Ryntenバイエル~vol.209「時の流れに身をまかせを弾こう 9回目」

【河童のひとり言】
とあるニュースで、外部から脳へ記憶を植えつけることに成功したという研究発表を見かけました。記憶形成の解明を行うために、死んだネズミの脳を使って行われた実験だそうです。現在、記憶させることができるのは、ごく短い時間とのことですが、まさにsf映画そのものです。この技術を応用すると、譜面や演奏テクニックを脳へインプットさせて、簡単にギター演奏ができるようになるのではないでしょうか。夢のような技術にも思いますが、ボクの場合、寝ている間にカミさんから夕飯の買い物をインプットされてしまいそうで、おちおち寝ていられなくなりそうです…

【今週のRyntenNews】
今年年末のクリスマスあたり、あるいは来年正月に向けての商戦がもうスタートしている気配です。あれよあれよと時が流れています。
ご機嫌いかがでしょうか?

【河童のひとり言】に“SFそのもの!”という話を出しました。
例えば、僕がまだ小さい頃、白黒の番組だったと思うんですけど《タイムトンネル》というアメリカのテレビドラマがありました。ワクワクしながら観ていた記憶があります。これは、絵空事ではなくて本当に実現するかもしれないですねえ。。。

小学生の頃にはいろんな本を読みました。中でも心躍らされたのが、《ジュール・ヴェルヌ》の《海底2万マイル》とか《月世界旅行35日》。《海底2万マイル》これは今で言うと“原子力潜水艦”です。《月世界旅行35日》も当然のごとく、今は現実化しています。

いずれにしても、当時は「信じられない事、もの」が「現実化」していく、という時代に入ってきた様に思います。

■おたよりコーナー
今週もいくつかおたよりを頂いています。海外からが多いですね。
いずれも【番外編】の《Close to you》についてのコメントです。
・poyfaiさんから『Perfect』。ー…とたった一言。
・edofvermilionさんから『Nice, very nice, Good work』。ー嬉しいですね。
・tarkineWildさんから『fantastic』。ーありがとうございます。
日本の方からのお便りもご紹介します。
【番外編】の《雲の上を散歩》へのコメントです。
・kouhinsanから『癒されます。寿命が延びる気がします。酔えます。』ー有り難うございます。

■Ryntenダイアリーです。
先週は、兵庫は“尼崎”、と和歌山の“紀伊田辺”の2カ所でライブをしてきました。
いずれも初めての土地、お店です。
いつも初めてのライブというのは、道中からいつもより、より以上に緊張するもの。。。
でも、どちらもドアーを開けた時の、スタッフのみなさんの笑顔にホッとした瞬間でもあります。

尼崎《Blue Door》。

名前のとおりドアーがブルーなんです、それも真っ青なブルー。

とても素敵なお店で、オープンしてまだ間もないそうです。
この日は若手ギターリストの《伊藤賢一》君とのジョイントです。
一ヶ月程前に初めてお会いし、このライブ直前に東京でリハーサルをしました。
とっても好青年でクラッシックギターも弾かれます。

とても楽しかったですよ~。
打ち上げも盛り上がったところで、恒例の記念撮影。

伊藤君、今度東京でも是非ご一緒しましょうね。

翌日は紀伊田辺《Oran-chi》。
特急に乗って2時間弱、山々を抜けて、やっと『海が見えた!』と思ったら到着。

海側を走るのかと思っていたら、意外にも山々の間を走っていくんですね。
街中には“弁慶まつり”の文字。
弁慶出生の地なんだそうです、知りませんでしたねえ。

ここのご主人は“ボブマーリー”が大好きなんだそうです。で、そんな雰囲気を持っているんですね。
音楽の話を始めたら二人とも止まらなくて…。

ライブの方は、というと…初めてライブをするにも関わらず、来て下さったみなさんの拍手が暖かかった。
アンコールには『アンジー、やってください。』のリクエストまで頂き…もちろん演奏しました!
このお店もまたオープンして2年なんだそうです。
みんな頑張っています。

今回の富士は、残念ながら雨が降っていたため、雲に被われ稜線がわずかにみえただけでした。

■ライブスケジュールです。
・10月6日(土)東京お茶の水「JAZZ祭」お茶の水で開催されるイベントでの出演です。
・10月7日(日)群馬高崎「青春の唄」いつもお世話になっているフォーク好きなマスターのお店でのライブです。
・10月14日(日)北海道滝川「三浦華園」FM G’skyをお聞きのみなさん、是非足をお運び下さい。
・10月20日(土)埼玉越谷「大野楽器メンフィス」今回は地元のアマチュアのみなさんもオープニングで参加します。
・10月27日(土)岐阜高山「ピッキン」今年は秋のライブとなりました。マスターに会うのが楽しみです。
・10月28日(日)三重志摩「商工センター」毎年たくさんの方々に来て頂いています。今年も是非いらして下さい。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■アルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

【譜面集『Eternal Rynten plays Teresa Teng』】
『Eternal Rynten plays Teresa Teng』譜面集が出ました!、自信作です。
何が自信作かというと…非常に読みやすく見やすい!実際に楽曲も素晴らしいものばかりですから、是非弾いてみて下さい。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「時の流れに身をまかせを弾こう」の9回目です。ご存知の方も多いと思いますが、テレサ・テンさんのヒット曲です。ボクのアルバム「Etrenal」のマッチング。譜面集『Eternal』を元に紹介していきます。Tuning:Standard/CAPO:5で演奏していきます。ぜひ、チャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、The 5th Dimensionのカバー曲「Aquarious /輝く星座 」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、フレンズエフエム(http://www.friendsfm.co.jp/)、エフエムG’Sky(http://www.fmgsky.com/)以上、12局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.209「時の流れに身をまかせを弾こう 9回目」」への1件のフィードバック

  1. 29日のライブ楽しかったです。
    倫典さんの存在を知ってからまだ4年ですが、大阪在住で東京単身というメリットを生かして、新宿・バックインタウン、京都・都雅都雅のライブに13回行きました。ライブのもう一つの楽しみは譜面の販売です。FAST RAGの譜面を買いました。前から欲しかったので、譜面化していただき本当にありがとうございます。サウンドトラックCDも買って聞きながら楽しく練習中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です