Ryntenインプレッション #533『Bob Marley』

〝忘年会〟シーズンですねえ。みなさん、呑み歩かれてますか?ご機嫌いかがでしょうか?

いつもより酒の量が増える季節です。しかしながら、昔ほど連日の忘年会や呑む機会がまとまっていたり、そんな傾向が少なくなって来ている様な気がします。

早速ですがお便りをご紹介したいと思います。
先月11月22日〜25日と今月12月6日〜8日の2回に分けて北海道をツアーしました。その前半の11月25日、いつもライブをやらせて頂いている、滝川「三浦華園」でのライブで朗読とのコラボレーションに出演して頂いた《FMなかそらち=FM G’Sky》パーソナリティー〝のあさん〟からお便りが届いています。
の『25日、素敵な時間を有難うございました。』
倫『こちらこそ有難うございました。』
の『和tしも初めて生ギターに合わせての朗読でした。ギターの音に言葉を乗せていかなければならないのをリハの時に気がつき、何度も何度もアイコンタクトで私に合わせてくださって、プロの技術と気配りはすごいな、と感動しながらとても贅沢な経験をさせて頂きました。』
倫『いえいえ、僕自身もかなりいい経験をさせて頂きました。朗読の内容も凄く良かったですし、悲しい内容だったので涙を堪えながら朗読して頂いた、のあさんも印象的でした。また、ぜひ、お手合わせ、よろしくお願いします。』

同じく滝川でのライブへのメッセージ〝いちなりさん〟から。
い『番組はいつも拝聴していますが、メールは初めてです。北海道・秋・滝川に参加させて頂きました。アコースティックギターでこんな繊細で美しい音色が出せるんだ、と驚きと同時にツアーテーマである〝ゆらぎ〟そのものの心地よさを感じさせて頂きました。』
倫『有難うございました。』

■Ryntenインプレッション
今週は、若くしてなくなったアーティストとして「Bob Marley」を特集しました。
#0. Trenchtown Rock
#1. Lively Up Yourself
#2. I Shot the Sheriff
#4. No Woman, No Cry

■Key Of R
今週最後は、クリスマスソング「SilentNight/きよしこの夜」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【再び北海道】
一度東京に戻り、アレヤコレヤと仕事をこなし、厳冬の北の国へ。今回は札幌から回って旭川に入ったのですが、札幌は晴天。バスに揺られているうちに雪が舞い…。
旭川はまあ、すごい積雪でした。

旭川を訪れる時には、必ず立ち寄るすし屋〝すし丸〟。
先月も立ち寄りましたが、再び!

ここのご主人(向かって左側)とはかれこれ30年以上の付き合いになるかな?
二郎さんのサポート時代からなんです。
知り合った頃はお互い若かったよねえ…(笑)。

いつも付き合ってくれる〝ひろみちゃん〟(真ん中の女性)と北海道では欠かせない、僕のツアーサポートスタッフといいますか、コーディネイトをしてくれてる〝森さん〟とスシを堪能。

みなさんも旭川に行く時には、ぜひ!
美味しいですよ〜。

【夜の独尊@富良野】
ずっとお世話になっていた〝キツツキ〟のマスターが亡くなってから約一年。間も無く一周忌を迎えるというこの日、富良野でのライブが実現。

今では全国区になった富良野のカレー専門店〝唯我独尊〟マスターでもあり、僕の長〜く古〜い友人でもある〝宮田さん〟がオーナーとなった〝夜の独尊〟。そんな宮田さんから「うちでライブやりませんか?」と連絡をもらった時には、嬉しかった!

店長はかつてのお店〝傷つく森のみどり〟略して〝傷森〟。そのマスターだった方の弟さんの〝佐々木さん〟。かつて富良野滞在中にはしょっちゅう呑みに訪れていたお店なんですねえ(笑)。

また富良野でライブが出来る日が来るとは…感無量でした。

リハーサル前に、キツツキマスター〝久林さん〟の墓参り。富良野でもらった〝ご縁〟に感謝しました。
写真はリハーサルから。

キツツキライブに来てくれていたみんなも勿論、顔を見せてくれました。本当に嬉しかった!有難う、感謝です。

リハーサル終わりで、マスター宮田さんと。

お陰様で盛り上がりましたよ〜、ライブ!みなさん、有難うございました。

打ち上げは、マスターの手作り料理で乾杯!どれも美味しかった。

【北見へ】
北見に向かう途中、〝陸別〟の道の駅でちょっと休憩。陸別は北海道の中でも一番寒い土地、だそうです。
この時には何と、−12℃。すでに僕の膝ほどになるくらい雪が積もってました。

この道の駅はかつて駅がありました。今では廃線となってしまいましたが、あの〝高倉健さん〟主演の映画〝幸せの黄色いハンカチ〟のロケ地でもあります。
早速記念撮影。

夜になってやっと北見に到着。早速翌日のライブでお世話になるヴィーナスへ「こんばんは〜」と入ってみたら、カウンターには既にヴィーナスの常連客でもあり、もちろん僕のお客さんでもある〝のりちゃん〟が呑んでました〜。
早速「よろしくね〜」の乾杯!

