Home > Archives > 2010-09

2010-09

ゲスト:池田聡さんPart.1~Vol.104

【河童のひとり言】
“お金”の意識は何才ぐらいから芽生えるものでしょうかね?初めてお小遣いを貰った時の事、覚
えてますか?お手伝いをして10円玉を貰ったり、つり銭の5円や1円を貰ったりしてね。それを貯金箱に入れて、だんだん重くなっていくのが嬉しかったり、貯めたお金で何を買おうか考えるのも楽しみの一つでした。こうしてヒトはお金の価値を知る訳です。さて借金だらけの日本経済ですが、天下りの給料などを聞くと、金銭感覚がない最たるものは国じゃないか、と思うのです。

【今週のRyntenニュース】
例年にない猛暑、それも通り過ぎやがて残すところ2010年もあと3ヶ月…までやってまいりました。如何お過ごしでしょうか?

『河童のひとり言』の「お金の感覚」。
借金王国ニッポンですが…。
自分が子供の頃とっくの昔に亡くなったおばあちゃんが、いつも歯磨き粉が入っていた空き缶を使ってお小遣いを台所に置いてくれてたのを思い出します。
空き缶の中には5円玉が3枚、4枚、と入っていました。たまに10円玉が入っていた時にはもの凄く嬉しかったの覚えています。たぶん小学校時代だったと思います、人生初めてのアルバイトが「何本でいくら」というおばあちゃんの白髪抜きでした。最初は髪の毛をまさぐるように探していたのですが、だんだんと全てが白髪になって片っ端から抜いていった、そんな記憶があります。
今考えると「おばあちゃんごめんなさい、そしてありがとう。」というお話でした。

■Ryntenダイアリーです。
今、北海道をツアー中です。
東京を出発時には台風の影響で少ししのぎ易かったのですが、札幌も暑かったですね。
でもさすがは北海道です、朝晩はグッと気温も下がり寒いくらいでしたし、お米の収穫もほとんど終わっていました。

初日である「小樽」ライブの2日前に札幌に入り、STVラジオ、カロスサッポロ、エフエムおたるとラジオに出演。どの局も一年ぶり、パーソナリティーの方も一年ぶり、新しいアルバムの話でもちきりでした。
嬉しかったですねえ。

カロスサッポロのそばみかけた一羽カラス、人になれているのか全然逃げようともしなかった。エサを貰えると期待していたのかもしれません。

今年の北海道ツアー初日は小樽「一匹長屋」。

ここ一ヶ月ほど僕のCDを店内で流してくれていたそうです。
そこへ、たまたまお店に来たお客さんが「これは誰ですか?」という事で、初めて僕の演奏を聴きに来てくれた方々もいました。
有り難い事です。

小樽に来た時には必ずコーヒーをしに行く、地元では有名な創業昭和8年の「喫茶 光」へ。コーヒーにオリジナルのカステラがついてきます、これまた美味い!

翌日は滝川のとある会の食事会でのプライベートライブ、会場は女性客が多くて華やかでしたねえ。演奏後に頂いた食事がこれまた美味しかった!

滝川で見かけた道路でゴロンゴロンとしてる猫の光景、「おいおい轢かれるぞ」と思わず声をかけてしまいました。なんとものどかでです。

そして札幌2DAYS。
一日目は札幌のど真ん中にある「渡辺淳一文学館」内にあるホールでのワークショップ。
きれいないい音のするホールでした。

この日は僕の新しい「SUMIギター」が登場。
ワークショップに合わせて鷲見さんが札幌まで持って来てくれました。
ピックアップはまだこれからですがいい音色で、ネックには徳利のインレイがホドコされ、遊び心があってなかなか面白い。

オープニングには札幌在住のフィンが-ピッカーの「山木将平」君。彼もまた先が楽しみな20才の大学生です。終演後は将平君、主宰のラムジーズの方々、鷲見さんと一緒にすすきので一杯。

まだまだアコギも浸透していないのか「ワークショップって何?」という方も多かったとか。
ギター教室のようなものだと思って頂ければいいですね。
今後も色々な場所でこの「ワークショップ」もやっていけたらいいなあ、と思っています。

二日目は札幌のすこしはずれにある「ジャムジカ」。
今年も沢山の方々に来て頂きました。

会場には地元で活躍するシンガーソングライター「境長生(さかいちょうせい)」さんや同じく札幌在住の若手フィンガ-ピッカーの「谷本光」君も駆けつけてくれました、嬉しかったですねえ。当然の事ながら長生君とは居酒屋で一杯!

