Ryntenバイエル #359 Without Youを弾こう 総集編2

“夏休み”も半分以上が過ぎ、残すところあと僅かになってしまいました。この番組を聴いている小学生あたりの子供さんはいないかもしれませんが、そのご両親が聴かれているかもしれません。そろそろ夏休みの宿題を手につけ始めたふが宜しいのではないかと…。そんな時期に差し掛かってまいりました。如何お過ごしでしょうか?
aw150815

昨今、この番組でも「〝中国〟の観光客の方が随分多い」と、何かにつけ話が出ています。買い物をしてお金を落として頂いて、というのは有難い反面、やはり問題も幾つか起こっております。
その中に、《通訳案内士》という方の存在が問題視されているという話があります。要するに、“通訳”を兼ねて“案内”をする。それは、土産物売り場や名所なども含めて案内していく、という役回りの方だとは思うんですけど…、それには〝資格〟〝免許〟が必要なものです。それを書いたネームプレートなどを首に下げて公示しなければなりません。法的にも定められているそうです。
どうも…殆どの方はそれが無い、という話です。中国から渡って来て〝無免許〟〝無資格〟で案内をする。それだけだったらまだしも、いろんな店に連れて行き“暴利”を得る、つまり、ふっかける分けです。中国の方はその土産ものが「幾らなのか?」は知りませんので、信用して買ってしまう。これが非常に問題になっております。
〝無免許〟〝無資格〟で案内をしている人たちは当然“罪の意識”などはありません。この番組でもこれもまた話ましたが、日本側が取り締まらないといけないんじゃないでしょうか?
もっと 《法》を《取り締まり》を厳しくしなければ《日本の文化》は潰れてしまいますよ!日本の方々、特に政治家の方々の対して言いたい!ところですね。
宜しくお願いします!!!

おたよりをご紹介します。
・TAKさんから『“Far East”の《花田植》、最高です。』
ーたったの一行だけ書かれていました。嬉しいご意見、有難うございます。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はNilsonの「Without You」の総集編、その2です。以前、雑誌「アコースティックマガジン」に楽譜を掲載しましたが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、今までRyntenバイエルで取り上げてきたNisonの「WithoutYou」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリー
【お別れ】
三重志摩でいつも主催をしてくださった《泊(とまり)》さん、64才の生涯を閉じました。その2週間前には奥様まで。。。
僕の音楽をこよなく愛し、一生懸命やってきてくださいました。

3年前に開催して頂いたコンサートが最後となってしまいましたが、病床にいながらも亡くなるまで僕を気にかけ「次のコンサートはこうしたい、ああしたい。」と、おっしゃっていた事を伺い、涙が止まりませんでした。

通夜・葬儀と出席しましたが、あまりにもお別れをされる方が多いのには驚きました、と同時にお人柄が偲ばれます。

“泊さん”有り難うございました。心から感謝申し上げます。
これからも頑張ります。どうぞ見守っていて下さい。
Tomari-san

■Ryten ライブスケジュール
・8月22日(土)群馬野反湖「フィールドフォークコンサート」
野反湖

・8月23日(日)群馬高崎「CoCo Izumi」
高崎

・8月29日(土)奈良「ビバリーヒルズ」ゲスト:押尾コータロー

・9月5日(土)韓国ソウル「Rolling Hall」
1

・9月20日(土)福岡朝倉「音茶」
2

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #359 Without Youを弾こう 総集編2」への2件のフィードバック

  1. 倫典さんは曲作りのエピソードなどを譜面集に書いていますが、「Dream」はどのようなきっかけがあったのでしょうか。というのも・・・詳しくは省略しますが、身の回りである出来事があって、そのことを考えているとこの曲が流れてくるのです。譜面はありませんが、割と”倫典さんらしい”コード進行なので耳コピも楽にできたのでよく弾いています。こういう経験は初めてなもので・・・・。なかなかいいもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です