Home > Archives > 2011-04

2011-04

Ryntenバイエル~vol.134「LivingNaturallyを弾こう 6回目」

【河童のひとり言】
夜、町を歩くと節電でネオンや看板が消えているのを良く見ます。だいぶ見慣れてきました。見慣れてしまえば、特に不便さなんてものも気になりません。馴染みのお店から「キャンドルを灯して営業中」なんてハガキが先日送られてきました。なんか良いんじゃないでしょうか?ろうそくの灯を見ながらお食事をしたり、家族と語らうというのも。大きな出来事から、私たちは“気づき”というものを
今学んでいるような気がします。

【今週のRyntenニュース】
街中、あるいは駅、かなり電気・照明が消えています。しかし、「電気が消えていて不安」というよりも何故か安心感を持ってしまう…何故か落ち着いてしまう…のは僕だけでしょうか?
ご機嫌如何でしょうか?

ネオンや看板が消える…う~ん…消えると言うとオーバーかもしれません。抑えられている、と言った方がいいでしょうか。
海外の空港へ行きますと、日本の空港と何か雰囲気が違うんですね。別に創りが違うわけではなく、歩いている人にしろ、特に国際空港となりますと何も変わらない訳です。新しいし立派なところもたくさんあります、が日本と違う空気感があります。

先日、照明が省略されている、省かれている電車の駅を歩いている時に、ふと「海外の空港と同じ」感じをうけました。そう、海外では照明自体が少ないんです。

それともう一つ気づいたのは、広告が少ない。日本の様に歩けど歩けど「広告の列」というものがあまり無い。そのあたりの違いを改めて節電されているこの日本で…いや、東京で感じました。

■Ryntenダイアリーです。
東京は桜もすっかり散ってしまい、新芽が吹き出しています。
ハナミズキも咲き始めましたね。

中央エフエムのそばにある桜の木も新緑へ着々と準備を始めていました。
また、道路脇に並んでいる木々にも新芽が…。

前回の収録の帰り道では桜は満開、道路脇の木々ははだか、でした。
本当に時の早さを感じます、まるで早回しのビデオを観ている様な気さえしてきます。

さて、先週は僕のラジオにも遊びに来てくれた「池田聡」さんのライブにゲスト出演してきました。
場所は名古屋「ボトムライン」。東京や富良野では何回がご一緒した事があるのですが、名古屋は初めてです。

声もさることながら、素晴らしいステージでした。彼はまさしく日本のボズ・スキャッグス!
聡君の曲に僕のギターが絡んだり、また僕の曲「トトラの島」をセッションしたり…。アンコールには、今日本のテーマ曲とも言える「見上げてごらん夜の星を」。僕のギターだけで唄って頂きましたが、鳥肌が立つくらい感動!でした。声だけでなくギターも上手くて、脱帽です。楽しかった~!

ライブ終演後はスタッフと一緒に中華料理店へ。その後は二人で改めて「乾杯」。話しても話しても話は尽きず…夜も更ける前に…解散となりました。

聡君、また誘って下さいね。
ラジオにもまた遊びに来て下さい。

中央エフエムで見た中央区を走る「江戸バス」のチラシ…面白そう!

■スケジュールです。
間もなくゴールデンウイークですね。
僕の恒例となった、ゴールデンウイークツアーも始まります。
お近くの時には是非足をお運び下さい。
お待ちしております。
・4月27日(水)宮崎・高鍋「Dolphy」
・4月29日(祝・金)大分「サウンドカフェ エフ」
・4月30日(土)福岡・朝倉「音茶」

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「LivingNaturallyを弾こう」の6回目です。かなり変わったチューニングですが、国内外を問わずいろいろな方に弾いていただいている曲です。変わったチューニングということもあってか、押さえ方も十人十色…今回は、僕本人がどのように押さえているか解説します。チューニングは1弦目はD(スタンダードから1音下げ),2弦目はC(半音上げ)、3弦目はG(スタンダードのまま)、4弦目はD(スタンダードのまま)、5弦目はG(1音下げ),6C(2音下げ)となっています。初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今回の特別編は「明日に架ける橋」です。ぜひ聴いてみて下さい。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.133「LivingNaturallyを弾こう 5回目」

