Home > Archives > 2013-02

2013-02

Ryntenバイエル~vol.230「青春の輝き(I Need To Be In Love)を弾こう 8回目」

【河童のひとり言】
地方公務員の“駆け込み退職”が世論を騒がせておりますが、それにしてもテンションの上がらない話題ですな。中には「37年のプライドが傷ついた」とお嘆きの退職希望者の声も聞きますが、よっぽど減額されても最後まで勤め上げた方がプライドを保てただろうに、とボクは思うのです。全てはその方の事情によるものだと思うのですが、「仕事」という意味を改めて考えさせられるカッパでございます。
aw130223_02 aw130223_01

【今週のRyntenNews】
2013年も、はや、“弥生”。“桃”、“梅”そして“桜”と続きます。ご機嫌いかがでしょうか?

【河童のひとり言】から《駆け込み退職》。
システムと言いますか…法律と言いますか…条例と言いますか…あれを立てればこちらが立たず。。。
でも、僕にはよく理解出来ません。
特に校長先生レベルで駆け込み退職。つまり教育に携わっている方が何人かいらっしゃるそうです。
結局、生徒さん、子供たちよりも“金銭”の方が先に“話題に立つ”という事なんでしょうか?
それぞれの事情によるものなんでしょうが。。。
もし、僕が逆の立場…子供、生徒であれば『ショックの大きい出来事として映るのではないか?』と想像してしまいます。
話題としてかまびしいかも知れませんが、結論が出ないだけに難しいと思います。

■おたよりコーナー
・KMさんから『笠岡ライブ、福山セミナーと続けて、一番楽しんだイベントがあっと言う間に終わってしまいました。次回のライブを楽しみにしています。』ーこれは、2月のライブとセミナーですね。本当に有り難うございました。

■ライブスケジュールです。
・3月15日(金)鳥取・米子「アズティックラフズ」昨年の松江でのライブ「カノーバ」とは姉妹店です。
・3月16日(土)鳥取「ルルカフェ」全て手づくりのお店で、昨年に引き続きお世話になります。
・3月20日(祝・水)福岡・津屋崎「サーフ9(ナイン)」昨年末にオープンしたカフェです。今回で、はや2度目の登場です。
・3月23日(土)岐阜・中津川「さんさ酒屋のコンサート」ゲスト出演します。地元ミュージシャンが集います。
・3月24日(日)新潟・上越「メモリー」2年ぶりの登場です。何故かいつも冬にお邪魔しています。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Ryntenダイアリーです。
相変わらずずっと部屋にこもって譜面書きの毎日です。しかしながら、寒いですね。
こんなに寒くても着実に春は近づいています、自然って凄い!

…という訳で、今週のblogは前々回の続きとして、広島をご紹介したいと思います。

その前に先日の福山のお話を少し。。。
カフェ《珈麦館》の屋根裏に住み着いた猫“フータ”はアップしたんですが、マスターとの写真はまだでした。
マスターは、昨年のセミナーに参加してくださいました。
今回はお店の都合で無理だったけど、次回はまた来て下さいね。
珈麦館

さて、広島のお話を。。。
市民の“足”である、“バス”と“路面電車”。
市内バス

いずれもかなりの本数が走っています。
僕も、小学校から高校まで毎日、路面電車に乗って通学していました。
路電

近年は新しい車両も。
路面電車2

僕はまだ見ていませんが、更に新しい車両も登場したとか…。

これは“平和大通り”。
地元の人たちは、道路幅が100mあることから“100m道路”とも呼んでいます。
平和大通り

道路脇は長い緑地公園になっていて、毎年11月中旬~翌年の三が日までライトアップされている場所でもあります。
このライトアップには、なんと!140万球が使われているそうです。豪華ですよ。