【ヴィーナス@北見】
北見はかなり寒い土地です。なので、それほど雪は降らないとは聞いていたものの、街中には積もり積もった雪が。やはり暴風雪だったそうな。

ドアには僕のポスターも。

ここでのライブも盛り上がりましたねえ。
「倫典さんのライブを楽しみにしてました。」とか「倫典さんのライブを聴かないと一年が始まらない?終わらない?」などなど、リクエストでも声がかかりました。嬉しいですね。
みなさん、有難う〜!

打ち上げは、マスター手作りのおでんも登場。美味しかった!

マスターの〝高山さん〟も絶好調。数年前、一緒に流氷を見に網走まで車を走らせてくれた時の話に、あれやこれやと花が咲きました〜。
また、流氷を見に行きたいなあ。。。
その時は、マスター、また付き合ってくれるかなあ(笑)。
写真はその時のものです。

【北見から旭川への帰路】
ライブの翌日の北見は見事な青空。気持ちいいほどでしたねえ。
しかしながら、山を越え〝遠軽〟という地に着き山をさらに山を超える時には暴風雪。風が強く雪が舞っていました。

ここは−13℃。
顔が凍えて笑えない。。。(苦笑)

なんやかんやで旭川に戻り、改めて地元スタッフ森さんと「お疲れ様でした!」の乾杯。2018年の北海道ツアーが終わりましたが、これほどまでに雪に見舞われたツアーはなかったかもしれません。
雨男健在なり〜(笑)。
楽しかった!
PAデビューして間もない、〝賢人くん〟。お父さんの〝村木さん〟の助手兼見習い?で頑張ってくれてました。有難う!

■Ryntenライブ
・12月23日(日)福岡朝倉「音茶 ~復興支援イヴイヴライブ~」
 O.A. 櫻井憲一郎、ザ・もー
 18:30スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
 (問)同 TEL 0946-52-3672又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

■2019年ライブスケジュール予定
・1月19日(土)静岡浜松「なんでモール」
 19:00スタート 3,500円(ドリンク別)
 (問)TEL053-474-8889

・1月26日(土)東京水道橋「カフェらいん」…一人ステージです。
 18:00スタート 3,500円(ドリンク別)
 (問)TEL 03-3262-4675

・2月2日(土)高知「Bee Station」
 19:00スタート 前3,500円 当4,000円(ドリンク別)
 (問)TEL 088-855-6066

・2月10日(日)愛知江南「スタジオM」
 16:00スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)
 (問)TEL 0587-53-6416

・2月16日(土)高崎「JJ&BB」
 18:00スタート 3,500円(フード+ドリンク別途)
 (問)青春の唄 TEL 027-333-2847又は 高橋 TEL 090-2767-2276

・3月1日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
 20:00スタート 2,000円(1ドリンク付)
 (問)TEL 0865-63-0511

・3月2日(土)、3日(日)ギターセミナー@福山「バーカブロ」
 詳細はお問い合わせ下さい。
 (問)TEL 084-926-5966

・3月16日(土)韓国公演
 ソウル「SJA Hall 」詳細未定

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

2 thoughts on “Ryntenインプレッション #533『Bob Marley』”

  1.  宮城も、日陰に先日降った雪が少し残る寒い季節になりました。いつもの週末は、夜間セルフスタンドのバイトの為FMわっちさんのサイマル放送を聴きながら準備をして21時から翌日8時までの11時間働いています。移動で約30分要します。帰宅後軽く食事を取り、10時からラジオミューさんのサイマル放送を聴いた後睡眠をとります。本日は、明日16日本業で引率業務がある為、バイトのシフトを外していますので、わっちさんのサイマル放送後、久しぶりの中央FMさんのサイマル放送のはしごと贅沢な時間を過ごしています。
     今週の番組冒頭で”いちなりさん”の初めてのメールですと紹介がありましたが、小生は一人暮らしなので「ボケ防止」もかねて(笑)番組の感想をいつもメールしています。ギターも弾くことはできないですし、いわゆる歌謡曲をはじめジャンルは問わず気に入った音楽を聞いて(もっとも洋楽は、エリッククラプトンはじめ、ほぼ倫典さんの解説興味を持ちで最近聞くようになりました)いつも頓珍漢の内容でメールしていますが(笑)。いろんな方々からのメールが音楽活動の糧になっていると勝手に解釈して(すいません)素直に感じるままに放送後、メールいています。リスナーの皆さんもどんどんメールされてはいかがですか?やはり、ライブでの演奏はとてもギター1本で演奏されていると思えない迫力と繊細な奏法に聞き入ってしまいます。いろんなライブ会場の写真とコメントを拝見すると、個々の会場にも行ってみたいなと思います。
     それにしても秋田のライブ行きたかったな~・・・(涙)

  2. 北海道ツアー盛り上がっていたようですね。来年は行ってみたいな。ところで外国人観光客が激減したなど震災の影響は続いているみたいですが、北海道のお話し聞かせていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です