Ryntenバイエル #363 Annie Laurieを弾こう 2

日本全国、そろそろ《紅葉》が始まる…そんな季節になってまいりました。年によっては見れない時もありましたが、東京近郊ではを見せてくれるのでしょうか?今年の“紅葉前線”はどの様に南下していくのでしょうか?
如何お過ごしでしょうか?
aw150912

《イチロー選手》、メジャーで1万打席を超え、試合数を数えてみるとどんなに少なく見積もっても2千を超えますね。
詳しい試合数は僕は分からないですが、これは凄い事です。
“イチロー選手”は、愛工大名電時代甲子園に2度ほど出場していますが、1勝もしていない。しかもドラフトも1位で入団した訳でもなく、それほど話題に上った高校球児でもなかったんですが、それが今や日本どころではなく世界中が認める超BIGプレイヤーになっています。
“仰木監督”がいなかったら今の“イチロー選手”は「いなかっただろう。」という程、いい師匠に恵まれたという事もあります。
《継続は力なり》、まさに見せ付けられる、そんな思いです。
《継続》と言えば、よくよくこの台本を見ていたら《365回目》。
毎日やっても一年かかる、めでたい数字です。もちろん、毎日やってはおりません。週に一度で7年以上。
これも局の方々はもちろん、ネットして頂いているいろいろな局の方々そして、この番組に耳を傾けてくれているリスナーのみなさん、365回目を迎えたところで改めて御礼申し上げます。
『有難うございます!』。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はスコットランド民謡の「Annie Laurie」、2回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 永遠のメロディ20」に掲載しましたが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、プラターズで有名な「Some Gets in Your Eyes/煙が目にしみる」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリー
【韓国ツアー@ソウル】
2015の僕の韓国ツアーが終わりました。楽しい旅でした!

先ずは《ソウル》から。
夜到着した僕らを主催である《Fingerstyle Cafe》のリーダーでもある〝Parkさん〟(僕の前)と今回、ソウルで通訳をしてくれた〝Jeongくん〟(僕の左隣)とが迎えてくれました。で、その後時折日本に現れる?(笑)ソウル大学生の〝Su-Youngくん〟も学校を終えて合流。再会の歓迎とライブの成功を祈って乾杯!
宴会スタートが遅かったので、終宴も遅くなってしまい…みんな眠い中ありがとう〜!
1

ライブ本番日。
場所は昨年と同じ〝Rolling Hall〟。
2

今年もたくさんの方々が来てくれ、盛り上がりました!
年々、仕事やプライベートで忙しくなってくる世代の人たちが多く、なかなか会えなかったり…も増えましたが、それも仕方なし。また落ち着いたら会いましょうね。
で、残ったみんなで記念撮影。
3

打ち上げは、鳥料理のお店で。美味しかったですねえ。

帰り間際、間もなくお子さんが生まれる〝Wangyuくん〟、昨年の結婚式に駆けつけたのがはるか昔の様な。。。(笑)
4

今回ゲスト出演してくれた、韓国のギターリスト〝Youngho君〟。彼もまた将来が楽しみです。
5

で、今回の素敵なポスターのデザイナー!これがまたなかなか評判がいいんです。それにデザインの奥が深くて感動しました。
6

【ライブ@釜山】
新幹線〝KTX〟に乗って釜山へ。3時間弱、2時間半ちょっとで到着です。
with Park-san

今回は、僕がいつも訪れる〝UDADAスクール〟が中心となって、生徒はもちろんその父兄や知人を集めてのライブです。それでも300人くらいの会場は満杯でした。
先ずは、生徒さんたちの演奏からスタートしましたが、「花田植」「トトラの島」を演奏してくれたんです。びっくりしと同時に圧巻でしたねえ。
8

で、もちろん僕のステージも盛り上がりましたよ〜。「花田植」「City Of Tokyo」でみんなが歌い…なんと!「City Of Tokyo」で生徒たちが踊りだした時には感動でした。
9

終演後はまたまた鳥料理のお店で乾杯して、記念撮影。
10

その後、釜山のギターリスト〝Jong Geol君 〟(僕の隣)が務める音楽学校のスタジオで二次会。
向かって一番左は〝じゃがいもさん〟。いつだったか、車のトランクにじゃがいもがたくさん乗ってた事があって…それ以来そう呼んでます(笑)。そのお隣は名前を漢字で書くと“健一”なので〝ケンイチくん〟と呼んでます(笑)。ギターを持っているのが日本語の堪能な〝Ungくん〟通訳をしてもらっています。
朝の3時頃間でギター談義してました〜(苦笑)。
11

翌日は《Udada学校》でのイベント。
次回へ続きます。

■Ryten ライブスケジュール
●ソロライブ
・9月20日(土)福岡朝倉「音茶」:恒例の秋のライブです。
2

●インストアーライブ&セミナー@島村楽器店:全店舗に初上陸です。是非ご参加ください。
・9月21日(祝月)長崎アミュプラザ店
・9月22日(祝火)えきマチ1丁目佐世保
・9月23日(祝水)イオンモール佐賀大和店
岡崎倫典ライブ_佐賀店_50分

●イベント
・10月3日(土)岡崎倫典ギター教室発表会@東京「バックインタウン」:僕の教室の生徒さんたちの発表会です。僕もミニライブもあります。是非応援に来てください。
教室発表会

●ファンの集い開催
・10月11日(日)奈良「ビバリーヒルズ」:ライブあり、お食事と飲み物付きの懇親会あり、オープンステージあり、と企画もりだくさんです。ギターを弾かれる方はギターをご持参ください。ワンポイントアドバイスもあります。
ファンの集い

●岡崎倫典&木村大ジョイントライブ
・10月8日(木)広島「Cafe JIVE」
倫典&木村大ジョイント

・10月10日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
w木村大

●ゲスト出演:山木康世:久しぶりに大先輩・山木さんとご一緒します。
・10月12日(祝・月)奈良「ビバリーヒルズ」
山木康世

・10月17日(土)兵庫・佐用町「スピカホール」
佐用町

・10月24日(土)埼玉越谷「大野楽器越谷店 Memphis」
大野楽器

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #363 Annie Laurieを弾こう 2」への1件のフィードバック

  1. 久しぶりの投稿です。前回は8時間耐久の感動と暑さによりトンチカンなコメントをしてしまいました(冷汗)修正メール送信も放送(録音?)までに間に合わず、とんだ失態をさらしてしまいました。その負の連鎖かパソコンのモニタに線が入りメーカー修理に。もともとモバイルのネット環境は、ユーチューブさえすぐフリーズする環境で(涙)2年目の解約無料時期なので、速攻光通信に切り替え(笑)本日無事工事終了で、アコースティックウィンド がストレスなく聴ける環境となりました。もちろんこれまで動画を2曲聴くとフリーズしていたことも解消され,パソコンも修理から戻り倫典さんの動画が自由に見れる生活に。もっとも都会では当たり前のことでも、地方の一部の電波難民状態地域ではとても大きな変化です(バンザーイ)
    もちろん修理で戻る3週間は、車で30分のネットカフェで聴いていました(笑)
    番組も7年以上を過ぎたとのことですが、まだまだ元気に放送を続けていただきたいです。
    愛聴1年未満の小生ですが、益々のご活躍を祈念しています。
     追伸:本日中央FMのサイマルラジオでの放送       (PM7:00)を待ち切れず、エフエムオカザキのサ    イマルラジオをAM10:00に聴きました(大笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です