Ryntenバイエル #436 アレンジでのコード付け Pt.1

2月に入りました。《大寒》はとうに過ぎた、とは言えまだまだ寒い日は続いております。いかがお過ごしでしょうか?

彼の地《アメリカ》では〝トランプ大統領〟就任から2週間が過ぎましたが、僕に言わせると、歴代の中でもっとも“物騒”な大統領です。物騒というのは、“怖い”とか言うより「人騒がせな事が多いな」と言うニュアンスです。「メキシコ国境に壁を造る」なんて本気でスタートしたり、“対イスラム”など訳の分からない理解に苦しむ様な話がたくさん出ております。
そんな中の一つに〝日本車叩き〟と言うものがあります。色々なデータがありますが、僕が見た中では30年前、日本からアメリカに輸出する車の数とアメリカ現地で生産する車の数、つまり日本から運び出される輸出車の方が10倍以上あったんですね。
ところが、一昨年くらいになりますと、逆転し輸出車の倍以上の数が現地で生産されている、と。
因みに、一昨年の輸出車が160万台、現地で造られている日本車の数は380数万台。30年前と比べると大きく変化している訳で、それに加え、例えば〝トヨタ〟。数百億ドル供出するという話もあります。そこに対してトランプの“日本車叩き”、30年ほど前のデータで話しているのか?よく理解出来ません。
みなさんはどうお考えでしょうか?

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今回から「アレンジでのコード付け」について、唱歌「ふるさと」を例に取り上げていきます。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

今週最後は、スコットランド民謡「The Water is Wide」です。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【らじおまんジャック】
またまた出演して来ました。今回のセッションは、バイオリニスト〝岡部麿知さん〟と一緒に“雲の上を散歩”。コントのセリフも長〜いのを頂きました。しかもベテランアナウンサーで番組の名誉メンバー?でもある〝若山弦蔵さん〟との絡みが…。光栄でした。楽しかった!

スタジオ前にあるホワイトボードに描いている、番組出演者の〝あも〟さん。すんごい才能!

で、描き終えたところで記念写真。。。僕、似てますかねえ…(苦笑)。

【The Queen@福島いわき】
2年とちょっとぶりにお邪魔しました。その間にマスターは別な場所にバーをオープン、今までのお店はライブハウスとして運営。内装は基本的に変わりませんでしたが、ちょっとリニューアルされてました。
しかしながら、マスターは相変わらずパワーがありますね。

会場には、初めてこられた方々も。「よかったです!」というお言葉を頂き嬉しかった!
打ち上げは、新しいバーで。

色々な珍しいお酒を、たくさん頂きました〜。

途中、僕の教室生徒でもある〝munpapa〟こと稲田くんが、ギターを弾いてくれました〜。

ライブのスタート時間が早かったので、呑む時間が長くて僕にとっては嬉しい限り(笑)。
解散前、みんなで記念撮影。

僕の隣にいる女性、〝響之介〟(何故か、こんなニックネームが)。ライブ終わりで、僕のオリジナル曲〝消えた街〟を弾いてくれました。すごい説得力でした。胸にジーンと来るものが。。。
写真を撮れなかった。ごめんね、響之介!

■Ryntenライブスケジュール
・2月12日(日)大阪河内長野「百年邑」
・2月17日(金)岡山笠岡「萌」
・3月25日(土)広島・三原「八天堂 Cafe Lieホール(カフェリエ)」
・4月14日(金)東京「バックインタウン」
●ギターセミナー
・2月18日(土)~19日(日)福山「バーカブロ」
●山木康世&岡崎倫典ジョイントライブ
・3月10日(金)代々木リブロホール
・3月11日(土)九段教会
●イベント出演
・4月8日(土)フィンガーピッキングデイ@横浜「赤レンガ倉庫」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #436 アレンジでのコード付け Pt.1」への1件のフィードバック

  1. 本日は、ラジオミュ―さんの放送(日曜PM6:00~)を聴きながらゆったりした時間を楽しんでいます。本職だけでは食べれない(笑)のでバイトをしていますが、1月になりバイト先を変更しました。これまでは、本職に影響するくらい強引なスケジュールとブラックな作業を押し付けられましたのでやむなく別の同一業種に変更しました。こちらは、土曜の夜から日曜朝までの夜勤なので本職に影響なく、またクリーンな(コンプライアンス順守)なので精神的に気持ちよく働くことが出来ます。
     倫典さんの会話と心地よい音楽を楽しめるこの時間は、心に栄養を補給して「また明日から頑張るぞ!!」という気持ちにさせてくれます。人間にとって、週に一度位はやはりリラックスする時間が必要だとつくづく感じる今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です