Ryntenバイエル #480 赤とんぼを弾こう Pt.6

11月下旬から12月初旬にかけて我が家の庭にある小さなもみじの木が例年通り、真っ赤に色を変えました。冬の到来を告げています。初冬の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

早速ですがお便りをご紹介したいと思います。新しくリリースされた譜面集に触れたメッセージです。
-AMさん『フィンガースタイルで引くソロギター名曲集ー珠玉のメロディー、譜面が大きく見やすくなって嬉しいです。どの曲もアレンジが良く全て弾ける様になりたい。』
Rynten『嬉しいお便りですね。ぜひ、頑張って全て弾ける様に!レパートリーも20曲増えますから挑戦してみてください。』
ーTAKさん『先日、お店のBGMでとても素敵なジングルベルを聴きました。男性デュオアコースティックギターサウンドでした。』
Rynten『どなたなんでしょうか?海外のアーティストなのか?日本のアーティストなのか?ちょっと分かりませんが、ぜひアーティスト名が分かりましたら、お知らせ下さい。』
ーTAKさん『それと、前回特集した〝Rolling Stones Acoustic Guitar Sound〟ですが、〝Satisfaction〟にもアコースティックギターが入っているのを知ってますか?』
Rynten『もちろん、存じ上げています。ただ、サウンド自体が〝アコースティック〟を感じさせるものかどうか?というところで僕個人として選ばせて頂いたもので、〝Satisfaction〟はどちらかというとエレクトリックサウンドということで選曲に漏れた事をお伝えしておきたいと思います。』
ー宮城の中年ライダーさん『大きな野望があります。地元でのライブ開催。そして地元FM局の〝Acoustic Wind〟のOn Airとクリニック。』
Rynten『宮城の…というので当然〝宮城〟にお住まいだと思いますが、もうしばらくお邪魔してないですね。僕個人的には是非伺いたいところであります。ぜひ、大きな野望を実現させて頂きたいと思います。ありがとうございます。』

■Ryntenインプレッション
今週は、”Christmas”がつくクリスマスソング特集です。
#0. White Christmas / Bing Crosby
#1. Last Christmas / THE THREE DEGREES
#2. Italian Christmas Song / PETE SEEGER

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今週は「赤とんぼ」の6回めです。新しく発売された譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20“に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。RegularTuning/NoCapoで弾いています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、クリスマスキャロル”SilentNight/きよしこの夜”です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【バックインタウン@東京】
今回、広島フォーク村の大先輩、アナウンサーの《白井京子さん》にお越し頂き、クリスマスに因んだストリーの朗読とのコラボを企画しました。もちろん、僕のソロコーナーもありましたよ。
店内はクリスマスムード。

僕のソロでは、クリスマス曲やここ数年弾いていない曲、もちろん新しくリリースした譜面集から演奏。

白井さんの今回の朗読は《輝く夜》。素敵なストーリーでしたねえ。僕の好きな猫が登場するのもよかったなあ。コラボ前には、長年やってこられたお仕事、例えば〝ディズニーランド〟放送局での〝天気予報〟や〝交通情報〟、最近までテレビでOAされていた〝レディースアデランス〟などなど面白可笑しく披露してくれました。今現在、BSの〝北島三郎ショー〟の司会をされています。

アンコールでは、リクエストに〝宇宙戦艦ヤマト〟の声。自分でアレンジしていてなんですが、本当に難しい。何とか弾いたものの、ヤマトが沈没してしまいそうな…(笑)
最後に白井さんと。ウクレレを習っている、ということでウクレレと僕のギターでクリスマスソングをハワイアン調で歌って頂きました!

【鷲見ギター忘年会@鹿教湯温泉】
今回、久しぶりに参加させて頂きました。いわゆる、鷲見ギター愛好家の集い、と申しましょうか。たくさんの愛好家が集まってましたねえ。場所は、いつもの《鹿乃屋旅館》。
みんなで夕食した後は、毎回メインとなっているギターリストの《石井完二さん》とボーカルの《磯崎みおさん》とのユニットが演奏。

最後に僕も呼び出されて、完治さんと一緒に《The Water is Wide》。数年前、〝リンカーン〟というユニットでライブをしましたねえ。完ちゃん、また、演りましょうね!

