Rynten #631 インプレッション ”ギターインストのルーツを辿る旅 #11 / 『《 Chet Atkins(チェット・アトキンス) #4)》』 ”

〝新型コロナ騒動〟一色に染められた2020年、残り2ヶ月となりました。
いかがお過ごしでしょうか?めっきり寒くなりました。このコロナ騒動が始まった頃は、まだ冬服ばかりが並んでいましたが、それを片付けたり整理する間がないまま次の冬がやって来る、という感です。


さて、今年に入り〝百貨店の倒産・閉店が後を絶たない〟というニュースを耳にします。8月末までに全国で12店舗が閉店。中でも〝山形〟と〝徳島県〟には百貨店が一つもない!〟そんな県になってしまった。しかしそれらは新型コロナ拡大以前に計画されていたもので、昨年10月の消費税の増税の影響からの閉店。今後も増えると予想されるそうです。主要百貨店70社、もっとも新しい決算では、売上合計 3%あまりの減収にとどまったものの純利益となると、実に同期の10%以下、言い換えれば90%以上の落ち込みになっているという事になります。親会社を持たない、いわゆる地場独立系百貨店は31社。この売上合計が業界首位(高島屋)1社の売り上げがほんの少し上回る程度、という非常に緊迫した状況で多くの自場百貨店は岐路に立っている。山梨県の百貨店は閉店後保険代理業務に、そして岐阜県の百貨店は不動産賃貸業に、と業態に転換しています。現在、金融債務の返済が難しく特別清算を申請した百貨店も。東京にも点在する丸井百貨店、倒産には縁が無いとは思いますが、先手を打ち、どうやらカード業務に重点を移しつつあるんだとか。地場百貨店も再建を阻むものは、動線の変化と老朽化の問題で、バブル前に建てられリニューアルや耐震工事資金もままならない百貨店も。動線の変化をもたらしたメガストアーの影響は非常に大きい。その先駆けの一つとなったのはイオン1号店、三重県四日市の駅前。しかしながら、駅前にあった店舗もとうの昔になくなり、今は高層マンションに変わっています。この先どんな展開が待っているのでしょうかねえ。

【Rynten Impression】
ギターインストのルーツを辿る旅〜そのVol.11。今週も《Chet Atkins(チェット・アトキンス)》特集の「vol.4」50年代をお届けします。
かつて日本で「Pop&Country FES.」というイベントが開催されていました。1965年にチェットアトキンスが登場しています。2001年6月77歳で亡くなりました。
・Yankee Doodle Dixie:1958年アルバム《At Home》より:チェットアトキンスの代表曲のひとつ。二つの曲が同時に弾かれています。〝Yankee Doodle〟はアメリカ独立戦争時の軍歌、〝 Dixie〟は南北戦争時の南軍軍歌。
・April in Portugal:1958年アルバム《At Home 》より:ほとんどは〝セミアコ〟。ギターについているアームなどの小物の使い方がとてもうまい!
・Terry Theme from Limelight:1959年アルバム《In HollyWood》より:1952年公開映画《Limelight》からピックアップしたカバー曲。いい曲をいち早く見つけカバーしていました。
・Theme from Dream:1959年アルバム《In HollyWood》より

【K Of R】今日お届けする曲は《Chaplin In New Shoes(チャップリン・イン・ニューシューズ》。これまで特集してきました《Chet Atkins》もレパートリーに加えています。Chetのテンポはかなり早く同じシャッフルリズムではありますが、僕のテイクではゆったりしたテンポで弾いています。ちなみに収録している僕のアルバムは《Spiritdance》。曲を書いたのは《 Boudleaux Bryant(ブードロブラインアント)》。〝The Everly Brothers(エバリーブラザース)〟や〝Simon & Garfunkel(サイモン&ガーファンクル)〟でも知られている《Bye Bye Love(バイ・バイ・ラブ)》の作者です。僕自身のライブでは冒頭1 曲目に演奏するケースが多い曲でもあります。非常に素朴ではりますが、印象に残る暖かさを感じる、そんなメロディーを持った曲です。スタンダードチューニング・4capo。それほど長い曲ではありませんが、素朴さや暖かさを感じて頂ければ幸いです。

【Rynten ライブ】
コロナウイルス感染防止・ソーシャルディスタンスを取るため、各会場とも人数を制限しての開催となります。体調の悪い方や熱のある方など、お控え下さいます様お願い申し上げます。また、状況により時間の変更や日程の延期・中止になる場合もあります。ご容赦下さい。
★ライブ
・11月7日(土)秋田「カフェ・ブルージユ」
18:00スタート 4,000円(1ドリンク付)
(問)秋田アコースティッククラブ 三田村 TEL090-1828-6384
http://www.cafebrugge.com

