Ryntenバイエル~vol.42「ハノンへの誘い 3」

【河童のひとり言】

今頃になって、という負い目もありますが、最近すごく気になるコトバがあります。「臓器移植法案」。ボクが気になるのは、“脳死”を「人の死」と認めるかどうか、ということではないんです。

本人、家族の同意があれば、臓器を提供できる。これは立派なことだと思います。でも想像してみて下さい。もし自分の大事な家族の一人が事故にあったとして、不特定多数の誰かの命を助けるために、家族の臓器が使われる。これが日常医療の社会通念になったとしたら、皆さんはどう考えますか?
aw_090719_03

【今週のRyntenニュース】

東京では梅雨があけ、猛暑が続いています。 何とも辛い季節です。
e99d92e7a9ba

今月のあたま、長野県上田にあるギターメーカー「鷲見工房」へ行ってきました。
この日も暑かったですねえ。車での移動でしたが日差しが…夜東京に 戻って来た時にはすっかりエネルギーを吸い取られてしまって…。 新しいギターを創って頂きリペアもほぼ終了。

ヘッドのインレイも美しく仕上がっていました。 今日の番組で初披露です。「リンテンバイエル」「Key of R」も このギターを使って演奏しました。 なかなかいい音だしてくれていましたね。 これからが楽しみです。
new-guitar new-guitar-head

休日だというのにスタッフの皆さんや近郊のお住まいのギターファンの 方々がかけつけてくれて、楽しいひと時でもありました。
営業3課の課長「角南サスケ」さんまでご出勤して頂いて…暑い さなか、さぞかし辛かったのではないかと…申し訳なく思っております。
昼食に連れていっていただいた、おそば屋さんはさすが、美味しかったです!
e8aab2e995b7


今週もおたよりいただきました。
昨年北海道の美幌でお会いした、門馬君、覚えています。あの時は高校生でしたが時の流れは早いものです。 今は神奈川にお住まいなんですね。クラッシュックギター、頑張って下 さい。 お互い頑張りましょう!

来月8月19日には僕の12枚目アルバム「Your Selection」がリリースされます。 是非聴いてみてください。

ライブ情報です。
7月25日(土)広島県福山市「とおり町交流館」
7月26日(日)京都「都雅都雅」
7月28日(火)浜松「てりーずてりー」
お待ちしております。

【Ryntenバイエル】

Ryntenバイエル、テーマは「ハノンへの誘い」です。
今週はその第3回。

ハノンといえばピアノの練習ではと思う方も多いはず。これをギターの練習に取り入れてみると意外と効果があるんです。

aw_090719_02 aw_090719_01

YouTube Preview Image

今週の番外編は「チャップリン・イン・ニュー・シューズ」。 非常に軽快で弾いていて楽しく、ほのぼのする曲です。そんなに難しくない曲ですので、ギター初心者にもおススメです。 作曲はブードロー・ブライアント。 チェット・アトキンスはこの曲をエレキギターをフィンガーピッキングで、かなり速いテンポにて弾いていることでも知られています。

是非、お聴き下さい。

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 木更津エフエム(http://www.834fm.net )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 以上、9局のコミュニティエフエム局で放送中です。

YouTube Preview Image

Ryntenバイエル~vol.41

【河童のひとり言】

新型インフルエンザの騒動も、なんとなく落ち着いたようですが、今回の騒動がきっかけでいろいろな出来事が起きているようです。

神宮球場の名物でもある”ジェット風船”。これがインフルエンザをきっかけに、「当面禁止」となっておりましたが、ひと段落となった今も「解禁しない」との事。

先日病院に行く事がありましたが、「お見舞いのお花、禁止」と言われました。

これも衛生面に配慮してとの事ですが、なんかイマイチ納得できないのはボクだけでしょうか?

img_2028

【今週のRyntenニュース】

6月ツアーの最終日は初上陸の三重県志摩市。
沢山のお客さんに来て頂きました。
そして「感動しました」など嬉しい感想も沢山頂きました。
こちらこそ、ありがとうございました。

打ち上げはあわび、松坂牛、そして主催してくださった方のお店で作っている「ところてん」。
初めて食べた四角い「ところてん」はきなこをつけて、どれもこれもうまかった!

awabi_dukusi tokoroten

アワビに白アワビ、黒アワビがあるってご存知でした?
どちらがどうなのかは忘れてしまいましたが、柔らかいのとコリコリと固いのがあります。
でも一つの種類だけ出されたらどっちがどっち?分からないと思います。
地元の人達に聞いてもやはり「分からない」との返事でした。

今回のツアーは怒濤のごとく過ぎ去った様な…。
武生での打ち上げでの事。地元のコーラスグループ「ゴンパパ」に混ぜて頂き、口パクで参加しのですが…皆さんが失笑していました。
何故?

chorus

富山では夕焼けを見ながら宴会!まではよかったのですが、宴もたけなわになった頃、何故か僕は知り合いの顔にサインをしていました。

sign
もう僕は富山で入り禁止かも…。

怒ってないかな?

