Ryntenバイエル~vol.296「Everythingを弾こう 13」

6月間近、《June Bride》“6月の花嫁は幸せになると人は言う”…そんな季節です。
その後には“梅雨”が控えていますが、新緑まぶしい季節ですね。如何お過ごしでしょうか?
aw140531

5月21日、非常に興味深いニュースが舞い込んできました。福井県《大飯原発》3、4号機、福井地方裁判所で『再稼働ならず。』との判決が出ました。第一審ですが。。。それに対し関西電力は控訴、このあと、高等裁判所・最高裁まで持ち込まれると思われます。僕個人的な意見ですが、「素晴らしい裁判官だな。」と思います。
判決の中にはいろいろありますが、ここで一つ紹介したい文があります。『多数の人の生活そのものに関わる権利と電気代の高い・低いなどを並べて論じる様な議論は、これ自体法的に許されない。“原発の運転停止”によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを“国富の流出・喪失”という規定でなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活している事が“国富”であり、これを取り戻す事が出来なくなる事が“国
富の喪失”である、と裁判所は考えている。』但し、過去の裁判例をみますと、例えば…《もんじゅ》にしても結局、最終的には最高裁で覆されています。
今回、どういう動きになるか?見守りたいと思います。

■おたよりを頂いております。
・kasaharaさんから『《Honesty》、とてもよかったです。和歌山「オレンチ」ライブに行きます。』
ー有り難うございます。お待ちしておりますね。
・TAKさんから『ライブで話していた《Europa Nocturne》の逸話、大変興味深かったです。』
ーこれは、“鈴木康博さん”との出逢いの曲ですね。来て頂き有り難うございました。

他にもたくさん頂いていますが、またご紹介します。

■ライブスケジュール
・6月21日(土)徳島「寅屋」
・6月22日(日)愛媛松山「スタジオ・オウル」
・6月25日(水)奈良「ビバリーヒルズ 第2弾還暦ライブ ゲスト:押尾コータローさん』
・6月28日(土)兵庫尼崎「ブルードアー」
・6月29日(日)和歌山「オレンチ」
・7月5日(土)福岡朝倉「音茶~サマーライブ~」
・7月26日(土)静岡・浜松「なんでモール」
・7月27日(日)広島福山「とおり町交流館」
北海道ツアー
・7月22日(火)富良野「啄木鳥」
・7月23日(水)旭川「フォークジャンボリー」
・7月24日(木)赤平「ふくろう」

●イベント参加
・7月6日(日)東京・スペースゼロ『還暦ーず』出演:庄野真代(Vo)、水越恵子(Vo)、杉真理
(Vo.&Gt)、叶高(Vo)、坂本洋(Key & Vo)、伊藤広規(EB)、松原正樹(EG)、白井良明(EG)、岡
崎倫典(AG)

■Ryntenダイアリーです。
5月24日(土)、今年はじめに亡くなった富山の音楽仲間《松谷康晴》君=通称“松ちゃん”の“追悼コンサート”がありました。
亡くなったのが1月はじめ、正月明け早々の事でした。「もう5ヶ月もたったのか…」という気持ちと「まだ半年しかたってないのか…」という気持ちです。

僕らが富山入りしたのは前日。
僕の番組もネットして頂いてる《ラジオミュー》の“シンガー英樹の集まれフォークナイト”に出演。
松ちゃんがソロ以外で活動していたバンド、“楽屋姫”のリーダーでもある“シンガー英樹”こと“岩谷英樹君”の番組です。
みなさんに暖かく迎えて頂いたのが本当に嬉しかった。
シンガー英樹と

コンサート当日はいい天気で真夏の様に暑かった。
会場は3年ぶりに訪れた、新川“学びの森交流館さくらホール”。
交流館

彼を偲ぶたくさんの音楽仲間やファンの人たちが集まり、チケットは既に完売。
彼の人柄が伺えます。
入口には松ちゃんの懐かしいたくさんの写真。
会場入口

ライブタイトルは【ありがとう】。
これは遺言とも言える…亡くなる前に『お世話になって人たちに伝えて欲しい。』と言ってた言葉だそうです…。
松谷康晴追悼

僕は“友情出演”、前半は“楽屋姫”、後半が僕のステージという構成です。
ステージ上には彼の映像も流れ、彼のために飾り付けも。
ステージ上の花

“楽屋姫”では、衣装でもある松ちゃんのシャツとジャケット、いつもかぶっていた帽子そして愛用のギターを持って彼の代わりにステージへ。ズボンは…さすがに僕にはちょっと大きい様で…(笑)。
松ちゃんの衣装

僕のステージでは、彼がよく演奏してくれていたたくさんの僕の楽曲たち、僕が「彼の生きた証を残して行こう。」とこれから弾き続けて行く事を決めた、松ちゃんのオリジナル“La Foret Blue”、生前最後のステージでジョイントした息子の“向陽君”とのドラムで“Bay Side Resort”。
with向君

アンコールでは全員で。
アンコールで

終演後は、ちょっとはなれた場所にある“民家”を改築した民宿“いろり館”で名前のご如く、いろりを囲んで打ち上げ。
いろり館

松ちゃん、また逢う日まで。。。
with松ちゃん

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、MISIAの「Everything」の13回めです。譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集 追憶のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、僕のオリジナル曲「CradleSong/クレイドルソング」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)、FMまつもと(http://fmmatsumoto.jp/)、高知シティエフエム(https://twitter.com/kcfm762)以上、15局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.296「Everythingを弾こう 13」」への1件のフィードバック

  1. >>これは、“鈴木康博さん”との出逢いの曲ですね

    素敵なお話でしたよ。当時、オフコースとカーペンターズはうかつに(男は)好きと言えない時代だったのですが(笑)。でも鈴木さんの”男気”に惚れた「男子ファン」は多いはず。それを裏付けるお話でした。出逢いを作った人。出逢いをものにした人・・・・いろいろな世界で有りうる話で、本当に考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です