まだまだ珍道中が続きますが、この続きはまた次週に。

■スケジュールです。
北海道ツアーも後半に突入します。
お近くのライブの時には是非足をお運び下さい。
おまちしております。
9月28日(火)釧路「ガソリンアレイ」
9月29日(水)富良野「啄木鳥(きつつき)」
10月1日(金)旭川「アーリータイムス」
10月2日(土)美幌「プチ・パーティー」
10月3日(日)北見「ヴィーナス」
10月5日(火)増毛「ポルク」
www.rynten.com

■宿泊イベント。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」
詳細は下記までお問い合わせ下さい。
info@rynten.com

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、今回、池田聡さんをゲストにお迎えしたためお休みです。池田聡さんの情報は、オフィシャルサイトでご確認ください。

今週の番外編は、エルトン・ジョンの「YourSong/ユア・ソング」。この曲は僕が初めてアレンジした楽曲でもあり、思い出深い曲です。スタンダードチューニング、カポ2で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.103「”麻衣”を弾こう5」

【河童のひとり言】
いつでもお酒のおいしいカッパです。飲みすぎてへべれけになる事も多々ありますが、この「へべれけ」。ナント、ギリシャ語「ヘーベー・エリュエケ」という言葉から来ているなんてコト、知ってましたか?ギリシャ神話の女神、「ヘーベーのお酌」という意味だそうですが、ヘーベー姉さんにお酌をしてもらうと、よほどの美人なのか、神様はみんな飲みすぎて酔っ払ったそうです。なるほど。カミさんの前では、あまり酔わないと言うのが今、腑に落ちました。

【今週のRyntenニュース】
異様だった今年の夏も四季の移ろいには勝てず、少しずつ歩を早めながら遠ざかっている、そんな気のする今日この頃です。ご機嫌いかがですか?

今日の河童のひとり言の「へべれけ」が「ヘーベー・エリュエケ」からきているというお話、
これは僕も知りませんでしたね。僕自身それほど、へべれけになる事はありませんが、お話をひとつ…さほど遠くない出来事です。
お酒の席の帰り、電車に乗りまして…不思議なことに乗った駅で降りた…という経験があります。最初は何が起こったのかさっぱり分からなかったですねえ。
学生時代、東京の山手線で2つ駅を乗りすごしました。「あっ、まずい。乗り過ごしたっ!」と降りたら何と一週していた、という事もありましたが、それ依頼の出来事でした。
まるできつねにつままれた様な…いえいえ、単に「行って帰っていた」というお話で…失礼いたしました。

さて、おたよりを頂いています。
somedayさんからたくさん書いてきてくれましたが、文末に「夏休みももうすぐ終わりますが、9月にライブに行けそうです。
楽しみにしています。」とあります。どちらのライブにいらして頂けるのでしょうか?お待ちしております。

Rynten ダイアリーです。

先週は待ちに待った打田君とのライブ、若手ギターリスト達のプロデュースライブ、三重県志摩市でのライブと3本だてでした。

東京での打田君とのライブは一年ぶりでしたが、今年は6月に福島のいわき市で一度ジョイントしていたので「そのメニューでツアーを回ろう!」という事になりました。
楽しかったですねえ。相変わらずパワフルでプロレスの話で大盛り上がりでした。
さらには、その後の打ち上げも盛り上がったのは言うまでもありません。
沢山の方々にご来場頂き、ありがとうございました!