【Ryntenバイエル】

Ryntenバイエル、テーマは「ハノンへの誘い」です。
今週はその第2回。

初心に戻ってスケールの練習からしてみましょう!

今週の名女優オードリー・ヘップバーンの映画に使われたあの名曲。
「ムーン・リヴァー」です。作曲は大作曲家ヘンリー・マンシーニ。
オードリーはボクの大好きな女優です。
映画の中ではオードリーはカポなしで弾いてるんですよね。驚きました。

是非、お聴き下さい。

「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」。

この番組は中央エフエムをキーステーションにラジオ・ミュー富山シティエフエムエフエムとなみエフエムおかざきエフエムわっち木更津エフエムエフエムちゃおエフエムゆめウェーブ9局のコミュニティエフエム局で放送中です。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

Ryntenバイエル~vol.40

【河童のひとり言】

ジメジメと鬱陶しい季節です。虫にとっては過ごしやすいのか、カタツムリなんてまだ可愛い方。蚊やナメクジなど、いろんな虫がウヨウヨと出てきます。

つい最近、何十年ぶりに”山ヒル”なんて見つけました。

さて、先日オバマ大統領がインタビュー中にハエを叩き殺した事で、動物愛護団体から批判を受けたとか。

そりゃ、”一寸の虫も五分の魂”とは言いますが、ちょっとやりすぎの感があります。

おいしそうなものにたかるのは、どうやらハエばかりじゃないようです。

img_2026 img_2032

【今週のRyntenニュース】

今週はメールによるおたよりを2通頂きました。ありがとうございます。
ギター弾いてたのは間違いではなかった!と逆に励まされました。

さて、6月ツアーの続編です。
富山でのクリニック後夕日を見ながらの富山の幸をごちそうになりながらの宴会の翌日は

高山へ。

地元エフエム局でプロモーション出演の為に早朝に?(と言っても9:00)富山を出発。

車での移動だったのですが、以外と近かったのにはビックリくしました。

富山から山道を少し走るともう奥飛騨でした。

景色がきれいでしたねえ。

guitar_clinic

今回は初めての高山へ前日入り、お陰で少し時間ができたので「山下清原画展」をやっている「高山美術館」と昔なつかしい品々やなつかしい街並が創られている「高山昭和館」へ行ってきました。

yokocho class_room

かなり感動もの、でした!ツアー中に時間が出来たりすると、ちょっと足を伸ばしてその町のミュージアムへいったりするのが、結構好きなんですが、まあ、殆どは「なんだこりゃ~」とがっかりするものが多い中で、ここは「よかった~」ですよ。
土曜日という事も手伝って町中は観光客でごったがえし、風情のある
「古い町並み」はとてもとても鑑賞しながら歩く雰囲気ではありません。

matinami

色んな街では商店街が閑散とし、シャッター通りが増えている中で、ここ高山の街は活気に溢れています。
観光地の多くは観光客に頼っている所も多いですが、「私たちの街は私たちで」という町の人達のパワーを感じました。

ここで、今月の僕のライブスケジュールのお知らせです。
19日(日)新宿「SACT」ギター教室発表会&岡崎倫典ミニライブ
25日(土)福山「とおり町交流館」
26日(日)京都「都雅都雅」
28日(火)浜松「てりーずてりー」

お近くの方は是非足をお運び下さい。
お待ちしております。

【Ryntenバイエル】

Ryntenバイエル、今日から新テーマは「ハノンへの誘い」です。
今週はその第1回。
前回までは「花田植えを弾こう」がテーマでしたが、少々難しかったと思います。
今回はまた基本に戻ってのお題。
ギターを弾いてみようかな、と思ったリスナーの皆さん是非トライしてみてください。

今週の番外編はエルヴィス・プレスリーの曲から。
皆さんも良くご存知でしょう「ラヴ・ミー・テンダー」
1956年、エルヴィスは「ハウンド・ドッグ」でチャート1位をとっておりましたが、この曲も続けて1位を取りました。
同一アーティストとしては初めての出来事だったそうです。
是非、お聴き下さい。

「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」。

この番組は中央エフエムをキーステーションにラジオ・ミュー富山シティエフエムエフエムとなみエフエムおかざきエフエムわっち木更津エフエムエフエムちゃおエフエムゆめウェーブ9局のコミュニティエフエム局で放送中です。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

Ryntenバイエル~vol.39

【河童のひとり言】

先月の話ですが国会で党首討論がありました。

いまいちピンと来ない「友愛」を掲げる党首と、「漫画大好き」なアキバ系党首。

どちらも引けをとらぬ坊ちゃん党首の一騎打ちに、この国を託す我々はどうなるのかと

固唾を呑んで見守るのです。

すさまじい応援団の野次と罵倒合戦に、挙句に「言葉は極めて大事にしなくちゃならない」と誰に向かって発射したのかわからないテポドンのような発言。

歴史的経済状況の中、実につまらない歴史的出来事でした。

選挙が楽しみです!

rynten_vol39a rynten_vol39c1

【今週のRyntenニュース】

先週から始まったツアーをリポートします。
名古屋でのライブ終了後は美味しいイタメシ屋さんに連れていってもらいました、

ピザが絶品!