平和大通りにある、“平和記念資料館”。
ここに入る度に、胃を掴まれる思いです。
平和記念館

広島は6本の川が流れ、いわゆるデルタ地帯の上に立つ街です。
写真はその一本である、元安川。
“原爆ドーム”に隣接する川です。
原爆投下直後、被爆したたくさんの人たちが水を求めてこの川まで来て亡くなった、言われています。
元安川

“宮島”の“厳島神社”の大鳥居。
宮島

潮が引くと歩いて行けます。
神殿を歩くと、回廊の下に蟹が歩いていたりして面白いですよ。
境内

ココには鹿もいます。
宮島の鹿

まだまだたくさんご紹介したい場所はありますが、また次の機会に。

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、カーペンターズの「青春の輝き/ I Need To Be In Love」を弾こうの8回目、最終回です。アコースティック・ギター・マガジン 2012年 12月号
に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、今までバイエルで取り上げてきたカーペンターズのカバー曲「青春の輝き/ I Need To Be In Love」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.229「青春の輝き(I Need To Be In Love)を弾こう 7回目」

【河童のひとり言】
昔は先生にビンタされる、ゲンコツをもらう、なんてのは当たり前でした。ボクなんかもずいぶん叱られた記憶もあるのですが、それほど嫌な記憶というものはありませんし、悪い事をしたのだから、という納得もあったりします。それが良い思い出になるか嫌な記憶になるかは、ご本人の主観もあろうかと思いますが、案外、人を殴るというのは、殴った本人も後味が悪いものです。だからこそ体罰にはお互いの愛情が通うものだとボクは信じたいものです。先生も大変なお仕事だな、と思う今日この頃です。
aw130216_02 aw130216_01

【今週のRyntenNews】
春の足音もだんだんと音量が上がってきました。如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】から《いじめ》。
“いじめ”の問題がかまびしく言われていますが、僕は学生の頃、“ビンタ”“ゲンコツ”をいくらもらった事か…。僕の中学・高校時代、この“ビンタ”“ゲンコツ”の代わりに“肩揉み”をする先生がいました。もの凄い力で肩を揉む訳です。揉まれた瞬間、立っていられない…。もちろん、今の時代、そういう事をする先生もいなくなってしまったかも知れませんが、それがとてもいい思い出になっています。これは、決して“先生”と“対生徒”という縮図、図式ではありません。
今で言ったら『とんでもない“いじめ”と捉えらるだろうな。』っという事も随分やりました。でもそこには“愛情”があった事もしっかり記憶に残っています。何人かが1人の生徒の制服で、黒板を消して行く…とんでもないいじめがありましたけど、その同級生と僕たち、今でもいいお付き合いが続いています。
今の時代の人たち、生徒さんたちが大きくなった時にやはりそういう関係であって欲しい、と思います。

■おたよりコーナー
・guitarmaniaifyさんから番外編の『Just the way you are(素顔のままで)』への投稿です。
『奇麗なおとですね。』と一言。
ーありがとうございます。

■ライブスケジュールです。
・2月23日(土)&24日(日)『ギターセミナー』詳細はチラシを参照して下さい。
・3月2日(土)高知「Bee Station」
・3月3日(日)高松「黒船屋」
・3月15日(金)米子「アズティックラフズ」
・3月16日(土)鳥取「ルルカフェ」

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Rynten ダイアリーです。
一年ぶりの岡山は笠岡《萌》でのライブと福山《バーカブロ》にてギターセミナーがありました。

まずは“萌”ライブから。
看板

今回も沢山のお客さんが来てくれました。県外からがかなり多かった様です。本当に有り難い事です!
お店は決して広くはないですが、何と言っても名物の“ママ”の人気でしょう。
で、ママとのツーショット。
萌のママと

ご主人は既に亡くなられてしまいましたが、仲のよかった“高田渡”さんとの写真が置いてあります。
きっと今頃は二人で呑んでいるのではないでしょうか?
萌

本番前に今回も御馳走になった、ママ手づくりの定食、お腹一杯頂きました。美味しかった~!
隣にいるのは、翌日からお世話にになる福山《バーカブロ》のマスター“宮崎”さん。
既にビール、です…。
萌の定食