翌日は前日と同じ、東京新宿にあるライブハウス「SACT!」でのイベントでした。
「アコギの世界をもっと広げて盛り上げていこう!」と僕が企画したものです。
昨年に引き続き2度目です。
今回も色々なところからギターリスト達が来てくれました。
久しぶりに会う人たち、初めて会う人たち、と様々でしたが、ステージ上は盛り上がっていました。
ただ、お客さまが少なかったのは残念。。。
これからも一年に一度のペースでやって生きたいと思っています。
今回来れなかった皆さん、是非来年は来てみて下さい。
特にアコギファンにはとても勉強になるイベントだと思いますよ。

若手ギターリスト達との打ち上げを早々に切り上げ、早朝の新幹線と近鉄電車を乗り継ぎ志摩へ移動。
昨年同様、今年も沢山のお客様にいらして頂きました、ありがとうございました。みなさんとても静かでしたが、すごく演奏しやすかったですね。
ライブの翌日には鳥羽水族館に連れて行ってもらいましたが、平日、しかも月曜日だというのに館内は大混雑でビックリしました。かなり広い水族館で、時間ごとにペンギンやアシカなどのショーも開催されてたりしていてとてもとても数時間では足りません。次回はゆっくりと観たいと思います。

それと、もっと驚いた事が。。。
志摩にも「花田植」と同じ様な「田植えのお祭り」がある事を教えて頂き、早速案内してもらいました。
磯部町という所にある、伊勢神宮の別宮で「伊雑宮(いざわのみや)」で「御神田(おみた)」と呼ばれる平安末期から伝わる「御田植祭」というお祭りとの事。千葉県の香取神宮、大阪の住吉大社とともに日本三大御田植祭にあげられているそうです。きれいに植えられている稲穂が風に揺れていました。感動ものでしたねえ。

みなさん、ありがとうございました。

■スケジュールです。
北海道ツアー始まりました!
お近くのライブの時には是非!足をお運び下さい。

東京でのインストアーライブ&クリニック、こちらもお待ちしております。
・9月24日(金)東京・渋谷黒澤楽器店G-Club
  インストアーライブ&クリニック。入場無料です。

続北海道ツアー。
・9月25日(土)ホテル三浦華園
・9月26日(日)赤平「キッズキャンップ」
          「常照寺」
9月28日(火)釧路「ガソリンアレイ」
9月29日(水)富良野「啄木鳥(きつつき)」
10月1日(金)旭川「アーリータイムス」
10月2日(土)美幌「プチ・パーティー」
10月3日(日)北見「ヴィーナス」
10月5日(火)増毛「ポルク」

■宿泊イベント。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、ボクのオリジナル曲「麻衣」の5回目です。アルバム『BaysideResort』に収められた曲で、『YourSelection』でセルフカバーもしています。5弦がスタンダードより1音、6弦が2音下がった変則チューニング、そして5カポで弾いています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、ビリー・バンバンさん、そして坂本冬美さんも歌っている曲「また君に恋してる」。スタンダードチューニング、カポ2で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.102「”麻衣”を弾こう4」

【河童のひとり言】
与党代表選の記事を読みながら、ふと頭をよぎった“潔い”という言葉。「卑怯なところや未練がましいところがない」というのが一般的な使われ方ですね。英語では“manly”あるいは“sportsmanlike”と言うようですが、なんかしっくりきません。“潔い”、語源は「とても清らかである」、つまり「いと清し」という言葉が訛ったという説があるようです。心の潔白さだけではない、自然の風景をも愛でる日本人の美意識、“潔い”。ボクはこの代表選に美意識というものをまるで感じないのです。

【今週のRyntenニュース】
日本だけでなく北半球どころか南半球も、地球がおかしくなったのではないか…
食べ物にもたくさんの影響が出て来ています。そんな中、いかがお過ごしでしょうか?

