Ryntenバイエル #377 スリーフィンガー奏法 2

急に寒さが深まってきました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
aw151219

今年の《流行語大賞》も決まりました。〝爆買〟〝トリプルスリー〟。〝爆買〟は分かりますが〝トリプルスリー〟は言葉というよりも2人が獲った事はすごいと思います。〝長島茂雄〟〝川上哲治〟ですら獲れなかった…それを1年に2人も…というのは、技術の進歩というべきなのか?、チームの成長というべきなのか?
いずれにしても、野球そのものも選手ひとりひとりも進化している様ですね。
では、今年の《漢字》は何になるんだろう?とあたまを巡らせていました。綺麗な、清々しい、あるいはいい印象の〝漢字〟ではない様な気がしていましたが…《安》でしたね。
さて、みなさんはどう感じ、どうお考えでしょうか?
先日、サッカー選手に対する《差別発言》の〝書き込み〟がありました。これは埼玉のサッカーチームファンの高校生だったという事です。《人種差別》そのものも首を傾げますが、インターネット世代という問題もあります。〝書き込み〟、或いは〝言葉の暴力〟。「〝言葉〟がどれだけ人に影響を及ぼすか?」という考えが全くない。書き込みに対する責任も当然存在しない。僕の周りにもよく目につくことがあるんですけど、無神経に書き込む人間ほど面と向かった時に、何も言えないんですね。書き込んだ事を人たちの面前で堂々としゃべるって頂きたい!人の前でしゃべれる事をネットに書き込んでほしい!と願うところであります。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週はスリーフィンガー奏法の基本、2回目です。スリーフィンガーは基本の奏法ですが、改めて見なおしてギターテクニックの向上を目指してください。
YouTube Preview Image

今週最後は、クリスマスの定番曲「White Christmas/ホワイトクリスマス」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

■Ryntenダイアリ
【楽屋姫コンサート@富山黒部】
僕の友人〝松ちゃん〟こと故〝松谷康晴〟くんが所属していた富山では知らない人はいない!というほどの超人気フォークグループ《楽屋姫》の結成20周年記念コンサートツアーファイナルにお邪魔してきました。こんな大きなイベントに声をかけて頂いた事は本当に光栄な事。これも〝松ちゃん〟にご縁をもらったお陰なんです。
お祝いのお花もこんなに。
1

開演前には、懐かしいスライドも。
2

ホールは満杯、〝満員御礼〟。
流石!です。
僕は、当然のことながら〝松ちゃん〟のオリジナル《ラフォーレブルー》を演奏しました。その後、〝楽屋姫+ワン〟で仲間にいれてもらい(笑)、数曲ギターを弾かせてもらいました。お大勢で演奏するって、やっぱり楽しい。
〝楽屋姫〟は今現在、新たにギターの方も加わり活動されています。
3

楽しかった!
松ちゃん、観に来てくれたかなあ?
4

【松ちゃんの墓参り@富山魚津】
ダイアリーが前後してしまいますが、〝楽屋姫〟コンサートの会場入り前、〝松ちゃん〟の墓参りに行ってきました。亡くなって間もなく3年が経ちます。
前日は雨だったのに、見事なまでの青空で、本当に気持ちよかった。
長野から、新潟からも来てくれた〝松ちゃん〟の友人たちも。
5

その後にランチした道の駅。こんなに豪華!
6

コンサートが終わった翌朝撮った、魚津駅前からの風景。
〝松ちゃん〟の葬儀の日を思い出します。
7

【TALK & LIVE@奈良ビバリーヒルズ ゲスト:南かおり】
年末近くに恒例となった、MCタレントの〝南かおりさん〟とのコラボです。
8

今回の朗読は〝特攻隊員たちの絶筆〟。
僕もかおりさんも「忘れたくない」「忘れてはいけない」という気持ちから、決めました。何度聞いても涙が出ます。
そうそう、〝かおりさん〟が歌ってくれました〜!しかもウクレレも弾いてくれたんです。

で、帰り際にツーショット
9

でも、やっぱりこちらの方がいいですね(笑)。
10

【ギターレッスン@F2音楽教室 大阪八尾】
ここでレッスンをやらせてもらうのは、今回で3度目。平日でしたがたくさんの人たちが来てくれました。ありがたい事ですね。
11

この音楽教室は、かなり大きくて「教室」というより「学校」といった感じなんです。この日もギターやピアノレッスンなど引っ切り無しに生徒さんが訪れてましたねえ。すごい!

