Home > Archives > 2013-12

2013-12

Rynten Live 東京曙橋 バック・イン・タウン 2013年11月29日 vol.274

2013年11月29日び行われた、東京・曙橋「バックインタウン」での演奏をお聴き下さい。

年に3回やらせて頂いてるソロライブも今回で29回目を数える…という事は足掛け9年になる、というところでしょうか。
おなじみのパーカッション『土屋‘大魔王’祐介氏』に加え、このバックインタウンでのライブには初めての登場、ベーシスト『野々口毅氏』をお招きしました。

この3人で繰り広げられるステージをお楽しみ下さい。

■2014年のライブスケジュールです。
ソロライブ
・1月18日(土)静岡・浜松「なんでモール」
・1月25日(土)高知「Bee Station」
・1月26日(日)香川・高松「黒船屋」
・2月1日(土)石川・白山「青葉館」
・2月2日(日)大阪・河内長野「百年邑」
・2月20日(木)岡山・笠岡「Cafe de 萌」
イベント参加
・1月19日(日)京都「都雅都雅」「ハチタイ」8時間耐久ライブ 出演者多数
ジョイントライブ
・2月7日(金)東京曙橋「バックインタウン」岡崎倫典&伊藤賢一
セミナー
・2月22日(土)&23日(日)福山「バー・カブロ」

■Ryntenダイアリーです。
広島は三原から九州は福岡、大分と回ってきました。
はずは、初めてやらせてもらった、広島三原《三原芸術文化センター・ポポロ》。
センターのエントランスにある「カフェ」。リハーサル中はこんな感じでしたが…。
三原芸術文化センターポポロ

本番時間になると庭はライトアップされ…まるで『宝石箱』。
ライトアップされた庭

中庭も奇麗でしたねえ。
中庭

僕の演奏とこのシチュエーション…嬉しかった~!

三原は7年ぶりなんです。仲間に会うのももちろん、7年ぶり。僕を忘れずにいてくれた事に心から感謝!。
再会を祝し、そして『また、来年も会いましょう!』と乾杯。
7年ぶりの再会

途中で帰られたスタッフもいたので、全員で撮れなかったのが残念。次回は必ず!

九州スタートは、おなじみ朝倉の《音茶》。
お客さんの中には、遠くは宮崎・高鍋の仲間も駆けつけてくれました。嬉しかった!
今回も大いに盛り上がった打ち上げ。
いつもの“三ヶ尻聖一”こと《ミカちゃんショー》。写真をアップするにはちょっと過激な格好でしたので、写真は「なし」。
高鍋から税田さん

高鍋から来てくれた“新田原基地”の《税田さん》も三線で参加。
通常に戻った“?ミカちゃん”は、踊りで“税田さん”とジョイント…曲は“変なおじさん”(本当は“ハイサイおじさん”)…(爆)。
変なオジさん

今年もたくさん演奏させてもらいました!ありがとう~。

翌日は、“音茶”で車を借りて福岡津屋崎《サーフナイン》へ。
サーフ9

前回10月だったか…その時よりもニャンコが増えていましたねえ。
写真は撮りませんでしたが、全部ノラなんだとか…。きっと居心地がいいんでしょうね。

焼き肉器

今回、終演後に焼き肉を御馳走になったんですが…この焼き器、全然煙も出ず、匂いもなく、食材をひっくり返す必要もない優れもの。。。驚き!でした。

ここでもたくさんライブをやらせてもらいました!今年もありがとう~。

車を走らせ、大分湯布院の老舗旅館《亀の井別荘》。
駐車場入口にある懐かしい電話。ちゃんと使えるんですよ。情緒がありますよね。
駐車場入口の黒電話

ライブは敷地内にある《バー山猫》。
連休明けだったせいか、お客さんはちょっと少なかったけど新婚旅行で来たご夫婦もいたり、『楽しみにしていました。』と仕事を終えて駆けつけてくれたホテルのスタッフも…有り難い事です。

泊めて頂いた部屋も、部屋から見える景色も素晴らしく、そして、この《檜風呂》…いつも楽しませて頂いています!
檜風呂

帰り際、支配人さんと社長さんが見送りに来てくれました。
また、来年も行きたい!そう思います。
亀の井別荘にて

“亀の井別荘”からまたまた車を走らせ“音茶”に戻り、マスター“羽野さん”と『今年もお世話になりました。』と“アイスビール”で乾杯。
因みに、“羽野さん”は“サイダー”でした…最後の最後までごめんね~(笑)。
アイスビールでお疲れ様。

