Ryntenゲスト #360 ノグチアツシ 1

日本国中に“猛暑”をばら撒いた今年の夏、去ろうとしています。如何お過ごしでしょうか?
aw150822

世界中で《異常気象》乱発。明らかに『地球が怒ってるぞ!』という感じですが、みなさんの町、ご家族、ご家庭、お友達 、ご無事でいらっしゃいますでしょうか?
夏にだけでなく昨今の日本…僕も国中旅をして回っていますが今の時代、“ホテル”“電車”取れません。
いろんな理由は考えられますが、シティホテルやビジネスホテルも関係なく、時期も関係なく、です。別にホテルが少なくなっている訳ではないんですけどねえ。
頭をめぐらしてみますと、サラリーマンの出張が増えた、というのが1つの大きな原因でもあるようです。
これが、ホテルや交通に大きな影響を及ぼしている…つまり、支店や営業所がどんどん無くなっている、たたまれていっている。一人でも二人でも社員を出張に出したほうが経費が安い、というところが結果かなあ…と思うんですけど。
それに限らず、ご家族連れも以前から比べると本当によく目につきます。人口が増えた訳でもないんですけどねえ、その辺りがよく分からない。
かと言って『ホテルや電車の数を増やしてくれ!』と言っても経済的にどうなのか?というところもあるでしょうし、僕たちとしては非常に四苦八苦しています。
『何とかしてくれ!』と誰かに言いたいですが、相手がいない…。

■Ryntenゲスト
今週は、鳥取県安来(やすぎ)市在住のシンガーソングライターの《ノグチアツシ》さん、《安来(やすぎ)のおじ》をお迎えしました。
aw150822_05

“安来のおじ”とは何ぞや?
それは…“ノグチアツシさん”のもう一つのキャラクターなんですねえ。松江でラジオ番組を持ってて、そこに登場しています。僕も何回か出演させて頂いてますし、このお二人?には鳥取でのライブには必ずゲストで演奏してもらっていて、結構いじられているんです…が、彼曰く「いや、倫典さんには勝てない!」と…(笑)。
この“おじ”、ものすごい人気で僕のライブなのにステージ登場した途端、僕は完全に食われてしまいます…(苦笑)。
blogでは“おじ”の様子をお届け出来ないのが残念。。。

“ノグチさん”のアルバム《Home Made Jam》から《Home Sweet Home》をBGMに『こんにちは。』『ご無沙汰しています。』とご挨拶からスタートしました。
aw150822_03

倫『“Home Sweet Home”って地元のお店?』
ノ『はい。洋服屋さんです。今日着ている服はそこで全部買いました。大好きなお店です。』
倫『どこにあるんですか?』
ノ『松江です。川沿いのスポットで松江という感じの場所にあります。』

“ノグチさん”の曲には、地元のロケーションがかなり出てきていて「愛着があるんだなあ」と感じます。

今日の1曲目は、同じアルバムから《6月2日》
Homemadejam

曲を聴き終えて…

倫『何故“6月2日”なんでしょう?』
ノ『ハーモニー、コーラスをやってもらっているのが《池田聡さん》。結構仲良くして頂いてて“聡くん”とライブをやった時にあまりにも楽しくて、思い出にしようかな、と。』
倫『深い様な…イージーな様な…(笑)。こんな譜割りの細かい曲をハモるなんて…違う人だと大変。』
ノ『「サイモン&ガーファンクルみたいにピッタリ寄り添ってハモってよ!」とお願いしました。』
倫『気が合ってないとここまでハモれないじゃないですか。』
ノ『はい、大変だったと思います。』

“ノグチさん”は、この番組の収録前日は東京でライブでした。
aw150822_02
ノ『《角松敏生さん》と一緒でした。実は、僕は最初“安来のおじ”だけだったけど「自分のままでもやったら?」と“角松さん”から提案してもらい現在になりました。』
倫『で、うまれたのが“ノグチアツシ”。』
ノ『はい。』

“角松さん”“聡くん”とジャケットには名前がよく出てきてて交友関係が広い。お友達だけでなくてパートナーでありプロデューサーでもあるんですね。

倫『“おじ”の喋る言葉は島根地方の訛りなんですか?』
ノ『〝出雲弁〟です。』
倫『“出雲弁”と安来地方の言葉は違うんですか?』
ノ『似てますが微妙に違う。でも知られていなんです。』

確かに〝出雲〟という地名は《出雲大社》を始めとして知られていますが、そこに方言が出るわけじゃないですからねえ。
島根の東の方、松江も安来も“出雲弁”なんだそうです。

最後に、僕も大好きな曲《水の都に雨が降る》。
ライブに来てもらう時には必ず一緒にやってます。作詞・作曲は“安来のおじ”。街への愛情を感じます。

曲を聴き終えて…
aw150822_04
倫『ギターには“角松さん”らが参加されてますが、全ての楽器打ち込みも含めて自分でやってますね。』
ノ『まあ…なんちゃって…です。』
倫『挙げ句の果ては、アルバムの写真まで自分で撮ってるし。』
ノ『貧乏性なんです。』
倫『いや…友達がいないのかな…って。』
ノ『くそ〜っ!やられたあ。』

二人で(爆)

来週は“おじ”に登場して頂きます。お楽しみに。
aw150822_01

【池田聡&ノグチアツシ〜のらりくらりツアー〜関東編】
・9月25日(金)神奈川横浜「ヒルサイドガーデン」
・9月26日(土)埼玉川口「Live Space FIND」
・9月27日(日)東京赤坂溜池「うさぎ家」
お問い合わせは下記HPへ
http://www.backfire.cc

■Ryntenダイアリ
【◯月◯日東海道新幹線にて】
僕の前のお客さん…座席のテーブルに両足を乗せてお休み中…
写真は自粛しておきますが、マナーやモラルは何処へ…?

【収録を終えて with ノグチアツシ】
収録が終わり、とあるお店で乾杯!「これからは、いろんな場所に行きたい。」と抱負を話してました。
01

【三重にて…】
02
03
04

■Ryten ライブスケジュール
●ソロライブ
・8月29日(土)奈良「ビバリーヒルズ」ゲスト:押尾コータロー

・9月5日(土)韓国ソウル「Rolling Hall」
1

・9月20日(土)福岡朝倉「音茶」
2

●インストアーライブ&セミナー@島村楽器店
・9月21日(祝月)長崎アミュプラザ店
・9月22日(祝火)えきマチ1丁目佐世保
・9月23日(祝水)イオンモール佐賀大和店

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です