Rynten ゲスト:藤田恵美 さん 2回目

【河童のひとり言】
巷ではクールビズにアロハシャツを認めるかどうかという議論があるようですが、このアロハシャツだけは着慣れていないお父さんが着ると、ホント、見事に似合わないんですよね。アロハシャツというのは、そもそも日本人がデザインしたものだそうです。その昔、農園労働者としてハワイに移住した日本人が、あまりに貧乏で着古した着物でシャツを作ったというのがそのルーツだとか。アロハシャツ1枚にもこんな日本の歴史があったんですね。

【今週のRyntenニュース】
2011年の幕が開いたのがつい先日の様な気がします。
間もなく夏が終わろうとしています。

如何お過ごしでしょうか?

今年の夏もまた地球が病んでいるんじゃないか?!いや地球が怒っているのではないか?!そいういう事を節々に感じた様に思います。
予想もつかなかった「戻り梅雨」、進路が読めない迷走ばかりを繰り返す「台風」…と地球のお叱りをうけている、と言いますかそのうちまた大きなひとひねり食らうのではないか?!という気もしなくもないのですが。。。

■Ryntenダイアリーです。
前回のダイアリーの中で、「釜山ライブ」でオープニングをつとめてくれた、「キム・ジョン・ゴル」君の写真をアップするのを忘れてしまいました。

なかなかの男前です。来年の「フィンガーピッキングコンテスト」にはまた、エントリーして欲しいですね。期待しています。

さて、韓国ツアーの続きです。
釜山ライブ終演後は焼肉店でファンミーティング、その後スタッフと街を闊歩したわけですが、がきらびやかでしたねえ。
博多の屋台通り、というのでしょうか?似ているんですが、屋台の数が半端じゃないんです、延々と並んでいました。
ソウル同様、活気のある街です。

翌朝、朝起きてビックリ、外は暴風雨!
直撃ではないにしろ、かなりの影響です。
まあ、次第に治まってきたわけですが…。
そんな中で、エステに勤務するスタッフがセッティングしてくれた、「顔面エステ」に行ってきました。

勿論、現地女性スタッフと僕のスタッフも一緒です。
やはり女性がいないとダメなんだとか…。わかる気もします。
初めての経験でしたが、なかなか気持ちのいいものですねえ。途中寝てしまいました。
女性が病み付きになるのが理解出来た様な…。

エステが終わり、ふぐ料理のお店で昼食をとった後、「海東龍宮寺」という朝鮮半島の端、海に面した崖っぷちに建っている大きなお寺に連れ行ってもらいました。

本当に凄い風景でしたねえ。
よくこんなところに立てたなあ、と関心せざるをえません。

お寺を一通り回った後、またKTXに乗ってソウルに戻ったのでした。
初の釜山、楽しかったですねえ。現地スタッフの気遣いに感謝です。

ソウルに戻り、翌日はソウルでのオフ。
市場へや「戦争博物館」見学、ここは少し考えさせられるところでした。

2年前にお会いしたギターショップ「AGM」のチョイさんにも会う事が出来て、感無量。

全てスタッフが取り仕切ってくれて…ただただ感謝!です。

そうそう、初めて地下鉄に乗りました!

さらに、来週へ続く。。。

■スケジュールです。
打田くんとのジョイントライブツアーの後半戦がスタートします。
今回、仙台、福島いわきに行きます。
東北は震災後初めてお邪魔します。仙台でも予定されていた会場も変わりましたが、いずれにしろそこでライブが出来る事は、有り難い事ですが僕自身も非常に複雑ですが、何かの形でお役に立てれば…と思いつつ伺いたいと思います。
しかしまあ…いろんな事が起きる…と言うか、珍道中…ですねえ。
僕なんかはいいのですが打田君はギターを何本も持っての移動…大変です。
是非お越し下さい、お待ちしております。
・8月27日(土)前橋「音処 きしん」
・8月28日(日)仙台「サテンドール」
・8月29日(月)福島いわき「バークイーン」

