Rynten ゲスト #390 ふ・た・り じぇいうぉーくさん 2

暖かかくなってきました、〝桜前線〟北上中。如何お過ごしですか?
aw160319

去る、11日、あの《震災》から5年が経ちました。発見された方の中でも亡くなられた方や身元が分からない方もいらっしゃるようです。
その〝身元を判別〟するのに、勿論、“所持品”であったり“衣服”であったりするわけですが、意外や意外〝DNAで鑑定〟するというのは殆ど少ないそうです。「鑑定出来ないのか?」「そこまで及ばない?」あるいは「そこまでしなくても?」ということもあるのか?は分かりませんが、いずれにしろ〝身元判別〟の一番大きな手掛かりというのは〝治療の痕〟、特に〝歯の治療〟や〝骨折の治療〟などなんだそうです。
自分もそうですが、年が行けば行くほど“治療の痕”というのは大なり小なり増えていくわけで、それが手掛かりとなるというのは、切なくもあります。
早く身内の方の元に戻られる様、祈っております。

おたよりをご紹介します。
毎年福山でギターセミナーをやっており、今年も先日開催しました。それについてのコメントです。
・KMさんから『2月のセミナー、たくさん教えて頂きありがとうございました。緊張の2時間でした。他の方もいろんな方法で練習されている様子が見られて、勉強になりました。』
ーお役に立てれば幸いです。また是非参加して下さいね。

【ゲストコーナー ふ・た・り・じぇいうおーく】
先週に引き続き、今週も《THE JAYWALK》からキーボードの《杉田裕》さんとギターの《知久光康》さんとのユニット《ふ・た・り・じぇいうおーく》、そして同じく《THE JAYWALK》のドラマー《田切純一》さんのお三方です。オープニングの2月24日、ライブDVDとCDをリリースした、“ふ・た・り・じぇいうおーく”の《もうひとりの自分を、君に今日会わせたい》を聴きながら。
aw160319_11

知『また来ました〜!(笑)』
杉『一週間ぶりです。』
倫『先週だけかと思ったら、今週もお三方で…?』
知『あっ、ホントだ。今週も来たんだ!』
田『こんにちは〜。』
倫『特別ゲスト!』
全員(爆)

知『この曲(オープニング)よく聴くと“田切さん”の手拍子も混ざってます。』
倫『ちょっとずれてるやつ?(笑)』

“知久さん”は“JAYWALK”メンバーであった、ギターの“浅川さん”と二人でデュオ“Two Tone’s”を組んだりしていましたが、“杉田さん”はこういったユニットの経験は初めてで「考えもしなかった」そうです。ただ、“田切”さんの“mountainboys”、“Two Tone’s”のステージなどで関わっています。まさしく“縁の下の力持ち”ですね。
aw160319_13

倫『二人だけでステージやアルバム創りってどうですか?』
知『二人しかいないから我慢してる!(笑)』
杉『そうじゃない。やる事に限界があるから必要最小限のところで「どうアンサンブルするか?」と考えるのがすごく楽しい。途上の二人でいろんな経験をしています。』
知『本格的に実験出来る。』
杉『コーラスもサイモン&ガーファンクルにしてもいろんなアーティストを研究し、二人での表現の参考にしています。』

オリジナルメンバーと一緒だとコーラスが今より分厚くなりますが、二人だけのステージではそれがすごく人間的で温かみがあるように感じます。

知『みなさん歌う時ハモるって意識しますが、ギターの弦が一本と二本では大違いの和音になる。』
倫『 × 2、じゃない!4にも5にもなる。音源を聴いてると、二人だけじゃなく他が聴こえてきます。』
杉『そうですか?!』
倫『薄さが全然感じられない。ましてや何十年間一緒にやってきたお二方の音程もいい。』
杉・知『有難うございます。』
田『“杉田”さんはずっと長い間ハモパートを専門にやってきたので、ついハモをいってしまいそうになる。』
全員(爆)

ここで今日の1曲目。“ハーモニー”とはこの曲だ!という《恋のバカンス》。

知『“杉田”くんが“ザ・ピーナッツ”を分析し「これはすごい!」と。』
杉『二人とも声が似てるしステレオだけど、ユニゾンで歌う時二人ともセンターでもバーっと広がる。』
知『当時、ステレオになってました?』
倫『はしり、ですね。』
知・杉『そうなんだ。』

双子の姉妹(ザ・ピーナッツ)に負けず劣らずの“ふ・た・り・じぇいうおーく”です。

倫『“恋のバカンス”で、これはぜったに外してはいけない!というマイナー6のフォーンがビシッと入ってきてる。』
知『“ザ・ピーナッツ”ってしゃれてる。』
杉『洋楽してる。』
倫『これからもレパートリーを開拓して下さい。もちろん、“Old Fashion JAYWALK”でも。でも無理であれば…“久留里mountainboys”でもいいかな、と。』
全員(爆)

…と、ここでやっと“田切”さんの出番に。
倫『おまたせしました“田切”さん。メンバーは?』
田『キーボードにJAYWALK”から“杉田”さんをお迎えして…』
全員(爆)
杉『H杉田で。』
田『J田切とH杉田とベーシストにはJAYWALKから中内さんで、S中内です。』
倫『あ〜〜、そうですか〜。。。全員持ち回り…。』
全員(爆)
知『僕、いないです。』
倫『音源聴かせてもらいましたけど、楽しいですよね。』
田『倫典さん、好きですよね、ああいうタイプの音楽。』
倫『好きですねえ。』
aw160319_12

…とワイワイとやっているうちに時間が。。。
倫『もっと聞きたかったんですけど。』
知『じゃあ、来週も!』
全員(爆)