2013年、今年も応援してくださったみなさん、本当に有り難うございました。
僕にとって、充実したいい年だったと思います。
来年も頑張りますので、宜しくお願いします!
2014年がみなさんにとって素晴らしい年になります様に。
どうぞよいお年をお迎え下さい。 - Rynten –

aw131228

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.273「きよしこの夜/サイレント・ナイトを弾こう 6」

2013年、年の瀬です。如何お過ごしでしょうか?
aw131221

クリスマス間近…とは言っても地域によってはクリスマスの時期も終わっているところもあろうかと思いますが。
クリスマスが終われば模様替え、お正月に向けてドッとウインドウが変わりますね…ご苦労様です。

■おたよりをご紹介します。
・初めて頂きました!
“にんにん”さん『今年の1月頃に「Everything」のリクエストをした者です。覚えていらっしゃいますか?
ーよーく覚えています。大阪でかわいらしい女性と一緒にいらした青年ですね。リクエストにお応え出来なかった…しかしその悔しさがバネになって、その後ライブで演奏する様になった、という経緯があります

・Everything」に関しておなじみの“TAK”さんからも頂いています。
『最近倫典さんはカポ無しで弾いていますね。カポ無しで弾いたら難易度が倍増しました。でも無い方が断然いい!』
ーまあ、ギターを弾かない方には分かりにくいかもしれませんが、音程を上げる小道具があるんですけど「それを使わないで演奏していますね?」という事なんです。
TAKさんは最近、電車の中で指のストレッチをしているそうです。

・“Acky
PAPA”さんから『楽しげな酒宴…ライブスタッフ以外観客やファンも飛び入り参加可能なのでしょうか?実に羨ましい、』
ーそんなにしょっちゅうあるものではないですね。場所、時期によりけりで殆どない、と言っていいでしょうね。

・旭川の“Kim”さんから『チャゲアスの名曲「Say
YES」のアレンジをお願いします。」
ーそのうち…頑張ってみたいと思います。

沢山のおたより、有り難うございました。

■2014年のライブスケジュールです。
ソロライブ
・1月18日(土)静岡・浜松「なんでモール」
・1月25日(土)高知「Bee Station」
・1月26日(日)香川・高松「黒船屋」
・2月1日(土)石川・白山「青葉館」
・2月2日(日)大阪・河内長野「百年邑」
・2月20日(木)岡山・笠岡「Cafe de 萌」
イベント参加
・1月19日(日)京都「都雅都雅」「ハチタイ」8時間耐久ライブ 出演者多数
ジョイントライブ
2月7日(金)東京曙橋「バックインタウン」岡崎倫典&伊藤賢一

■倫典ダイアリーです。
昨年に引き続き、冬の奈良《ビバリーヒルズ》でのライブは、関西で活躍するMCタレント《南かおりさん》との朗読が実現。
ビバリーヒルズ

今年の読み物は『特攻隊員の遺書』。
会場には涙する人もたくさん…。
朗読

今年の夏、知覧に行った時の事を思い出しました。かおりさんも先月行かれたんだそうです。
改めて、今のこの平和な時代に生きている事に感謝しました。

今年もご存知、パーカッションの“土屋‘大魔王’祐介”氏も参加。
大魔王

音づくりに奮闘してくれたPAの“こあみ”さん。
PAコアミさん

終演後の打ち上げはいつものおでん屋、“竹の館”で乾杯。
打ち上げにて

その前に…。
ライブ前々日はお昼前、僕の番組をネットして下さっている《FMちゃお》に出演しました。
FMちゃお

奈良から移動したのですが、電車の遅延により本来の予定してた出演時間に間に合わず…なんとか生放送終了ギリギリのところで駆け込む事が出来ました…さすがの僕も焦りましたねえ…。
でもスタッフのみなさんは暖かく迎えてくれて…感謝です!

その日の午後には《奈良テレビ》の“南かおりさん”がレギュラー出演されている番組に出演。
“奈良テレビ”の入口、さすが奈良!ですね。
奈良テレビの外観

ライブの前日には、ビバリーヒルズの系列である《F2音楽教室》で、僕のギターセミナーが開催されました。
みなさん、真剣でしたよ。小学生まで…なかなか筋のある子でしたねえ。将来が楽しみ!
F2音楽教室の校長先生 ギターレッスン

今回、ラジオやテレビ、レッスンもあり、奈良には5日間滞在しました。
これは初めてでしたねえ。奈良を満喫…とはいうものの毎晩ビバリーのご主人“坂口”氏にお付き合い頂き呑んだくれてた様な…まあ、よし!としましょう(笑)。
坂口氏

楽しかった!

