Ryntenバイエル~vol.143「LivingNaturallyを弾こう 14回目」

【河童のひとり言】
街でAEDの装置をフツーに見かけるようになりましたね。それだけ心臓の病気を患っている方が世の中に多いんですね。さて先日、新聞で「心臓マッサージに校歌のリズムが合う」という記事を読みました。なんでも、リズムと曲長が心臓マッサージにうってつけ、との事です。「なるほど、これはイイこと聞いた」と思ったのですが、ん?ちょっと待てよ、もう学校卒業して40年近く経ちますが、校歌が思い出せない。母校の校歌を歌えるヒト、今そんなにいるんですかね?

【今週のRyntenニュース】
もう半月以上も前の話になりますが、沖縄から梅雨明けが始まっています。
沖縄としては至上一番早かった梅雨明けだそうです。
ついこの前まで寒かったのに…あれよあれよと…まさに光陰矢の如し!ですね。

「河童のひとり言」の『母校の校歌』。
みなさん覚えていらっしゃいますか?僕はしっかり覚えています。
「安芸の小富士にあかねさし 希望の光輝けば…」僕の中学・高校の校歌です。

もりだくさんの校歌が聴ける場所と言えば、もちろん甲子園ですよね。春、夏と校歌のオンパレードです。
確かにどれを聴いても、かなり似通ったリズムを持っています。
曲もそれほど長くなく、その辺りが心臓マッサージに合う…と言われても、いきなり「校歌にお合わせて心臓マッサージを!」と思った途端に「ちょっと待てよ、どんな校歌だったっけ?」と思い出しているうちに、その人の容態はどんどん悪くなっていく可能性もあるわけです。
常日頃、校歌は確認しておいて下さいね。

■Ryntenダイアリーです。
岐阜飛騨高山、北九州の小倉でライブをしてきました。
高山では毎年出演させてもらっている「Hits FM」の「Hits Daylight Cruise」に出演。
パーソナリティーの中村さんにもお会いするのも3回目です。

夜は毎年お邪魔している、街中にあるお寿司やさん「浪花すし」で「ピッキン」のマスターと合流。

腹ごしらえをした後に「カラオケに行きましょう」と近くのバーへ。
そこへ今となっては珍しい「流し」の方が。。。

40年もやっていると噂に聞いたのですが、長い年月の間にはいろんな事があったんでしょう、本当に素晴らしい方でした。
「次回のライブにはご一緒しましょう!」と約束。本当に実現出来るといいなあ。
高山「ピッキン」ライブ、今回は幾つかの行事も重なりお客さんが少なかったのですが、みなさんに盛り上げてもらいました。


翌日、早朝に高山を出発、九州は小倉に向かったわけですが、途中、幻想的な風景が…。思わずシャッターを押しました。自然が創りだす風景って本当にすばらしい!

今年のフォークビレッジも楽しかった。

ライブ終了後は、久しぶりにお店のご主人である(女性です)小野さんと一緒に一杯。
連れて行ってもらった焼き鳥屋さん、旨かった~。
分かりにくいかも知れませんが、カウンターの中にいるのが小野さんです。
小柄だけどすごいパワーの持ち主、いつもパワーをもらっています。

梅雨真っ盛り、電車からみる山々、もやに被われ空も低かったですね。

■スケジュールです。
・7月2日(土)「ギター教室発表会」東京幡ヶ谷「36°5(さんじゅうろくどごぶ)」僕の教室生徒の発表会です。前回までは僕が企画・主催していましょたが、今回は生徒が企画・主催します。そこでのゲスト出演です。ギターに興味のある方はいらしてみては如何でしょうか?
・7月8日(金)熊本「ヌアージュ」2年ぶりの熊本でのソロライブです。マスターに会うのも久しぶりですね。
・7月9日(土)福岡・朝倉「音茶」バースデーライブにかけつけます。いったい誰のバースデー?
・7月10日(日)福山「とおり町交流館」昨年、一昨年とたくさんの人達に来て頂きました。今年もお待ちしております。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

御陰様で大好評です!

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「LivingNaturallyを弾こう」の14回目です。かなり変わったチューニングですが、国内外を問わずいろいろな方に弾いていただいている曲です。変わったチューニングということもあってか、押さえ方も十人十色…今回は、僕本人がどのように押さえているか解説します。チューニングは1弦目はD(スタンダードから1音下げ),2弦目はC(半音上げ)、3弦目はG(スタンダードのまま)、4弦目はD(スタンダードのまま)、5弦目はG(1音下げ),6C(2音下げ)となっています。初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は、スコットランド民謡「Annie Laurie/アニー・ローリー」(Tuning:Standard Capo:2)です。フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 永遠のメロディ20 (CD付き)に譜面が掲載されていますので、そちらも参考にしてください(なお、譜面からさらにアレンジが加わっていることもあります。ご了承ください。)
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です