【河童のひとり言】
桜が咲きました。今年は特別な思いでボクはこの桜を見ています。昨年の今頃も桜をネタに「無常観」についてお話しました。はかなさの美学についてお話したと思いますが、今年は同じ「無常」でも違います。今、東北の方を始め、日本中が悲しみの中にいますが、これは決して永遠に続くものではない、いえ、永遠であってはならないと思うのです。悲しみの次にあるものは“希望”だと思うのです。私たちは今、大いなる成長をしようとする変化の季節にあると思いたいのです。

【今週のRyntenニュース】
例年にまして暖かくなってゆくスピードが早い気がするのは、僕だけでしょうか?
ご機嫌いかがですか?

日本全国で桜が咲き始めています。今年は震災があった為、桜前線の話題あるいはニュースが非常に少なかったように思います、が、何が起ころうが自然界は常に回りつづけている…事がいやという程思い知らされます。
冬は何処へいったのやら…暑い夏はもう目の前に…という今日この頃です。

おたよりが届いています。
「Lucky89」さんから番外編『また君に恋してる』などに「テクニックだけじゃない、何かをこの人は持っている。長く海外に住んでいるとこの響きが心にしみる。」また、『ミセスロビンソン』などに対して「This is one of the best cover I have never heard in my life」とベタほめです、嬉しいですねえ。
それと東北の「ひげとメガネ」さんから「中島みゆきさんの『時代』のお手本を見せて頂けないでしょうか?」。善処させて頂きます。
いわき、宮城、福島あたりでもギターを弾いて乗り越えていく…そんな時間帯もあって欲しい!と願っております。

■Ryntenダイアリーです。
初めて「フィンガーピッキングデイ」に参加させて頂きました。
今年で11回目だそうです。

場所は「横浜赤れんが倉庫」内にあるホール、久しぶりの横浜でした。
港には「日本丸」がとまっていましたねえ、これから航海に出るのでしょうか?

ゲストにカナダのギターリスト「トニー・マクマナス」氏も参加。お会いするのは今回で2度目。僕と同じ大の酒好きですっかり意気投合、一緒に呑み明かしましたねえ!

コンテストに参加された皆さん、凄腕ばかりでした。
僕の教室からも3名が無事に予選を通過、本戦であるこの日まで進んできていました、頼もしかったなあ。

今回の震災により、イベントを中止にするかどうか…かなり論議があったそうです。
でも「こんな状況だからこそ、元気を出して頑張ろう!」と決行したそうです。
その為、告知もかなり遅れたせいかチケットの売れ行きも悪かったとか。。。
でもいざ当日になると、立ち見が出るほど満杯のお客さんで、素晴らしいイベントだったのは言うまでもありません。来年を目指しているピンガーピッカーのみなさん、頑張って下さい。

これからもどんどん盛り上がっていって欲しいですね。

このイベントのゲストステージを仕切ってくれていた打田十紀夫氏。
その後、打田君とトニーはツアーを回ったわけですが、最終公演である東京のスターパインズカフェで再会。

僕はいつものごとくビールを呑みながらLiveを観させて頂きました。
トニーは世界中でツアーをし、色々な賞をとっている素晴らしいギターリスト、勉強になりましたねえ。でもそれよりも何よりも、打田君とトニーと一緒にステージに立てた事が本当に嬉しかったし楽しかった!

次回来日した時には僕の番組にも出演してもらわないと、ですね。

そうそう、先々週、FMスタッフに頂いた、バースデープレゼント、昨年に引き続き僕の大好きな飛行機のプラモデル。ありがとうございました!
でも、なかなか創る時間がなくて…出来上りましたら必ずお披露目しますのでご猶予を!

