Ryntenインプレッション #514 埋もれていたCD Pt.2 ” BRITISH ROCK #2″ /バイエル『”雪の華”を弾こう Pt.2』

今年もまた40℃を超える記録が出てきています。如何お過ごしでしょうか?

8月に入りました。7月はかなりの猛暑に見舞われた日本列島。予報によりますと、8月の下旬から9月の初旬にかけて、もう一度猛暑の時期がやって来る、という報告が出てきたり…。まだまだこの暑さから逃れるのは先の話かと思われます。
ここでお便りをご紹介します。
・Yukipiさんからご紹介とリクエスト:暑い、といえばクラッシック音楽における異色デュオも暑いです。クラッシックギター〝木村大さん〟とピアノ演奏の〝榊原大さん〟、この演奏の暑いです。
Rynten:木村大さんとは僕もツアーを一緒に回った事があります。いつかまた、このお二人の楽曲を流す時があろうかと思います。
お馴染みの宮城の中年ライダーさんから6月の台湾コンサートに関するお便りです。
Takさん:エンジニアとして仕事をしていた頃はよく行きました。台湾の路地裏の小籠包が懐かしい。台湾も韓国もどちらも活気があり、元気ああった頃の日本にとてもよく似ていて「日本は大丈夫かな。」とよく思ったものです。日本の技術、経営手腕は大丈夫か?!本当に日本は大丈夫か?!と将来が心配になります。
Rynten:僕と同じ不安を抱えていらっしゃいますね。
TAKさん:政府は海外にお金をばらまくだけでなく、もっと国内に投資すべきだと思います。災害に備える事のそうですし、海外労働者を受け入れるだけでなく、もっと若者が安心して生活出来る給与水準に押し上げる、などが必要。他の政党の足の引っ張り合いするのではなく、真剣に取り組んで頂きたいのです。
Rynten:僕も全く同感です。
Takさん:あ〜、台湾の小籠包が食べたいな。
Rynten:ありがとうございました。

■Ryntenインプレッション
今週は、先週に引き続き「- 我が家で埋もれていたCD特集 vol.2 -〈British Rock-2〉」と題して、ボクのオススメ楽曲を紹介します。
ボクののCDストックの中で埋もれていたものからのチョイスです。先週と同じく、どこで買ったのか、はたまた誰からもらったのかという記憶もなく、スーパーの隅っこで売られていそうな(失礼!)CDです。「BRITISH-ROCK」というタイトルのオムニバスアルバムですが、アメリカのバンドの曲も収録されていたり…。そんな中から、「昔はよく聴いたなぁ」という曲を選んでみました。
0. All Right Now/Free
1. Can’t Get Enough/Bad Company
2. Hot Legs/Rod Stewart

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル曲「消えた街」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、中島美嘉さんの「雪の華」の2回めです。譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20″に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:Noneで弾いています。ぜひご覧ください。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【2018 Wood Road Acoustic Guitar Festival@中国北京】
北京での〝フィンガーピッキングコンテスト〟に初めて審査委員で参加しましたが、4日間の長期のイベントです。ライブあり、セミナーありそしてコンテスト。
世界各国からギターリストが集結。
ちなみに、Mike Dawes(イギリス)、Alexandr Miso(ロシア)、Petteri Saliola(フィンランド)中国からは頼廉廉、楊楚、王仲、曹思義(3月に来日したセブンです)、日本からは僕と伍々慧、井草巠二の3名。
なかなか内容の濃いイベントでしたねえ。7月27日からスタートしたこのイベント。僕は二日目からの登場でしたので、27日に北京に入りました。
ホテルにチェックイン後、通訳の〝リーさん〟と「よろしくお願いします!」の乾杯。リーさんとは今回初めてお会いしたましたが、日本語は「仕事で必要だったから」と独学なんだそうです。とても流暢でしたねえ。すごいパワーです。

翌日は早速ライブ。この日は、セブン、Mikeさんと僕。Mikeさんのステージを見ていると、今は亡き〝マイケル・ヘッジス〟を彷彿させます。セブンとは3月以来の「トトラの島」をセッションしました。

開演前、トップバッターのセブンが瞑想中。

Mikeさんのステージ。Alexandrさんとセッション。

終演後は恒例のサイン会。たくさんの方々がCDを購入してくれました〜。有難い!