演奏後は楽しみな宴会。久しぶりに完ちゃんの〝おちゃらけ〟を見ました。全員爆笑。

翌日は鷲見工房へギターのメンテに。完ちゃんが出発前、改めてツーショット。

みんなで昼食。いつもの蕎麦屋〝草笛〟へ。新そばです。うまかった〜!帰り際にみんなで記念撮影。向かって僕の左側にいるのは韓国ソウルから出張で東京に滞在している〝ジョンくん〟。しばらくは一緒に遊べそうです(笑)。

帰りの風景。見事な青空。浅間山が綺麗でした!

■Ryntenライブ
・12月23日(土)福岡朝倉「音茶」
■2018年のライブスケジュール
・1月20日静岡浜松「なんでモール」
・1月21日(日)愛知江南「スタジオM」
・1月26日(金)京都「都雅都雅」
・2月3日(土)高知「ビーステーション」
・2月10日(土)神奈川・横浜「イギリス館」
・2月11日(日)鳥取米子「BEXX」ギターセミナー
・3月2日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
■ギターセミナー
・3月3日(土)、4日(日)広島福山「バーカブロ」

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenバイエル #479 赤とんぼを弾こう Pt.5

いよいよ12月、《師走》に突入しました。いかがお過ごしでしょうか?

先月の話になりますが、とある土曜日の朝、我が家の近くに商店街がありまして、結構大きいですが。この入り口に、もの凄い大勢の人だかり。人・人・人…。
例えば、選挙前の街頭演説に集まる人よりも多かった様に感じますが、これが異様な光景。全員がスマホの画面をタッチしまくっている訳です。男女問わず動きは皆同じ。意外と歳のいっている人も多かったですね。多分、〝ポケモンGO〟だと思います。何か、Bigアイテムがそこに現れる!とでも情報があったのでしょうか?まあ、土曜日ですし天気の悪週末が多かったので、久々に好天に恵まれたので、前日までたっぷり働いて…といったところでしょうか?家族や子供と過ごすことはないのでしょうかねえ。もっとも、ご夫婦らしき方も結構多かったです。少なくとも子供ずれは見かけなかったです。周りに迷惑がかからない以上、こちらがとやかく言う事ではないですが、とにかく異様でした。これからも目にすることはあろうかと思われます。

■Ryntenインプレッション
今週は先週、先々週に引き続き、「Acoustic Stones」と題し、The Rolling Stones 初期のアコースティックギターサウンドを特集しました。
#0. Dear Doctor
#1. Wild Horses
#2. Angie

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今週は「赤とんぼ」の5回めです。新しく発売された譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20“に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。RegularTuning/NoCapoで弾いています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、中島美嘉さんのカバー曲”雪の華”です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
北海道ツアーの続きから。。。

【OFF日@富良野にて】
いつもお世話になっている《きつつき》のマスターが体調がすぐれず入院していると聞き、お見舞いに富良野に立ち寄りました。マスターはベッドの中でしたが、いろんな話が出来て良かった。

病院を後にし、かつて冬の間、富良野に滞在していた時代にお世話になった方との再会も。駅前のコーヒーショップ《我夢舎楽》でマスターと。

《きつつき》の斜め前にある居酒屋《炉ばた》のマスターと。前を通り過ぎることは多々あるんですが、いつも混んでてなかなか顔を出す事が出来なかったけど、やっと。

1999年以来のお付き合いのある観光協会の《峰廻さん》〟と夕方からながら飲み…(苦笑)。
終盤には、きつつきのマスターの愛娘〝みずえちゃん〟も合流。それと、何故か?僕の教室生徒の仲内くんも(笑)。

最後に、富良野在住の〝倉本聰さん〟がプロデュースしている〝So’s Bar〟へ。こんな風景を眺めながら語り合いました。

峰廻さん、長い時間のお付き合い、有難う〜!

