Ryntenバイエル #451 アレンジでのコード付け Pt.8

〝梅雨〟は目の前、という東京です。いかがお過ごしでしょうか?

少し古い話になりますが、《復興相》の〝今村さん〟でしたか。一度ならず話題にのぼりニュースに取り上げられ、結局、復興相を辞任されました。復興相はお辞めになったが、議員はお辞職しない。復興相だけでなく不祥事、失言が相次いでいます。復興相だけを取り上げてみても、震災直後の〝松本さん〟、やはり失言で数日間の任期で、と言いますか、復興相が数日間で終わってしまった。また、《政務官》〝務台さん〟は、長靴業界の話で辞任。女性問題で失墜する方など政治家の失態・失言相次いでおります。僕としては「本音を聞いた!」というところですね。
復興相を辞めるというより、『議員を続ける事が出来る。』ということが不思議でしょうがない。『こういう人たちが国民を代表する議員としてまだ続いている。』という事に、僕の頭の中でクエスチョンマークが駆け巡っています。
みなさん、どうお考えでしょうか?

■Ryntenバイエル
Ryntenバイエル、今回は「アレンジでのコード付け」の8回め、唱歌「ふるさと」を例に取り上げています。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル「Spiritdance」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【らいんライブ@水道橋】
今回もキーボードとパーカッションとのバンドバージョンで演奏させて頂きました!リハーサルは当日のみ。十分とは言えませんでしたが、本番はバッチリでした。さすがは、平井・土屋のご両人。頼もしい限りです。
お越し頂いた皆さんも楽しんでいただけた様です。ニコニコと聴いてくれているのを見ると、僕らも嬉しくなります。次回は秋かな?〝らいん〟ならではのライブを企画したいと思います。
終演後はいつもの中華料理で乾杯。今回も楽しかった!
写真はリハーサル風景。

ここのところ、写真をついつい忘れてしまってます。。。気をつけます。すみません、です。

■Ryntenライブ
・6月3日(土)京都「都雅都雅」
・6月4日(日)福井越前「ソバーズ」
・6月17日(土)鳥取「大輪路ルルカフェ」
・6月24日(土)千葉九十九里「シーブリーズ」
・7月1日(土)福岡朝倉「音茶」
・7月15日(土)静岡浜松「なんでモール」
・7月16日(日)福山「とおり町交流館」
・7月22日(土)岐阜高山「ピッキン」
・7月23日(日)三重志摩「プルーフ」
●北海道ツアー
・7月5日(水)と6日(木)釧路
・7月8日(土)札幌「札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校7F LS-1」
・7月10日(月)富良野「きつつき」
・7月11日(火)増毛「牛田屋」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #451 アレンジでのコード付け Pt.8」への2件のフィードバック

  1. >>Spiritdance

    ハンマリング・オン、オフが印象的です。普通の技なのですが、倫典さんが弾くと独特の味がある。何だろう?冒頭の8小節。音数は少なく難しいフレーズではないのだが、倫典さんと同じようにならない。ビデオを目を凝らしてみると・・・・。指の反射神経の差だろうか。ハンマリングの時、とても鋭い動きをします。あ~、まねしたい。

  2. >>アレンジでのコード付け

    楽曲習得のテーマとは違う内容で、これまた楽しんでいます。さてバイエル・テーマの提案(おこがましい)です。ハンマリングしかりですが、倫典さんの楽曲からある部分を取り出して、「こんな風に弾いている」「こんなテクニックを使っている」・・・できればこれまでバイエルで取り上げていない曲で・・・というのはどうでしょう。もちろん、再びコード付けやオープンチューニングなどもテーマに入ってくるでしょう。題材は幅広くできると思います。(ホントにおこがましい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です