Ryntenバイエル #306 “ミュートの基本”

ただただ、おあつーございます。みなさん、熱中症は大丈夫でしょうか?いかがお過ごしですか?

先日、69回目の長崎・広島原爆記念日を迎えました。この日を迎える少し前、原爆を落とした“エノラゲイ”の最後の搭乗員が亡くなりました。確か93才くらいだったと思うのですが。ますます歴史は遠くなりにけり…です。とにかく「風化させない!」願うのはこれだけです。
先月、面白いと言うか…深いと言うか…ひとつのニュースが舞い込んできました。大阪府警の話。《犯罪件数ワースト1》を逃れる為なでしょうか?犯罪件数を隠していた!しかも何万件も。この行為だけでも言語道断なのに、結局、その当時者は“口頭注意”だけで終わり、でした。警察だから許されるのでしょうか?もし、これが一般の企業だったら…あるいは普通の庶民だったら…《公文書偽造》《虚偽公文書作成》で重い罪に問われます。
まあ、「“警察”だから“庶民に対して官”だから何をやってもいいい」何をしても「まあ、注意しておけばいいだろう。」で終わるんでしょうか?本当に腹立たしいニュースでした。

■おたよりコーナー
・yukipyさんから
『木村大さんがゲストの際は、なかなか垣間みれないクラッシックギター界の話しが聞けて興味深かったです。』
ー僕も本当に勉強になりました。
『ボズ・スキャッグス特集で、あのTOTO結成のきっかけになったとは…知りませんでした。』
『バイエルのスケール練習は参考になります。』
ーおたよりありがとうございました。

■ライブスケジュールです。
中国公演
・8月10日(日)大連「赫兹演艺吧」
・8月12日(火)長沙「 红咖俱乐部Red Live Club」
・8月14日(木)海南「海南省图书馆功能厅」
・8月16日(土)上海「上海東方芸術中心 演奏庁」
・8月17日(日)杭州「杭州酒球会」
ソロライブ
・8月24日(日)長野佐久「れもん」
・9月13日(土)新潟「カポタスト」
・9月20日(土)福岡朝倉「音茶」
・9月27日(土)東京水道橋「らいん」
イベント出演
・8月23日(土)群馬野反湖キャンプ場「野反湖フィールドフォークコンサート」

●Ryntenダイアリーです。
僕は今、中国を旅しています。

中国に発つ前日は、東京「バックインタウン」でのライブでした。
今回のゲストは師匠でもあり、日本のアコースティックギターインストゥルメンタルの道を創ってくれた《中川イサトさん》。
“イサトさん”とご一緒したのは、20数年ぶりです。
僕が“コースティックギターインストゥルメンタル”を始めた頃、“イサトさん”は僕を引っぱってくれました。
そして今があります。
“イサトさん”とのセッション、本当に楽しかった~!
今回、お声がけさせて頂いたわけですが、快く受けてもらったのは本当に嬉しかったですねえ。
Back In Town with ISATO-san

会場には韓国の友人でもあり、ソウル大学の学生の《Su-Young君》が来てくれました。
東京大学との交流会セミナーで来日したそうです…凄い!
with Su-Young

翌日早朝に中国大連へ。
空港に降り立った時、「大きな町だなあ。」と。
で、早速、昼食を御馳走になり、夜は海鮮料理のお店へ。
Sea Food Restrant

どれもこれも美味しかったですよ。
50数度というお酒も頂き、大満足!

夕食後に撮った記念写真。
僕の隣に座っている青年…今回、核となりそして2年前の中国公演の時にも大きな力となってくれた《片矢君》と彼のご両親、そして大連でお世話になる《峰君》。
Dinner@Dalian

“片矢君”がいなかったら、前回も今回も中国でのライブの実現しなかった…感謝!ですね。

まだまだツアーは始まったばかり…続きは来週に。
今回の僕のツアーポスターです。
カッコ良く創ってくれました!

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、今週は「ミュートの基本」としてお送りいたします。皆さんのギターテクニック向上にお役に立てればと思います。ぜひご覧ください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、唱歌「椰子の実」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)、FMまつもと(http://fmmatsumoto.jp/)、高知シティエフエム(https://twitter.com/kcfm762)以上、15局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル #306 “ミュートの基本”」への4件のフィードバック

  1. 宮城では放送されていない為、インターネットで毎週拝聴しています。ノートパソコンの音では倫典さんの心地よいアレンジが半減(いや、1/5 位かな?(笑))なのでヘッドホンを使用しての楽しいひとときを楽しんでいます。先週のゲストの沢田さんご夫妻が東北出身だったとは・・又、稲垣さんがニューアルバムに参加されていた等意外な話に1人うなずいています(笑)ところで倫典さんは音楽番組等でよく拝見する武部聡志さんとはお知り合いなのですか?倫典さんの音楽・アレンジ同様武部さんの奏でるピアノの演奏が大好きです。二人の競演が見てみたいなどというのは・・・・ですかね(涙)

    これからの益々のご活躍を祈念しています。

  2. >>Johnny Winter

    大学時代のことは「ベイサイド・リゾート」の譜面集に書かれていたので、面白く読ませてもらっています。青春の1ページでしょうか。初めて聞きましたが、歌えるギターリストの弾くフレーズっていいですね。
    番組構成上、J.Wの「ギンギン」のギターがフェイドアウトしながら、次のバイエル「City of Tokyo」のイントロが聞こえてくるんです。サウンド的には結びつかないのですが、実は結びついていたんですね。そんな風に感じました。

  3. >>“イサトさん”とご一緒したのは、20数年ぶりです。

    行きたかったんですが、仕事があって断念しました。また20数年後にお願いします。平均寿命が延びたので大丈夫でしょう。できればそのステージに乱入するのが夢です。

  4. >>椰子の実

    アレンジ曲の中で好きな曲です。時々思い出したように弾いています。(きちんと練習すればいいんでしょうが)
    8月は日本人にとって「昭和」を思い起こさせる月ですね。(いい記憶ではないかもしれませんが)
    ラジオで「椰子の実」が流れるっていいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です