Rynten #513 インプレッション『埋もれていたCD Pt.1 ” BRITISH ROCK #1″』/バイエル『”雪の華”を弾こう Pt.1』

7月の初旬、西日本の豪雨そしてそれに続く様に猛暑の毎日の連続であります。如何お過ごしでしょうか?

7月6日、僕たちも福岡にいました。丁度一年前、豪雨に見舞われた〝朝倉〟でライブがあったんですが、その前日に福岡に入り福岡空港から朝倉までは、通常ですと車で走って1時間もあれば着くところなんですが、その道中、高速は全面ストップという事で一般道を走りました。高速が通行止めになっている分一般道は当然渋滞しているわけで、「じゃあ、抜け道を行こう!」と行ったあちらこちらで冠水、通行止め。挙げ句の果ては…これは初めての経験でしたが…目の前で崖崩れが起こり、それに巻き込まれた車がなかったのが不幸中の幸いでしたが、とにかく自然の恐ろしさ、人間が太刀打ち出来ない牙を剥いた時の自然の猛威、というのを目の当たりにした気がします。

西日本の豪雨に関してのおたよりを頂いています。
TAKさんから『西日本の記録的豪雨、雨だけで100人以上が亡くなるなんて考えられませんでした。』
Rynten『そうですよね。豪雨とはいえ雨だけで100人以上の方が亡くなる、これは前代未聞です。よく「50年に一度の大雨」なんて言いますが、そんな事より未だかつて経験のない雨だけでそれだけの人が亡くなってしまう…本当に先行き不安を感じるのは僕だけでしょうか。
TAKさん『被災地のリスナーの方、お身内、お知り合いの方は大丈夫でしたか?』
Rynten『大丈夫です。ありがとうございます。』『心より被災地のお見舞い申し上げます。』

■Ryntenインプレッション
今週は、先週に引き続き「- 我が家で埋もれていたCD特集 vol.1 -〈British Rock-1〉」と題して、ボクのオススメ楽曲を紹介します。
ボクののCDストックの中で埋もれていたものからのチョイスです。どこで買ったのか、はたまた誰からもらったのかという記憶もなく、スーパーの隅っこで売られていそうな(失礼!)CDです。「BRITISH-ROCK」というタイトルのオムニバスアルバムですが、アメリカのバンドの曲も収録されていたり…。そんな中から、「昔はよく聴いたなぁ」という曲を選んでみました。
#0:White Room/Cream
#1:Superstition/Beck,Bogart & Appice
#2:Look at Yourself/Uriah Heep

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今週より中島美嘉さんの「雪の華」を取り上げていきます。譜面集”フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20″に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/Capo:Noneで弾いています。ぜひご覧ください。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル曲「Sierra Siesta」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【なんでモール@静岡浜松】
待ちに待った〝浜松3部作〟。

まずは、第一部の〝うなぎパーティー〟。

今回も美味しかった〜。みんなで完食!
もはやうなぎは〝絶滅危惧種〟です。大事に味わいながら頂きました。

ギターを弾かれるお店のスタッフ〝原田さん〟(白いハチマキしている方です)、今回も暖かく迎えてくれました。厨房にいるところを一枚…忙しい時間に大変失礼しました…僕の顔が物語ってます…(汗)。

第二部の〝ライブ〟。この日、市内では花火大会。僕のライブ時間とまさに重なり、ドーン!と。まあ、それはいいのですが、最後によくある連発が鳴り響き…負けるものか、と意気込んだ僕でした(笑)。
暑い最中、駆けつけてくれた皆さん、ありがとうございました。
写真はリハーサル。

第三部は〝打ち上げ〟冷えたビールが美味しかった〜!
お店はいつもの《凛》。料理がとても美味しいんです。

うなぎ同様、このお店に来るのも、また楽しみでもあります。

今回もありがとうございました。
次回は、来年1月。新春 3部作、楽しみにしています(笑)。

【とおり町交流館@福山】
福山は場所によっては先の集中豪雨の爪痕が残されています。僕のライブに予約をしてくださったお客さんの中には被災された方々も。もちろんライブに来れる状況ではありません。

猛暑の中での片付け…想像を絶する様な作業だと思います。
一日も早い復興、復旧を願わずにはいられません。

今回、災害復興義援金の募金箱を設けました。ご協力頂きましたみなさん、ありがとうございました。僕も微力ながら募金をさせて頂きました(既に、福山スタッフが赤十字の方へ送金されています)。

そんな中、地元スタッフの皆さんのお力添えで、今回も満員御礼となりました。駆けつけてくださった皆さん、ありがとう〜!