翌日からの“ギターセミナー”。
マスコット

またまたたくさんの生徒さんが来てくれました、嬉しいですね。
前日もマスターのが鍋で打ち上げをしてくれました。
さらに、スタッフの仲間たちも集まって、またまた少し早めの僕のお誕生会もしてくれました。
昨年同様、間もなく誕生日を迎える“淳ちゃん”も“ついでに…”。淳ちゃん、今年もごめんね。
お誕生会

ある日、連れて行ってもらったカフェ《珈麦館(こむぎかん)》。
ここでは、僕の音楽がずっと流してくれているそうです。
屋根裏に住み着いているネコの“フータ”。
帰り際、ひょっこり顔をみせてくれました。まるまると太ってましたねえ。
フータ

で、レッスンのレポートです。
福山ギターセミナー

フィンガーピッキングをされている生徒さんが多い中、今回はいつもとは違ったレッスンもありました。
17才の女子高生が『エレキギターを練習したい。』。
エレギギターは、僕も昔取った杵柄。
僕の好きなロックバンドのコピーから始めました。
最初はたどたどしかったけど、レッスンが終わる頃には、カッコいいフレーズも弾ける様になってました!
やっぱり若いと飲み込みが早い。

そして、もうお一人、僕のオリジナル曲『《トトラの島》のベースを練習したい、』という女性も。。。
僕がギターを弾いて彼女がベースを弾きながらレッスンしていきました。
既に彼女なりのベースは弾けるのですが、そこをアレンジ。これもまた楽しかったですよ。
スタッフたちは『ライブみたいですね。』と僕らの練習風景を見ながら喜んでました。
昨年はシンガーソングライターの方もいらっしゃいましたね。その方には、ギター伴奏アレンジをお手伝いしました。

こういったレッスンも全然問題ありませんので、次回、是非参加してみてくださいね。

また、東京でも、2月23日(土)&2月24日(日)の2日間、《春期集中セミナー》を開催します。
2013ギターセミナー

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、カーペンターズの「青春の輝き/ I Need To Be In Love」を弾こうの7回目です。アコースティック・ギター・マガジン 2012年 12月号
に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、カバー曲「Bridge over troubled water/明日に架ける橋」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.228「青春の輝き(I Need To Be In Love)を弾こう 6回目」

【河童のひとり言】
とあるインターネット関連の資料によると、昨年、全世界でメールを送った人は22億人、そして1日でやり取りされたメールの平均は1440億通だったそうです。単純計算すると、一人あたり約70通。個人はもとより、会社に務めている人でもさすがに多いのではと思ったら、およそ7割は、いわゆる迷惑メールだそうです。詐欺まがいのメールはもちろんのこと、大量に送られてくる企業の広告メールもなんとかならないものでしょうか。一日何通も送られてきて、その中に大事なメールが紛れてしまうこともしばしばあります。ちなみに、昨年検索されたキーワードの総数は1兆2000億。その中に、”岡崎倫典”も含まれているかと思うと不思議な感じがします。
aw130209_02 aw130209_01

【今週のRyntenNews】
お正月気分もとうに抜けて…と思っていたら街はもう“バレンタインデイ”色になって来ましたねえ。
これがあれよあれよという間に“ホワイトデイ”色になるんでしょうか?
その前に“ひな祭り”があるぞ!と相変わらず忙しい日本です。

如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】の《インターネット》。
凄いですよね、世界規模でインターネット関連の資料となると“億単位”“兆単位”になっていくわけです。
だんだんと天文学的数字になりますが。。。

それにしても“迷惑メール”、“スパム”と言いますか…僕自身にも“携帯”あるいは“パソコン”にも入ってきます。

とにかく“訳の分からないメール”や“怪しいメール”、『ん?』と一瞬でも感じたら僕は開ける事なしに、全て削除しています。
“開けた事により問題が起こるメール”もたくさんある様ですから、気をつけて下さい。
でも『こういう時代になったんだな。』という事ですね。

