Ryntenバイエル #379 質問コーナー

明けましておめでとうございます。今年も【Acoustic Wind】をよろしくお願いします!
ご機嫌いかがですか?この正月、どの様に過ごされていらっしゃいますか?
ついに明けた2016年。おそらく、観測至上、世界中で最も暑い年であった2015年も去って行きました。
aw151107

毎年恒例の僕も観ている《箱根駅伝》。今年は〝92回目〟。
1920年にスタートした、という話ですが、途中戦争などで中断した事もありました。〝200キロ〟ちょっとを2日間に分けて走ります。
〝駅伝〟の歴史は古いです。日本で初めて走られたのは1917年との事。その時は〝京都3条大橋〟からスタートし、〝東京上野不忍池〟まで〝500キロ以上〟を「昼夜ぶっとうしで走る」、という催しだったらしいです。だいたい、〝45時間半〟くらいで走りぬけたそうです。スピードそのものは速いとは思いませんが、〝昼夜〟を問わず走り続ける、というのは凄いですね。
僕は〝箱根駅伝〟に限って言えば、毎年観る数少ない番組です。もっとも、起きたらレースの半分以上は終わってる…という状態でした…2日とも(笑)。
皆さんはいかがでしたか?

おたよりをご紹介します。昨年のものになりますが、〝クリスマス〟ネタです。
・宮城の中年ライダーさんから『サンタの上下を着て赤い三角帽子をヘルメットに貼り付けてバイクに乗ってる。密かにウエストバッグに〝うまい棒〟を入れ出会う人たち、子供たちあるいは中学生高校生に配っていました。しかも自分の家近辺だけでなく、自宅ー石巻ー松島ー仙台ー石巻ー自宅と回りました。』
ー宮城の中年ライダーさん、というくらいなのでそちら方面にお住まいなんでしょうけど、かなりの走行距離ですね。子供たちも喜んだことでしょう!

■Ryntenダイアリ
【某社屋落成記念パーティー@埼玉・蕨】
友人が経営する会社、新社屋が完成しそのお祝いパーティーで演奏してきました。とってもいい内装でしたねえ。会社とは思えないほど明るく、熱帯魚の水槽がフロアーごとにあったりして。
ビルの写真はありませんが、演奏したフロアーも気持ちよかったなあ。
しかしながら、友人…彼はいつの間に〝CEO〟になったんだろう?すごいな。

写真はリハーサル風景。オープニングに入った、ボーカリストの〝堂本くん〟。
1

また、行ってみたい…そう思った社屋でした。スタッフみなさんの写真を撮らなかったのが残念。。。

【酔っぱライブ@音茶】
2015年最後のライブでした。今回、話題の(笑)〝ミカちゃん〟こと〝三ケ尻聖一〟くんは仕事の為お休みでしたが、久々の〝Par Wes(ギターとべーす)〟も登場しました。
2

いつもの〝櫻井憲一郎〟くん。初めて僕がサポートに入りました。以前から演って見たかったので、楽しかった〜。
3

ライブも最後でしたが、ツアー自体も2015年の最後でしたので、打ち上げでは思いっきり?呑みました〜(笑)。
欠席の〝ミカちゃん〟は僕のパロディーDVDを制作して送って来てたんですねえ。打ち上げでみんなで鑑賞。写真では伝わりませんが、内容がおかしくて腹筋が…。

ちなみに、下を向いてセッティングしているのは、僕のスタッフではありません。スタッフのパロディー…(笑)。
4

スタッフの誕生会もしてもらいました〜。
5

東京に戻る前、恒例により〝キリンビアーファーム〟でフローズンビールを堪能。
6

昨年は4回もライブを企画してもらいました。有難いですね。ありがとうございました。
今年もお世話になります。よろしくお願いします。

【ギター教室忘年会@東京】
一年の締めくくりとして、生徒たちと呑み語り合いました。楽しかった〜。僕のスタッフの誕生日祝いまで企画してくれました。彼女も感激してましたねえ。
7 8

生徒のみなさん、今年も頑張りましょう!