【北見へ移動】
翌日は、富良野から列車に揺られて旭川へ。僕は飲みすぎ?(笑)で爆睡。
今回、芦別〜富良野へと一緒に旅をした仲内くんは、元気でしたねえ。若さには勝てません(笑)。

旭川で仲内くんとはお別れ「また来てね〜!」と僕(笑)。高速バスに揺られて北見へ。北見に着くや否や早速お世話になる〝ヴィーナス〟に向かったのでした。

翌日もOFF。もちろん通ったのは言うまでもありません(笑)。

【ヴィーナス@北見】
ここでお世話になり始めてからもはや10年以上。15年くらいになるでしょうか。
毎年ライブを演らせてもらえるのは、本当に有難い事です。
今回初めて気がついたことが。。。入り口にオルガンが…。

知り合いの方に頂いたんだとか。懐かしいですね。
ライブは、と言うと、お客さんはいつもより少なかったけど、僕がステージに立った時、客席から「おかえり〜」の声が。嬉しかったなあ(涙)。

打ち上げには、今年は不漁と言われている〝いくら〟を差し入れて頂きました。美味しかった!これが無いと北見に来た!実感が無い?!(笑)

帰り際、みんなで記念撮影。

マスターの高山さん、北見滞在中はお世話になりました〜!

【Nostalgic Japan 和のみ@当麻】
お店のご主人は、僕のライブには何度か足を運んでくださっています。先月、このレストランをオープン。それまでは別なところで営業されていたそうですが、この地が気に入り引越しをされたそうです。
素敵な佇まいですね。

テラスもあります、が、豪雪が。。。

季節を変えて訪れてたい場所でもあります。
ライブには僕の音楽に初めて触れた方々もいて「良かったです!」と声をかけて頂きました。嬉しかったなあ。
写真はリハーサル風景。

打ち上げはご主人とお母さんが作ってくれた料理の数々で乾杯。美味しかった!

ご主人の〝菅野さん〟は料理家でもあり、また陶芸家でもあり、多彩です。

また新たな地での演奏が出来た事、本当に嬉しい限りでした〜!

■Ryntenライブ
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
・12月10日(日)奈良「ビバリーヒルズ」
・12月23日(土)福岡朝倉「音茶」
■ギターセミナー
・12月8日(金)大阪八尾「F2音楽教室」
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
■2018年のライブスケジュール
・1月20日静岡浜松「なんでモール」
・1月21日(日)愛知江南「スタジオM」
・1月26日(金)京都「都雅都雅」
・2月10日(土)神奈川・横浜「イギリス館」
・2月11日(日)鳥取米子「BEXX」ギターセミナー

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenバイエル #478 赤とんぼを弾こう Pt.4

スタジオの前の〝モミジの木〟が急速に色づき、凄いスピードで紅葉し、そして散っていく…。いかがお過ごしでしょうか?

11月の始め、〝秋田〟にお邪魔してきました。さすがに寒い地方の季節ではありましたが、紅葉が実に美しかったですね。東京もそんな美しを見せてくれるのだろうか?と思いながら眺めていました。順調に回る自然、そしてどことなくぎこちない人間界。そんな対比を見せつけられた気がします。例年より綺麗かな?と僕は感じましたが、地元の方々はどう思っているのでしょうか?また、みなさんの地域はいかがでしょうか?
その秋田に関するお便りを頂いております。
・お馴染みの〝中年ライダーさん〟から『迫力満点かつ繊細なタッチ。日頃のストレスがすっかり癒されました。』
ーRynten『有難うございます。』
・中年ライダーさん『いつものごとく一般道での往復、長距離の運転、ハードスケジュール。帰宅時間は午前3時でした。』
ーRynten『泊まらずに帰られたんですね。』
・中年ライダーさん『帰りの車中でも購入した譜面集〝珠玉のメロディー〟の付属されているCDを繰り返し聴いて、ライブの余韻に浸りました。』
ーRynten『有難うございます。宮城からですから遠い道のり。しかも季節的に過酷ではありますから大変だったかと思います。でもそんな中、足を運んで頂き本当に有難うございますした。』

■Ryntenインプレッション
今週は先週に引き続き、「Acoustic Stones」と題し、The Rolling Stones 初期のアコースティックギターサウンドを特集しました。
#0. Sittin’ on a Fence
#1. She’s a Rainbow
#2. Street Fighting Man

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今週は「赤とんぼ」の4回めです。新しく発売された譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20“に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。RegularTuning/NoCapoで弾いています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、賛美歌”アメージング・グレース”です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【Cafe Rijn(らいん)@東京水道橋】
毎回らいんでのライブは、キーボードに〝平井宏〟氏、パーカッション〝土屋祐介〟氏とのバンドバージョンライブです。ギター1本では出来ない楽曲の数々、また、いつも一人で演奏している楽曲もバンドで演奏しました~。
もちろんソロコーナーもあります。
バンドバージョンってとても楽しいし、ライブに来てくださった皆さんの顔も楽しそうで、それを見ている僕らも嬉しいですよね。

終演後は、ライブの反省会?も含めて(笑)みんなで乾杯!