“迷惑防止条例”じゃないですけど、その条例でも国の法律でもいいですが、こういったものを取り締まる事は出来ないものか?!と思ってしまいます。

政府は、それどころじゃない!でしょうねえ。
『取り締まれ!』と言われても『どうやって?』となるでしょう。

なかなか難しい…“ウサギとカメ”…“イタチごっこ”…という気もします。

■ライブスケジュールです。
・3月2日(土)高知「ビー・ステーション」
・3月3日(日)香川・高松「黒船屋」
・3月16日(金)島根・米子「アズティックラフズ」
・3月17日(土)鳥取「ルルカフェ」
春期集中ギターセミナーのお知らせ。
・2月23日(土)と2月24日(日)東京「クロサワ楽器本店B1」にて開催します。是非ご参加下さい。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Ryntenダイアリーです。
先週と今週で使用したギターは、《URNOギター》。制作者は名前の通り、《浦野》君。彼はもともと僕の教室の生徒でした。どこかでこのこの名前を見かけたら、是非弾いてみて下さい。
URANO-Guitar

さて、またまた東京に“大雪”の予報が出た日、僕は親父の法事で広島に行ってきました。幸いにも大雪にはなりませんでしたが、都内の在来線のホームが大混雑でしたねえ。東京から静岡あたりまでどんよりとした雲に被われて…いつも見えるまずの富士山もこの通り。
fuji

新幹線は遅れもなく広島到着。無事に法事も終え、僕はふらりと街へ。僕が卒業した“袋町小学校”の前まで行ってみました。今ではりっぱなビルになっていて、これが正門です。
Shougako

隣には“平和資料館”があり、原爆投下後の街や直後の写真などが展示され、中でも目をひくのは…学校を立て替える時に壊した壁の下から現れた黒板。
この黒板は伝言板になっていたんです。。。『○○へ。○○で待つ。』『無事です。』などなど…どんな思いで書いたのか…思うと胸が締め付けられます。
Heiwa-shiryoukan

小学校の近くには、“旧日本銀行広島支店”のビルがあります。現在もイベントなどのホールとして使われています。
kyu-Nhion ginko

さらにちょっと足を延ばして“平和記念公園”へ。
ご存知の方は多いと思いますが、“慰霊碑”と“原爆ドーム”は一直線で結ばれています。そこに書かれている『過ちは二度と繰り返しませんから。』。世界の平和を願うばかりです。
Ireihi

夜にはいつもお世話になっている“J’S Bar”へ。初めて撮ったマスターとのツーショット。いつもありがとう!
J'S Bar

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、カーペンターズの「青春の輝き/ I Need To Be In Love」を弾こうの6回目です。アコースティック・ギター・マガジン 2012年 12月号
に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、ボクのオリジナル曲「Living Naturally」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Ryntenバイエル~vol.227「青春の輝き(I Need To Be In Love)を弾こう 5回目」

【河童のひとり言】
2012年度日本でのCD総生産額が、前年を上回ったというニュースを見かけました。爆発的に売れたアーティストがいたかなぁと首をかしげていたら、ユーミン、ミスチル、桑田佳祐、山下達郎といった大物アーティストが相次いでベスト盤を出したことが要因の一つだとか。だれでも知ってる曲が詰まったベスト盤を求めたい気持ちはわからなくもありませんが、ミュージシャンとしてはみなさんにもっと探究心をもって、音楽に触れて貰いたいと願うとともに、若手アーティスト達には、もっと頑張ってもらいたいとも思うのです。
aw130202_01 aw130202_02