■スケジュールです。
4月27日(水)宮崎・高鍋「Dolphy(ドルフィー)」
 昨年は火山灰の被害もあったけどみんな元気に頑張っています。
 穏やかなのんびりした雰囲気のお店で僕の音楽で心の休息は如何でしょうか?
4月29日(祝・金)大分「サウンドカフェ f(エフ)」
 和気あいあいとしたお店です。是非覗いてみて下さい。
4月30日(土)福岡・朝倉「音茶」
 手づくりのお店がいい味を出しています。
 全国で一番ライブをやらせてもらっているお店です。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「LivingNaturallyを弾こう」の5回目です。かなり変わったチューニングですが、国内外を問わずいろいろな方に弾いていただいている曲です。変わったチューニングということもあってか、押さえ方も十人十色…今回は、僕本人がどのように押さえているか解説します。チューニングは1弦目はD(スタンダードから1音下げ),2弦目はC(半音上げ)、3弦目はG(スタンダードのまま)、4弦目はD(スタンダードのまま)、5弦目はG(1音下げ),6C(2音下げ)となっています。初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今回の番組最後の演奏は「You’ve Got A Friends」でした。以前アップした動画ですが、ぜひ聴いてみて下さい。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.132「LivingNaturallyを弾こう 4回目」

【河童のひとり言】
今回の地震で、入国管理局に並ぶたくさんの外国人を見かけました。きっと自分の国に戻るのでしょうね。世界中がこの地震に注目しているようですが、特に評価が高いのは日本人の国民性のようです。食料の買い占めこそありましたが、暴動もなく、きちんとレジに並ぶ日本人。交通渋滞でも誰もクラクションを鳴らすことなく、ルールを守る日本人。外国人からみると過酷な状況下でも冷静さを保つ日本人は尊敬に値するようです。自分が日本人であることを誇りに思います。

【今週のRyntenニュース】
桜前線が北上しています。如何お過ごしでしょうか?

今回の地震によって、災害によって「人のありがたさ」「人の強さ」あるいは「暖かさ」、そんなものを改めて教えられた様な気がします、が、その反面やはり「人の弱さ」…いや、もっと言いますと「人の醜さ」、それらも垣間みる事になりました。
確かに「暴動が起きない」「きちんと順番は守る」「レジに並ぶ」とか「クラクションを鳴らす人はいない」、そんな部分では諸外国に比べ日本人は「マナーが高い」と言いますか…「モラルがある」と言いますか…そう映る面もあります。

しかし、ニュースなんかを見てますと『火事場泥棒』、そういった人達も少なからず見受けます。例えば「窃盗」「詐欺」、これらの横行もかなりの数を耳にします。
もっと僕個人として気分を害するのは、災害に乗じた投資家達。この動き…つまり『災害を利用して自分の懐を暖めよう』という人達が多い。まあ、これは日本の内外に関わらず、でしょうが。。。。

要は「個々の利益」より、例えば「人としての存続」あるいは「国の存続」にも関わるかも知れない、それを先ず考える時期ではないのか!という事です。
色々と考えさせられました。

さて、おたよりを紹介します。
バイエルのコーナー、「Living naturally」についてです。うりゃさんから「待ってました!」、そしてM太郎さんからも「待ってました!譜面を見ただけでは分からなかったんです。」とありました。ありがとうございます。

■Rynten ダイアリーです。
一年ぶりの大阪市内での仕事でした。梅田にある「三木楽器店」、今年で2回めとなる「ギターレッスン」と「インストアーライブ」、今回もダブルヘッダーでしたが、楽しかったですね。

レッスンを楽しみにして下さっている皆さんを見ていると、本当に嬉しい。インストアーライブも早々に満員御礼だったとか…有り難いですね。おなじみのスタッフの皆さんにもお手伝い頂き、感謝です。また来年やりたいなあ。