いつも企画してくれるマスターご夫妻。ありがとうございました。

しかしながら、らいんライブの日は雨が多い気がします。この日も大雨…。
最近パワーダウンしつつある〝雨男〟は、まだまだ健在の様です(笑)。

【北海道ツアー~初冬~】
恒例の冬のツアーです。昨年は12月だったけど、あまりにも寒かったので、地元スタッフとの相談の結果、「寒くなる前に開催しましょう!」と、11月のツアーとなった経緯でしたが…着いてみたらすごい雪…寒いのなんのって。
あらかじめ、地元スタッフからは聞いていたものの、ちょっとびっくりでした。
新千歳空港から札幌に向かう車窓からの風景です。11月中旬とは思えない!

【三浦華園@滝川】
滝川でもこの通り。

まず最初のステージは、館内で僕の音楽を流してくれている〝ホテル三浦華園〟。
地元スタッフがステージの可愛らしいアレンジをしてくれました。

一年ぶりにお会いする面々。今回もライブに来てくれてありがとう!豪雪で道路が封鎖され「行けません。」と連絡をくれた方も…それでも会場に向かって来てくれて有難う!開演時間に間に合ってよかったです。

終演後の打ち上げも盛り上がりましたよ~。

【OFF 旭川にて】
この日も一日中雪。ランチしたあとは部屋に篭りきりでしたが、流石に暗くなると一段と元気になる僕(笑)。友人のお店へいざ!

【キッチンエルザ@芦別】
今年の夏、〝赤平〟でのライブに来てくれたマスター。早速、お邪魔しました。入り口にはこんな立派な看板まで…有難いですね。

店内も大人の雰囲気のある素敵なアレンジ。もし、近所に住んでいたら、毎日でもランチに行きたいお店です。

リハーサル中、すでに外は真っ暗。僕の住んでる東京よりも日がくれるのは、1時間くらい早い気がします。

初めてのライブにも関わらず、たくさんの人たちが来てくれました。もちろん、僕の音楽に触れる方が多かったですが、あらかじめインターネットなどで予習?をして下った方もいたりして、嬉しかったですねえ。その方はリクエストコーナーでは「花田植!」と(涙)。

終演後は「お疲れ様でした」の乾杯。そして記念撮影。僕の右手に立ってるのがエルザのご夫妻。

帰る途中、夏にライブをやらせてもらってる〝ふくろう〟の〝タケちゃん〟ことマスターが「うちに寄ってホルモン鍋食べってよ。」と、ご馳走になりました。美味しかった!

■Ryntenライブ
・12月1日(土)東京「バッウインタウン」
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
・12月10日(日)奈良「ビバリーヒルズ」
・12月23日(土)福岡朝倉「音茶」
■ギターセミナー
・12月8日(金)大阪八尾「F2音楽教室」
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
■2018年のライブスケジュール
・1月20日静岡浜松「なんでモール」
・1月21日(日)愛知江南「スタジオM」
・1月26日(金)京都「都雅都雅」
・2月10日(土)神奈川・横浜「イギリス館」
・2月11日(日)鳥取米子「BEXX」ギターセミナー

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Ryntenバイエル #477 赤とんぼを弾こう Pt.3

11月も半ばを過ぎ、2017年も秒読みになってまいりました。寒くなりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

スタジオの周り、東京もだんだんとクリスマス色に塗りつぶされて行っている様です。クリスマスを祝うと言うより、クリスマス商戦を感じます。たくましいものです。
振り返ってみれば、11月あたまにには飾り付けがなされていました。早いですね。これが12月24日イブ、25日クリスマスを過ぎると途端に全てが消え去っていく、という変わり身の早さ。すごいパワーです。