名古屋からは福井県の武生へ移動。

前回から約1年半ぶりの「石石(らく)」というギャラリーです。

どんよりとした空模様が駅に着いた途端に雨が降り始め…丁度その頃翌日の仕込みをしていたスタッフが「おっ、倫典さんが着いたな」とみんなで噂してたそうです(笑)。
しかしライブ当日はまるで真夏日。
そのせいか、盛り上がりましたねえ。会場との一体感が嬉しかったな。

翌日は坂井市にある「越前丸岡城」と苔寺として有名な勝山市にある「平泉寺」に連れて

行ってもらいました。

maruoka_castle heisen_ji

境内には巨大な杉が立ち並び、幻想的と言いますか幽玄な雰囲気でした、が、いきなり台風が来ているかのような土砂降りの雨。
雨男としては…。

そして急遽決まった「ギタークリニック」の為に富山へ。
参加して下さった皆さんはギター片手に真剣に僕のレッスンを聞き入っている姿をみていたら、ついつい熱が入ってしまいましたね。
しかしながら、皆いいギターもってるなあ。羨ましい。
打ち上げは日本海に面しているお宅お邪魔して、夕日を見ながらの宴会。
夕焼けが美しかった。

sunset

ツアー中、たくさんの出来事がありました。その辺はまた次週に。

【Ryntenバイエル】

今週は先週に引き続きゲストの 「沢田知可子さん」登場です。

特別編成のため「Ryntenバイエル」はお休みします。

今週の番外編はボクのオリジナル曲から。
よくヒトから「リンテンさんはどうやって曲を作るのですか?」という質問を受けます。
曲作りはその時その時で変わりますが、この曲は初めてギターを持たずに譜面から書き上げた曲です。
今週は親愛なるヒトたちに感謝をこめて「Thanks My Dear」をお送りします。
是非、お聴き下さい。
「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」。

この番組は中央エフエムをキーステーションにラジオ・ミュー富山シティエフエムエフエムとなみエフエムおかざきエフエムわっち木更津エフエムエフエムちゃおエフエムゆめウェーブ9局のコミュニティエフエム局で放送中です。

YouTube Preview Image

Ryntenバイエル~vol.38

【河童のひとり言】

若い頃、ボクらにとっては”アメ車”は一つの憧れでした。

大きなボディと低く唸るエンジン。そこに国の強さと豊かさを感じていました。

アメリカの夢だった自動車産業が今、危機的状況になっている事をニュースで知りました。

これも時代の流れなのかと、何か愕然とする思いがあります。

恐らくはこれからは環境を考慮した次世代の車の開発に取り組む事になるのでしょうが、

憧れだったキャデラックやシボレーが、音もなく走る姿を想像すると、今ひとつ私には興ざめに映ります。

rynten_vol38a rynten_vol38b

【今週のRyntenニュース】

今週、来週はゲストの登場です。
僕のギターとヴォーカルのコラボレーションをやらせて頂いています、 「沢田知可子さん」に来て頂きました。

僕の番組で初の女性ゲストです。うれしいですねえ。
知可子さんとはかなり久しぶりでしたが、「久しぶり」という感じはしませんでしたね。

番組では生演奏を1曲、ステージでよく一緒にやった「大きな古時計」を唄って頂きました。
相変わらず知可子さんの歌唱力もさる事ながら、あの感性はすばらしいです。

wity_chikako

ところで、先日の石川鷹彦さんとの大阪ライブ、かなりの評判みたいです。
ステージは勿論ですが、ステージをおりてからも凄く楽しかったなあ。
また、どこかで実現できる事に期待して…。

_ishikawa

そして、今僕はツアー中です。東海から北陸、そしてまた中部地方へのルートです。
やはり地元の仲間に会えるのが一番の楽しみです。
勿論お酒をお伴に。

showbai

【Ryntenバイエル】

今週は、特別編成のため「Ryntenバイエル」はお休みします。

今週の番外編はロバータ・フラックのあの名曲からのピックアップ。

今週は72年のヒット曲の「やさしく歌って~killing me softly with his song」をお送りします。

本当はオリジナルはロリ・リーバーマンという歌手でしたが、売れませんでした。

ロバータ・フラックが偶然飛行機のBGMでこの曲を聴いてリリースしたら、これが大ヒットとなったという裏話だそうです。

ボクのソロ・ギターバージョンで是非、お聴き下さい。

「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」。

この番組は中央エフエムをキーステーションにラジオ・ミュー富山シティエフエムエフエムとなみエフエムおかざきエフエムわっち木更津エフエムエフエムちゃおエフエムゆめウェーブ9局のコミュニティエフエム局で放送中です。

YouTube Preview Image