いよいよ押し詰まってきた「代表選」。どなたが代表になるかはわかりませんが、少なくともこの期間の国政は踏みとどまっているとしか僕は受けておりません。諸外国はどんどん政治、経済が前に進んでいます。こんな状況で悪く言いますと、日本は「鎖国」状態になってるのではないか?という感じすらします。明るい未来を期待しないではいられない、今日この頃です。

さて、いくつかおたよりを頂いています。
むんぱぱさんから「高崎の浪漫館で思う存分、リンテンワールドを堪能させて頂きました、ありがとうございました。」という事です。先月のライブの話ですね。こちらこそよく足をお運び頂きました、ありがとうございました。
そして、海外のruisasakiさんから「ハナミズキ、感動しました。楽譜を国際便で速攻購入しました。もはや聖人の域ではないでしょうか。」…ちょっと言い過ぎ?
ありがとうございました。

Ryntenダイアリーです。
猛暑の中、野外ライブを敢行してきました。
場所は湯布高原、東急リゾートの一角にある「Club Yufuin」敷地内。

前回お邪魔した時にはまだ未完成だった、ゲストハウスも完成、しかも野外用のステージまでも出来上がっていました。
これにはビックリ!です。
今後は貸しコテージを営むとの事。
僕もチャンスがあれば泊まってみたい、素敵なゲストハウスです。

ロケーションは素晴らしいのですが、「暑さ」には参りました。。。
太陽がこれでもか!と言ってるのではないか…と思うほどきつかったですね。
ご来場頂いたお客さんたちは木陰で聴いていましたが、数人の方が直射日光の当たる場所に座られていて、その後大丈夫だったのでしょうか?心配です。
暑いさなか、聴きに来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。

翌日は京都「都雅都雅」へ。

京都も負けず劣らず暑い!しかも湿度が半端無く高く…言葉がありません…。
ライブ会場はいつもにも増して沢山のお客さんがいらしてくれて、うれしかったですねえ。
京都の人達はすごく大人しいのですが、演奏が終わる度に熱い拍手をくれます。
これもまた僕のエネルギーになるんです。


ライブ終演後は京都の料理を頂きました。
地元で活躍する「秋人」君もライブに駆けつけてくれました。
忙しいところありがとう!

■今週のスケジュールです。
小樽を皮切りに北海道を回ります。お近くの方は是非足をお運び下さい。
お待ちしております。
・ソロライブ
9月17日(金)おたる「一匹長屋」
小樽の老舗のライブハウスです。毎年お世話になっています。
9月19日(日)札幌「「渡辺淳一文学館 B1」
ワークショップです。初めてお邪魔します。
9月20日(月・祝)札幌「ジャムジカ」
大人の雰囲気のあるお店です。
9月24日(金)東京・渋谷黒澤楽器店G-Club
インストアーライブ&クリニックです。入場無料です。

北海道ツアースケジュール
・9月17日(金)小樽「一匹長屋」
・9月19日(日)岡崎倫典ワークショップ「渡辺淳一文学館 B1」
・9月20日(祝・月)札幌「ジャムジカ」
・9月25日(土)ホテル三浦華園
・9月26日(日)赤平「キッズキャンップ」
「常照寺」
・9月 28日(火)釧路「ガソリンアレイ」
・9月29日(水)富良野「啄木鳥」
・10月1日(金)旭川「Early Times」
・10月2日(土)美幌「プチパーティー」
・10月3日(日)北見「Veanus(ヴィーナス)」
・10月5日(火)増毛「ポルク」

■宿泊イベントのお知らせ。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、ボクのオリジナル曲「麻衣」の4回目です。アルバム『BaysideResort』に収められた曲で、『YourSelection』でセルフカバーもしています。5弦がスタンダードより1音、6弦が2音下がった変則チューニング、そして5カポで弾いています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、バート・バカラック作曲の「Raindrops Keep Fallin’ On My Head/雨にぬれても」。スタンダードチューニング、カポ4で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.101「”麻衣”を弾こう3」

