Ryntenゲスト Vol.294 THE JAY WALK 2週目

2014年、5ヶ月が過ぎようとしています。“梅雨”は目の前。如何お過ごしでしょうか?
aw140524

先週「4月~5月にかけてのゴールデンウイークツアーに行った」という話しをしました。電車になどに乗って気になるのが、やはり“携帯電話”。
どうも日本人のマナー・モラルというものにクビを傾げざるをえないんです。電車では「会話はデッキでお願いします。」としつこくアナウンスさ
れ、そちらの方は少しずつ浸透してきたという感じがしますが、呼び出し音をマナーモードにする事は出来ないのか?あるいはそんな機能がついていないのか?そこを問いただしたい御仁がわんさかいます。マナーモードに出来ない理由というのが、どんなにもがいても僕には分かりません。
「人はどうでもいい。自分さえよければ。」というのを僕は嗅ぎ取るんですが、みなさんは如何でしょうか?
かつて携帯電話が出始めた頃、レストランあるいはファーストフードのお店も含めて、人が集まるところ全てに「人の迷惑になりますので、会話はご遠慮下さい。」という張り紙がされていましたが、今はそれを一度もみた事がありません。
時代とともに迷惑の基準が変わって行っているのでしょうか?それとも無神経になっているんでしょうか?

■おたよりを頂いています。
・おなじみのTAKさんからゲストに来て頂いた《ムラタ トモヒロさん》に『摩訶不思議な世界観の持ち主ですね。僕らには懐かしい曲調でもあり、若い人でもこういう曲を書くんですね。何度か聴いてるとメロディーが耳に残ります。ギターもすごくかっこいい。』
ー嬉しいですね。
・同じくTAKさん『ビリー・ジョエルの《オネスティー》は他にもまして妙味が詰まっています。“ストレンジャー”(O.A.したもの)を聴くと何故か“太陽に吠えろ”を思い出すんです。』
ーあのイントロでしょうか?口笛の哀愁でしょうか?そこに繋がるのではないかと思いますが。

■ライブスケジュール
●ソロライブ
・6月25日(水)奈良「ビバリーヒルズ 第2弾還暦ライブ」ゲストは押尾コータローさんです。
・6月21日(土)徳島「寅屋」数年ぶりにお邪魔します。
・6月22日(日)愛媛松山「スタジオ・オウル」初登場です。
・6月28日(土)兵庫尼崎「ブルードアー」昨年に引き続き春のライブです。
・6月29日(日)和歌山「オレンチ」こちらも数年ぶりにお邪魔します。
・7月5日(土)福岡朝倉「音茶~サマーライブ~」恒例の夏のライブ。マスターの誕生日に駆けつけます。
●イベント参加
・5月29日(木)東京吉祥寺・ロックジョイントGB「アコギニクス~アコギストの夕べ~」数組のアコギストが出演します。
・7月6日(日)『還暦ーず』ゲストにお越し頂いた事もある《庄野真代さん》を中心にたくさんの還暦のアーティストが集います。出演者全員がバンドで演奏するという楽しいイベントです。

■Ryntenダイアリー
先週は東京と群馬高崎でライブをしました。

東京《Back In Town》。
Back In Town

クラッシックギターリストの《木村 大君》がゲストに駆けつけてくれました。
with 大さん

クラッシックギターの登竜門である、禁じられた遊びから“ロマンス”も登場。
ジャンルが違うだけに、一緒に演奏していて本当に楽しかった!
途中、“大君”から嬉しい還暦祝いがのサプライズ。
還暦祝い@BIT

嬉しかったなあ。

そして高崎《青春の詩》。
青春の唄

ここでもたくさんのお客様がきてくれ、還暦のお祝いも!
還暦祝い@高崎

本当に有り難い事ですね。
打ち上げでは、マスターが奮闘して創ってくれた料理の数々、美味しかったなあ。
記念撮影@高崎

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenゲスト】
■ゲストコーナー
今週も先週に引続き、ゲストは僕の古き友人の《THE JAYWALK》のお二人。
新しいアルバム《君に贈ろう60本のバラを》をリリース、と同時に全国ツアーも始まります。
まずは、タイトル曲である“君に贈ろう60本のバラを”聴きながら…
aw140523_2

倫『今週も《知久さん》と《田切さん》に来て頂きました!』
田『“さん”をつけて頂き、岡崎さん、有り難うございます。』
全員(爆)

この新しいアルバムはメンバー7人全員が作詞作曲に参加されてます。
曲によっては全員が歌う、というかつての日本には少なかった、全員が歌えるバンドというのが凄いと思います。

知『“君に贈ろう60本のバラを”はキーボードの“杉田裕”がボーカルで、それと他の3人。』
倫『若手の“馬淵さん”、以前からの“杉田さん”“中内さん”ですね。』
知『僕も田切君も若いメンバーの“浅川君”“青木桃子”も歌うつもりはなかったと思う。でも楽器も歌わないと…というところに行き着く。』
倫『“THE JWALK”の色として。若手の“桃子さん”は曲を以前から創っていた?』
田『そんな事ない。楽器だけの人はいっぱいいるけど、表現の一つとして曲を創っていかないとただのドラム叩きなる。』
aw140523_1

