Ryntenバイエル~vol.135「LivingNaturallyを弾こう 7回目」

【河童のひとり言】
このたびの災害に伴って、世間では原発問題が喧しく語られています。避難指示や避難勧告など直接の被害を被った方々、放射能への対処で身を削っている方々、風評に立ち向かっている方々、そして何が起こったのかも分からず、一心に生きようとしている動物たち。今後も人類が電気を必要とする限り、原発の問題は消えることはないでしょう。人々が古の生活に戻ることは不可能です。今や電力の多くは原子力から生まれています。この事実を踏まえた上で自分が‘原発問題’にどう向き合えばいいのか、なかなか答えが見つかりません。(コメントを一部訂正しました、ご指摘ありがとうございました! 番組スタッフ)

【今週のRyntenニュース】
早いものですね、もう5月です。あれよあれよという間に3分の 1が終わりました。
2011年5月、如何お過ごしですか?

5月の季語「風」が「薫る」と書いて「薫風(くんぷう)」。本来ならば新緑の薫り、そして夏の息吹…力に満ちた季節なんですが、震災の風の方が相当強い影響を運んでいる様です。

世間を見渡しますと、「自粛」なるムード。
少し和らいで来たとは言え、まだまだ続いています。その影響も出て来ています。イベント、スポーツ…何でもそうなんですが、主催されるご本人の方々あるいは演じられる方々、スポーツをやられるご本人達の判断に任せるしかないのでしょう。『この「自粛」をして何のメリットがでるのだろう?』と考えた時に、精神的なもの以外に思い当たるものがなかなか見つかりにくい。
自粛する事も時には必要なケースもあります。しかし、この日本の経済…これから日本人が一丸となって復興させて行かなければならない、そんな気がする今日この頃です。

■Ryntenダイアリーです。
新緑!気持ちのいい季節になりました。
僕はこのゴールデンウイーク、春のツアーの真っ最中です。
まずは広島からスタート。
ライブではなくプロモーションです。

「テレビ新広島」通称「TSS」の人気長寿番組でもありトップ視聴率の「満点ママ」に出演。
テレビというのはライブ以上に緊張します。。。
人気アナウンサーの棚田さんとも一年ぶりにお会いしました。
棚田さんは僕の音楽を気に入ってくれて(?)よく聴いてくれているとか。。。嬉しい事ですね。

そして「FMちゅーピー」の「広島スマイルパフェ」、夜には「広島FM」「アンデルセン・サタデーアコースティックラウンジ」の収録。
どの局でも僕の音楽をよく使っているくれているそうです。
ホント、有り難いです。

さて、「春のツアー」、ライブ初日は宮崎県の高鍋にあるジャズバー「Dolphy」。お天気は雨。地元の人達が「100日ぶりくらいです、雨が降ったのは…」との事。雨男健在なり。

たくさんの方に来て頂きましたが、僕の音楽に初めて触れる方が多かった様に思います。
高鍋のスタッフの皆さんは昨年夏、大阪での打田君とのジョイントライブを観に来てくれたんです。あの時は本当に嬉しかった!
高鍋の街も「狂牛病」「鳥インフルエンザ」や今年は燃岳噴火による「火山灰」の災害が続いて大変な状況でしたが、やっと落ち着きを取り戻した様でした。ただ、町の中にあるたくさんの牛舎…牛のいない牛舎…見かける度に胸が締め付けられました。
でも宮崎の人達って明るくて、パワーがあるんです。僕もいつも勇気づけられています。
終演後は九州ならではの焼酎と地元の名物、地鶏の「炭火焼」やスタッフが創ってくれた、手づくり料理で乾杯。美味しかった~。

三線が登場したりマスターの弾き語りがあったり、と楽しかったですねえ。

翌日はド晴天!前日の雨のせいか空気も清々しく真っ青な空の下、高鍋を後にし、スタッフとおいしいアイスクリームに舌鼓をうちながら、昨年もお邪魔した「ホースパーク」へ。

馬たちの食事で忙しい時間たったにも関わらず、ご主人は突然押し掛けた僕たちを暖かく迎えてくれました。
この「ホースパーク」、乗馬の体験が出来ます。
僕も初めて乗せてもらいました。乗せてもらった馬の名前は「ハリー」、『癒しの馬』だそうです。馬ってやさしい目をしてて本当に賢い!

このパークにはヌシでもある猫とは思えない程の大きな猫や犬、ヤギ、烏骨鶏までいます。

一緒に遊んでいると、時間が経つのも忘れる程本当に楽しい。
敷地内にあるアスレチックなる「崖登り」にもトライ。

また来年も行きたいなあ。
ありがとう~宮崎!

次回へつづく。

■スケジュールです。
・5月3日(祝・火)奈良「ビバリーヒルズ」
いにしえの都奈良、新緑を楽しんだ後の僕の音楽で一息ついて下さい。
・5月4日(祝・水)三重・四日市「ガリバ-」
サンドイッチの美味しいお店です。遅めのランチ、早めの夕食を兼ねたライブは如何でしょうか?
・5月14日(土)福井・越前町「だいこん舎」
窯元が多く集まっている越前焼の町にある古い家屋のおそば屋さんでのライブです。
越前そばを是非召し上がって下さい。

●ライブにご来場の皆様へお願い●
ライブ中は録音や撮影は禁止です。
ステージに上がったり、ギターや機材に触ったりしないで下さい。
楽器はとてもデリケートで、なによりアーティストの命です。
マナーを守り来場者皆さんが心地良く楽しめるライブになるようご協力ください。

http://www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

■『Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng – 』譜面集の出版が決定。
2011年発売予定、KMP出版から。

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、「LivingNaturallyを弾こう」の7回目です。かなり変わったチューニングですが、国内外を問わずいろいろな方に弾いていただいている曲です。変わったチューニングということもあってか、押さえ方も十人十色…今回は、僕本人がどのように押さえているか解説します。チューニングは1弦目はD(スタンダードから1音下げ),2弦目はC(半音上げ)、3弦目はG(スタンダードのまま)、4弦目はD(スタンダードのまま)、5弦目はG(1音下げ),6C(2音下げ)となっています。初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週最後の曲は「上を向いて歩こう」でした。ぜひ聴いてみて下さい。

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)、ダラズエフエム(http://www.darazfm.com/)以上、11局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.135「LivingNaturallyを弾こう 7回目」」への3件のフィードバック

  1. こんにちは
    やっと楽しみにしていた
    5月4日のライブ♪
    お伺いできそうです^^
    岡崎倫典さんとマークさんに
    逢う事を楽しみに待っている
    いつか^^です♪
    行けなかったら歩いて行くそうです^^
    100km以上ありますが・・
    生まれてすぐから聴いた
    RINTEN SOUND
    大好きな優しい音がいっぱいで
    毎日聴いて育ってます^^
    たぶん365日聴いてます♪
    最近は同じ曲を何回も繰り返して
    聴き続ける事がお気に入り^^
    そんな環境で育ったので
    すごく音感がいい子に育ちました^^
    テストで100点を5回続けたら
    ライブに絶対連れていってとの約束
    確かにすべて100点でした!
    本日の演奏楽しみにしています!
    倫典さんとマークさんにお手紙書いてました。
    その時の嬉しそうな顔はなかなか見れません^^
    では本日向かう準備をします♪

  2. 動画が見れないです。
    現在「この動画は非公開です」となっています。
    今までも、たまにこう言うことがあったのですが、数日経つと見れる様になっていました。
    が、今回はなかなか見えるようにならないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です