【Rynten バイエル】
先週は《ご質問にお答えするコーナー》ということでは映像がありませんでしたが、書き起こししたものをどうぞ。

昨年末『もらいものモーリス』さんからのご質問を頂きました。
ひと言でいいますと『どんなギターがいいですか?』。“ギターの選び方”について、ですね。

いくつかの質問項目があります。
・『自分がどういうジャンルの音楽が好きか?〝フィンガースタイル〟が好きか?向いているか?そういうところも微妙です。』
・『ギターの材質については、“木”としか言いようがない。それ以上の事は分からない。』
・『ギターの制作発表会などでプロの方が弾いた後に「自信を持ってお薦めします」などとありますが、もしそれが〝弾けない〟〝弾きこなせない〟という事になると、自分の腕のせいになる…そういう心理も働く。』
・『プロ程のギターは買わない方がいいのか?プロとはちょっと趣向の違ったものを買った方がいいのか?』
・『〝000〟はどんな印象ですか?』

ー僕なりのお答えをしましょう。
まず最初に、あまり人の意見に振り回されない事です。自分が弾いてみて、抱えてみて「しっくりくるなあ」「これ、自分に合ってるなあ」と何となく空気感で分かると思います。抱えた時に、サイズが自分に合ってないとしっくりこない。或いは、ポロンとかき鳴らした時に「何か自分が好きな音じゃないな」とか。〝いい音〟というのと〝好きな音〟とは若干の“ズレ”がある事が多いので「どちらを優先させるか?」というと、やはり「自分が好きな音」「いいなあ、と思う音」。これを目指して欲しいですね。

“木”の材質については、よく“ギター雑誌”で「この材質はどうのこうの」「この材質はこういう系統の音」などと書かれています。確かにトータルとして聴いてみると、そういった音傾向は材質に比例している…当たったりしている事が多いには多いです。しかし「全てのギターにそれが当てはまるか?」というとそうでもない。同じ材質を使っていてもメーカーによって音が違ってくるし、ボディーのタイプによっても違ってくる訳です。例えば、“横”・“裏”あたりの材質が非常にいいものや高価なものを使っていたとしても、それに対して“表”の板が合わなかったりすると、いい音が生まれて来ないのは当然です。

とにかく、自分が〝ひと目惚れ〟〝ひと耳惚れ〟を最優先して選んで頂きたいと思います。あとは、弾く時に自分がいつも弾いている“フレーズ”や“コード”をポロポロかき鳴らして、それが〝しっくりくる〟ギターですね。
僕なんかは、非常に難しい(押さえにくい)“フレーズ”や“コード”を弾いた時に、スパッと押さえられる様なギターに惹かれます。これは“弦高”というより「“ネック”の形が自分に合うか?」をチェックする訳です。“弦高”はあとでどうにでも調整出来ますからね。

それと、〝OOO〟は非常にいいギターです。一般的には〝フィンガースタイルに向いているギター〟とも言われていますが、どうしてどうして…僕はストロークなどでも「もしかしたらDタイプよりも音がまとまりやすくレコーディングしやすい」そんなタイプかと思います。これもお薦めです。

■ライブスケジュール
●ソロライブ
・1月16日(土)静岡浜松「なんでモール」
・1月17日(日)愛知江南「スタジオM」
・2月6日(土)高知「Bee Station」
・2月7日(日)香川高松「黒船屋」
・2月13日(土)大阪河内長野「百年邑」
・2月14日(日)福岡朝倉「音茶」
・2月19日(金)岡山笠岡「カフェド萌」
●ギターセミナー
・2月20日(土)&21日(日)広島福山「バーカブロ」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #379 質問コーナー」への2件のフィードバック

  1. >>聞いちゃった・・・

    番組の最後、ほろ酔い気分で聞いていたので、記憶が定かではありませんが、「溜まっていた・・・・・譜面集、CD・・・・一気に片付ける・・・・」。確かそう聞こえたような。楽しみにしています。

  2. 明けましておめでとうございます。新年1回目の放送で小生の、音楽に全く関係ないメールが紹介されるなんて、嬉しいやら恐縮するやら・・・です。
    駅伝の話がありましたが、実は神奈川の大磯町に親戚がいまして、1号沿いに家があります(復路の7区)。毎年、テレビを見て映ったとか映らないとか、電話で新年のあいさつをするのが通例となっています。実は、ここの区間はよっぽど熱いバトルがあるとか、強運がない限り、定点映像(7区11.78km地点)か、タスキリレー前のコマーシャルタイムとなるのでテレビに映るのは本当に難しいのですが、今年はおじさんがばっちり映っていました(笑)もっとも録画した映像を、スロー再生でやっとちょい映りを発見できる位の短い時間ですが。
    今年は、なんか良い年になりそうで喜んでおります。
    もしかして、宮城でライブかな・・?。なんちゃって(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です