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。2011年発売予定、KMP出版から。

【ゲストコーナー】
先週に引き続き、素敵なゲスト『藤田恵美さん』にお越しいただきました。

今週はもう一歩踏み込んで海外、特にアジアの活動や学校・施設でのコンサート活動などについて聞いてみました。
先ずは「国によってお客さんの違い」から。
「海外は日本とは違うかな。すごくラフで、リアクションもある。日本の場合は音を出してはいけない、とかシーンとなってたり…。でも海外は好きな曲が流れると拍手があり、最後にはスタンディングオベーションがあったり、リラックスして聴いてくれてる感じがする。日本ってかしこまってる様な…」と、海外って聞き慣れているのかもしれません。ステージに立つ側としては、僕も反応してくれた方が嬉しいですね。
海外に行くと「日本って時間とか段取りとか本当にきっちりしているのがよく分かる。」と話していた恵美さん、僕も同感です。

そして聞きたかった事の一つでもある、国内での活動、「OMOIYARI音楽会」「心のバリアフリー音楽会」について。
「『OMOIYARI音楽会』より『心のバリアフリー音楽会』の活動の方が先で、手話と音楽を通して「心のバリアを外して欲しい」という意味合いを持ってて、私の横で難聴者の女の子が手話でお届けする音楽会。自分でギターを弾いたり、カラオケで唄ったりする小さな音楽会で『どこでも行きますよ』という感じのもの。」なんだそうです。こういう音楽会って素敵ですよね。

「みんな素直に表現してくれるし、私たちよりも音楽が凄く好きなのがわかる、正直に生きていますね。唄ったり体を揺すって喜んでくれる。そんな姿を見て『ひだまりの詩』に手話をつけて歌ったらもっと皆で楽しめるんじゃないかな…っていうのが始まり。」だったとの事。僕も障害を持った施設で演奏したりしますが、反応も健常者よりも大きかったり、本当に感動するんです。

現在の「OMOIYARI音楽会」については「『OMOIYARIのうた』を2010年に出して、今失いかけている「日本人古来の持つ『思いやり』をもう一度思い起こそう!という「OMOIYARI運動」があり、その公式テーマソングになっていて、学校、幼稚園で子供達と一緒に「OMOIYARIのうた」を歌う音楽会をやっています。」それが最新のシングル盤ですね。

最後にもう一つ、どうしても聞きたかった事があったのが恵美さんのblog「おむすび食堂」の中に登場した「鹿のシロちゃん」。
これは感動しました!胸を掴まれる様でした。
シロちゃんは僕と同い年、幼少の頃の写真が写っていました。頭のてっぺんに白い毛があって普通の鹿と違うんです。

鹿というのは3、4才になると子供を生むんだけど、シロちゃんは8才くらいで初めて子供を生み、生まれて10何日目で交通事故で亡くなり数年後にシロちゃんも亡くなったそうです。
シロちゃんのお母さんも人間のせいでビニール袋がお腹の中で…そして亡くなり…という話は「思いやり」という言葉に繋がっています。

「子供達の前で『一緒に歌おう!』と言いますが、まず大人から子供達の未来を繋いで行くお手伝いをする。大人達が思いやりを取り戻さないと…。子供に無理矢理『思いやりを持て!』というのも何だか…という気がして…。忘れている『思いやり』だけじゃなく『やさしい心』を振り返りたい。」ともおっしゃってました。確かにそんな親が『勉強しろ!』と言っても説得力が無いですね。

そして「すごく時間のかかる事かもしれませんが、『みんなで一緒に種を巻いて行こう』とやってる矢先に震災があって…。みなさん自然に『思いやり』という言葉を使う様になり『思いやり』って大事なんだなあ、と自然に思う様になって。そんな時代になってきたのかなあ、」と「思いやり」で締めくくった恵美さん。
たぶん、そんな世代になった、という事もあるのかもしれませんね。

2週に渡って藤田恵美さんに出演して頂き、生演奏もしたり、本当に幸せでした。
楽しかったです。
また、遊びに来てくださいね。
お待ちしております!

藤田恵美さんの最新アルバム

camomile smile

最新シングル

OMOIYARIのうた

今週最後の曲は、カバー曲でイーグルスの「Desperado」。ぜひ、お聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です