【河童のひとり言】
9月に入りました。9月は“長月(ながつき)”、“紅葉月(もみじつき)”などという名前もあるくらいで、徐々に秋を感じることになるのでしょうね。さて、秋のサカナと言えば、「サンマ」。このサンマが異常気象の影響なのか、今年は不漁でずいぶん値段が高いそうですね。サンマ通は身は食べずに、サンマのはらわたを肴にお酒を飲むそうですが、いずれにせよ庶民の味方とも思えるサンマが高級魚扱いになっちゃ、我々の懐は秋よりも早く寒くなりそうですね。

【今週のRyntenニュース】
つい先日2010年の幕が明けた、と思ったらもう9月、
「光陰矢の如し」の言葉すら追いつかない様なスピードを感じますね、この時の流れ…。
如何お過ごしですか?

猛暑が続いているといいますか、何か異常気象といいますか、本当に何かが狂っている感じです。
「さんま」「不漁」これは聞いたところによりますと、15度くらいの海水温度がサンマの一番気持ちがいいらしいのです。ところが、日本近海の海水の温度がどんどん上がっていて、サンマはどんどん日本近海から離れていってる…つまりサンマがいなくなった訳ではなく、サンマのたくさんいる場所が日本から離れている、という話ですね。

魚だけでなく野菜にも非常に打撃を与えています。
日本の食卓はえらい目にみまわれている…といいますか、大変な状況です。

『サンマ』、といえば東京は目黒のサンマが有名です。『サンマ祭り』もあります。ところがこれだけ高くなってしまったので「数千匹のサンマをどう集めるのか?」ケンケンガクガクらしいです。聞くところによりますと、岩手県の宮古の方から数千匹のサンマが運ばれてくるらしいのです。宮古の人達は「絶対に確保する!」と。そのお陰もあってお祭りができる、と改めて思い知らされる今日この頃です。

■Ryntenダイアリーです。

御陰様で101回目を迎え、ますます好調の「アコースティックウインド」です。
収録前に必ずランチをするのが、中央エフエムのすぐ近くにあるコーヒー屋さん。
ここで食べるのは昔ながらのナポリタンとアメリカンコーヒー。
素朴だけどこれが何故かクセになるんです。
コーヒーは美味い!です。

先日はあるレコーディングでスタジオにこもっていました。
さすがにスタジオは空調が程よく気持ちがいいものです。

雑誌社のスタッフが僕のSUMIギターを見て「あれ?デザインが…」。
そうなんです、僕のSUMIギターのデザインが少し変わりました。
先々月ギターメンテにだした時に鷲見さんが僕のサインを入れてくれました。
なかなかいいですね。気に入っています。

今年は北海道もかなり暑い、との話を聞きました。僕が北海道を回る頃はどうなっているのでしょうか?涼しくなっているといいのですが。北海道、と言えば昨年のツアーの時に「北海道新幹線を!」の看板を結構見かけました。本州と北海道が新幹線で繋がる…便利になりますね。でも、まだまだ時間がかかるとの事でした。

■スケジュールです。
9月10日(金)「岡崎倫典&打田十紀夫ジョイントライブ」東京・新宿「SACT!」
 約1年ぶりの東京での打田君とのジョイントライブです。
9月11日(土)岡崎倫典プロデュースイベント「素晴らしきギター野郎たちーアコギインスト祭りー」 東京・新宿「SACT!」
 若手ギターリスト達のギターの競演です(若い、と言っても僕より少し若い、という事ですね。)。
9月12日(日)三重・志摩「志摩市商工会多目的ホール」
 一年ぶりの志摩です。
9月17日(金)小樽を皮切りに北海道を回ります。
 こちらも一年ぶりのツアーです。

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、ボクのオリジナル曲「麻衣」の3回目です。アルバム『BaysideResort』に収められた曲で、『YourSelection』でセルフカバーもしています。5弦がスタンダードより1音、6弦が2音下がった変則チューニング、そして5カポで弾いています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、松田聖子さんの曲「SweetMemories/スイートメモリーズ」。スタンダードチューニング、カポ3で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2010-09

Return to page top