ここで、新しい譜面集のプレゼントにご応募を頂いた中からピックアップで、コメントをご紹介します。
・横浜にお住まいの方から『倫典さんの曲はどれも大好きなのですが、いざ自分で演奏するとなると難しかったり表現できなかったりする曲が多いです。』『Fast Ragをぜひリンテンバイエルで取り上げて下さい。』
Rynten『実は、僕自身も難しいと感じるところです。』『Fast Ragはやってなかったですね。年明けにぜひ、やらせて頂きます。』
・宮城県にお住まいの方から『倫典さんのカバーは原曲のイメージを損なわず、そこに新しいエッセンスを加えて心に響く楽曲に仕上げているので何度聴いても関心します。』
Rynten『褒め倒し…?』
・島根県のお住まいの方から『新譜発売おめでとうございます。初恋にチャレンジしたい。』
Rynten『名曲ですね。ちょっと難しいですが…。』
・埼玉県のお住まいの方から『作曲と変則チューニングの利用の関係について知りたい。』
・東京にお住まいのからから『オリジナル曲を創る時、どんな風にして出来上がるのか?』
Rynten『お答えできる部分は、リンテンバイエルで答えていきたいと思います。ありがとうございました。』

■Ryntenインプレッション
今週は、「Acoustic Stones」と題し、The Rolling Stones 初期のアコースティックギターサウンドを特集しました。
#0. Tell Me
#1. As Tears Go By
#2. Lady Jane

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今週は「赤とんぼ」の3回めです。新しく発売された譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20“に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。RegularTuning/NoCapoで弾いています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル楽曲”Dream”です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【ガリバー@三重四日市】
恒例の秋のライブ。いつもは四日市在住のギターリスト〝竹内いちろ君〟がゲストに駆けつけてくれていましたが、この日は体調が悪くお休み。いちろ君とのセッションも用意していたけど、急遽、僕のソロライブに変更。(その後、いちろ君は回復された様です。よかった。)

今回もまた、いい音と、とても暖かいお客さんでした!ありがとう。
店内にはマスターが描いた秋バーションの絵も。これもまた暖かいくて思わず笑みがこぼれてしまいますね。

帰り際に記念撮影。

四日市の町に戻ったところで、昼間にはなかったクリスマスライト。

この日は、時折雨が降ったり止んだりのお天気でした。お店に向かう途中、大きな虹を発見!あっというまに消えていきました。

そして、今回見た霊峰富士。あたまには雪が。

■Ryntenライブ
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
・12月10日(日)奈良「ビバリーヒルズ」
・12月23日(土)福岡朝倉「音茶」
■ギターセミナー
・12月8日(金)大阪八尾「F2音楽教室」
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
■北海道ツアー後半
・11月25日(土)北見「ヴィーナス」
・11月26日(日)当麻「和のみ」
■2018年のライブスケジュール
・1月20日静岡浜松「なんでモール」
 ・1月21日(日)愛知江南「スタジオM」
・1月26日(金)京都「都雅都雅」
・2月10日(土)神奈川・横浜「イギリス館」
・2月11日(日)鳥取米子「BEXX」ギターセミナー

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

Rynten ゲスト #476 THE JAYWALK pt.2

例年にも増して台風の接近や上陸が多かった昨今でありましたが、そのお陰もあって…でしょうか、本当に冷え込みが急速です。
街ゆく人々の服装がすごいスピードで変わってる気がします。如何お過ごしでしょうか

早速ですがお便りをご紹介します。
・宮城の中年ライダーさんから『昨年末から毎月不幸が続き、しかもこの春、小生のパソコンが壊れまして再度昔のパソコンを引っ張り出したものの、サイマルラジオを聴くことが出来ない。不幸続きの為、パソコンを買う余裕もなく、じっと我慢の日々を過ごしておりました。最近になってパソコンを購入し、ラジミューのサイマル放送で約半年ぶりに聴くことが出来ました。このゆったりした時間が半年も途切れて勿体無い。気持ちは秋田に飛んでます。』
ーfrom Rynten『僕もお会いするのを楽しみにしていました。遠路有難うございました。』

