『Bob Dylan / Bob Dylan』を特集しました。
0. You’re No Good
2. Pretty Peggy-O
3. House Of The Risin’ Sun

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、”Walter Wanderley/ワルター・ワンダレイ”の「Summer Samba」の12回目です。雑誌”アコースティックギターマガジン 82号”に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:2で弾いています。ぜひご覧ください。

■Key Of R
今週最後は、荒井由実さんのカバー「卒業写真」です。ぜひ、お聴きください。

■Ryntenライブ
・3月21日(土)奈良「ビバリーヒルズ40周年記念イベント~鈴木康博 &岡崎倫典ジョイントライブ」
 17:00スタート 前6,000円 当6,500円(共に要1ドリンクと1フード=1,000円)
 (問)Now West One TEL 075-252-5150
 チケット:ぴあ:P-175-351、ローソン:L-51647、epluas:https://eplus.jp(PC・携帯)ビバリーヒルズ
TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp

・3月22日(日)兵庫赤穂市「ドレミ楽器スタジオ」
 16:30スタート 料金4,000円
 (問)同 TEL 0791-43-9361
http://doremigakki.com/info.html

・3月24日(火)兵庫宍粟市山崎町「テレマン楽器にょきルーム」…この度の新型コロナウイルスの感染防止・拡散防止のため、延期となりました。日程は未定です。
 (問)TEL 0790-62-7500
http://www.telemann-music.co.jp/company/index.html

・3月31日(火)長野東御文化会館サンテラス「~夜の会~」…この度の新型コロナウイルスの感染防止・拡散防止のため、延期となりました。夏以降に予定しております。

・4月17日(金)東京「バックインタウン」
 19:30スタート 3,780円(要1ドリンクと1フード)
 (問) TEL 03-3353-4655
http://www.backintown.jp/index.php?z=260402

・4月25日(土)宮崎高鍋「Dolphy」
 19:30スタート 前2,500円 当3,000円(1ドリンク付)
(問)同 TEL 0983-22-0784 または 永友 TEL 090-1165-6752 https://dolphy-jazzspot.com/about.html

・4月26日(日)大分「f Sound Cafe」
 19:00スタート 3,000円(ドリンク別)
(問)同 TEL097-551-5380

・5月2日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
 18:00スタート 前3,500円 当4,000円(いずれも要 2オーダー)
 (問)同 TEL 0742-26-7444
http://flower6.jp/

・5月3日(日)三重四日市「ガリバー」
 ゲスト:竹内いちろ 19:00スタート 前3,500円 当3,800円
 (問) TEL 059-346-7321
http://www.galliver.gr.jp

・5月5日(祝火)山口美祢市「sonoda coffee-ソノダコーヒー」…詳細未定
https://choruyama.com/sonodacoffee/

・5月23日(土)米子「BEXX」
 O.A. URA 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(オーダー別)
 (問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

●イベント参加
・4月11日(土)Finger Picking Day@横浜赤レンガ倉庫…この度の新型コロナウイルスの感染防止、拡散防止のための状況判断が、3月20日頃に開催または中止の発表があります。
 (問)モリダイラ楽器 TEL 03-3862-1641
https://moridaira.jp/fingerpicking

・5月30日(土)東京錦糸町「2020 東京Hand Craft Guitar Fes.」@すみだ産業会館 8Fサンライズホール& 9F
 岡崎倫典は30日(土)17:25〜18:00を予定しています。3月半ばよりチケット販売予定
https://handcraftguitar.jp/#

・6月6日(土)群馬高崎「地球屋ハルナグラスイベントルーム」
http://www.chikyuya.co.jp/archives/5082
 14:00スタート 3,500円(ドリンク・自家製パン付)
(問)青春の唄 TEL 027-333-2847 又は 高橋 TEL 090-2767-2276

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』