Ryntenインプレッション #455 美空ひばりが歌う外国曲 Pt.1

東京は《梅雨》真っ只中。〝アジサイ〟咲き誇る季節となってまいりました。如何お過ごしでしょうか?

世は〝スマホ〟時代。僕自身もそれほど古い話ではありませんが、スマホを持つ様になりまして…。
昔と大きく違うのは、指先で画面をタッチ。それは便利でいいのですが、ギターを弾く自分にとっては、ちょっと困る部分もあります。
僕は左利きで殆どの操作は左手の指先を使います。しかし、ギターを弾く方であれば、お判りかと思いますが、指先がマメを通り越して指紋すら消えてしまい、カチカチです。その指先でやっても読み取ってくれません、反応してくれません。指先がダメなら、と指の腹を使うとあちらこちらに触り誤動作が増えてしまいます。やり直し、やり直しの連続です。では、右手でやれば…と利き腕ではありませんが、右手で操作する。ところが、これまた困ったものでギターを弾く方は少なからずあろうかと思いますが、爪が伸びてる訳ですねえ。この爪が邪魔をしてなかなかうまくいきません。右手でも結局指の腹を使うしかない。すると、同じことが起こるわけです。まあ、右手を使おうが左手を使おうが非常に扱いにくい。
この辺りは、ほんの一部の人の悩みかもしれませんが、困ったものです。
何かいい解消方法、解決方法はないものでしょうか?ご存知の方がいましたら、是非ご教授頂きたいと思います。

■Ryntenインプレッション
今週は、”美空ひばりが歌う外国カヴァー Pt.1″と題して、お送りいたしました。
#0:柔
#1:A列車で行こう
#2:慕情
#3:アヴェマリア

■Key Of R
今週最後は、ボクのオリジナル”Platonic Zonewith Lotus ~ Platonic Tune with Prairie Rose”です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【ギター合宿】
今年も僕のギター教室の合宿が開催されました。場所は昨年、一昨年同様で南房総。スタジオもいくつか備えてある民宿です。夏には、音楽をやってる学生たちや親父バンドの方々もよく利用されているそうです。
みんな9月の発表会に向けて、真剣そのもの。

まずは僕の講義から。質問もいくつかもらい、音楽理論も。

夕食を挟んで、個人レッスンもありました。夜は楽しい宴会。

翌日には、それぞれの発表の場もありました。

全ての日程を終え、みんなで記念撮影。

みんな、それぞれが腕を上げているのが分かり、頼もしくなってきています。
みなさん、発表会には是非、是非応援に来てやってくださいね。

■Ryntenライブ
・6月24日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・7月1日(土)福岡朝倉「音茶」
・7月15日(土)静岡浜松「なんでモール」
・7月16日(日)福山「とおり町交流館」
・7月22日(土)岐阜高山「ピッキン」
・7月23日(日)三重志摩「プルーフ」
●北海道ツアー
・7月5日(水)釧路「HOBO’s」
・7月6日(木)釧路「釧路倶楽部」
・7月8日(土)札幌「札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校7F LS-1」
・7月10日(月)富良野「きつつき」
・7月11日(火)増毛「牛田屋」
■イベント参加
・8月19日(土)群馬「野反湖フィールドフォークコンサート」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenインプレッション #455 美空ひばりが歌う外国曲 Pt.1」への2件のフィードバック

  1. >>美空ひばりさん

    外国のカバー曲も多く歌われていることは知りませんでした。言葉の違いもあり、現役の超ベテランと言われるような実力派シンガーでも、カバー曲がさまになっている人はいませんよね。それを考えるとすごい。自分の色に染めなおして歌っているように感じます。知ったような口をきいてしまいますが、リズム、音程、すばらしいなと感じました。

    >>倫典さんが左利き??

    初めて聞きました。倫典さんのギタープレイの謎が解けたようなような気がします。今日から左手で箸を持とうかな・・・(笑)
    でもなぜギターは普通(右利きと同じ)なのですか?
    また左利きゆえのメリット、デメリットはありますか?

  2. >>Platonic Zonewith Lotus ~ Platonic Tune with Prairie Rose

    なぜか弾かないでいたのですが、久々の休日ギターでハマっています。この曲の持つ何とも言えないやさしさがいいです。が、弾くとなると・・・・やさしさを出すのは簡単ではありません。Platonic Tuneは頑張って耳コピしてみました。合ってるかな?(笑)練習曲だったということですが、同じメロディーに対して複数のコード付け。楽しいです。(音を取るのは少し苦労しました)昔の曲だと思いますが、こういうのも倫典さんのルーツの一つなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です