Rynten #714 インプレッション ”岡崎倫典:音楽絵巻” #29

日本列島、そろそろ梅雨前線に包まれる時節。平年ですと関東あたりも梅雨入り。如何お過ごしでしょうか。

早速ですが、お便りをご紹介します。

●同じみKMさんから
K『GW最終日の、奈良から配信のライブを拝聴させていただきました。冒頭に弾かれた「スカボローフェア」を聞きながら、ギターを弾き始めて間もない頃、YouTube動画を見ながら倫典さんアレンジのこの曲をコピーしようとしてたことを思い出しました。リクエストされた方、演奏いただいた倫典さん、ありがとうございました。』
R『ギターを弾き始めた頃からYoutbueがあった、という事は若い方なのでしょうねえ。楽曲・番組もコメントだけでなく、オーディエンスの皆さんに「有難うございました。」というだけでなく、やり取りの場としても使って頂けたら嬉しいです。

●同じみTAKさんから
T『久しぶりにお店のBGMで倫典ナンバーを聴きました。「Zontac Hill」。
R『なかなか渋い選曲ですね。』
T『日曜日なので、案内放送が多く、4小節で途切れます。』
R『こんなシーンは僕もよく経験があります。』
T『デパートの館内放送用のスピーカーですが、音がクリアでギターの音色もきれいでした。あらためて丁寧に作られているのだな、と感じました。昭和世代のミュージシャン、今の若い人たちにはない音へのこだわりがあるのではないでしょうか。
R『どうなんでしょうか。最近の音楽を聴いても音へのこだわり、というのは昔ほど感じないですね。ただ、勢い、パワー、元気さ、というのはすごいな、って思いますし、時には人を慰める詩の世界も変わって来ている様にも感じますので、今は今でいいのではないでしょうか。』
T『モノラルの小さなスピーカーから聴いても質の良い音。イーグルスだったか、アメリカの誰かが、昔言っていた覚えがあります。』
そういえば、レコーディーングが仕上がりマスタリング/ミックスダウンをして、最後に色々なスピーカーで音を聴くんですがラジカセで聴いてみて「これでいい音で聴こえないとマズイよな。」と作業をしてもらった記憶があります。今はどうなんでしょうか。』

【Opening】〝AQUILA〟-オリジナルアルバム〝Promenade〟より

【Rynten Impression》ー 岡崎倫典 音楽絵巻 Vol.29 ー シンガー・ソングライター・ブームの担い手-1- James Taylor(ジェームス・テイラー)特集 その1 あのBeatlesの〝Apple Record〟よりデビュー。しかし同じ時期にBeatlesの解散や本人の病気などが重なり不発に終わりましたが、それを乗り越えて音楽活動を続けてきました。
・ Fire and Rain:1970年リリース2ndアルバム〝Sweet Baby James〟より このアルバムはJames Taylorのいい色を出していてこの楽曲は極地です。ピアノはキャロルキング。全米3位まで上りました。
・Long Ago and Far Away:3rdアルバム〝〟僕がJames Taylorにどハマりしたアルバム。女性ボーカルは〝Joni Mitchell(ジョニー・ミッチェル)〟コーラスにames Tayloの妹である〝Kate Taylor(ケイト・テイラー)〟や後の奥さんである〝Carly Simon(カーリー・サイモン)〟らが参加しています。
・You’ve Got a Friend:1971年アルバム〝Mud Slide Slim and the Blue Horizon〟より この曲でJames Taylorは一気に世界に広まり全米チャートトップに輝きました。曲は〝Carole King(キャロル・キング)〟。James Taylorの古くからの友人が亡くなった時に書いたLong Ago and Far Awayに対してCarole KingがJames Taylorに贈った曲。
・You Can Close Your Eyes:1971年アルバム〝Mud Slide Slim and the Blue Horizon〟からのシングルカット〝You’ve Got a Friend〟のB面に収録された楽曲

【Key of R】
今日お送りするのはオリジナル曲から〝Platonic Zone with Lotus〜 Platonic Tune with Prairie Rose〟。アルバム〝Musings〟からのピックアップです。アルバムにもメドレーで収録しました。もともとのタイトルは〝Platonic Zone〟 〝 Platonic Tune〟で〝with Lotus〟と〝 Prairie Rose〟はアルバムジェケットが出来上がってからつけたサブタイトルです。ジャケットにギターと一緒に描かれていた花々たちを見てつけました。そして〝Platonic Tune〟はアンタイトルでしたが、もともとはギター教室の練習曲として作った曲で、それを広げて一つの楽曲にしました。新たに作った〝Platonic Zone〟と「メドレーで収録しよう!」となったわけです。ステージでもよく演奏しますが、1曲目に持ってくる、というパターンが多いですね。かなりハイカポです。5カポ、あるいは7カポで弾く時もあります。それほど高いところに音が集まっている、そんな楽曲たちです。
(Youtube先での再生になります。)

■Ryntenダイアリ

少し前のダイアリーです。
【FMゆめウエーブ@岡山笠岡に出演】
僕の番組をネットしてくださってる局です!いいお天気でサテライトスタジオに入り込む日差しが暖かった〜。いつもお世話になっている〝藤川さん〟の番組〝ひるどきインフォメーション〟に生出演させて頂きました。
一年ぶりです。この日の〝カフェ・ド萌〟でのライブ告知や新しく出版された「フィンガースタイルで弾くソロギター名曲集〜至宝のメロディー20」の宣伝もして頂き、ギターを弾かれる方からの質問などもあったり、もちろん生演奏もしましたよ。楽しかった〜。藤川さん、いつも有難うございます。感謝!

