Ryntenバイエル~vol.109「”麻衣”を弾こう7」

【番組からのお知らせ】
「岡崎倫典のアコースティック・ウインド」番組3周年を記念して、12月15日岡崎倫典Liveを予定しています。リスナーの皆様と一緒に、Ryntenサウンドを楽しみながら、交流を深めたいと企画を考えております。

日時:平成22年12月15日 18:30 開場(予定) 19:00開演(予定)

場所:ヤマハミュージック東京 銀座店 B2ヤマハ銀座スタジオ

応募の詳細については、また後日発表いたします。

【河童のひとり言】
改ざんに隠蔽。その道の権威者がウソをついたら、一体誰を信じて良いものなのでしょうか?それだけに検察庁の問題は社会への影響が大きいですね。正義とは、人の道にかなっていて正しい事、と辞書には出ていました。日々の中で私たちは、欲しいものや守らなければならないものがたくさん出てきます。「本来無一物」という禅の言葉がありますが、心の曇りが自分で青空を塞いでしまうのですね。今日は「正義」について考えてみました。

【今週のRyntenニュース】
気がついてみれば、2010年あとふた月とちょっととなってしまいました。
あれよあれよとというより、光陰矢の如しを実感する今日このごろです。
いかがお過ごしでしょうか?

今日の「河童のひとり事」は検察庁の問題からスタートしましたが、「正義」…僕の亡くなったおじさんも「正義」と書いて「まさよし」と読みました…それで?という話ですが…(失礼致しました!)。
昔、僕が子供の頃「正義の味方」という子供がかなり世の中にあったんですね。
「月光仮面」、真っ白に塗られた原付バイクに乗って…あれで人を助ける事が出来るのか!?というくらいゆっくり走ってました。
「月光仮面」は正義の味方でした。
唄の中に出て来る「ウルトラマン」、正義の味方でした。

しかし、今の時代「正義の味方」という言葉は聞きませんし、耳にする事はまずありません。
人の道にかなってない事、正しくない事、それらが溢れている世の中は「正義の味方」をどこかに追いやってしったのではないか?と思う今日この頃です。因みに僕は好きな言葉です。

■Rynten ダイアリーです。
先々週末は埼玉県は越谷「メンフィス」、初登場です。
ここは、ずっと地元のミュージシャン達を応援している楽器店でもあります。
今回は厳選された3組の方々が演奏、僕はゲストで出演してきました。

みなさんのステージは観客の一人として観させてもらいましたが、一生懸命頑張ってましたね、先が楽しみです。

僕のライブでは、毎年「野反湖フォークフェスティバル」でご一緒している、土屋さんにハープで「麻衣」を、パーカッションで「影丸と14匹の仔猫たち」をお手伝い頂きました。
アンコールでは全員で「大きな古時計」。楽しかった~。
また、来てくださった皆さんの殆どは僕の音楽に触れる、という人達が多く「よかったです!」や「こんな音楽があったんですね。」などなど感想をもらい、嬉しかったなあ。
また、是非行きたいですね。

先週半ばは、茨城県は水戸市にある「ガールトーク」。
もともとはJAZZのお店なので、店内はとてもおしゃれな創りで、席もゆったりとしたスペースになっています。
前回は雨だったせいかお客さんが少なめだったのですが、今回も天候にも恵まれて、はいませんでしたがたくさんの方々が来てくれました。
何故か水戸でライブの日は「雨」のイメージしかないんです。
マスターが言うには「殆どの方は常連さんではなく、年に一回倫典さんのライブの為に来られた方ですよ。」との事。
有り難い事です。
お店を後にする前にマスター、ママとスリーショット。

また宜しくお願いします。

一度東京に戻り、打田君とのジョイントライブの為羽田へ。
初日は福岡は朝倉「音茶」。
打田君は初登場です。
ライヴは勿論ですが、打ち上げでも、「プロレス」というより「ジャイアント馬場さん」の話で大盛り上がり。
初の「音茶」ライブは結局「プロレス」で終わったような…。
でも来て下さった皆さんには楽しんで頂けた様です。
珍しい焼酎、赤い色した「霧島」も呑ませて頂きましが、味は微妙…。

オープニングでも演奏してくれた、九州のヨン様、打ち上げでも絶好調でした。

二日目は大阪「5th Street」。
残念ながら肌寒い雨模様でした。
遠く宮崎は高鍋の仲間達や東京から知人が駆けつけてくれたり、久しぶりの再会、嬉しかった!
9月に僕のプロデュースイベントに出演してくれた、大阪のギターリストの天満君もオープニングで演奏。
打ち上げでは、マスターが一生懸命創ってくれた鍋をみんなでつつきながら、打田氏のプロレス談義に花が咲き…。
打田氏絶好調!

三日目はオフ日。
夕方から打田氏、天満君らと一緒にお出かけ。
呑み明しました。楽しかった~。

この続きはまた次回に。

■スケジュールです。
11/5(金)秋田「千秋亭」スペシャルディナー付きのライブです。
11/6(土)秋田「ポートタワーセリオン」初めてのホールです。
11/7(日)八戸「八戸グランドホテル」毎年お世話になっているホテルです。「Acoustic Wind」をネットして頂いている「Be FM」にもお世話になります。

www.rynten.com

■Newアルバム情報
Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

■好評発売中!
弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエルは、ボクのオリジナル曲「麻衣」の7
回目です。アルバム『BaysideResort』に収められた曲で、『YourSelection』でセルフカバーもしています。5弦がスタンダードより1音、6弦が2音下がった変則チューニング、そして5カポで弾いています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
YouTube Preview Image

今週の番外編は、ユーミンの曲「卒業写真」。スタンダードチューニング、カポ5で弾いています。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.109「”麻衣”を弾こう7」」への1件のフィードバック

  1. 何時も番組Ryntenバイエルでは勉強させて頂いています。

    最近街中コンサートの様な野外演奏にお誘いを頂く機会が増えたのですが、倫典さんの演奏は独特の広がり感が有り、それを表現する事が野外では難しいのでは?と出演を躊躇しています。

    野反湖フォークフェスティバルでは野外での演奏になるかと思いますが、音作りはどのようにされているのでしょう?
    何か秘策の様なものが有りましたら…ご教授頂ければ…

    倫典さんの生の演奏を自然の中で聴く事が出来ればきっと素晴らしいだろうなぁ…と思います。一度は野反湖でのステージも聴きに行きたいなぁ…と思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です