少しでも可能性があれば、広げて行くのは大事な事です。グループを長持ちさせる一つの秘訣かもしれませんね。

知『「曲を創った。」とか「こんなのがある。」と言った時「みんなでやろうぜ。」という空気が楽しい。“浅川君”の曲を“中内君”が歌い、“桃ちゃん”の曲を“馬淵君”が歌う。面白いです。』
田『誰が歌ったらその曲が生きるか?とか。』

創った本人が歌うとは限らない、というところが《Old & New》とクロスしている。

倫『“君に贈ろう60本のバラを”は田切の曲だよね。』
田『そう。』
知『田切君の見事なところは、詞が先にあってそこにメロディーをつけた。さすがに還暦を超えると人間が違う、倫典さんの様に(笑)。』

今日の1曲目は「歌詞が面白い」という《失せ物の街》。

曲を聴き終えて…
倫『詞が“知久”、曲はベースの“中内さん”。』
知『馬淵君が歌ってる。レコーディング中、例えば「“中内君”の曲をやろう。」となった時“中内君”が創った曲なのか?歌うのか?みたいな…みんなが参加して楽しかった。』
倫『面倒くさいコンガラガり方じゃなくて楽しい混乱。』
aw140523_4

7月からこのアルバムを引っさげてツアーがスタートします。
倫『このアルバムからだけじゃなくてこれまでの曲とか、いろんなアルバムからも登場するわけだよね。“THE JAYWALK”だけじゃなく
て、“TWO TONE’z”、田切の“J-TAGIRI with 久留里 mountainboys”。』
田『よく覚えてますねえ~!』
倫『一日かけて覚えた。』
知『実は今でるかな…ってチラッと思ってた。』
全員(爆)

倫『7月~8月にかけてのライブ、もちろん聴いた事がない楽曲が大半かと思いますが、アイディアや新しい出し物は?』
知『ライブまでにアルバムを良く聴いて下さい。』
田『それが一番。』
知『この前、アルバムリリースに先駆けてライブをやったんだけど、みなさん知らない曲だから「どうかな?」と思ったんだけど楽しんで頂けたみたいで…僕らも結構楽しかった。』
田『楽しかったし、それがよかった。聴いてくれる方があんなに受け入れてくれるのは初めて。』

最後に“田切さん”が想いを込めて書いた《SAY! GOOD BY!》。

先週、今週と2週に渡り、“THE JAYWALK”からお二人に来て頂きました。
同世代だけに楽しいです。でもそれは喜び悲しみも渡り歩いてきたという経験から、という気がします。
それだけに話しが弾み、次から次へと展開する、という話術をたくさんもっている、そんな人たちでした。
昔話ばかりしていると、聴いている人たちはチンプンカンプンですが、そのあたり、彼らは心得ていて音楽・ステージ・メンバーそして新しいアルバムの話し…そして落ち着くところは“感謝”。
さすがだと思いました。

田切さん、知久さん、また遊びに来て下さいね。
出来れば若手3人で!(笑)
aw140523_3

【The JAYWALK~君に贈ろう60本のバラの花を~ツアー】
The JAYWALK
・7月12日(土)横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜)16:30 開場/17:00 開演(エニー)
・7月19日(土)仙台Rensa(仙台)16:30 開場/17:00 開演(ニュースプロモーション)
・7月25日(金)名古屋クラブクアトロ(名古屋)18:30 開場/19:00 開演(サンデーフォーク)
・7月27日(日)BIG CAT(大阪)16:30 開場 /17:00 開演(サウンドクリエーター)
・8月09日(土)Gate’s 7(福岡)[昼公演]14:00開場/14:30開演 [夜公演]17:30開場/
18:00開演(BEA)※1日2回公演
・8月10日(日)広島クラブクアトロ(広島)15:30 開場/16:00 開演(キャンディープロモーション)
・8月23日(土)恵比寿 ザ・ガーデンホール(東京)16:30 開場/17:00 開演(ディスクガレージ)
http://jaywalk.co.jp/special/kiminiokuroTour2014_e36517b3/

「Ryntenゲスト Vol.294 THE JAY WALK 2週目」への2件のフィードバック

  1. 今週も楽しく番組を拝聴しました。電車のマナーの件、同感です。バイクも同じです。爆音だけで他人の迷惑考えず・・・。確かに、個人の趣味なので他人がとやかく言うことではないのかも知れませんが。なんというせわしない世の中になったというか、自分がそれだけジジィになったというか。先輩方がおっしゃっていた最近の若い者は・・・、世の中その繰り返しなのでしょうか(笑)今回のゲストのトークと音楽も、ゆったり時間が流れていく感じがしてリラックス出来ました。また、明日から頑張るぞ!!(今月は日曜4日だけの休みでした、やはり福祉関係は給料も安く、貧乏暇なし状態です(笑))

  2. ーあのイントロでしょうか?口笛の哀愁でしょうか?

    そうです。
    裕次郎がタバコをふかしながらトレンチコートの襟を立てて歩く絵・・・・・。想像してしまうのです。(笑)
    倫典さんの譜面集の曲紹介部分が好きなのですが、「・・・を見て思い浮かんだ・・・」ということがよく書かれています。他のギタリストの方も同様なことを楽曲の紹介で話されます。いつもなるほどなぁ、と聞いています。うまく弾けないまでも、譜面を追っていけば、「雲の上を散歩」できたり・・・?思い込みですがこんなふうに考えています。(ぼーっと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です