Ryntenバイエル~vol.216「時の流れに身をまかせを弾こう 12回目」

【河童のひとり言】
フットサルワールドカップ2012、日本は決勝トーナメントまで進出したものの、残念ながら1回戦敗退という結果でした。また、賛否両論はあったものの、カズこと三浦知良選手の出場もあり、今回は注目された大会でした。それにしてもカズ選手は、今年で45歳。年下で引退した選手も多い中、未だJリーガーとして現役で活躍しています。彼が現役にこだわる理由は「サッカーが本当に好きで、今でもプレーヤーとして成長したい」からだとか。さすがにサッカー選手として生涯現役とはいかないでしょうが、オジサンたちに勇気を与えてくれる存在です。

【今週のRyntenNews】
世間の寒さ…自分が着て歩いてる服の変化…冬ど真ん中の格好をしている事に気がついた今日このごろの季節。
如何お過ごしでしょうか?

【河童のひとり言】から《フットサル》。
決勝トーナメントまで行きましたが、残念ならが。。。
“カズ選手”は年をとっても現役を続けています。それだけに留まらず、デベロッパー、と言いますか…“Jリーガー”、“Jリーグ”、“J1”、“J2”など、日本のサッカー‘流行・流星’を創り出した人と言ってもいいのではないでしょうか!
今の日本の‘隆盛を生み出した人”、僕はそう思います。

ギター界でもそういう方がたくさんいますが、みんな現役バリバリです。それを認識してくれる若者がどれだけいるか?不安なところではあります。

■おたよりコーナー
・いつかちゃんから『去年は台風で洪水になり、行けなかった。岡崎倫典さんのギターの音が聴けるのが一番の楽しみ。ライブで好きな曲をいっぱい聴きたい。」
 ーこの方もギターを弾かれますね。ギターの練習頑張って下さい。
・倫典先生の大ファンさんから『爪を磨く時の道具は、どこのメーカーを使っていますか?』
 ー爪切りで爪を切った後はヨーロッパ製のヤスリを使い、仕上げはプラモデル用のヤスリを使ってます。それだけです。後のフォローは何もしていません。」
・ライブでの《青春の輝き》についてたくさんのおたよりを頂きました。
 TAKさん、MARTIN 35さん、こうひんさん、morriss30さん、有り難うございました。

■Ryntenダイアリーです。
北海道ツアーを終え札幌から大阪へひとっ飛び。
押尾君の《デビュー10周年記念》パンフレットでの対談です。
場所はライブハウスも併設する焼き鳥屋「音屋景気屋」さん、押尾君がよく行くお店なんだそうです。

ギターを抱えて弾きながら、おしゃべりしながら、焼き鳥食べて…楽しかったなあ。

久しぶりに押尾君とゆっくり過ごしました。押尾君、またどこかで一緒に演ろうね。それまでお互いがんばろう!

帰り際、“音屋景気屋”のマスターと三人で記念撮影。
見ての通り、マスターはミュージシャン、カッコいいですよね。また伺います!

翌日は韓国のギター少年スンハ君のレコーディングの為に京都へ。今回は色々なギターリスとのジョイントアルバムなんだそうです。
今年の6月に会ってから、また身長が伸びたような。。。やっぱりセッションは楽しい。
精一杯演奏させてもらいました。

レコーディングが終わるやいなや、福島いわきに向け出発。
しかし、ちょっとの差で上野駅からの最終電車に間に合わず、バス移動に。

でもなかなか快適で思っていた以上に早かったですねえ。
着いたのは真夜中。で、いきなりバークイーンにお邪魔し、寝酒を一杯ごちそうになって就寝。

ライブ当日、今年も“立ち入り禁止”区域まで連れ行ってもらいました。
震災直後と何も変わっていない光景には愕然。。。復興は一体いつに?

海辺の建物は全て流されてしまったのに、ポツンと残っている神社、し かも後方に立つ小さなお社も。。。
本当に不思議です。街の人たちはこの神社に勇気をもらっているそうです。

夕方には「fmいわき」に出演させて貰いました。
震災直後は僕の曲をづっと流してくれていて…少しでもお役にたてているのかなあ、と思うと本当に嬉しいです。

ライブでは、今回、パーカッションで《土屋祐介》氏が参加。盛り上げてもらいました。
いい音してたなあ。

打ち上げで御馳走になった、マスターが直接仕入れてくれた“まぐろ”や“貝”“タコ”などの刺身、それに“メヒカリ”どれも絶品!
美味しかった!


今年もまた、ピアノで僕の曲を弾いてくれました。曲は「雲の上の小さな島」。
聴いてたらつくづく「いい曲だなあ。」と思った僕でした。。。

次の日はバスや新幹線を乗り継いで、秋田に到着。
寒いかなと思ってたけど、それほど寒くなかったのが以外でした…雨だったけど。
前日入りしたこの日、地元スタッフと「お世話になります!」と乾杯。
そこに、この日の為にわざわざ創ってくれた《のぼり旗》(というのでしょうか?)、僕専用です。
みんな似てる!って笑ってたけど…そうかなあ。。。
これからは、物販のテーブルに飾ろうと思ってます。

“ポートタワーセリオン”でのライブは、今年で3回目になります。
ライブ前に見た夕焼け、奇麗ですね。

ライブには今年もたくさんの方たちに足を運んでもらいました。
アンコールでリクエストをとったら、あちらこちらから声が…嬉しかったなあ。

打ち上げは、きりたんぽを御馳走になり、記念撮影。

長い長いツアーが終わりました。

■ライブスケジュールです。
年に一度の宿泊イベントです。楽しい企画でお待ちしております。
・1月23日(祝・金)~24日(土)福井県越前市
ソロライブです。
・12月1日(土)石川・白山市「喫茶 青葉館」
・12月2日(日)愛知江南「スタジオM」
・12月11日(火)広島「J’s Bar」
・12月14日(金)島根・松江「カノーバ」
・12月16日(日)奈良「ビバリーヒルズ」ゲストに
MCタレントの「南かおり」さんとお迎えしての企画ライブです。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「時の流れに身をまかせを弾こう」の11回目です。ご存知の方も多いと思いますが、テレサ・テンさんのヒット曲です。ボクのアルバム「Etrenal」のマッチング。譜面集『Eternal』を元に紹介していきます。Tuning:Standard/CAPO:5で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、カバー曲「時の流れに身を任せ」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)以上、12局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.216「時の流れに身をまかせを弾こう 12回目」」への1件のフィードバック

  1.  番外編、いつも楽しみにしています。CDや譜面だけではつかめないことがあるので助かります。いろいろなギターの音色が楽しめるのもいいですね。私はSUMIのひょうたんの絵の入ったギターの音色が一番好きです。できれば000-28も生で聞きたい。
     番外編のリクエスト2曲。「碧のファンタジー」「Europa Nocturne」。いつかお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です