Ryntenバイエル~vol.102「”麻衣”を弾こう4」

【河童のひとり言】
与党代表選の記事を読みながら、ふと頭をよぎった“潔い”という言葉。「卑怯なところや未練がましいところがない」というのが一般的な使われ方ですね。英語では“manly”あるいは“sportsmanlike”と言うようですが、なんかしっくりきません。“潔い”、語源は「とても清らかである」、つまり「いと清し」という言葉が訛ったという説があるようです。心の潔白さだけではない、自然の風景をも愛でる日本人の美意識、“潔い”。ボクはこの代表選に美意識というものをまるで感じないのです。

【今週のRyntenニュース】
日本だけでなく北半球どころか南半球も、地球がおかしくなったのではないか…
食べ物にもたくさんの影響が出て来ています。そんな中、いかがお過ごしでしょうか?

いよいよ押し詰まってきた「代表選」。どなたが代表になるかはわかりませんが、少なくともこの期間の国政は踏みとどまっているとしか僕は受けておりません。諸外国はどんどん政治、経済が前に進んでいます。こんな状況で悪く言いますと、日本は「鎖国」状態になってるのではないか?という感じすらします。明るい未来を期待しないではいられない、今日この頃です。

さて、いくつかおたよりを頂いています。
むんぱぱさんから「高崎の浪漫館で思う存分、リンテンワールドを堪能させて頂きました、ありがとうございました。」という事です。先月のライブの話ですね。こちらこそよく足をお運び頂きました、ありがとうございました。
そして、海外のruisasakiさんから「ハナミズキ、感動しました。楽譜を国際便で速攻購入しました。もはや聖人の域ではないでしょうか。」…ちょっと言い過ぎ?
ありがとうございました。

Ryntenダイアリーです。
猛暑の中、野外ライブを敢行してきました。
場所は湯布高原、東急リゾートの一角にある「Club Yufuin」敷地内。

前回お邪魔した時にはまだ未完成だった、ゲストハウスも完成、しかも野外用のステージまでも出来上がっていました。
これにはビックリ!です。
今後は貸しコテージを営むとの事。
僕もチャンスがあれば泊まってみたい、素敵なゲストハウスです。

ロケーションは素晴らしいのですが、「暑さ」には参りました。。。
太陽がこれでもか!と言ってるのではないか…と思うほどきつかったですね。
ご来場頂いたお客さんたちは木陰で聴いていましたが、数人の方が直射日光の当たる場所に座られていて、その後大丈夫だったのでしょうか?心配です。
暑いさなか、聴きに来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。

翌日は京都「都雅都雅」へ。

京都も負けず劣らず暑い!しかも湿度が半端無く高く…言葉がありません…。
ライブ会場はいつもにも増して沢山のお客さんがいらしてくれて、うれしかったですねえ。
京都の人達はすごく大人しいのですが、演奏が終わる度に熱い拍手をくれます。
これもまた僕のエネルギーになるんです。


ライブ終演後は京都の料理を頂きました。
地元で活躍する「秋人」君もライブに駆けつけてくれました。
忙しいところありがとう!

■今週のスケジュールです。
小樽を皮切りに北海道を回ります。お近くの方は是非足をお運び下さい。
お待ちしております。
・ソロライブ
9月17日(金)おたる「一匹長屋」
小樽の老舗のライブハウスです。毎年お世話になっています。
9月19日(日)札幌「「渡辺淳一文学館 B1」
ワークショップです。初めてお邪魔します。
9月20日(月・祝)札幌「ジャムジカ」
大人の雰囲気のあるお店です。
9月24日(金)東京・渋谷黒澤楽器店G-Club
インストアーライブ&クリニックです。入場無料です。

北海道ツアースケジュール
・9月17日(金)小樽「一匹長屋」
・9月19日(日)岡崎倫典ワークショップ「渡辺淳一文学館 B1」
・9月20日(祝・月)札幌「ジャムジカ」
・9月25日(土)ホテル三浦華園
・9月26日(日)赤平「キッズキャンップ」
「常照寺」
・9月 28日(火)釧路「ガソリンアレイ」
・9月29日(水)富良野「啄木鳥」
・10月1日(金)旭川「Early Times」
・10月2日(土)美幌「プチパーティー」
・10月3日(日)北見「Veanus(ヴィーナス)」
・10月5日(火)増毛「ポルク」

■宿泊イベントのお知らせ。
毎年恒例となっている、一泊二日のファンの集いの宿泊イベントがあります。
ただいま参加者募集中です。
ライブあり、懇親会あり、の楽しい企画です。
是非参加してみませんか?お待ちしております。
日にち:11月27日(土)~28日(日)
場所:滋賀県「リゾートホテル ラフォーレ琵琶湖」

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、ボクのオリジナル曲「麻衣」の4回目です。アルバム『BaysideResort』に収められた曲で、『YourSelection』でセルフカバーもしています。5弦がスタンダードより1音、6弦が2音下がった変則チューニング、そして5カポで弾いています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、バート・バカラック作曲の「Raindrops Keep Fallin’ On My Head/雨にぬれても」。スタンダードチューニング、カポ4で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.102「”麻衣”を弾こう4」」への2件のフィードバック

  1. 湯布院では暑い中お疲れ様でした。直射日光を浴びてたのは私ら親子でした。お気遣いありがとうございました。倫典さんと同じ境遇でギターの音を満喫したかったので暑さは気になりませんでした。それよりも倫典さん、汗ひとつかいてない様に見えてある意味すごいと思いました。私たちはいい汗をかかせてもらいました。ソロギターを始めて1年ほどの私ですが倫典さんの指使いを食い入るように見てました。「IF」の3F人差6F薬小のところは私の苦労しているところでしたのでガン見してました。そしてもう一つ、「Eternal」ですがなんと抽選に当たってしまいました。買わなくてすみません。。。。聞いてビックリ、すばらしいアレンジでまるで本人が唱っているかのように聞こえました。最近は「時の流れに身をまかせ」をレッスン中です。またライブにお邪魔します。ありがとうございました。

  2. 再度すみません。先ほどのメールの中で間違いがありました。3F人差6F薬小→3F人差6F中薬 でした。これ難しいんですよね。人差し指届きにくくて。では失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です