・水戸のムーンライトさんから『水戸のガールトークライブ、有難うございました。今年50才になる私ですが、偶然にも50年前の《Daydream Believer》を聴く事が出来ました。』
ーfrom Rynten『自分と同い年の曲を聴く、というのはまた感慨深いものがありますね。ちなみに僕と同い年の曲はというと《Fly me to The Moon》。何年前の曲かは伏せておきます。』

・TAKさんから『やっと落ち着いてギターを弾く環境になり、《Daydream Believer》を弾いています。私の洋楽体験は〝シャボン玉ホリデー〟でした。最初にハマったのはモンキーズだったと思います。』
ーfrom Rynten『たくさんのお便り、有難うございました。』

■Ryntenゲスト《ギターリスト・知久光康さん from THE JAYWALK
今週も先週に引き続き、THE JAYWALKから知久光康さんにお越し頂きました。

柳ジョージさんのカバーアルバムセカンド《歌舞伎》から〝ハーバー・フリーウエイ〟を聴きながら。
倫『この曲はレイニーウッドの時?』
知『ジョージさんには珍しくカントリー風なギター。当時は僕らがバックをやってた。この曲は杉田君が「やりたい!」というので収録しました。』

杉田さんはThe JAYWALKのギーボード。以前、この番組にもお越し頂いたことがあります。The JAYWALKは、柳ジョージさんのサポートをしていた時期もあり、レコーディングにも参加されています。

ここで今日の1曲目〝歌舞伎〟から《フォー・ユア・ラブ》

知『ジョージさんのレコーディングの時、この曲のギターを僕が弾きました。変な変わったギターフレーズ。でもその後、ジョージさんがそれをコピーして弾いてました。歌舞伎のレコーディングの時、どう弾いたのか覚えてなくてジョージさんのをコピーしました。』
二人で(爆)
倫『年月が忘れさせてくれるのは、都合のいい時も悪い時も。』
知『人間の脳みそはよく出来てますね。』
二人で(爆)

今日の2曲目は同じく〝歌舞伎〟から《TWITING NIGHT AWAY》。

倫『僕は何故かロッド・スチュアートのテイクでこの曲を知ってました。50数年経って海を超えて日本でカバーしてくれる、これは冥利。』
知『サムクックのご遺族に手紙を書こうと。』
二人で(爆)

僕が一番聞きたかった、知久さんのソロ部分を掘り下げて聞きいて行きます。
倫『ソロは意識で?憧れで?』
知『憧れ。この前倫典さんのライブを観に行ったんです。いいですよねえ。ギターを抱えてギターで音楽が成立する、そこへ行きたい。』

知久さんはエレキギター。リードギターとか単音のメロディー楽器の様な使い方をします。1曲くらいなら何とかなりますが、バンドや伴奏がないとワンコンサートは厳しいですね。

倫『ジミヘンのアメリカ国家を聴いた時、一人で成り立ってる、と思ったけどずっとだと聴く側は辛い。』
知『ジャズなどもリズムがしっかりあって、伴奏しながらメロディーも弾く。あれも憧れ。でもワンコンサートだと、来たお客さんに楽しんでもらえるかな?と。倫典さんの様に何だかボソボソっとつぶやいて(笑)、何となく誤魔化しながら(笑)に憧れます。』
二人で(爆)
知『でも心地よくて。リアルな話になるけど電車に乗って日本中歩ける!』

バンドだとどうしても楽器車や設備などで大変が移動になりますね。

倫『ソロライブは意識の中で新しいものへ?それともTHE JWALKの中の一つ?』
知『僕としては前者。来てくれるお客さんに失礼かもしれないけど、実験が常にある。』
倫『それは失礼なんじゃなく、来てくれる方も望んでるし期待してるんじゃないかな。』

ソロライブでは、ご自分で制作された映像とリンクさせたり、など必ず何かを実験しているんだとか。例えば、前回は7本のギターを並べて演奏。名付けて〝七味とうがらし〟と言うそうな(笑)。全てのギターがアンプリファアされているので、オンとオフを常にやらなければならず、また、抱えてるギターと前のギターがぶつからない様にするとかで大変だったとか。今後は、僕の様にシンプルに行きたい、との事でした。

