Rynten #735 インプレッション ”岡崎倫典:音楽絵巻” #44

いよいよ11月、寒くなりましたね。いかがお過ごしでしょうか。10月14日〝鉄道開業150周年〟を迎えました。色々なイベントも続いています。

遡りまして…1972年10月14日、これは先週話しました〝グレゴリオ歴〟での日付で、この時代はまだ旧暦。旧暦ですと明治5年9月15日です。この年の12月に新暦に変わりましたことを付け加えておきます。〝新橋ー横浜間〟の列車、新橋は今の〝汐留駅〟で横浜は〝桜木町駅〟、この間の29kmを53分かけて走った鉄道の始まりです。区間のほとんどは海岸。あるいは海に張り出した土手を走る、とすごい工事でもあります。区間の3分の1、約10kmは土手を走っていた。つまり、新設された海に張り出した土手、そこを走っていたそうです。「民家に火の粉が飛んだら火事の元だ!」とか、当時でいう〝兵部省〟つまり軍用地があったり、と「路線を通すのは難しい」という反対もありました。「ではどうするか?!」。当時関わっていた〝大隈重信〟が「海に土手を作って海の上を走らせる。」との提案で3分の1が海に出ていたんだそうです。ただ、海に築いたルートはどこを通っていたのか?が分からない部分も多くありましたが、数年前、山手線/京浜東北線で新設された駅〝高輪ゲートウエイ〟の工事中にその土手が見つかった、というニュースがありましたね。10月14日は〝お召列車〟が走った日。当然、明治天皇が乗っていらっしゃいましたが、他に乗っていた人、これがすごい!〝西郷隆盛〟〝大隈重信〟〝板垣退助〟〝勝海舟〟〝山県有朋〟そして〝渋沢栄一〟。こんな面々が乗っていたわけです。それから150年が経ちました。

【Opening】〝Spiral〟アルバム〝Heartstrings〟より

【Rynten Impression】岡崎倫典音楽絵巻 Vol.44 ー70年代後半のギター・インスト Vol.2 〝Alex de Grassi 〟特集 1978年リリースデビューアルバム『TurningTurning Back』、1983年リリースアルバム『Southern Exposure』からピックアップしました。レーベルは〝Windom Hill〟。シーケンスフレーズが印象的で大きなゆったりしたメロディーラインが彼の特徴でもあります。ちなみに、この〝Windom Hill〟レーベルのCD は1980年代になってから日本に入ってきています。
・Turning 『TurningTurning Back』の1曲目に収録されています。
・Turning Back 『TurningTurning Back』の最後の曲です。
・Overland 収録されているアルバム『Southern Exposure』は、音作り楽曲とも実にいいアルバムだと思います。
・Western 一般の人たちがギターインストを耳にするようになっていったきっかけでもあります。

【Key of R】
番組最後は僕の生演奏をお届けします。今日、お送りするのはJAZZの目曲〝All of Me〟。ライブでもよく演奏する曲です。曲が生まれたのは、1931年〝世界恐慌〟直後。まだ世界が立ち直ってない時代。「元気になろう!」とハッパをかける様に陽気な曲が生まれました。
作詞/作曲は〝Gerald Marks(ジェラルド・マークス)〟と〝Seymour Simons(セイモア・シモンズ)〟の共作です。初めてレコーディングしたのは〝Belle Baker(ベル・ベイカー)〟。僕はこのテイクを聴いたことはないのですが、曲が生まれたよく年〝Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)〟がレコーディングしヒットしています。
その後カバーテイクがすごく多い。あらゆるジャンル、色々なアレンジでカバーされています。
〝Billie Holiday(ビリー・ホリデー)〟〝Benny Goodman(ベニー・グッドマン)〟〝Count Basie(カウント・ベイシーオーケストラ)〟〝Ella Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド)〟〝Sarah Vaughan(サラ・ボーン)〟〝Frank Sinatra(フランク・シナトラ)〟インスト系ですと〝(Django Reinhardt(ジャンゴ・インハルト)〟少し違ったジャンルからは〝Willie Nelson(ウイリー・ネルソン)〟。ギターインストも僕を含めて多くのギターリストがカバーしています。
今年の中国での〝フィンガースタイルコンテスト〟でもこの曲を弾いている人がいましたね。必ずどこかで耳にする曲です。
(Youtube先での再生になります。)