【またまた墓参り@京都】
東京に戻る前、京都に立ち寄り僕の音楽の大先輩の《坂庭省吾さん》の墓参りに行ってきました。丁度この日が命日、しかも13回忌だったんです。
12

京都に住む友人からの連絡で気がついて…。それがありがたく、そして嬉しかった!
写真は撮らなかったけど、彼が亡くなった直後、墓参りに行ったことがあります。それ以来だったので、感激もひとしお。京都での心暖まるひとときを過ごしてきました。

■ライブスケジュール
・12月26日(土)福岡朝倉「音茶」
音茶

・1月16日(土)静岡浜松「なんでモール」
2016.1.なんでモール

・1月17日(日)愛知江南「スタジオM」

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

「Ryntenバイエル #377 スリーフィンガー奏法 2」への5件のフィードバック

  1. 本日も元気に出勤(サンタの格好でバイク乗り:笑)してきました。気温が低く、どこを走っても人はまばらで・・。さすが、田舎は人が少ない・というか家の中で過ごしているのでしょうね。子供は風の子・・・今は死語となったのでしょうか?それでも子供に限らず、おばあちゃんからも車の中から手を振られたりして、相変わらず心はポカポカです。
    明日は、施設の利用者さんが某団体のクリスマスパーティーに全員出席となりますので出勤(こちらは文字通りの出勤)で月曜日が代休となります。もちろんサンタの格好で出勤(バイクでの走行)になると思います。(笑)平日なので、海岸沿いの福祉施設にでも行こうと考えています。
    益々、寒さが厳しくなると思いますが、倫典さんも元気に全国のファンに素敵な演奏を届けて下さい。

  2. >>White Chrismas

    簡単そうで、なかなか左指が柔らかく動かない難曲(難アレンジ)です。でも「フォークギターでこんなお洒落に弾けるんだ」と教えられた曲でもあります。”古いギター”が合いそうなので、それで弾いてみます。(笑)

  3. >>White Chrismasつづき

    この時期にしか弾かないのですが、1年弾いていないにもかかわらず、昨年よりうまく弾ける?・・・毎年の楽しみでもあります。別の角度から考えると、「えっ、もう1年過ぎたの・・・・」。なんで若いころより時間のスピードが速いのでしょう。(苦笑)
    譜面を見ると、難しいことやっていないし、セーハコードも少ないし、開放弦と2、3個の音でこんな素敵な和音になるんですね。これまで気づかなかったこともいろいろ・・・。

  4. >>1年ぶり

    1年ぶりは「White Chrismas」だけではありませんでした。この時期になるとなぜか弾きたくなる「Cradle Song」。理由は分かりません。「らいん」で生を見てしまったので、今年は火がついています。(笑)指が絡みそうな運指も頭では理解できつつあります。あとは練習あるのみ。大晦日はギター弾きながら除夜の鐘を聴こうかな。(なんだそれ?)

  5. いつもアコースティックウィンドを動画の方で楽しく拝見させて頂いてます。
    今回スリーフィンガーということで、ちょうど気になっていたことがあったて初コメントさせて頂きました。

    今までクラシックギターをしてきていたのでずっとフォーフィンガーだったのですが、ソロギターのアレンジをし始めて以来、スリーフィンガーが便利で一から勉強しているところです。

    2弦人差し指、1弦中指と固定するのが一般的な弾き方みたいですが、メロディーを意識して弾けるので、自分はメロディーのほとんどを中指で(2、1弦ともに)弾いています。親指が動いて手の位置が微妙に上下した際、あるいは3弦にメロディーが来た際は人差し指を使ってはいますが、ほとんどは中指で弾いています。

    たしかトミーエマニュエルがそういうことをどこかで言っており影響を受けたのですが、どこだったか忘れてしまいました…。
    たしか教則DVDのどれかだったとは思うのですが。

    そこで質問なのですが、やはりこの弾き方はちょっと変わってるのかなと思っているので、矯正した方がいいのか迷っています。音色を聞き分けるほどまだ耳は肥えていないのですが、将来的にどちらがいいのかと思ったもので。

    どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です