【今週のRyntenNews】
寒さはまだまだ厳しいですが、どことなく春の匂いが漂い始めている様な…そんな季節に入ってきました。如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】から《CD総生産額》が前年度を上回った、というお話。これはちょっと意外でした。『CDの売り上げが落ちている。』と叫ばれ続けている、このご時世に“前年度を上回った”というのは、“持ち直した”という捉え方も出来るのでしょうか?
しかし、世間でよく言われるのは『いずれCDもなくなる。』という諸説の方が勢いがある気ががします。
もっとも、最近のCDというのは、“音楽目当てではない”買い方もある様です。例えば、そのCDに付いてくる“握手券”などが欲しくて何枚も何枚も買う人がいる、という話もチラホラと伺っています。
僕たちが音楽を求めて、CDやレコードを買っていた時代を振り返るにつけ、ほんの数十年の違いですが、『えらく時代は変わったな。』と感無量なところがあります。
デッキ

■おたよりコーナー
先日演奏した《Platonic Zone~Platonic tune》のメドレーへのおたよりを、海外の方から頂きました。
・hitorque246さんから『Very Nice』ーたった一言ですが、有り難いですね。

■Rynten ダイアリーです。
一年と半年ぶりに、千葉・九十九里に行ってきました。
「シーブリーズ」というログハウスで創られたカフェで、デッキは犬もOKなんです。
お店の前は公園。
今は人もまばらで静かですが、夏は子供たちで大賑わいです。
公園

東京を出る時には晴天でしたが、現地に向かうにつれて雲で被われ雪もチラホラと。寒かったですねえ。でも夕方にはこんな夕焼けも。
夕焼け

今回は、オープニングには《OKAYAN》さんと僕の教室の生徒でもある《千葉英樹》君。
オープニング

それぞれのソロのあと、二人で僕の《1192 KAMAKURA》をセッションしてくれました。いつだったか、数年前のイベントで演奏してくれたのをおぼえていますが、何でも『あの時は中途半端だったので…』と再チャレンジ。嬉しかったなあ。また、お願いします(笑)。

さて、ライブの方は、たくさんのお客さんに来て頂きました。今回も盛り上がりましたよ~。有り難うございました!

終演後はみんなで懇親会。お店のお料理はどれも美味しかったけど、やっぱりこれが一番!
いか焼き

お店にあった暖炉。やっぱり暖かい!
暖炉

入り口にあった水槽で、元気いっぱいに動いていた《鮭の稚魚》。
鮭の稚魚

ここで育てて川に戻すそうです。『お店で売ってる“いくら”でふ化しますか?』と聞いたら『これは受精卵です。』との返事。当たり前ですよね(笑)。この場所が鮭が戻って来る南限なんだそうです。感動でした!

翌日はギター教室の為、早朝に出発。見事なまでの青空でした。ホテルの窓から見えた九十九里。近くまで行った事はないですが。。。
九十九里

途中、アクアラインから富士が見えた時には感動でしたねえ。うまく写真で見れるといいのですが。。。
富士

■ライブスケジュールです。
・2月8日(金)岡山・笠岡「カフェド萌」FMゆめウエーブをお聴きのみなさん、是非覗いてみて下さい。
・2月9日(土)、10日(日)広島.福山・バーカブロ「ギターセミナー」FMゆめウエーブのリスナーのみなさん、是非ご参加下さい。
・3月2日(土)高知「ビーステーション」高知ではずっとライブをやらせてもらっています。
・3月3日(日)高松「黒船屋」店内から見える夜景を観ながら僕の音楽でいいお酒を呑んで下さい。
・3月15日(金)島根・米子「アズティックラフズ」毎年お世話になっているお店です。
・3月16日(土)鳥取「ルルカフェ」昨年に引き続きライブをやらせて頂きます。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、カーペンターズの「青春の輝き/ I Need To Be In Love」を弾こうの5回目です。アコースティック・ギター・マガジン 2012年 12月号
に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、カバー曲でビリー・ジョエル「Just the Way You Are/素顔のままで」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)以上、13局のコミュニティエフエム局で放送中です。

Home > Archives > 2013-02

Return to page top