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、クリスマス特集「きよしこの夜/サイレント・ナイト」、6回め最終回です。以前にも取り上げていますが、より丁寧に解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、 「きよしこの夜/サイレント・ナイト」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.272「きよしこの夜/サイレント・ナイトを弾こう 5」

年も押し迫ってきました。如何お過ごしでしょうか?
aw131214

《秘密保護法案》…僕はよく分かりません。国の内外に対し「秘密にしておこう」…出してはいけない事もあるのでしょうが、よく考えてみると「何が通って」「何が秘密?」で「何が秘密ではないのか?」…という事も秘密になる訳ですよね。「どうチェックなされるのか?」なかなか通ってこない、そんな感じがします。
ふと、“細川俊之”さんを思い出しました。役者さんでもありますが、FMのパーソナリティーをされていた時代に『ここだけの話しがここだけで終わったためしがありません。こんばんは、細川俊之です。』とスタートした番組がありました。
国会議員同士で秘密を共有する、と言う事はもはやここだけの話しではなくなる、という事なんでしょうか?
僕にとって非常に印象に残っている言葉でした。

お便りをご紹介します。
おなじみ“TAK”さんからです。たくさんのコメントを頂きました。
・『弾いているギターの弦を変えました。値段が高い弦に変えてみると非常にいい音がする。音の伸びが凄い。』
ー確かに値段相応とは言い切れませんが、反比例する事はありませんから。
・『それ以上にミュートをきちんとしないと、音楽になりませんね。』
ーその通りです。
以前、特集した“デヴィッド・フォスター”に関してのご意見も頂いています。「独断と偏見で…」と僕がいつも言ってますが。
・『このコーナーの選曲はかなり渋かった。昔のFMはこういう番組が結構あったんですけど、今はないですね。』
ー確かに僕もそう思います。今は、どこのFMを回しても似た様なお声と似た様な英語のおしゃべり…異常に耳に届いている様な気がするのは僕だけでしょうか?
『ライブ予定のお店のHPを見ていたら、“フォーク会の大御所”と倫典さんの事が書いてありました。』
ーう~ん、どうなんでしょうか?よく分かりません。。。

他にも頂いていますので、また順次ご紹介させて頂きますね。

■年内のスケジュールです。
・12月20日(金)広島三原「ポポロホワイエ」FM夢ウエーブを御聞きのみなさん、お待ちしております。
・12月22日(日)福岡朝倉「音茶」今年も忘年ライブ、です。
・12月23日(祝・月)福岡津屋崎「サーフナイン」クリスマス付きのライブです。
・12月24日(火)大分湯布院亀の井別荘「バー山猫」“クリスマス・イブライブ”です。
台湾ライブ
12月28日(土)ハワードインターナショナルハウス-(国際文教会館)
2F卓越堂 19:00~21:00

■Ryntenダイアリーです。
東京と約半年ぶりの尼崎でのライブがありました。御陰様で今回も“満員御礼”。
先ずは、東京《バックインタウン》から。
バックインタウン

今回は、いつものパーカッション“土屋“大魔王”祐介”氏と新たにベースの“野々口毅氏”を迎えて、の構成でした。
“野々口さん”はもともとはジャズ畑のベーシスト、ご一緒するのは初めて。
野々口毅さん

《Still Life》《花田植》《影丸と14匹の仔猫たち》《BaysideResort》などなどすごく楽しかったですねえ。
“バックインタウン”ならではのライブでした!お客さんも楽しんで頂けたみたいですね。
バックインタウンライブ

また是非ご一緒したいと思っています。

翌日は尼崎《ブルードアー》。
ブルードアー

半年しかたっていないのに沢山の人たちが来てくれました。
前回、初めて来られた方が帰り際に「次回はたくさん人を連れてくるから。」と言ってくれたんですが…内心「ホントかなあ。」と思っていたら本当にたくさんの同僚を連れて来てくれました!
有り難い事ですね。
でも、来年から海外へ出張になるそうで…残念。。。
打ち上げでは、ママの創ってくれた暖かいおでんで乾杯。

