Ryntenバイエル~vol.293「Everythingを弾こう 12」

5月も半ばになりました。《ワールドカップ》まであとひと月。如何お過ごしでしょうか?
aw140510

いよいよ盛り上がりをみせてき始めた“ワールド カップ”ですが、「三浦カズをもう一度メンバーに 入れろ!」という意見も出て来ている様です。それが結果的にどうなるか?僕には分かりません が、とにかく“凄い人”です。高校時代に右も左も分からないブラジルに渡り、それから今も日本のサッカー界を牽引しています。現在40代も後半になろうとしているところでも現役を続けている…日本のサッカー界には、語るにはずせない大人物、と僕は思います。
ところが“ワールドカップ”の代表としてどうか?「出て欲しい。」という希望が僕にはあるんですが、本人がどうか?ですね。
“ワールドカップ”を振り返った時に思い出すのは、今から46年くらい前の1968年の《メキシコオリンピック》。日本のサッカーが“銅メダル”を獲った時の興奮というのは、今も忘れられません。泥まみれの試合もありました。
日本のイレブンはあの興奮を“ワールドカップ”で届けてくれるんでしょうか?

■お便りを頂いています。
・おなじみのTAKさん『フィンガーピッキングナイト、今回のゲストは《ステファン・グロスマン》。ギタープレイの所作、オーラ、一言で言うととにかく歴史を感じました。倫典さんのステージでの“麻衣”でのイフェクとに興味シンシンです。』
ー“ステファン・グロスマン”の重さ、大きさが全然違と僕も思います。上手い、ヘタとかそういう問題じゃない、ところを感じさせてもらいました。

■ライブスケジュールです。
・5月16日(金)東京「バックインタウン」ゲストにクラシックギターリストの「木村大」さんが駆けつけてくれます。
・5月18日(日)群馬高崎「青春の詩」
・5月24日(土)富山魚津・新川学びの森交流館さくらホール「松谷康晴追悼コンサート」ラジオ・ミュー、富山シティFM、FMとなみをお聴きのみなさん、是非足をお運び下さい。
・5月29日(木)東京吉祥寺・ロックジョイントGB 「アコギニクスの夕べ」
・6月25日(水)奈良「ビバリーヒルズ 第2弾還暦ライブ」ゲストは押尾コータローさんです。Sold Outとなりました。
・6月28日(土)兵庫尼崎「ブルードアー」
・6月29日(日)和歌山「オレンチ」

■Ryntenダイアリーです。
さて、ゴールデンウイークツアーの後半は、三重は四日市、奈良と回ってきました。

四日市「ガリバー」は恒例のゴールデンウイークライブです。
今回もたくさんの方が来てくれました。ありがとう。
時折、僕のライブにふらっと…しかも突然現れる、僕の大学時代の音楽仲間“井谷さん”ご夫妻も姫路から駆けつけてくれました。
はじめて撮ったスリーショット。
大学の音楽仲間@ガリバー

遠くは石川県から来てくれた方も。。。本当にありがとう。
おなじみの女の子“いつかちゃん”も来てくれました。
もう中学2年生。早いですねえ。今回も帰り際に“City of Tokyo”を弾いてくれました。
どちらも写真を獲るのを忘れてしまった…ごめんね。また今度必ず。

で、終演後は街にもどりいつもの“昭和食道”でゲストの《竹内いちろ君》らと一杯。
ガリバー打ち上げ

翌日、電車に揺られて奈良へ。
僕の番組をネットしてくれている《FMちゃお》に出演させてもらいました。
局は大きなショッピングモールの中にあるオープンスタジオです。
FMちゃおオープンスタジオ

生演奏が終わってから、観に来てくれた皆さんから大きな拍手が。。。
この後ろ姿はディレクターの《鈴木さん》。いつもお世話になってます。
FMちゃお鈴木さん

僕の還暦を祝して企画してくださった、30分の特番も収録。本当に有り難い事です。
FMちゃお生放送

そして初めての、奈良《ビバリーヒルズ》でファンの集い。
たくさんのみなさんに還暦のお祝いをしてもらいました。有り難う!
僕のライブあり、皆さんが参加出来るオープンステージあり、お料理も美味しかった~。
写真が撮れなかったのが唯一の心残り。
本当は全員で記念撮影したかったんだけどスタッフもバタバタしていて気が回らなかったな。

同じく“ビバリーヒルズ”での《還暦ライブ第一弾》。
ゲストは《鈴木康博》さん。十年ぶりくらいでしょうか…ご一緒させてもらったのは。
久しぶりにお会いした“Yassさん”、相変わらずパワフルでしたねえ。
短い時間だっただけど、駆けつけてくれたのが本当に嬉しかった!
鈴木さんと@ビバリー

で、今回の富士。
今日の富士

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、MISIAの「Everything」の12回めです。譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集 追憶のメロディ20」に掲載されている楽譜をベースに紹介していきますが、お持ちでなくてもなるべくわかるよう解説していきます。Tuning:Standard/CAPO:2で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、ビリー・ジョエルのカバー曲「Honesty/オネスティ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)、あずみ野エフエム(http://www.azuminofm.co.jp/)、FMまつもと(http://fmmatsumoto.jp/)、高知シティエフエム(https://twitter.com/kcfm762)以上、15局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.293「Everythingを弾こう 12」」への2件のフィードバック

  1. オネスティ とても良かったです!またアコギマガジンGETしなくっちゃ(笑)。6月の和歌山「おれんち」ライブ必ず行きます。今から楽しみですよ^^

  2.  ライブで話していた「Europe Nocturne」の逸話、大変興味深く聞きました。イントロで挫折していましたが、You Tubeを参考にコピー再開・・・。今回はもう少し頑張れそうです。ちょっとは腕が上がったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です