Ryntenバイエル #457 クロマチック・ギター Pt.1

2017年も後半に入りました。早いものですねえ。東京地方はまだまだ梅雨が続いています。いかがおすごしでしょうか?

10日ほど前、《夏至》を通りすぎました。
これから先は、どんどんと昼間が短くなって行きます。まあ、夜が長い方が好きだ!という人もいらっしゃると思いますが、僕個人的には「昼間は長い方が、明るい時間帯が長い方がいいな。」という派です。
今年に入った時に「これからどんどん昼間が長くなるぞ!」と喜んでいたんですが、気がついたら下り坂に入っている。。。楽しみにしている分「楽しみに待ってる」というには、本当に時間立つのが早いです。これから冬至に向かって行くわけですが、冬至を迎えるまでの時間は「長いだろうな。」と思います。

お便りをご紹介します。
・TAKさんから、《Spiritdance》という僕のオリジナルでアルバムタイトルでもあり、そのアルバムの一番最後に収録されている楽曲へのメッセージです。
・『ハンマリングオン・ハンマーオフ、印象的です。音数が少なく難しいフレーズではないのですが、倫典さんと同じ様になりません。』
ー同じ様になるのがいいのかどうか?わかりませんが。
・『指の反射神経の差でしょうか?ハンマリングの時に鋭い動きをします。ああ、真似したい。』
ー確かに指の動きの鋭さというのは大事でしょうけど、それ以上に大事なのはハンマリングオン・プリングングオフをした時のスピードですね。それによってかなり印象が変わってきます。素早く指を動かすのか?ちょっとゆっくりめに動かすのか?によって全然表情が変わります。そのあたりのコントロールを自由自在に出来るかどうか?というのも一つのポイントではないかな、と思います。

■Ryntenインプレッション
今週は、今年発売されたチャック・ベリーの最後のオリジナルアルバム”Chuck”を取り上げました。
#0:Johnny B. Goode
#1:3/4Time
#2:BigBoys

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今回よりしばらくクロマチックについて取り上げています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

■Key Of R
今週最後は、サイモン&ガーファンクルで有名な”Scarborough Fair”です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【シーブリーズ@千葉九十九里】
今年はいつもより1ヶ月ほど遅い開催となりました。梅雨真っ只中でしたが、なぜかお天気に恵まれ、気持ちののいい一日でしたねえ。雨男が健在ならず…(笑)。

ライブ、はと言えば、マスターやお店のレギュラーミュージシャンのお力添えで、たくさんの方々にお越し頂きました。嬉かっったです!感謝の一言ですね。

オープンニングには、恒例となった僕の教室生徒でもある〝千葉県千葉市在住の千葉くん〟(笑)。もうお一方〝YASU〟こと〝安井さん〟は体調不良で、今回の出演は見送りました。早く元気になって下さいね。

終演後はマスターの手作りのお料理で「お疲れ様でした~。」
いつもは九十九里浜の見える宿で一泊、ですが今回は僕のスケジュールのため、早々に帰途に。もう少しマスターともお話ししたかったなあ。。。

来年はゆっくりと。
写真は、お店には犬と一緒にお茶が出来るテラスがあります。梅雨が明けたら混み合うんでしょうね。

みんなと写真を撮るのを忘れてしまいました。。。残念。
帰り際に撮ったシーブリーズ、綺麗ですね。

■Ryntenライブ
・7月15日(土)静岡浜松「なんでモール」
・7月16日(日)福山「とおり町交流館」
・7月22日(土)岐阜高山「ピッキン」
・7月23日(日)三重志摩「プルーフ」
・8月20日(日)長野佐久「れもん」
・8月24日(木)広島「ジャイブ」アナウンサーの白井京子さんとの朗読コラボです。広島初登場。
・8月30日(水)東京「バックインタウン」僕の番組にもゲストでお越し頂きました「ながらは元」さんにお越し頂きます。どうぞお楽しみに。
●北海道ツアー後半
・7月8日(土)札幌「札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校7F LS-1」
・7月10日(月)富良野「きつつき」
・7月11日(火)増毛「うしだや」
■イベント参加
・8月19日(土)群馬「野反湖フィールドフォークコンサート」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #457 クロマチック・ギター Pt.1」への1件のフィードバック

  1. 現在(5日午後5時ころ)、福岡県朝倉市で猛烈な雨で河川氾濫というニュースが入っていますが、「音茶」がある所ではないでしょうか。大丈夫かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です