Ryntenバイエル~vol.85「”Adieu!”を弾こう10」

【河童のひとり言】
今から321年前のちょうど今頃、松尾芭蕉は「奥の細道」の旅に出たそうですが、ゴールデンウィークも終わって、今頃皆さんは連休中の旅行の思い出に浸っているのではないでしょうか?今年のゴールデンウィークは50万人以上の方が海外へ旅行されたとか。一体ホントに日本は不景気なのでしょうか?
「行く春や 鳥啼(な)き魚(うお)の目は泪(なみだ)」
と芭蕉は詠みましたが、私なら
「行く春や 金ナシ カッパの目に泪」
と詠みますね…

【今週のRyntenニュース】
北海道でもそろそろ桜のたよりが…という季節になりました。

ゴールデンウイーク、僕はツアーのまっただ中にいました。
5月4日…「福岡にいた」というより「福岡を通り過ぎた」と言った方がいいのでしょうか?
「博多どんたく」に巻き込まれてしまいました。福岡からどこへ行ったかというと、広島に移動したんです。広島ではフラワーフェスティバルの真っ最中、こちらも百数十万人を動員するほどです。これらは日本の3大祭りと言いますか、3大イベントといったところでしょうか。そのうちの2つを同じ日に経験してしまったわけです。

「河童のひとり言」にも出てきた『本当に日本は不景気なのか?!』と思わせる程の人出でした。もちろん、人出だけでなく陽気にも恵まれ、それだけにいらついたりストレスがたまった方も多かったのではないでしょうか?

博多どんたくの「どんたく」はもともとオランダ語でZontac(ソンターク)=日曜日という意味です。僕のオリジナルに「Zontac Hill(ソンタークヒル)」という曲があります。
くしくも共通しているという点…僕にとって妙に身近に感じるイベントでもあります。

今週もおたよりを頂いています。
先日、「P」と「T」の聞き違いの話をしましたが、のぶぞ~さんから『思わず笑ってしまいました』との事。また、KMさんからは『私の職場ではTokyoの「T」とか地名を使って説明します』と、これが一番正解かも知れませんね。

これからは聴き間違いのない様お伝えしたいと思います。

さてさて、ツアーダイアリーの続きです。

大分を後にした僕はまたまた関西は奈良へ。
遷都1,300年のイベントで大賑わい、とにかく人でごった返していて「お寺を巡ってみようか」なんて気分にはならず、平城宮を横目に通り過ぎ、まずは宿でゆっくりと翌日からのライブの構成を練りました。
リハーサル前に奈良公園へ行ってみたのですが、不思議な事に「鹿」が一匹も見当たらず…一体どこへ?何があったのか?
後日テレビを見ていたら、偶然にも奈良公園の『鹿がいない!』と話題になっていました。
『人ごみを嫌って山へ行ってしまった』とか、販売されている『「鹿せんべい」をもう食べたくないと逃げ出した』とか色々な憶測が飛び交ってはいましたが、事実はいかに?!

その人ごみをかき分け、僕ら一行は国立博物館へ。「大遣唐使展」を観てきました。
見ごたえあり過ぎて、とてもとても時間が足りません。また、機会があったらゆっくりと観たいですね。

恒例となったゴールデンウイークライブは、ノリのいいお客さんが多く、盛り上げてもらいました。ライブ終演後連れて行ってもらった初の居酒屋、美味しかったです。

ここも恒例です、四日市「ガリバー」。
前回はお店の脇を走っていたトラックが煙に包まれる、といった事故があったのは記憶に新しいのですが、開演前、スタッフやガリバーのマスターやママが「何事も無ければいいけど…」と口々に。
さすがに今回は無事に終わりました!
客席には初めて僕のサウンドに触れた人達が多かったようです。オープニングにはいつも出演していただいてる「竹内いちろ」さん。

セッションもなかなか楽しかったなあ。
いちろ君も頑張っているし僕も負けていられないですね。

そして三たび九州は福岡・朝倉へ移動。
「音茶」は年に数回はやらせて頂いてるお店です。
今回ここでも初めてのお客さんがかなりた様子でした。有り難い事です。
打ち上げでは、九州の「ヨン様」こと「4.5様」がオンステージ。

翌日は僕の故郷広島。
地元で活躍するバンド「SELECTION」とのリハーサル後、まずは明日の成功を祈願して広島カープのお店「カープ鳥」で乾杯。

広島に帰ってきた!という気分にしてくれますねえ。

ライブ前には、広島エフエムに生出演。

春の広島ライブには「SELECTION」とのセッションは欠かせません。
ヴォーカル、ベース、アコギとのコラボあり、「Bayside Resort」のバンドヴァージョンも演りました!

久々の長いツアーが終わり、病気や怪我もなくホッとしています。
みなさん!お世話になりました。
またお会いしましょう!

●ライブスケジュール
5月22日(土)千葉・九十九里「シーブリーズ」
http://kujukuri.net/sb/

www.rynten.com

■好評発売中!

弟4弾CD付き譜面集「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集ー永遠のメロディー20」

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、僕のオリジナル曲「”Adieu!”を弾こう」の最終回です。この曲は海外の方にも好評で楽譜の問い合わせがあったり、韓国の方が東京まで譜面を探しに来たというエピソードがあります。アルバム「YourSelection」にも収録されています。Standard tuning、capo:2で弾いています。election」にも収録されています。
YouTube Preview Image

今週の番外編は10回に渡ってご紹介してきたボクのオリジナル曲「Adieu!」。今回はCDに収められているのと同じフルサイズで演奏してみました。ぜひお聴きください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、ビーエフエム(http://www.befm.co.jp/)以上、10局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.85「”Adieu!”を弾こう10」」への1件のフィードバック

  1. 長期ツアー終了、お疲れ様でした~。
    (にゅーたばるでの空自体験も羨ましい限りです)

    6月のジョイントLive、今から楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です