この時期、東京ではまだ6、7分咲きといったところでしたが、大阪では満開でした。夜桜って本当にきれいで。

本来なら翌日は東京に戻る予定でしたが、奈良「ビバリーヒルズ」で「アコギインスト」のイベントがある…と聞きつけ急遽奈良へ。出演者は全員知ってるアコギストばかり。僕はビールを呑みながら…お客で行くって、最高です。

この日は晴天、雲一つない、いい天気でした!
奈良に滞在した時には必ず行く、駅前の食堂。ここで昼食をとった後、あまりの気持ちよさに奈良公園まで少し足を伸ばし鹿とご対面。

前回紹介するのを忘れていました。
3月の富山で見せてもらった2本のSUMIギター。富山間の名物のインレイ…一つは「ほたるいか」、もう一つは「白えび」。もちろんオーダーメイド、材は「欅」だそうです。

僕も弾かせてもらいましたが、これがなかなかいい音しているんです。
「欲しいなあ」と言ったら「これは世界に一つしかないギターです!いくら倫典さんでもダメです!」とキッパリ。
そりゃそうですよねえ。

■スケジュールです。
4月17日(土)「池田聡」コンサートにゲスト出演します。
 僕が「日本のボズ・スッキャグす」と呼んでいる、聡君と久しぶりにご一緒させて頂きます。
4月27日(水)宮崎・高鍋「Dolphy」
 ホントに一年ぶりの高鍋です。のんびりとした空気と緑の美しい街です。
4月29日(金・祝)大分「サウンドカフェ f」
 こちらも一年ぶりの登場です。和気あいあいとした雰囲気がとても居心地がいいお店です。
4月30日(土)福岡・朝倉「音茶」もう何回目になるでしょうか?僕が日本中で一番お邪魔しているお店です。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「LivingNaturallyを弾こう」の4回目です。かなり変わったチューニングですが、国内外を問わずいろいろな方に弾いていただいている曲です。変わったチューニングということもあってか、押さえ方も十人十色…今回は、僕本人がどのように押さえているか解説します。チューニングは1弦目はD(スタンダードから1音下げ),2弦目はC(半音上げ)、3弦目はG(スタンダードのまま)、4弦目はD(スタンダードのまま)、5弦目はG(1音下げ),6C(2音下げ)となっています。初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今回の特別編は「見上げてごらん夜の星を」です。以前アップした動画ですが、ぜひ聴いてみて下さい。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.131「LivingNaturallyを弾こう 3回目」

【河童のひとり言】
東北関東大震災から3週間が経ちました。被災された方たちに対して、今の自分は何の言葉も持ち合わせていません。ただゝゞ胃袋を鷲掴みされる思いです。ここに及んでも、まだ増え続ける亡くなった方の数、未だに連絡が取れない方々。放射能の問題も深刻です。農作物や海産物、水道への影響は日本全国に広がりつつあります。被災地への援助は言うに及ばずですが、これから益々日本全土を包み込んでいくであろう難題を如何に乗り越えていくか…僕も真っ只中にいる一人なんです。

【今週のRyntenニュース】
今週から、米子の「DARAZ(ダラズ)FM」がネット局に加わりました。
米子の皆さん、宜しくお願い致します。
全11局ネットになりました!有り難い事ですね。

早いもので4月に入りました。如何お過ごしでしょうか?

震災からまだ1ヶ月たっていませんが、余波が日本全国、全土に、というよりも地球規模で広がっている気がします。
水源地・浄水場の汚染報告もあり、その度に「水の買い占め」のニュースも流れています。
物によっては被災地に限らずですが理解出来なくもない、そんな物資もあります。
でも被災地でもないのに「買い占め」に走る必要があるのだろうか?と僕も首を傾げるのも幾つかあります。
例えば、「一才未満の乳児、水道水を飲まないで」とニュースが流れた事がありました。
その時、一度に何十リッターという水を買い込む。。。
でも赤ん坊1人が数日間かけて飲む量…何十リッターになるのでしょうか?
という事は先々に蓄えておく、いや大人も水道水以外の物にあやかろう…そんな気持ちが見え隠れしてなりません。買い占めに走っている人たち、被災地で本当に頑張って一生懸命毎日を生きようとしている人たちの事を真剣に考えているのでしょうか?