【収録を終えて】
2週に渡ってお越し頂いたTHE JAYWALKの〝知久光康さん〟。初めてのお一人でのご出演でしたが、それなりの話に花が咲きました。
僕とほぼ同世代。仲がいい、チームワークがいい。全員元気でずっと続けていける、というのは本当に羨ましい。以前、「仲違いしそうな時はなかったか?」と尋ねたら「そういう記憶はない。ずっと兄弟同然に何十年も来てるから。」と返事をもらいました。
ここまでグループがピシッと続いていられる、というのは日本でも海外に目を向けてもあまり多くないと思います。
そして以前にも増して、CDやライブの数が増えている、とバイタリティを感じます。僕のライブに来られての感想もありましたが、僕も非常に刺激を受け勉強になる部分が多い、そんなグループです。

知久さん、また来てくださいね。

【知久光康Instrumental Live】
11月25日(土)@ KIWA 二子玉川 2公演
11月26日(日)@ KIWA 二子玉川 2公演
完全入れ替え制
http://www.jaywalk.co.jp/information/index.php?id=386

【THE JAYWALK LIVE】
12月2日(土)@名古屋ブルーノート 2公演
12月17日(日)@東京品川インターシティーホール
12月24日(日)@ KIWA 二子玉川
2018年1月6日(土)@ビルボード大阪 2公演
http://www.jaywalk.co.jp/information/index.php?id=397

■Ryntenダイアリ
【ポートタワーセリオン@秋田】
秋田港に佇むポートタワーの中でのライブです。今年で16回目になるそうな…。早いものですね。

そのポートタワー、夜になるとライトアップされます。

今回も?秋田滞在中はずっとどんよりした雲に覆われてましたが、紅葉が綺麗でしたよ〜。

さて、仕事の関係で前日夜中に到着。短い時間でしたが、地元スタッフと「よろしくお願いします!」の乾杯。
秋田の新鮮な魚料理を頂きました〜!

ライブ当日、まずは腹ごしらえに、念願の美味しい稲庭うどんのお店に連れて行ってもらいました。
そしてリハーサル。地元スタッフが一丸となってつくってくれた、会場。いつもながらありがたいことです。
今年も、仙台や秋田といえども車で2時間ほどかかる能代方面からも来てくださったも。本当に有難い事です。
ライブはというと…秋田のお客さんは〝奥ゆかしい〟といいますか、とっても大人しいんです。でも、拍手が力強くて僕の音楽を気に入ってくれているのが、手に取るように分かります。

秋田港に、海上保安庁の巡視船〝でわ〟が停泊。今年の2月、一緒に〝大和ミュージアム〟にも行った船マニアの〝片岡氏〟と思わず記念撮影。

終演後は、いつものカフェ〝サントス〟です「お疲れ様でした!」
今年も飲み物や軽食のカウンターで奮闘してくれた〝綺麗どろこ〟の皆さんと。

ポスターを作ってくれたご夫妻。

そして、主催者のリーダーでもあり、打ち上げの手料理を作ってくれました。ギターもかなりの腕前。僕の曲を弾いててくれました。素晴らしい…!

常連さんも。

みんなでワイワイと夜もふけていくのでした(笑)。

東京に戻る前、〝そば〟のお店でランチ。美味しかったですねえ。

部屋からはこんな風景が。のどかですね。

帰りの新幹線から見える景色に感動〜!綺麗でしたねえ。

間も無く秋田は、東京より一足先に冬に突入するんですね…。そんな夕暮れでした。
今年も楽しかった!
みなさん、有難うございました。

■Ryntenライブ
・11月18日(土)東京水道橋「らいん」
・12月1日(土)東京「バッウインタウン」
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
・12月10日(日)奈良「ビバリーヒルズ」
・12月23日(土)福岡朝倉「音茶」
■ギターセミナー
・12月8日(金)大阪八尾「F2音楽教室」
・12月9日(土)大阪「三木楽器Acoustic INN」
■北海道ツアー
・11月19日(日)滝川「三浦華園」
・11月21日(火)芦別「エルザ」
・11月25日(土)北見「ヴィーナス」
・11月26日(日)当麻「和のみ」
■2018年のライブスケジュール
・1月20日静岡浜松「なんでモール」
 ・1月21日(日)愛知江南「スタジオM」
・1月26日(金)京都「都雅都雅」
・2月10日(土)神奈川・横浜「イギリス館」
・2月11日(日)鳥取米子「BEXX」ギターセミナー

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』