倫『“ひとりじぇいおーく”っていうのも出来そう?』
知『いやいや、それは無理だしきつい。倫典さんは慣れてる?』
倫『慣れてはいないけど。』
知『たいしたもんだ!昨年、ちょっとひとりでやったんですけど、もうに度とごめんです(笑)。二人だと百人力!』
倫『“杉田”さんは?』
杉『曲によってはひとりのシーンもありますが、メンバーが入ってくると安心する。』
知『やっぱり、一曲終わったら“田切”さんが「よっ!」って言ってくれるのがいい(笑)。』

ステージも客席も何十年続く仲の良さが出てきてます。本当にいい年の取り方をされてる人たち。このままずっと笑顔で続けていって欲しいと思います。
まずは、2月24日リリースのDVD、CDを聴くと“JAYWALK”の全貌が見えてきます。ネットでもUstream、Youtubeでも可能ですので、是非ご覧になって下さい。

aw160319_10
収録を終えて…
2週に渡ってお越し頂いた“2 pieces of THE JAYWALK ふ・た・り・じぇいうおーく”の“杉田”さん・“知久”さんのお二人と“THE JAYWALK”ドラムの“田切”さんとの3人。
やはり、同世代の仲間としてすごく嬉しい。笑顔でしっかりした音楽で頑張ってる彼らを見てると勇気をもらいます。また、それだけなく、グレードが高くないと長続きしないと立証してくれる人たちです。
巡回コードとかタイトなエイトビートが中心になってるんですが、難しく込み入ったリズムを取り入れず、込み入ったコード展開をしなくても、昨今の曲の様に無理やり転調を入れなくても、『いい曲はいい!』とメロディーの艶、言葉の妙味も併せ持つ、その辺りが飽きさせない。そして、ファンの人たちもずっと長続きしていく…そんな根拠がある、と思います。
長年一緒にやってきた安心感、安定性、ステージ上の信頼感がすごく伝わってくる…そんな方々でした。

杉田さん、知久さん、田切さん、また遊びに来て下さいね!

【2pieces of THE JAYWALK  〜ふ・た・り・じぇいうおーく〜DVD/CD情報】
ふたり…

【O.F.J.LIVE(Old Fashioned JAYWALK)〜Old Fashioned Love Songs Since 1960〜】
 メンバー:杉田裕Key、田切純一Dr、知久光康G、中内助六B
 3月24日(木)東京渋谷「クラブクアトロ」
 2回公演(完全入れ替え制)
 昼公演:開場14:00 開演14:30
 夜公演:開場18:00 開演18:30
 全席指定 6,000円(税込、ドリンク代別途)
 (問)渋谷クアトロ TEL 03-3477-8750

【J・TAGIRI久留里 mountainboys わーるどつあー2016】
 メンバー:田切純一、杉田裕、中内助六
 会場:東京二子玉川「KIWA」
 前/当 5,500円(1ドリンク別途 500円)完全入れ替え制 整理番号順入場制
 4月23日(土)
  1st STAGE 開場14:00 開演14:30
  2nd STAGE 開場17:30 開演18:00、24日(日)
 4月24日(日)
  1st Stage 開場12:00 開演12:30
  2nd Stage 開場15:30 開演16:00
  (問)KIWA TEL 03-6805-7948
 
総合問い合わせ:フリーウェイ TEL 03-5328-2722
http://www.jaywalk.co.jp/top.php

【 My Birthday 】
とある収録に日、《中央FM》スタッフから《爪切りセット》のプレゼントを頂きました!嬉しかったです。スタッフのみなさん、ありがとうございました。これかも宜しくお願いします。感謝!
バースデイ@中央FM

また、とある夕刻。僕のギター教室生徒たちが、バースデーを開催してくれました。もちろん、仕事で来れなかった人たちもいましたが、またまた嬉しかったなあ。焼酎などたくさんのプレゼントも頂きました。みんな、ありがとう〜!これからも宜しくね。
バースデイwith生徒たち

■Ryntenライブスケジュール
●木村大&岡崎倫典ジョイントライブ
・3月20日(日)東京町田「まほろ座」
Dai & Rynten
●中村耕一&岡崎倫典ジョイントライブ
・4月2日(土)奈良「ビバリーヒルズ」
with Nakamura Koichi
■イベント出演
・4月9日(土)「フィンガーピッキングデイ」神奈川横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
Finger Picking Day
■ギターセミナー&インストアーライブ
・4月16日(土)大阪「三木楽器梅田店」
三木楽器
●ソロライブ
・4月8日(金)東京「バックインタウン」
・4月22日(金)宮崎高鍋「ドルフィー」
・4月23日(土)福岡朝倉「音茶」
・4月27日(水)福岡小倉「フォークビレッジ」
・4月29日(祝・金)大分「サウンドカフェF」
・4月30日(土)京都「都雅都雅」
・5月1日(日)三重四日市「ガリバー」
・5月3日(祝火)三重名張「アピタ」イベントスペース
・5月4日(祝水)奈良「ビバリーヒルズ」
・5月5日(祝木)広島「ジェイズバー

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Rynten ゲスト #390 ふ・た・り じぇいうぉーくさん 2」への1件のフィードバック

  1. >>〝桜前線〟北上中。如何お過ごしですか?

    今日は倫典さんの誕生日ですね。どのように過ごされていますか。私は1日違いの22日です。東京は桜が開花しました。気象庁の資料を見ると、私が生まれた年、東京の開花は4月1日、満開は8日だったようです。なので、桜が咲く季節に生まれた、というイメージはありませんでした。「入学式に桜」の絵もあったのですが、最近は変わりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です