Ryntenバイエル #401 “All of Me を弾こう 11”

〝梅雨入り〟の季節になりました。みなさんの街は如何でしょうか?
aw160604

5月後半でしたか?やたらと暑い日が続き、北海道は連続真夏日という日がありました。毎年の様に〝記録〟が塗り替えられています。塗り替えられない年は無い様ですね。このまま更新されていくとどうなるのでしょうか?〝地球〟が気掛かりな今日この頃です。

おたよりをご紹介します。《リンテンバイエル》で解説をしている《All of Me》へのコメントです。
・TAKさんから『“All of Me”に限らずですが、ベース音とメロディーだけでもソロギターが成立しますが、それだけで終わらせないこだわりに感じます。6本の弦10本の指で紡ぎ出せる可能性の追求。音符1コに色々なものが詰まってる感じがしてなりません。』
ー嬉しいおたよりです。僕たちもアレンジしたり曲を創ったり演奏したりしている中で重要なのは、個性や感性も大事ですが、それに負けずそも劣らない必要性を感じるのは、聴く方の〝感性〟です。これはギターに限らずです。誰かが言ってました『技術だったら見る人、音楽だったら聴く人の“感性”が無い限りどうしようもない。お手上げだ。』と。僕たちもそういうところに生きている訳で、〝生かすも殺すもお客さん次第〟というところに立ち返っていくのでしょうか?

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、Jazzのスタンダードナンバー「All Of Me」の11回めです。ボクの譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集」に掲載されていますが、お手元になくともわかりやすい解説を目指していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後は、ボクのオリジナル曲「Misty Eyes」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【シーブリーズ@千葉九十九里】
夏前の九十九里は、本当に静かです。あと1カ月もすると人ごみでごった返すんですね。
お店の前の道もこの通り。この道の先は海。
photo 1

あまりお天気が良くなかったのですが、雨が降らなくてよかった(笑)。
ウッディな店内はこんな感じ。いいですよねえ。
photo 2

オープニングには、例年のごとく、地元〝アコースティックギタークラブ〟のYasuさんこと《安井さん》と僕のギター教室生徒でもある《千葉さん》。

今年も楽しかったけど、一つ残念だったのは、みんなとセッション出来なかったことだなあ。。。来年は絶対にやりましょうね。
で、打ち上げ後にマスターを交えて記念撮影。
photo 3

【収録の日】
今回スタジオに飾ってあった花。名前は分からないけど、やっぱり癒されますね。
Chuo FM

■Ryntenライブスケジュール
・6月11日(土)鳥取米子「BEXX」
・6月18日(土)鳥取「大輪路るるカフェ」
・6月25日(土)三重志摩「プルーフ」
・6月26日(日)奈良「ビバリーヒルズ」スペシャルバンドバージョンでお届けします。key平井宏・per土屋‘大魔王’祐介・ゲスト松崎博彦
・7月16日( 土)静岡浜松「なんでモール」
・7月17日(日)広島福山「とおり町交流館」
・7月23日(土)福岡朝倉「音茶」
・7月28日(木)奈良「ビバリーヒルズ」ゲストに押尾コータローさんをお招きしてのライブです。
●北海道ツアー
・7月2日(土)旭川「ジャズ・そば放哉」
・7月3日(日)深川「ガーディー」
・7月5日(火)富良野「きつつき」
・7月7日(木)札幌「時計台ホール」
・7月9日(土)幕別「百年記念ホール講堂」
・7月10日(日)新冠「レ・コード館町内ホール」
●イベント出演
・7月24日(日)北海道札幌「「札幌 Guitar Festa.@サッポロファクトリーホール」

「Ryntenバイエル #401 “All of Me を弾こう 11”」への1件のフィードバック

  1. >>番組コメント

    インストラクション・コーナーでコメントを引用されてびっくりです。ありがとうございます。「ALL OF ME」は以前に挑戦していたのですが、Aメロで挫折していまして、これからが楽しみです。昨今、いろいろなソロギターリストが活躍していますが、こんなアレンジ(ギタープレイ)が似合うのは倫典さんだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です