FMゆめウエーブ出演前、サウンドチェックと打ち合わせが終わってから本番まで少々時間があったので、散歩がてら初めて〝笠岡港〟へ。改めて海のそばだったんだ、と(苦笑)。

瀬戸内には笠岡諸島があるんです。今度、水上バスで行ってみたいなあ。

ラジオ終わりには、ちょっと遠回りして菜の花畑に。見事でした!夏にはひまわり畑になるそうです。これも興味しんしん。

【ソロライブ@岡山笠岡〝カフェ・ド萌〟】
夜には、年に一度の〝カフェ・ド萌〟ライブ。昨年も一昨年もコロナに負けず、開催して頂きました。今年はややお客さんの足が戻ってきた様に思いました。有難い事です。足を運んで下さったみなさん、有難うざいました。
この日もランチに夕食に、とママの美味しい手料理をご馳走になりましたが、写真を忘れてしまった。。。(涙)
帰り際にママとツーショット。フラッシュがきつかったかな。ママ、ごめんね。

そして福山に戻り〝バーカブロ〟で打ち上げ。福山の仲間も駆けつけてくれました。2年ぶり、3年ぶりの人も。

僕の大好きな焼酎〝山猫〟を用意してくれてました(涙)。嬉しかった〜。僕の右手にあるのは、同じ山猫でも手に入らないんです。貴重な焼酎をあっという間に。。。(苦笑)。美味い!

【ギターセミナー2 days@福山〝Barカブロ 〟】
恒例となった〝カフェ・ド萌〟ライブの翌日は福山にてセミナーです。今年もたくさんの方々が参加してくれました。参加してくれた皆さん、有難う〜。
今回はベースを持参された女性も。課題曲は〝Zontac Hill〟。もちろん、僕がギターを弾きます。以前、同じ方が〝花田植〟を課題曲にされた事がありました。僕も勉強になりますね。

レッスン終了後は和気藹々と料理を囲んで懇親会。途中、音楽の話も話題にのぼり急遽、ミニレッスンも。

二日目もレッスン終了後にミニレッスンが。みなさん真剣に聞いてくれてました。地元でギター教室をされている方も毎年参加してくださってます。また、毎年、奈良から来てくれる方も。本当に有難い事です。

差し入れに頂いたワイン、美味しかったですよ〜。

今回も〝バー・カブロ〟のマスター〝宮崎さん〟には大変お世話になりました。有難うございました。また来年やりましょうね!
ここでお知らせです。
2022年7月17日(日)に福山「とおり町交流館」にて2年ぶりにライブを開催予定です。果たして7月はどうなっているのか?未知ではありますが、ソシャルディスタンスで。

【Rynten Live】
●いずれのライブやイベントも、開催に向けて準備を進めておりますが、コロナ状況によっては中止となる場合もあります。ご了承下さい。

★ソロライブ
・6月8日(水)「東京エキマチライブ」@東京駅八重洲口グランルーフ大階段
無料 19:00〜(約30分)
http://www.tokyostationcity.com/special/ekimachilive/

・6月18日(土)東京水道橋「Cafe RIJN」
※感染防止対策としてソーシャルディスタンスにより決行します。
18:00スタート 4,000円(要ドリンク)
(問)同 TEL 03-3262-4675
営業:平日 9:00~20:00、土曜日10:00~15:00、日曜祝日休み
https://www.caferijn.com

・7月9日(土)福岡朝倉「音茶」
※蔓延防止重点措置などが発出された場合には、無観客となります。
19:00スタート  3,500円(要ドリンク)
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671 http://www.asakura.ne.jp/onsa/

・7月16日(土)静岡浜松「なんでモール」予定
18:30スタート 前3,000円 当3,500円(要ドリンク)
(問)同 TEL053-474-8889
http://www.nandemall.com

・7月17日(日)福山「とおり町交流館」予定
福山市笠岡町1−13
※感染防止対策としてソーシャルディスタンスでの開催となります。
(問)バーカブロ TEL 084-926-5966(20:00〜翌3:00)
http://www.bar-caboulot.com

●岡崎倫典ギター教室発表会予定
7月30日(土)東京曙橋「Back In Town」詳細未定
※感染防止対策としてソーシャルディスタンスでの開催となります。

●イベント出演
8月20日(土)群馬「野反湖フィールドフォークコンサート2022〜35年目の夏〜ファイナル」@群馬県野反湖キャンプ場野外特設ステージ
12:00スタート(約5時間) 前4,000円 当4,500円 出演者多数
チケット予約:https://form1ssl.fc2.com/post/?id=f54eea0e1be35a7d
宿泊バンガロー予約;https://nozorikocamp.com/reservation/
(主催・問い合わせ)野反湖フィールドフォーク実行委員会 冨澤 TEL TEL 080-5505-0222

■アルバム/譜面集情報
譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 至宝のメロディ20 (CD付)』

譜面集【New Vistas】発売!
2021年3月20日 KMP出版より 2,500円+税
AMAZONで販売中。


10年ぶりとなる、NEWアルバム「New Vistas」発売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です