・11月14日(土)長野上田「鹿の屋旅館」
19:00スタート 宿泊込み15,000円(夕食と朝食・温泉付)ライブのみ5,000円
※宿泊は「Go to Travel」がご利用になれますので、直接「鹿の屋旅館」にお電話下さい。TEL 0268-44-2141
(問)鷲見工房 TEL 0268-42-6237(月〜土 9:00〜17:00)

・11月23日(祝月)福島いわき「まちポレいわきB1」
14:00スタート 4,000円(ドリンク別)
(問)Iwaki Queen TEL 0246-21-4128

・11月28日(土)東京水道橋・Cafe Rijn(らいん)「〜岡崎倫典ソロギターライブスペシャル!〝リクエストにお応えします〟」
18:00スタート 4,500円(ドリンク別)
※20名限定 ご予約時にリクエストをお知らせ下さい。
※人数限定ライブにつきキャンセルは1週間前までとなります。それ以降はチケット代金がかかります。ご容赦下さい。
(問)同 TEL 03-3262-4675
営業:平日9:00~23:00、土曜日10:00~15:00、日曜日、祝日休み
https://www.caferijn.com

・12月6日(日)奈良「ビバリーヒルズ」
ゲスト:MCタレント・南かおり
18:00スタート 前4,000円 当4,500円(要2オーダー)
(問)同 TEL 0742-26-7444
https://flower6.jp/index.html

・12月19日(土)福岡朝倉「音茶〜クリスマスイブイブライブ〜」
O.A.櫻井憲一郎、ザ・もー
19:00スタート 前3.500円 当4,000円(要 1ドリンク)
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

●セミナー開催
・12月4日(金)&5日(土)大阪八尾「F2音楽教室」
※5日は定員に達しましたので、締め切りました
形態:プライベートレッスン
時間:50分
料金:10,000円(+消費税)
(問)同 TEL 0120-448-112 又は TEL 072-923-8112.
http://f2music.com

・12月20日(日)福岡朝倉「音茶」
形態:プライベートレッスン
時間:50分
料金:8,000円(+消費税)
(問)同 TEL 0946-52-3672 又は フィールドウイング TEL 0946-52-3671
http://www.asakura.ne.jp/onsa/

●延期または中止になったライブ・イベント
・延期:11月21日(土)三重四日市「ガリバー」
・中止:2020年宿泊イベント〝リンダムツアー〟。

●ライブ配動画有料配信
2020年10月10日@鳥取米子「BEXX YONAGO」でのライブ動画を有料配信(編集済)しています。
30日間視聴が可能です。2,000円
下記より購入できます。
https://vimeo.com/ondemand/ryntenlive2020inbexx
また、まとめ編もあります。
https://vimeo.com/ondemand/ryntenlive2020inbexx?

●「岡崎倫典ギター教室オンライン発表会」動画配信
10月17日に開催しました発表会(非公開)の模様がYoutubeでご視聴できます。無料。https://www.youtube.com/watch?v=Oy4JjuRFivQ&t=13sをアクセスしていただくか、YouTubeより「岡崎倫典ギター教室発表会」と入力して下さい。

■アルバム/譜面集情報
●お知らせ

10年ぶりとなる、NEWアルバム「New Vistas」発売中

Eternal(エターナル) - Rynten plays Teresa Teng –
テレサ・テンとの夢のコラボレーションをスペシャルトラックとして収録。

譜面集『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 (CD付)』

One thought on “Rynten #631 インプレッション ”ギターインストのルーツを辿る旅 #11 / 『《 Chet Atkins(チェット・アトキンス) #4)》』 ””

  1.  今週は、百貨店の話題がありました。小生の小さい頃、百貨店というかデパートの屋上の乗り物やヒーローショーの思い出がありますがここ何十年も行ったことがないですね。その後、レストランでクリームソーダやパフェを食べた記憶がよみがえります。山梨に単身赴任していた時代がありますが山梨の百貨店といいますとあそこかなと思いつつ拝聴しています。
     さて、チェット・アトキンスの特集ですが、先週話されていた超絶技巧なテックニックを多くの人がすんなり聴き入れる演奏は本当にすごいですね。優雅に泳ぐ白鳥の、水面下の足さばきのごとく見えないところの動作というか無意識に魅了させる演奏は本当に凄いですね。
     いよいよ11月に入り、週末はいざ秋田です。久しぶりの生演奏と、以前から申し上げているようにニューアルバムの購入&お約束のサインを書いていただく神事(笑)を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です