Ryntenバイエル~vol.61「”雲の上を散歩”を弾こう3」

【河童のひとり言】
以前このコーナーで「草食系男子」について取上げましたが、「弁当男子」という言葉を最近聞きました。皆さんは、ご存知でしたか?「自分で作った弁当をオフィスに持っていく独身男性」の総称だそうですが、最近では、男子同士が自分の弁当を見せ合って、おかずを交換するという風潮もあるようです。一体彼らはどんな会話をするのでしょうか?「きゃー、たこさんウインナー、カワイイ!頂戴!」
って、想像するだけで、食欲が減退します。
091129_01 091129_02

【今週のRyntenニュース】
めっきり寒くなりましたね。
「弁当男子」…初耳です。
弁当のおかずを交?!想像するだけで気持ちが悪くなります。
近年女性の社会進出がめまぐるしいです。
先日乗った新幹線でも乗務員が全員でした。
新幹線はわかりませんが、在来線の運転手も女性が増えています。
自衛隊も女性隊員が増え、トイレも男性用、女性用に分かれているそうです。

今週はツアー小休止、といったところでしたが、東京でラジオの収録や雑誌連載の為の
アレンジとレコーディングに追われていました。
リットーレコーディング

ツアー中、楽しみなのは久しぶりに会う仲間達、初めての出会う人達。

地元のお酒と料理、そしてオフ日。
「今度のオフ日は何しようか?」などと考えるのも楽しみの一つでもあります。

10月の終わり、上田市滞在中蓼科・白樺湖に連れて行ってもらいました。
「白樺湖なんて何年ぶりかなあ、昔アルバイトで来た事があるんだけど…」と地元スタッフに話しをしながら湖を見ていたら、
対岸にある赤い屋根の建物が目に入り、気になり出し向こう岸へ。
なんとそのホテルは大学時代、先輩に誘われたアルバイトで2日間だけ滞在した事のある場所でした。
スキーシーズン前の休館だったらしくひっそりとしていましたが、「まだあったんだ!」と思わず叫んでしまいました。
蓼科

つい2週間ほど前の事。
東北から北陸への移動の時の事。
どっちに転んでも東京経由になります。
「だったら一度東京に戻ってからまた出るか…」と考えていたのですが、結局東京には戻らず直接北陸へ行く事に。
途中、年に一度、時には数回ライブをやらせてもらっている、福井県の「武生」という駅があります。
「みんなをびっくりさせてやろう!」と突如途中下車…うれしい事に「大歓迎」してもらい旬の越前蟹を平らげてきました。
武生でOFF

【Ryntenバイエル】
Ryntenバイエル、僕のオリジナル曲「”雲の上を散歩”を弾こう」の3回目です。Newアルバム「YourSelection」にも収録されています。また、前回までのバイエル以前に演奏した様子をYouTubeにアップしてますので、そちらもあわせて参考にしてください。

今週はイントロパート明けのインテンポに入った部分の解説です。Standard tuning、capo:4で弾いています。
YouTube Preview Image
今回の番外編は、MISIAの「Everything」。今回はStandard tuning、capo:2で弾いています。ところどころ難しいコードもありますが、Youtubeを参考に弾いてみてください。。

ぜひ、ご覧ください。
YouTube Preview Image

この番組は中央エフエム(http://fm840.jp )をキーステーションに、 ラジオ・ミュー(http://www.fm761.co.jp )、 富山シティエフエム(http://www.city-fm.co.jp )、 エフエムとなみ(http://www.fmtonami.jp )、 エフエムおかざき(http://www.okazaki.fm )、 エフエムわっち(http://www.fm-watch.jp )、 エフエムちゃお(http://792.jp )、 エフエムゆめウェーブ(http://www.yumewave.jp )、 かずさエフエム(http://www.kazusafm.net )、以上、9局のコミュニティエフエム局で放送中です。

「Ryntenバイエル~vol.61「”雲の上を散歩”を弾こう3」」への1件のフィードバック

  1. 11/11のいわきに続き12/3の水戸と素晴らしいステージを満喫できました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です