Ryntenインプレッション #454 Ryntenがぶっ飛んだギターインスト

時は6月。時の流れの速さを感じさせられます。一番感じささせてくれるのは、植物たち。成長、衣替えですね。みなさんの回りの植物は、どんな衣替えが始まっているでしょうか?東京も〝梅雨〟を迎えました。如何お過ごしでしょうか?

このスタジオからもいくつかの樹木があり、大きな木が見えていますが収録の度に表情や衣が変わっていっています。年のせいもあるんでしょうが、時の速さを改めて感じさせてくれる、しかも頼もしい植物たちであります。

お便りを紹介します。
先日ゲストに来て頂いた《ながはら元さん》と 2曲、僕のオリジナル《Still Life》と《花田植》をジョイントさせて頂きました。おなじみの〝TAKさん〟からメッセージをいただきました。
『非常にギターもパーカッションもマイク録りでありますが、素晴らしい。何度も聴き返しました。ライブのセッティングでも聴いてみたいですね。この番組のスタジオライブはお化粧をしないで観せている様なものだ、と思うのです。つまりスッピンですね。素顔も素敵です。アルバムアレンジともソロライブアレンジとも違う。さらにカッコよかったです。』
ー嬉しいです。ありがとうございました。是非、ステージでも出来る様にお声がけしてみたいと思います。その時にはライブに足を運んでやって下さい。

■Ryntenインプレッション 特集”Ryntenがぶっ飛んだギターインスト”
M0:Michelle/TOMMY EMMANUEL
M1:Mann’s Fate/HOT TUNA
M2:La Femme Cambree/PIERRE BENSUSAN
M3:Aerial Boundaries/MICHAEL HEDGES

■Ryntenダイアリ
【都雅都雅@京都】
中国から戻って間も置かず、京都へ。約半年ぶりです。思ってたより寒かった気がします。

土曜日の割にはお客さんが少なかったけど、拍手が暖かかったです。
打ち上げは、NOW WEST ONEの〝今西社長〟と美味しくて安い〝やたいや〟で乾杯。
京都在住の〝片矢くん〟も来てくれました。ありがとう〜。

【ソバーズ@福井武生】
武生は何年ぶりでしょうか?ソロとしては4、5年ぶりになるかもしれません。久しぶりに会うみなさんは、暖かく迎えてくれました(涙)。
〝ソバーズ〟も昨年お引越し。新しいお店には初めてお邪魔しました。とってもいい空間です。

今回は、地元ミュージシャンとのセッションも企画。楽しみにして来ました。
写真は全てリハーサル時のものです。
〝Still Life〟をベースの《小林さん》。

〝Bay Side Resort〟をキーボード《小澤さん》・カホン《小澤さん》・ベース《水野さん》・そしてウインドチャイムやカスタネットなどはマスターの《末永さん》で。

影丸と14匹の仔猫たち〟をベース《水野さん》と。

アンコールでは、PAオペレーターでもありミュージシャンでもある《棚田さん》と彼のオリジナル〝夜景〟。サポートギター演らせてもらいました〜。

楽しかった!

お客さんもたくさん来てくれました。東京、京都、兵庫、はたまた富山からも。有り難かったです。打ち上げでは、武生で一番美味しいと言われているお寿司の差し入れも。たらふく頂きました。

富山の滑川での主催してくれている《平井さん》。

お隣、鯖江の主催者の《藤田さん》。自家製〝へしこ〟を持って来てくれました。東京での酒の肴はこれ!(笑)。

ソバーズから見える夜の景色。いいですね。
また、来年も来たいな。

■Ryntenライブ
・6月24日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・7月1日(土)福岡朝倉「音茶」
・7月15日(土)静岡浜松「なんでモール」
・7月16日(日)福山「とおり町交流館」
・7月22日(土)岐阜高山「ピッキン」
・7月23日(日)三重志摩「プルーフ」
●北海道ツアー
・7月5日(水)釧路「HOBO’s」
・7月6日(木)釧路「釧路倶楽部」
・7月8日(土)札幌「札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校7F LS-1」
・7月10日(月)富良野「きつつき」
・7月11日(火)増毛「牛田屋」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenインプレッション #454 Ryntenがぶっ飛んだギターインスト」への1件のフィードバック

  1. >>HOT TUNA

    「コピーしまくった」と言っていましたが、分かるような気がします。10代のころ・・・こういう系統に出会わなかったですね。出会っていたらその後の趣向も変わったかもしれません。倫典さんもぶっ飛んでいなかったら違うギターリストになっていたかもしれないし、出会いって不思議ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です