■Ryntenダイアリ
【北海道ツアー】
3年ぶりに北海道を何箇所か回ってきました!ほんと、嬉しかったですね〜。お天気にも恵まれ?思ってた以上に寒くもなく…衣類はかなり持参しましたが(苦笑)。10月半ばにしては、かなり暖かかったと思います。
今回、なぜかギター教室の田山翔太くんこと〝翔ちゃん〟も一緒に回ってましたので(笑)、各会場ではオープニングを演ってもらいました。
北海道でお世話になった皆さんには心から感謝!です。
ありがとうございました。

《No Boggy@札幌 ゲスト:境長生》
長生くんとはもう30年ほどのお付き合い。数十年前、長生くんのサポートをやらせてもらっていた時期がありました。杉田二郎さんの少し前あたりかな。
昨年、彼のアルバムレコーディングにも1曲だけ参加させてもらいました。当然ながらその曲を一緒に演奏。レコーディングした札幌のスタジオの素敵な風景を思い出しましたよ。いいロケーションだったなあ。
No Boggyは、今回初めてお邪魔したお店ですが、長生くんは頻繁に演奏しているようです。

長生くん

一緒に演奏した写真とか、呑んだくれてるシーンの写真を撮り忘れてしまった。。。(涙)
長生くんとは、札幌入り前日から飲めや歌えや、で盛り上がっていたんです…長生、ごめん。これに懲りずに、また一緒に演ろうぜ!
僕が参加させてもらった長生くんのNEW アルバム〝In Or Out〟。
アルバム最後 12曲目「ほんとうのこと」で僕がギター弾いてます。よかったら是非!
詳細はこちら↓
https://ondoko.ocnk.net/product/3991

《幕別百年記念ホール講堂 ゲスト:みのや雅彦》
こちらも3年ぶり。懐かしかった〜。嬉しかった〜。ホール前にある植物たちは紅葉真っ盛り。

今回は偶然北海道を回っていたみのやくんにお越し頂きました。相変わらずパワフルでした。昨年奈良・ビバリーヒルズでご一緒した楽曲たちを今回も。

《常照寺@赤平》
今回はいつもお世話になってる〝ふくろう〟の10周年記念イベント。そんな大きな行事にソロライブを開催して頂いて、本当に有り難かったです(涙)。
本堂内には照明が…

そして本堂入り口もライトアップ…

お堂でのライブはいい音ですね。

タケちゃんの手料理も堪能しました〜。
お腹もいっぱいになったところで、最後はみんなで記念撮影。

頑張ってる翔ちゃんのために、地元スタッフが翔ちゃんのソロライブを組んでくれました!初の翔ちゃんソロライブ@北海道旭川《セブンボックス》僕も一度ライブをやらせてもらったことがあります。

オープニングのギターリストも登場。地元で活躍している〝佐藤陽太くん〟好青年です。

翔ちゃんステージ

どちらもいいステージでした〜。

お知らせです。
僕のカバーアレンジが掲載されてる、北海道札幌発信の冊子〝Acoustic Guitar Life vol.12〟が配布されています。Acoustic Guitar Lifeでは年間会員募集中。詳細はこちら→http://acoustic-guitar-life.com

【Rynten Live】
★ソロライブ
・11月12日(土)東京阿佐ヶ谷「Last Guitar〜 Yourリクエスト〜アコワドの部屋」…延期となっていたイベントです。http://lastguitar.sakura.ne.jp/sblo_files/lastguitar/image/newshop-map.png
・岡崎倫典ライブ
開場16:30 開演17:00
料金4,500円 要予約、全席自由
・当日はオープンマイクもあります。
開場12:30 開演13:00
参加費用:2,000円(岡崎倫典ライブ観覧者は 1,000円)
オープンマイク観覧のみ:500円
(問)Acoustic Guitar World
http://www.aco-world.com/room/