〝福山倫典夏祭り〟と題した、僕の福山ライブは、今回で10回目。早いものですね。。。休憩の合間にスタッフ一同で。

今回も、音響には広島から〝笹田さん〟。

終演後の打ち上げ。いつもなら主催者・バーカブロで乾杯!なのですが、エアコンが壊れてしまい、お店は蒸し風呂状態。急遽、同じビルにあるイタリアンレストランで「お疲れ様でした〜!」となりました。お料理がとても美味しかったです。
帰り際、残ったメンバーでお店のママさんとマスター(親子です)も一緒に記念撮影。

スタッフの皆さん、ありがとうございました!
いつもスタッフ〝古市さん〟が差し入れてくれる芋焼酎〝山ねこ〟。
やっぱり美味い。古さん、ありがとう〜!
ちなみに、この一升瓶はみんなで完飲。すでに空となってます(笑)。

【ながはら元さんライブ】
とある日、僕のラジオやステージでもご一緒した〝ながはら元さん〟とアフリカは〝モザンビーク〟からのミュージシャンとのライブに行って来ました。
ライブタイトルは『アフリカ・マコンデ族の音楽と文化交流ツアー in 東京』。

本当に素晴らしいステージでした。アフリカ音楽を直接、肌で感じた瞬間でもありました。
ライブ途中、「写真と撮ってもいいですよ。」とのMC。早速!

真ん中の白い帽子をかぶっているのは、元さんの師でもある、ゲストの三線〝平安隆さん〟。

感動しつつ、お店を後にした僕でした。

■Ryntenライブ
・8月20日(日)長野佐久「れもん」
住所:佐久市臼田2175-52
17:00スタート 3,500円(1ドリンクと軽食付き)
(問)同 TEL 0267-82-2325 又は 鷲見工房 TEL 0268-42-6237

・9月8日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」…詳細未定

・9月22日(土)福岡朝倉@音茶「〜西日本震災復興支援ライブ〜」
19:00スタート 前3,500円 当4,000円(要1ドリンク)
(問)(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・9月29日(土)鳥取米子「BEXX」
19:30スタート 前3,500円 当4,000円(1ドリンク付)高校生以下:前1,500円 当2,000円
チケット販売:ローソン(62217)、ミニストップ、Loppi、
(問)同 TEL 0859-21-0830
http://www.bexx.jp

■押尾コータロー&岡崎倫典ライブ 2days
・8月26日(日)「押尾コータローライブ@やまなみ工房ライブハウス” Ban Boo Bon”」
ゲスト:岡崎倫典
チケット発売中。
18:00スタート 前売 5,000円 当日5,500円 (要1ドリンク)
(問)同 Ban Boo Bon TEL 0748-86-0334
※未就学児童のご入場はできません
http://a-yamanami.jp/projects/institution_banboobon.html

・8月30日(木)「Rynten Okazaki Live2016 岡崎倫典@奈良ビバリーヒルズ」
ゲスト:押尾コータロー
19:00スタート 前¥6,000 当¥6,500(ドリンク別)
(問)同 TEL 0742-26- 7444
※お一人様 2枚まで。キャンセル不可
URL http://flower6.jp

■イベント参加
・8月18日(土)「野反湖フィールドフォークコンサート」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
正午よりスタート 前4,000円 当日4,500円
(問)野反湖フィールドフォーク実行委員会(冨沢) TEL 080-5505-0222

■岡崎倫典&白井京子(アナウンサー)ジョイントライブ
〜アコースティックギターと朗読の夕べ@広島「Live Cafe Jive」
20:00スタート 4,000円(オーダー別)
(問)同 TEL 082-246-2949
http://livecafe-jive.com

■アルバム/譜面集情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です