僕は疑問です。

■Ryntenダイアリーです。
富山での事。高速道路で福島から富山へ避難される「いわき」ナンバーの車、「福島」ナンバーの車を何台か見かけました。
どの車にも後部には家財道具がぎっしりと詰め込まれていました。
「今どんな気持ちで走っているのだろうか?」と胸が締め付けられそうでした。
放射能…一日も早く解決される事を祈っています。

富山でのプロモーションも全行程を終了、ライブへの準備も整い、いざ会場へ。

今年も昨年同様、元音楽大学内にある「桜ホール」、合唱室だっただけにいい響きのする創りになっています。ステージはもともとは客席、客席はもともとはステージ、という訳です。

オープニングには、地元のミュージシャン「フィフティーズ」の平井さんのギターと森さんのベースとで「トトラの島」を演奏してくれました。ギターとベース、音も広がりなかなかいいサウンドでしたね。

この日は僕の誕生日。
ライブの途中、チューニングをしているとどこからともなくギターの音が…「ん?空耳?」と耳を澄ますとやっぱりギターの音が聴こえます。「もしかして、PAのミス?」とオペレーターに合図を送ろうとした時、「ハッピーバースデー」の曲。。。
『57』のロウソクが乗ったケーキが運ばれ…。
会場のみなさんも一緒に「ハッピーバースデー」と唄ってくれて…嬉しくて…涙が出そうでした。みなさんありがとうございました、感謝!です。でも珍しいですねよね、こんなローソク。

プレゼントに頂いた、僕の大好物の「ほたるイカ」を描いてくださった焼酎、大事にします。

そして先週は初登場の日光で演奏してきました。
まさか日光でライブが出来るとは…嬉しかったですねえ。

会場となった「Daddy’s Cafe」は名前のとおりカフェなんです。
で、時々地元の人達が集まって演奏したり…といった感じのお店です。
いやはや、びっしり満員のお客様に来て頂きました。
計画停電がライブ時間にぶつかる…ガソリンの問題でスタッフが来れないかもしれない…などなど問題はありましたが、僕は何があっても行くつもりでいましたし、現地の方から「とにかく来てください。楽しみにしていますから」と言われ「歩いてでも行くぞ!」と決心。
でも幸いにも停電は回避され、ガソリンも緩和され、全員が集合し無事に終える事が出来ました。
初めて僕の音楽に触れた方達ばかりで「途中で帰ってしまったらどうしよう…」など不安もありましたが、「よかったです」「感動しました」「ギターであんな演奏が出来るんですね」と声をかけてもらい、本当に嬉しかった!

何十年ぶりかで見た「杉並木」、街道もそのまま残っている景色を見た時には、その昔に想いを馳せましたねえ。

地元の方に「あれが杉の花粉です」と教えてもらいました、オレンジ色のものがびっしり…花粉症の人は大変ですね。

時期も重なり、宿泊予定のホテルは「燃料不足の為ボイラーが停止状態」との事で別の姉妹店に案内されました。ここでも影響が出ているんですね。
予定外だった宿には、部屋ごとに露天風呂がついていて、贅沢を楽しませてもらいました。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「LivingNaturallyを弾こう」の3回目です。かなり変わったチューニングですが、国内外を問わずいろいろな方に弾いていただいている曲です。変わったチューニングということもあってか、押さえ方も十人十色…今回は、僕本人がどのように押さえているか解説します。チューニングは1弦目はD(スタンダードから1音下げ),2弦目はC(半音上げ)、3弦目はG(スタンダードのまま)、4弦目はD(スタンダードのまま)、5弦目はG(1音下げ),6C(2音下げ)となっています。初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今回の特別編は唱歌「ふるさと」です。ぜひ聴いてみて下さい。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2011-04

Return to page top