・12月4日(日)奈良@ビバリーヒルズ「Live & Talk」
ゲスト: MCタレント 南かおり
18:00スタート 前4,000円 当4,500円(要 2オーダー)
(問)同 TEL 0742- 33-1138
info@flower6.jp

・12月10日(土)福井越前(武生)「Sobar’s(ソバーズ)」
19:00スタート 4,000円(要ドリンク)
(問)同 TEL 0778-22-9191(20:00〜)

・12月11日(日)石川白山・ポンポロプー内「F&Pホール」
17:30スタート 前3,000円 当3,500円
(問)同 TEL 076-214-6236
http://pon-polo-pooh.com/

・12月24日(土)福岡朝倉「音茶〜クリスマスコンサート」同時配信あり(Twicas)
●ライブ:19:00スタート(18:20〜O.A.櫻井健一郎) 3,500円(要ドリンク)
●生配信:19:00〜 2,300円 2023年1月7日11:59までご覧いただけます。
チケットはこちら→https://twitcasting.tv/c:onsaasakura/shopcart/185035
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

★セミナー開催
下記いずれも「プライベートレッスン」「1回50分」「自由課題」「初心者大歓迎」です。
料金は各会場により異なりますので、お問い合わせ下さい。
・12月3日(土)大阪八尾「F2音楽教室」…定員に達しましたので締め切りました。
(問)同 TEL 0120-448-112 または 072-923-8111
https://f2music.com/special01/index.html

・12月25日(日)福岡朝倉「音茶」…参加者募集中!
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

★ゲスト出演
・「押尾コータロークリスマス・スペシャルライブ2022」@大阪・難波Hatch
https://www.kotaro-oshio.com/
日時:12月17日(土)開場16:30 開演17:30
http://www.namba-hatch.com/index.php
料金:7,000円(税込)全席指定 ※別途ドリンク代 600円
チケット一般発売:11月13日(日) 10:00より各プレイガイドにて発売
チケットぴあ:https://t.pia.jp/
ローソンチケット:https://l-tike.com/
イープラ:https://eplus.jp
モバイルサイトGREENS!チケット:https://sp.greens-corp.co.jp/
(問)GREENS TEL 06-6882-1224

★ジョイントライブお知らせ
11月28日(月)「岡崎倫典✖️畑 秀司ジョイントライブ」@東京バックインタウン
19:00スタート 3,850円(要ドリンクとフード)
畑 秀司:はた しゅうじ 北海道帯広出身 韓国在住ギターリスト。韓国のギターリスト〝チョン・スンハ〟は直弟子。 韓国セーハン大学教授。韓国九里市の広報大使音楽学博士号を持つ
(問)同 TEL 03-3353-4655
https://backintown.jp/index.php?z=384204

★2023年ライブ予定
・1月 21日(土)静岡浜松「なんでモール」

・2月4日(土)横浜「イギリス館」
13:30スタート 前4,000円 当4,500円
(チケット予約&問合)サウンドポート TEL 045-243-9999  info@soundport.co.jp
チケット発売:ローソンチケット・https://l-tike.com(Lコード:73879) 、イープラス・http://eplus.jp

・3月4日(土)「岡崎倫典×吉川忠英」@東京バックインタウン
・3月11日(土)群馬中之条「交流プラザツインホール」
・3月25日(土)フィンガーピッキングデイコンテスト@横浜赤レンガ倉庫

■アルバム/譜面集情報
譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 至宝のメロディ20 (CD付)』

譜面集【New Vistas】発売!
2021年3月20日 KMP出版より 2,500円+税
AMAZONで販売中。


10年ぶりとなる、NEWアルバム「New Vistas」発売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です