この前撮れなかったママとツーショットが撮れた(笑)。
ブルードアーのママと

“ブルードアー”の片隅でお昼寝中の猫。愛くるしい。。。
ブルードアーの猫

今回の富士。久しぶりにはっきりと見えました!
今はもう雪がかなり積もっているそうですね。
富士山

とある雑誌のレコーディングでの譜面。。。
ここ数年はこんなに拡大しています(苦笑)。
譜面

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、クリスマス特集「きよしこの夜/サイレント・ナイト」、5回めです。以前にも取り上げていますが、より丁寧に解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、 「WhiteChristmas」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.271「きよしこの夜/サイレント・ナイトを弾こう 4」

寒くなりましたね。11月半ばだったでしょうか?一夜明けたら急に冷え込み、それから冬に突入、という日本列島。
如何お過ごしですか?
aw131207

この時期になりますと、冬の衣服総動員。
私ごとですが、真夏まっただ中に群馬県の山奥のほぼ新潟県に近いところに《野反湖》という湖があり、そこで野外イベントがあります。8月の最終週でしょうか。まだまだ都会では暑さ厳しい時期なんですけど、そこに行きますと、山の天気…ご機嫌斜めの時もありますし日が射していても夕方になると気温がひとケタに下がってしまう。そんな時に冬物のコート、マフラー、僕個人的ですが“半天”などを持ち込んで行くんです。そのイベントのせい、というわけでもないんですが…冬物を引っぱり出すので夏の服、冬の服の区別fがなかなかつけにくい…。
冬物をクリーニングに収めたら夏がやって来る、その冬物をタンスから引っぱり出してきて冬を迎える…という『普通の人のローテーションとはちょっと違う自分がいるなあ。』という気がします。

■今年最後のライブスケジュールです。
・12月15日(日)奈良「ビバリーヒルズ」“南かおりさん”がゲストです。FMちゃおをお聴きのみなさん、是非!
・12月20日(金)広島三原「ポポロホワイエ」FMゆめウエーブを御聞きのみなさん、お待ちしております。
・12月22日(日)福岡朝倉「音茶」恒例の“ヨッパライブ”ですね。
・12月23日(祝・月)福岡津屋崎「サーフナイン」クリスマス・ライブです。
・12月24日(火)大分湯布院亀の井別荘「バー山猫」まさしく“クリスマスイブナイト”です。
台湾ライブ
12月28日(土)ハワードインターナショナルハウス-(国際文教会館) 2F卓越堂 19:00~21:00

■Ryntenダイアリー
釧路から北見まで乗った“JR北海道”の“おおぞら号”。
車内にはこんなお知らせが…なーるほど。。。
JR北海道

北見《ヴィーナス》ライブ。
今年もたくさんの方たちに来て頂きました。旭川や稚内からも…嬉しいですね。
北見在住のギターリスト《masato君》も来てくれました!
with masato君

彼と出会ったのは、僕が東京でいつもライブをさせてもらっている《バックインタウン》。
このお店を紹介してくれたんです。
彼は、フィンガーピッキングはもちろん唄も歌います。なかなかのイケメン… (悔しいけど…(笑))。
終演後は、お寿司をみんなで囲んで『お疲れ様~!』
マスターの毒舌!笑わせてもらいました~。
ヴィーナス打ち上け

翌日は“北海道ツアー”最終日の網走《バー・コード》。
同じ日、大御所のフォークシンガーがコンサート…お客さんは少なかったけどみんな暖かかったなあ。
これは、店頭に飾ってあるマスターの絵。
バー・コード

で、マスターとのツショット。似てますよね~(笑)。
バーコードマスターと

ツアーが終わり別れる前に、北海道ツアーで毎回一緒に旅をしてくれる
PAの《村木さん》と記念撮影。
網走にて

かれこれもう十数年の付き合いになるでしょうか。
いつも助けてもらっています。今回もお世話になりました!
真ん中にいるのは、お手伝い?で北見から合流した、“村木さん”ジュニアの“ケント君”。
彼に初めて会ったのはまだ生まれて間もない頃。
今は中学二年生…こんなに大きくなったんですねえ。

今年の秋?初冬?北海道の夜は毎日霧に被われてこんな感じ。
昼間と夜の気温差が大きいんですね
夜の北海道

写真は美瑛を通った時に見た山々。
人里は秋の終わりだというのに、すっかり雪化粧。
夕日が山に反射した色はオレンジ?ピンク?自然が創り出した幻想的な
風景でした。
美瑛

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、クリスマス特集「きよしこの夜/サイレント・ナイト」、4回めです。以前にも取り上げていますが、より丁寧に解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、 「赤鼻のトナカイ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2013-12

Return to page top