そのまた翌日、夕方から僕のセミナーです。セミナー前にインタビュー。

たくさんの人たちが参加してくれてました。僕は基礎レッスンの重要さ、をしつこいくらいに(笑)。主催者から「倫典さんの講義は難しい」と言われたけど、一生懸命聞いてくれてる生徒さんもいたので、僕としてはOKかな(苦笑)。

SUMI工房の鷲見さんとインレイデザイナーの磯部くんが合流。このイベントの為に、ギターメンテコーナーを設け、メンテのお仕事に。

夜は、ライブを見せてもらいました。3日目のライブは、王仲、伍々君、Petteriさんで。久しぶりに伍々くんのステージを観たんだけど、実によかった!若手ギターリストの活躍が期待出来る確信がありましたねえ。Petteriさんは初めてでしたが、彼もまた叩き系奏者です。押尾くんのカバーも演奏。これにはびっくりしましたが、時折、日本でライブの時に押尾くんがゲスト出演してお互いにカバーをするんだそうです。

終演後は鷲見さんとスタッフで「お疲れ様でした〜!」

【OFF@西安】
〝象形文字〟発祥の地〝西安〟へ。世界文化遺産《殷墟博物苑》の見学です。伍々くんとはここでお別れ。3週間という長〜い中国ツアーに出かけて行きました。実に逞しい。ロシアのAlexandrさんとイギリスのMikeさん もアメリカツアーへ。そして鷲見さん一行も帰国。
その前に記念撮影。

僕は、当然観光に参加しました。何しろ〝象形文字〟発祥の地なんです。歴史大好き人間な僕としては「これは参加せねば!」とワクワクでした。

北京から新幹線に乗り込み、2時間半で到着。ここも暑さが半端なかった…。

何もしないで立ってるだけで、汗だくに。。。(苦笑)この日は、観光参加者で四川料理を囲んで「乾杯!」

観光当日、早朝に出発。広大な敷地に建つ遺跡、圧巻でした。

色々な象形文字…発見されたのは1900年代半ば。文字の隣には現代語が書かれています。「よくわかったなあ。」と感心しきり。

敷地内に名前を見て、イメージでその人の人柄を書いていく方がいました。僕も書いてもらいましたが、悪いことは書かないとか。実に達筆!

発掘された墓から出土した馬車。亡くなった方とともに、生贄として厩、犬などの動物、はたまた従事していた人たちの白骨も…。

途中、昼食を撮ったのですが、あまりの暑さに観光はこれにて終了。ホテルで一休みすることになりました。ホッとしてた人が大半でした(笑)。

夕食前、足マッサージに連れて行ってもらいました。約1時間半のコースです。足だけでなく、頭から肩から背中など全身でしたねえ。終わった後、体が軽くなった様な…。
体の硬い僕としては有り難かったなあ。

翌日帰国するのは僕だけ。井草くんとPetteriさんはツアーが続くそうです。みんなパワーあるなあ。まあ、僕はマイペースで(笑)。
そして新幹線に揺られて北京西駅に到着。

今回もスタッフの皆さんの暖かい気遣いにより充実したツアーでした。
Fingerstyle Chinaのリーさんをはじめとする、スタッフの皆さんのパワーには頭が下がる思いです。
謝謝大家!

◼️Ryntenライブ
・8月20日(日)長野佐久「れもん」
住所:佐久市臼田2175-52
17:00スタート 3,500円(1ドリンクと軽食付き)
(問)同 TEL 0267-82-2325 又は 鷲見工房 TEL 0268-42-6237

・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」…詳細未定

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「〜西日本震災復興支援ライブ〜」
19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
(問)(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
(問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

・10月13日(土)岐阜高山「ピッキン」
19:00スタート 3,000円(1ドリンク付)
(問)同 TEL TEL 0577-34-6684

・10月14日(日)三重志摩「プルーフ」
20:00スタート 3,000円(ドリンク別)
(問)TEL 0599-43-1872

■押尾コータロー&岡崎倫典ライブ 2days
・8月26日(日)「押尾コータローライブ@やまなみ工房ライブハウス” Ban Boo Bon”」
ゲスト:岡崎倫典
チケット発売中。
18:00スタート 前売 5,000円 当日5,500円 (要1ドリンク)
(問)同 Ban Boo Bon TEL 0748-86-0334
※未就学児童のご入場はできません
http://a-yamanami.jp/projects/institution_banboobon.html

・8月30日(木)「Rynten Okazaki Live2016 岡崎倫典@奈良ビバリーヒルズ」
ゲスト:押尾コータロー
19:00スタート 前¥6,000 当¥6,500(ドリンク別)
(問)同 TEL 0742-26- 7444
※お一人様 2枚まで。キャンセル不可
URL http://flower6.jp

■イベント参加
・8月18日(土)「野反湖フィールドフォークコンサート」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
正午よりスタート 前4,000円 当日4,500円
(問)野反湖フィールドフォーク実行委員会(冨沢) TEL 080-5505-0222

■岡崎倫典&白井京子(アナウンサー)ジョイントライブ
〜アコースティックギターと朗読の夕べ@広島「Live Cafe Jive」
20:00スタート 4,000円(オーダー別)
(問)同 TEL 082-246-2949
http://livecafe-jive.com

■ギター教室発表会@バックインタウン…詳細未定

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です